Netflix映画『ギルティ』ネタバレ考察オリジナルとリメイク比較解説/あらすじ感想,ジェイク評価・伏線紹介

Netflix『ギルティ』(THE GUILTY)は同名のデンマーク映画をジェイク・ギレンホール主演でリメイクしたワンシュチュエーションサスペンス

トラブルで911の通信課に回された主人公が電話だけで誘拐事件に立ち向かい、衝撃の結末が味わえます。

記事ではネタバレあらすじ解説や、オリジナルのデンマーク版との違い比較ストーリーの意味・伏線考察ぶっちゃけ感想・評価をしています。

CineMag
個人的には想像の余地が多いオリジナルのデンマーク版の方がサスペンスとして断然好みでした。そこで投票を募ってみたいと思います

 

オリジナルとNetflixリメイク版『THE GUILTY/ギルティ』どっちが好き?

View Results

Loading ... Loading ...

映画『ギルティ』キャスト・作品情報

公開・制作国:2021年10月1日/Netflix・アメリカ
監督:アントワーン・フークア
脚本:ニック・ピゾラット
オリジナル:デンマーク『THE GUILTY/ギルティ』(2018)
主演:ジェイク・ギレンホール/ジョー役
出演:ライリー・キーオ(音声のみ)/エミリー役
出演:イーサン・ホーク(音声のみ)/上司ビル役
アントワーン・フークア監督は、イーサン・ホーク主演の『トレーニング・デイ』や、デンゼル・ワシントン主演の『イコライザー』シリーズ、『インフィニット 無限の記憶』で有名。
そしてまさかのイーサン・ホークが声だけのちょい役で登場。フークア監督と仲が良くて頼まれたのでしょうか。
エミリー役のライリー・キーオはNetflix『悪魔はいつもそこに』などに出演しています。

ジョー・ベイラー/ジェイク・ギレンホール

ジョー・ベイラーを演じる俳優ジェイク・ギレンホール

ジョー・ベイラーはある問題を起こし、現場から通信課に異動させられた警官。

非常に怒りっぽく、思い込みが激しい性格です。

妻ジェスとは別居中で、娘ペイジにも会えない生活です。

映画『ナイトクローラー』などで圧巻のサイコパス演技を見せつけたジェイク・ギレンホールが演じています。

ネタバレなし感想・見どころ

緊急通報911の電話を受け、会話をするだけのワンシュチュエーション映画ですが、予想外の衝撃の事実が発覚するカタルシスや、主人公の心の葛藤などが見どころで、サスペンス・ヒューマンドラマとして見る価値アリです。

狂気の演技ならお手のもの→俳優ジェイク・ギレンホールの鬼気迫る表情なども楽しめます。

ただ、Netflixリメイク版はオリジナルと比較するとわかりやすくて想像の余地が狭くどちらを先に見た方がいいか迷っているなら、デンマーク版からの方がいいと思います

おすすめ度78%
狂気の演技85%
ストーリー82%
IMDb(海外レビューサイト)6.2(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト71%(100%中)

※以下、映画『ギルティ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

『ギルティ』ネタバレ感想・評価

Netflix映画『ギルティ』の評価は75点。
オリジナルを先に見てしまうと、物足りないと感じてしまうのではないでしょうか?
ジェイク・ギレンホールの目ん玉をひんむくような演技は見応えがありますが、Netflixはカウチポテトでも楽しめるようにしたいのか、明確な説明が多すぎてサスペンスとして想像を張り巡らせる面白さに欠けていました
要は、考えてあとから浮かび上がってくる恐怖や味わい深さがないのです。
リメイクとしては少し残念だったと思います。
ちなみにサイトを読んでいただいた人のアンケート評価だと、2021/10/05時点で
  • オリジナルデンマーク版が良い→57%
  • Netflixのリメイク版が良い→43%

とそこまで差がないので、どちらを先に見るかでも印象が違ってくるかもしれませんね。

デンマークのオリジナルと大きく違う!

赤ちゃんが…

映画『ギルティ』はデンマークのオリジナル版とNetflixリメイク版でストーリーの大筋は一緒ですが、ラストで大きく違う点があります。

最大の違いは、赤ちゃんオリバーが生きていた点です。

デンマーク版では、赤ちゃんが実は生きていたというシーンはありません

この結末の違いにより、オリジナルとリメイクのテイストはまったく異なるものになりました

オリジナル版の場合は、赤ちゃんは死んでいるので、母親は保護されますがその先に子供たちと暮らせる幸せな人生は待っていないでしょう。電話に出た娘は赤ちゃん(弟)を母が殺したとのちに知ることになるでしょうし、彼女の人生も闇が生まれます。

対してリメイク版の場合は赤ちゃんが生きています。怪我の程度もそこまで深刻でない可能性もあり、エミリーが精神的な病を克服すれば、時間はかかってもまた子供たちと一緒に暮らせるようになるかもしれません。

一緒に暮らせなくても面会はできるでしょう。

娘に対しての罪

オリジナル版では、主人公が娘に電話で「弟(赤ちゃん)と一緒にいろ!」と指示してしまい、娘が赤ちゃんの惨殺死体を見てしまうシーンがあります。

娘のトラウマは計り知れません。残酷すぎます。

対してリメイク版では、娘は弟に何が起こっているかわかっていない状態です。

デンマークのオリジナルでは、主人公は娘に対しても大きなギルティ(罪)を負うのです。

リメイク版は希望があり、わかりやすい

このように比較すると、デンマーク版がより重くて暗く抽象的な結末だとわかります。

対してNetflixリメイク版は説明が多くわかりやすいです。ジョーが白いバンなどを想像したものを映像化する蛇足的なシーンなどもあります(視聴者が想像するワンシュチュエーションの醍醐味が崩壊してますね…)。

母親エミリーが錯乱したのも「薬が買えなかったから」だとわかり、社会の貧困にいくらか責任を分けているなどの違いもあります。

相違をまとめると、

  • リメイク版は主人公が真実を語ったことで希望が見える物語
  • オリジナル版は、救えるものと救えないものが浮かび上がる抽象的な物語

となるでしょう。

リメイク版の方がヒューマンドラマ要素が強いですが、観ている側の解釈の幅が狭くなり、サスペンスとしては圧倒的にデンマーク版の方が優れていると感じました。

徹底考察:ギルティ

ジョーは自分と対話している

映画『ギルティ』は、問題を抱える主人公ジョーがエミリーと対話しつつ、同時に自分自身と対話している物語とも捉えられます。

ジョーは青年ジョセフを銃殺してしまい、対するエミリーは息子を傷つけてしまいました。そして2人ともそれぞれの問題によって、自分の娘に会えなくなることに苦悩しています。

ジョーはエミリーを救いながら、自分の心も救済したのでしょう。

ちなみに主人公に娘がいる設定は、オリジナルではありません。

ジョーがエミリーの事件に執念を燃やしたのは、きっと自分の娘ペイジとエミリーの娘アビーが重なったからでしょう。

娘に会いたいというジョーの気持ちが事件を解決に導いたのだと思います。

山火事の意味

山火事はリメイク版にしかない要素です。なぜ、山火事なのでしょうか。

ひとつには、メタファーとして主人公ジョーの怒りっぽい性質を炎であらわしているのだと思います。

エディングでは山火事鎮火後のロサンゼルスの街が映りますが、ジョーの心の炎も消えたことを表現しているのでしょう。

また、オープニングではヨハネの福音書の引用があり、

「真理は汝を自由にする」

という文章から始まります。

聖書関連で考えると、山火事はヨハネの黙示録16章↓

第四の天使が、その鉢の中身を太陽に注ぐと、太陽は人間を火で焼くことを許された。人間は、激しい熱で焼かれ、この災いを支配する権威を持つ神の名を冒涜した。そして、悔い改めて神の栄光を讃えることをしなかった。

新共同訳 新約聖書

こちらを表現しているのかもしれません。

ただし聖書の記載と違い、主人公ジョーは自分の罪を悔い改めました

ちなみにエミリーが「息子オリバーの腹の中に蛇がいた!」など、何かにつけて蛇の話をしていましたが、これも旧約聖書でイヴをそそのかした蛇が根底にあるのかもしれません。

映画ギルティ伏線解説

オフィスのクジラの写真

オフィスに貼られたクジラの写真

序盤で映ったオフィスのクジラの写真が、伏線的にエミリーの水族館の話につながります。

先程の山火事の意味と考えると、クジラや水族館には主人公ジョーやエミリーの心の炎を消す意味があるような気もします。

このクジラの伏線はデンマークのオリジナル版にはありません。

監禁はイヤ!

エミリーがバンの荷台に閉じ込められたとき「もう監禁はイヤだ」みたいなことを言いますが、これはエミリーが精神病棟に監禁されていた事実のわかりやすい伏線になっています。

↓Netflix映画『ギルティ』のあらすじラスト結末解説は2ページ目へ↓