いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

ひどい駄作?【DUNE/デューン砂の惑星】ネタバレ酷評つまらない理由・原作小説と比較考察,あらすじキャスト感想・失敗映画?

鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映像化した映画『DUNE/デューン砂の惑星』を観てきました!美しく壮大な映像は楽しめましたが盛り上がる前に終わってしまい、映画としてはストーリー性の非常に薄い残念な作品になっていました…。

フランク・ハーバートの原作小説で言うと上中下巻ある「デューン砂の惑星/新訳版」の上巻と中巻少しをサラッとなぞった感じで、盛り上がるパートはありません。

セリフや説明が少なく、ゴージャスな映像だけで緊張感やキャラへの共感を維持できず、ずっと中だるみで眠気に襲われる状態(好きだった人はすいません)。

あと正直この作品、個人的には映画を見る前に原作小説が必読だと思います。

原作を読んでいないと情報量が少なすぎて“主人公ポールが悲劇にあって成長する物語”という浅いストーリーしかわかりません。

映画というより映像作品に近く、コレならいっそのことドゥニ・ヴィルヌーヴの撮影ドキュメンタリーが見たかったです。

これなら奇怪なカルト映画になったデヴィッド・リンチ版の方がまだ楽しめました。

ぶっちゃけ酷評や感想つまらない理由を考察ストーリーネタバレあらすじ解説をしていきます。

CineMag
今回は映画版パート1(2部か3部作構想)ですが、物語的に普通の映画で30分くらいで片付ける内容に2時間30分使った感じでハッキリ言って面白くなかったです。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は楽しめた!?(投票お願いします)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

西暦10191年の宇宙では人類は人工知能と決別し、精神や肉体を独自に進化させていました。惑星デューンでは宇宙一貴重な物質メランジ(スパイス)が採取でき、ロケットの移動などに使われるほか、人間の精神進化にも大きな作用を及ぼします。この惑星デューンでアトレイデス家・ハルコンネン家の両家が領地を激しく対立する中、現地の部族フレーメンも争いに参加するというストーリーです。

『DUNE/デューン砂の惑星』(2021)は、映画で映像の美しさを重視する人にはもってこいでしょう。

CineMag
しかし、ストーリーを楽しみたい人には全くオススメできません
おすすめ度70%
SF世界観・映像90%
ストーリー50%
IMDb(海外レビューサイト)8.3(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト83%(100%中)

※以下、映画『DUNE/デューン砂の惑星』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『DUNE/デューン砂の惑星』ネタバレ感想・酷評

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画『DUNE/デューン砂の惑星』の個人的な評価は70点。
2021年11月1日時点で読者様からの投票は266件あり、
「つまらない、ひどい」22%、「イマイチ、見なくてい」20%で       
低評価が42%
「超面白い」29%、「まあまあ」20%で
高評価が49%。                 意見が割れていますね。
低評価の人はストーリーが薄くて退屈と考え、高評価の人は壮大な映像を評価したのでしょう。思ったより好意的に評価している人が多くてちょっと驚きました。
ネットやSNSを見ていると実際は、全体的な意見は否定派も肯定派もあまり変わらないのが興味深く、みんな「圧倒的な映像体験!ストーリーは・・・」みたいな感じです。
つまり「映像に没頭するだけの2時間が心地よかったかどうか?」の価値観で評価が分かれているのだと思います。
「つまらないと考えている人がおかしい」という人もいますが、本作の内容なら間違ってはいないしょう。映像はすごいけど面白くはないタイプの映画です。
端的にいうと映像90点・ストーリー50点の作品が傑作と呼べるかどうかの議論になるでしょう。前例があまりなくて判断しにくいですね。
私個人の感想を述べると、壮大な砂丘の風景・円形の宇宙船・軍隊の隊列・トンボ型の飛行機などなど、映像的に見応えがあるシーンは多いですが、悪くいえばストーリーの盛り上がりがなく映画としてはバランスが悪く、偏っていると思います。
CineMag
率直にいうと、美しく壮大な映像を魅せることに全フリして、物語を引き延ばしすぎた印象
「今回は序章だから」と、ストーリーの薄さが許せるかどうかですね。
個人的には映画で1番重視するのはストーリーなので、この展開やセリフの少なさで2時間半の長さは大きなマイナスと感じました。
さらにストーリーだけでなく、メッセージ性までもがフワッとしているのも問題だと思います。
細かい設定の解説もほとんどないので、フランク・ハーバートの原作小説か過去の映像化作品を見ていないと、星をまたいだ支配者同士の争いという、非常に大まかで薄いストーリーしかわからないでしょう(ちなみに原作小説は、会話・セリフや心理描写が非常に多く、キャラの心情や細かい設定が大きな見どころ)。
本作は、静と動でいうと完全に静で、セリフも多くなくストーリーの盛り上がりパートが極端に少ないです。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のオリジナルの解釈なども見受けられず、映画というより映像作品に近いのではないでしょうか。
物語の起伏がなくPVをずっと観ている感じで、映画としてみると2時間半は長すぎて途中で飽きてしまいます。
これならカルト的なデヴィッド・リンチ版デューンの方がまだ楽しめました。
アレハンドロ・ホドロフスキー監督がドゥニ・ヴィルヌーヴの本作を見たらきっと「俺の構想の方がすごい!」と言い出すことでしょう。
個人的にはストーリーが解決していない今作は、1本の映画として成立するのか疑問です。
前編・後編の前編というより、内容的には一般的な映画でいう前編の半分と言った方が近く、評価を他の作品と比較するのがそもそもむつかしいかもしれません。
続編ありきで評価すればいいのか、単体で評価すればいいのかも不明です(1本の映画としてでなく続編ありきで評価している人も多い印象)。
映画と映像アトラクションの違いは?という話にもなると思います。
CineMag
ストーリーを楽しまなくて映像だけと割り切るなら、それはそれでドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の製作ドキュメンタリーを見た方が面白いと思ってしまいました。
スポンサーリンク

この内容で2時間半は無理がある!

全体のストーリーの流れは、

  1. 主人公・ポールが砂の惑星アラキス(デューン)に着く
  2. 攻撃されて父レトや一族が死ぬ
  3. 母と逃げてフレーメン(砂漠の一族)に会って決闘し、仲間になる

これだけです。

デューンの大まかなストーリーは貴種流離譚(きしゅりゅういたん/英雄が誕生して困難にぶつかって放浪し、困難を克服して復讐を果たす物語の総称)ですが、なんと何も解決していない状態で終わります。

絶対とは言いませんが、シナリオ構成のセオリーとしては砂漠の民・フレーメンと組んで彼らの文化に馴染んだうえで、敵とちょっと戦うパートまでは入らないと…。

カタルシスが得られず「映画としてコレはどうなの?」という感想を持ちました。

古典的な英雄・冒険の物語のセオリーで考えると「1番盛り上がる後半パートが欠如している」ということになります。

CineMag
映画『DUNE/デューン砂の惑星』は、2話3話と次週にすぐ続きが見られる連続ドラマの終わり方でしたね。映画でこれをやるとは…。

他の作品と比較してみると、なぜ物足りないと感じるのかがさらにわかりやすいです。

原作小説版「デューン」から影響を受けた『スターウォーズ』シリーズでいうと悲劇があってから、他の場所にいる主要人物に出会ったところで終わり

現地の民族と決起するという意味で構成が似ている映画『アバター』や『ラストサムライ』で考えると、現地の民族に出会って終わりということになります。

CineMag
本作『DUNE/デューン砂の惑星』ではフレーメン部族との心の交流すら描かれる手前で終了したのが、ヒューマンドラマとしても致命的だと思いました。

映画版はパート1なので、続編のパート2でポールたちが決起するパートが描かれるのでしょうけど、1本の映画という意味では物足りなさすぎです。

上中下巻ある原作小説でいうとほぼ上巻の内容だけで、世界観の説明と最初の悲劇だけで終わっています。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は3部作を予定しているようなのですが、映画のストーリーとして成り立たせるためにパート1で小説の中巻くらいまで入れた方が良かったのでは?

スポンサーリンク

キャラの説明が足りな過ぎる

原作ではかなり会話が多いのに比較して、映画ではセリフが極端に少ないのも大きな違いです(ドゥニっぽさですが)。原作で語られている背景などの説明も、尺の関係もあってバッサリカットされています。

CineMag
極端な話、ストーリーが進まなくてもキャラの心情が伝わればまだ話として成立します。ただ、今回はそれもなかったのがさらに致命的でした。ポールの成長譚としても微妙です。

例えば、同じくドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画『ブレードランナー2049』でも、ライアン・ゴズリング演じる主人公・ジョーに関しても背景の説明は少なかったですが、その作品の場合は登場キャラが多くなかったので、彼の内面を映像で表現できていたと思います。

ただ映画『デューン』の場合は登場キャラが多く、映像でキャラの内面を映すことに関しては、ポール以外の人物に時間を使えていませんでした。

キャラに共感できず、ストーリーが薄くなる一因だったといえるでしょう。

独白がなくても映像でキャラの心情説明をしていればいいのですが、そういう映し方でもなく、あくまで全体的な世界観構築にこだわっています。

映画だけで原作小説のキャラの心情を推しはかるのは難しいと思います。

映画の映像だとポールが困惑している、悩んでいる、という非常にフワッとした印象しか受け取れないでしょう。

少なくとも、原作小説でかなり見どころの心理描写であるポールが巨大なシステムを悟って自分の変貌にすら困惑し、絶望して気が狂いそうというのは推測できないと思います。

全体的にも何も解決しておらず、主要キャラの変化もほとんど汲み取れないので、個人的にはストーリーはほぼないと言った方が近いでしょう。

CineMag
改めて『デューン』は映画ではなく、大河ドラマ向きの作品だと感じました。
スポンサーリンク

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の哲学がない

『DUNE/デューン砂の惑星』では、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らしい哲学的なメッセージが感じられませんでした。壮大な映像の撮影で力を使い果たしてしまったのでしょうか?!

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は映画『メッセージ』(2016)では原作小説を凄まじい完成度で映像化し、哲学的な思考をアーティスティックに表現していて、心を鷲掴みにされました。

しかし本作ではそのような感動が得られなかったです。

映像についても壮大ではありますがアート的というよりは理路整然としており、そのぶん哲学的な感覚も薄まってしまっていたと思います。

例えるなら、加工された石は美しいですが、一方で自然石のほうにより神秘を感じる人も多いということ。

本来のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督なら、たとえ原作の上巻だけの内容でも、セリフを排除しても、ウチに秘めた圧倒的なテーマを提示してくれると期待していただけに残念でした。

CineMag
今作ではあえて、監督自身のオリジナリティを入れたくなかったのでしょうか。

キャラに狂気がない

小説デューンはメランジというドラッグ的な物資・メランジが鍵となる人類が8000年後に別の進化を遂げた未来を描いており、一見理論的に見えて狂った設定の宝庫です。なので映像化するとなると現在の常識を覆す、常軌を逸した狂気的なキャラやシーンを期待してしまいます。

しかし、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督版『デューン』からは、そんな狂気が削ぎ落とされていました。

機械に計算させることを止め、ドラッグ(メランジ)で精神を拡張させ独自進化を遂げたはずのキャラクターたちが、現在の人類とまったく変わらないような描かれ方なのが映像で見ると違和感です。

本作は1984年デヴィッド・リンチ版や『ホドロフスキーのデューン』(2013)に比べると、狂ったアイデアはほとんどなく(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督なので仕方ないですが)、物足りなさを感じてしまいました。

原作小説との違い,映画で明かされない衝撃事実!


ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督版映画『DUNE/デューン砂の惑星』は、フランク・ハーバートの原作小説のストーリーをかなり忠実に再現していると思います。

ですが、ハッキリいって原作小説を読んでいないとキャラの心情を浅くしか捉えられず登場人物が何を考えているか勘違いする可能性すらあるでしょう。

映画では明かされていない事実もあるので書いていきます。

映画版はキャラクターの掘り下げを放棄

先ほども書きましたが、小説版のデューンはキャラのセリフや内面描写が主体であり、一番の見どころです。主要キャラクターすべての背景や内面が丁寧に描かれます。

映画版の場合は内面描写・バックグラウンドの説明が少なく、映像主体で進んで行きます。映画には尺の都合があり、小説のように心情をいちいち表現するのは難しいので、ある意味当然です。

ただ、ちょっと映画版で致命的だったのは、レディ・ジェシカとレト公爵の背景すらしっかり描いていなかった点

原作では秘密の宗教ベネ・ゲゼリットの一因であるレディ・ジェシカのバックグラウンドがストーリー本筋に大きく影響しています。

もともとポールが生まれたのもレディ・ジェシカが教団に背いたからで、この悲劇の一番の要因ともいえる人物です。

映画版だとジェシカはベネ・ゲゼリットとアトレイデス家の板挟みの女性だとしかわからないので、彼女が心の奥に秘めた深い葛藤が全然伝わってきません

実際、ジェシカの正体は彼女自身も知らなかったのですが、レト侯爵を殺したハルコンネン男爵の娘です。

この事実は、原作小説ではジェシカとポールがハルコンネンの襲撃から逃れてテントにいるときに、香料でポールの能力が覚醒して明らかになります。

そして最も重要なのは、原作のポールの心情はかなり複雑だということ。

映画のラストまで見ても「ポールはハルコンネンの襲撃を受けて強く生きることを決意したのかな?」くらいにしか伝わってきません。

しかし小説だとポールはこのとき自分の未来まで全て見通して絶望しているのです。

CineMag
ポールの表情があまり変わらずにクールなのはコレ(絶望)が理由ですが、映画からここまで読み取るのは流石に無理でしょう。

映画版は別に原作とポールの心理や今後のストーリーを完全一致させる必要はなく、違っても構いません。

ただドゥニの映画の場合は情報が少なすぎるので、原作読んでないと“ポールがたくましく成長している”という、底の浅いヒーロー物語に見えてしまうと思います。

“成長してる”は別に間違ってないですが、実際ポールの変化は成長という言葉では片付けられない運命の狂気で、単なる成長譚とは一線を画しています。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の目標は原作完コピらしいので、ポールの心情についても十分理解しているのでしょうけど、原作未読の人に伝えるのは無理だと割り切っている気もします。

あと、今作では一つのクライマックスとしてレト侯爵の死がありますが、彼を殺すならもう少しキャラを深掘りしておいた方が良かったでしょう。

CineMag
レト侯爵についてあまり共感できないまま死なれても、カタルシスが得られません…。

次ページは『DUNE/デューン砂の惑星』キャスト・ストーリー結末ネタバレ

映画『DUNE/デューン砂の惑星』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2021/10/15・アメリカ・2時間35分
原題:『DUNE』
原作小説:フランク・ハーバート著『DUNE/砂の惑星』(1965)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ドゥニ・ヴィルヌーヴ/エリック・ロス/ジョン・スペイツ
撮影:グリーグ・フレイザー
音楽:ハンス・ジマー

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は『ブレードランナー 2049』『プリズナーズ』『ボーダーライン』『メッセージ』など、映像美とメッセージ性を合わせ持った天才。

ハンス・ジマーは最近だと映画『007ノータイム・トゥ・ダイ』(2021)でも音楽を担当してました。本作でも重厚かつ不穏なテーマが素晴らしかったです。

ポール・アトレイデス|ティモシー・シャラメ

主人公ポール・アトレイデス役を演じる俳優ティモシー・シャラメ

ポールは本作の主人公で、宇宙でもかなりの権力を持つアトレイデス家の後継息子。砂漠の民族フレーメンと過ごす予知夢を見ます。

まだ若く、能力が完全に開花していません。

惑星デューンに移住し、現地で採取できる宇宙の支配で最重要な物質メランジ(スパイス)を体内に摂取し、覚醒していきます。

フランスの俳優ティモシー・シャラメ(米国籍も持つ)は、ノーラン監督映画『インターステラー』や『ストーリー・オブ・マイライフわたしの若草物語』『君の名前で僕を呼んで』で知られています。かっこいいだけでなく不思議な魅力もあり、完璧なポール・アトレイデスを演じていたと思いました。

デューン絶賛の声の理由は、彼の貢献も大きいと思います。

レディ・ジェシカ|レベッカ・ファーガソン

レディ・ジェシカを演じる女優レベッカ・ファーガソン

レディ・ジェシカはアトレイデス家の主・レト公爵の妾でポールの母。

不思議な力を伝える女性オンリーの秘密結社ベネ・ゲゼリットのメンバーで、ポールにも修行を課しています。

スウェーデン人女優レベッカ・ファーガソンは『ミッションインポッシブル』シリーズや、マイク・フラナガン監督の『ドクター・スリープ』、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』、ヒュー・ジャックマン主演の記憶潜入サスペンス『レミニセンス』(2021)に出演。

レト・アトレイデス侯爵|オスカー・アイザック

レト・アトレイデス侯爵を演じるオスカー・アイザック

レト・アトレイデスは一族の主。ポールの父。ジェシカを愛していますが正妻ではありません。

惑星カラダンに住みその地域を支配していましたが、皇帝の命令で砂の惑星アラキス(デューン)を支配するために一族で移住します。

俳優オスカー・アイザックは映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス名もなき男の歌』や『スター・ウォーズ』シリーズのポー・ダメロン役で有名です。

ダンカン・アイダホ|ジェイソン・モモア

ダンカン・アイダホを演じる俳優ジェイソン・モモア

ダンカンはポールの親友でありアトレイデス家の軍人。

一族の安全を確保するため惑星アラキスへ先に行き、砂漠に順応する民族フレーメンに接触します。

ジェイソン・モモアは『アクアマン』主演や、Netflix『スイートガール』『ゲーム・オブ・スローンズ』ドロゴ役で知られています。

ガーニー・ハレック|ジョシュ・ブローリン

ガーニー・ハレックを演じる俳優ジョシュ・ブローリン

ガーニー・ハレックはアトレイデス家の軍人で指揮官。ポールの新しい武術指南役です。

俳優ジョシュ・ブローリンは、コーエン兄弟の『ノーカントリー』でブレイクした遅咲き俳優で、アベンジャーズシリーズのサノス役や、『デッドプール2』への出演でも有名。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とは『ボーダーライン』でもタッグを組みました。

スティルガー|バビエル・バルデム

スティルガーを演じる俳優バビエル・バルデム

スティルガーは惑星デューンの砂漠で暮らす部族フレーメンの族長。

スペインの俳優バビエル・バルデムは『ノーカントリー』のヴィランアントン・シガー役で有名。リドリー・スコット監督の『悪の法則』や、『007 スカイフォール』のヴィラン・ラウル役も印象に残っています。

チャニ|センデイヤ

チャニを演じる女優センデイヤ

チャニはデューンの砂漠で暮らすフレーメンの一員。ポールの夢によく出てきます。

歌手で女優のセンデイヤは、『スパイダーマンホームカミング』のミシェル役などで有名です。

ウラディミール・ハルコンネン男爵|ステラン・スカルスガルド

ウラディミール・ハルコンネン男爵を演じるステラン・スカルスガルド

ウラディミール・ハルコンネン男爵は、アトレイデス家と敵対するハルコンネン家の主。皇帝の命により惑星デューンの支配をアトレイデス家に譲ることになりますが、何かよからぬことを企んでいるようです。

俳優ステラン・スカルスガルドはマーベル『マイティ・ソー』シリーズ、『宮廷画家ゴヤは見た』のゴヤ役、HBOドラマ『チェルノブイリ』(2019)で知られています。

グロッス・ラッバーン|デイヴ・バウティスタ

グロッス・ラッバーンを演じるデイヴ・バウティスタ

グロッス・ラッバーンは、ハルコンネン家の主ウラディミール男爵の甥で軍人。長年一族が支配していたデューンをアトレイデス家に渡すことが許せず、怒り狂っています。

俳優デイヴ・バウティスタはザック・スナイダー監督のNetflixゾンビ映画『アミー・オブ・ザ・デッド』の主演、『ガーディアンズオブギャラクシー』シリーズや、シルヴェスター・スタローンの『大脱出2』などで知られています。

映画『DUNE/デューン砂の惑星』ネタバレあらすじ解説

『DUNE/デューン 砂の惑星』の主人公ポール

惑星カラダンの地を治めていたアトレイデス家。主のレト侯爵(オスカーアイザック)は皇帝の命を受け、敵対していたハルコンネン家が80年治めていた惑星アラキス(通称デューン)へ、一族で移住することに

レト侯爵の息子・ポール(ティモシー・シャラメ)は、移住前から謎のフレーメン(デューンの現地部族)女性の夢を見るようになります。

ポールは飛行機を整備している軍人のダンカン(ジェイソン・モモア)に挨拶します。ダンカンは先にデューンへ行き、皇帝の統治下にない現地の部族フレーメンと接触をはかる任務にあたるようです。

そのあと、ポールは気乗りしないながらも、新しい武術指導役の軍人ガーニー(ジョシュ・ブローリン)と剣のトレーニングをします。

秘密結社ベネ・ゲゼリットのメンバーであるポールの母レディ・ジェシカ(レベッカ・ファーガソン)は、師である老女を招きます。ポールは老女から多大な苦痛を共なる試練ゴム・ジャッバールを受け、手が燃え落ちるような痛みを耐え抜きました。

レト侯爵やポールも惑星デューンへ移住します。

ポールはレト侯爵に連れられ、砂漠で取れる最重要物質メランジ(スパイス)の採掘現場に行きまが、現地で機械の故障が起こりレト侯爵の指示で採掘員の救助にあたります。ポールはメランジを吸い、未来のビジョンを見ていました。

宮廷内で小型の暗殺ロボットがポールを襲いますが、素手で捕まえてことなきを得ました。レト侯爵はポール暗殺に怒り、宮廷内にいる裏切り者を探せと部下に命令します。

しかし後日、レト侯爵は医者のユエの裏切りに遭い彼に刺されました。ユエはウラディミール伯爵に妻を人質に取られていたのです。ユエは死ぬ前にウラディミールを殺してくれと言い、毒ガスの出る歯をレト侯爵の口に入れます。

まもなくハルコンネン家による軍勢が惑星デューンへ向かってやってきます。グロッス・ラッバーン(デイヴ・バウティスタ)が率いる軍団と、ガーニー・ハレック率いるアトレイデス軍団が死闘を繰り広げますが、不意打ちだったため、アトレイデス家の兵士たちは次々に殺されていきました。

ポールと母レディ・ジェシカはハルコンネン家に捕まり飛行艇に乗せられて砂漠に捨てられそうになりますが、ジェシカはベネ・ゲゼリットの能力であるボイスを使って敵を操り、2人は飛行艇から脱出に成功

ウラディミール・ハルコンネン男爵はデューンに降り立ち、死ぬ寸前のレト侯爵を眺めます。レトは口から毒ガスを噴射し、ウラディミールや側近に喰らわせて死亡。しかしウラディミールは生き残り、黒い粘液の中で治療をします。

ポールたちは軍人ダンカンらと出会い、フレーメンが使っている施設に隠れます。しかしそこにも敵が迫ってきました。

ダンカンはポールと母ジェシカを逃し、敵に殺されて死亡

ポールは能力により、母ジェシカが妊娠していることに気づきました。

ポールとジェシカはトンボ型の飛行体で砂漠を越え、フレーメンの部族と出会います。族長はスティルガー(バビエル・バルデム)で、ポールが予知夢で見た女性・チャニ(センデイヤ)もいました。

フレーメンの掟により、ポールは予知夢で自分に色々話してくれたジャミスと決闘することになり、仕方なく彼を殺します。決闘を終えたポールは、フレーメンに迎え入れられることになりました。

映画『DUNE/デューン砂の惑星』パート1END!

最後のまとめ

映画『DUNE/デューン砂の惑星』はSFの金字塔と呼ばれる伝説の小説のスケールを体現していましたがストーリーのテンポ遅くて展開や起伏が感じられず、登場キャラも掘り下げていないのでヒューマンドラマ要素もなしと映画としてはかなり微妙な出来になってしまったと思います。

ドゥニ・ヴィルヌーヴは大好きな監督なので、次作のパート2に期待ですね!

ここまで読んでいただきありがとうございます。『DUNE/デューン砂の惑星』レビュー終わり!

おすすめの関連記事



2021年公開映画ネタバレ感想レビュー

ネタバレ考察『マスカレード・ナイト』映画と東野圭吾原作を比較考察!犯人の違い,ラスト結末のセリフの意味解説/木村長澤バディの感想あらすじ評価

Netflix映画『ギルティ』ネタバレ考察オリジナルとリメイク比較解説/あらすじ感想,ジェイク評価・伏線紹介