映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

ひどい?『デューン/砂の惑星』デヴィッド・リンチ版ネタバレ感想・考察/設定解説,あらすじ評価

映画『デューン/砂の惑星DUNE』はフランク・ハーバートのSF長編小説『デューン』を映画化したもの。

監督のデヴィッド・リンチにファイナルカット(最終編集)の権利がなかったことで、映画としてはボロボロの出来になり、評価は散々だった。(リンチが編集していれば…。)

今、デューンを見直してみると、映画としてはやはり、ひどいと言わざるを得ないが、ところどころ光っていたアイデアや設定があったので、そのあたりを重点的に考えてみようとおもう。

まずは、デューンの何がダメだったのか?というところを解説する。

スポンサーリンク

映画『デューン/砂の惑星』ネタバレ感想:ダイジェスト的な編集がやばい!

デューン/砂の惑星が映画として一番いただけなかった部分はこれ。全体の長さが2時間17分(DVDだと3時間9分)だが、後半は場面場面の関連性が薄い飛び飛びのつなぎになっており、予告編をずっと見せられているようだった!というもの。つまり編集ともいえず、ダイジェスト版を見せられているだけだったのだ。

そのシーンに感情移入する前に、ポンポン次の場面に切り替わってしまう。映画としては致命的だろう。

しかし、今考えると、ダイジェストぽっく映画を作るのはある意味斬新で面白いかもしれない。

なぜ、このようになってしまったのか!?

やはり、デヴィッド・リンチが編集しなかったということは大きいだろう。

デヴィッド・リンチが撮った、狂気のシーンを、彼の意図を汲まない人たちが編集すれば、作品として破綻するに決まっている。

食材について無知な人が、料理を作ってしまった悲劇に近い。彼らは、トリュフを捨ててしまうだろう。

何時間の映画にするか、制作側と配給側で擦り合わせができていなかったような節も見受けられる。1973年には企画段階でボツっており、そのときには10時間の大作にする予定だったそうだ。

10時間はさすがに長すぎるが、制作側はもっと長尺で公開する予定だったのに、2時間ほどにまとめろと配給側に言われて、困惑したのだろう。

個人的には、ぶち切れて仕事を放り出した人物がいるとおもう。それで公開に間に合わせるため、付け焼き刃的に編集し、メチャクチャな映画が出来上がったのだ。

デヴィッド・リンチ版『デューン/砂の惑星』カルト的な人気の理由

デューン/砂の惑星を一言でいうと、1から10まで全て狂っている!という感じ。そこまでおかしい映画だと、何やら前衛芸術っぽい雰囲気が漂い出す(リンチの演出や構図によるものある)。

つまり、作品として成り立っていない、一種の”壊れた感”を楽しむことができるのだ。原作や設定、演出など、優れた素材があるにもかかわらず、それが崩壊していくさまは、ある意味、耽美的である。

これからデューン/砂の惑星をみる、あるいは見直すという人は、崩壊っぷりを楽しむ気持ちで観るといいだろう。

映画、アニメ、ドラマ、漫画が視聴可能U-NEXTユーネクスト無料トライアル申し込み

スポンサーリンク

映画『デューン考察砂の惑星(DUNE)』SF設定解説

スポンサーリンク

スパイス(香料)=ドラッグ

惑星デューンにスパイスがあって、それが人々の能力開花や人類の進化に繋がっているという設定だが、ものすごくドラッグっぽくないか?

ギャグなのか?オブラートに包まないチープな感じは敢えてやっているのかとも考えられて、非常に興味深い。

スパイスを嗅ぐポール

スポンサーリンク

体を四角いシールドが覆う

戦うときは、体を四角いシールドが覆う。よって戦闘シーンで何が起こっているか全くわからない(笑)。でも、よく考えると斬新ではある。

当時やるには技術が追いつかなかったのだろう。スターウォーズのライトセイバーみたいな革新性を模索していたように思える。

何を鼻に突っ込んでるの!?

デューン/砂の惑星で出てくる黒い服は、砂漠で体が水分を失わないように、汗など体外へ出た水分を蒸留できるように作られている。

とはいえど、鼻にチューブを突っ込んでいるのがギャグにしか見えない。

カイル・マクラクラン デューン/砂の惑星

斜め上を行き過ぎている。砂漠での呼吸とかの問題なら、普通にマスク形状で良くないか?

こういう、細かい部分が、デューン/砂の惑星の魅力なのだ!

デヴィッド・リンチが編集していれば傑作になった?

映画作品としてはズタボロのデューンだが、個人的には、デヴィッド・リンチがちゃんと編集していれば、メチャクチャ良い作品になったのではないかとおもう。余計な説明などをなくし、芸術方向にもっと振り切れば、評価もガラッと変えることが

スパイス、念力、鼻にチューブを突っ込む、登場人物の個性的な演出、などなど、素晴らしいカットはたくさんあるので、今からでも良いから、リンチに編集し直してほしい。

そしたら、観る人は多いだろう。

最後に感想・考察まとめ

デューン/砂の惑星は地球以外の惑星で暮らす人類を描いていながら、みんな思考回路が斜め上方向になっている。デューンの設定は10100年代なので、今から約8000年後の出来事だ。

今から8000年後、人類の価値観や生き方が変わり、知能指数が変わらないまま、みんなアヴァンギャルドな思考回路になっている可能性は・・・ないとは言い切れない!

もしかすると、デューン/砂の惑星は8000年後に公開していれば大ヒットしたかもしれないのだ。現代人には早すぎた・・・

デヴィッド・リンチ監督映画の関連記事

『デューン砂の惑星』以外にも、デヴィッド・リンチ監督は名作たくさん。

あらすじネタバレ解説した記事をどうぞ。

関連記事

グロカルトの金字塔的映画『 イレイザーヘッド』を観賞!いや〜この映画ほどいろんな意味で衝撃的な作品はない!!何気なく観てしまうと、「グロいし、意味がよく分かんね〜!」で終わってしまうのですが、デヴィッド・リン[…]

『イレイザーヘッド』
関連記事

デヴィッド・リンチ監督の映画『エレファントマン』で伝えられた表層的な複数のテーマを考察・解説すると共に、リンチ監督が何を言いたかったかさらに突っ込んでエレファントマンを深掘りしてみる。分かりやすい面も、深い面も持つこの映画のメッセー[…]

映画『エレファントマン』
関連記事

デヴィッドリンチが熱い!最高の映画監督の一人だろう。この監督ほど”不和”を融和させられる人はいない!今回は同監督の奇作『ブルーベルベット』の面白さの秘密を語ります!そしてこの映画は、秘密を彩る挿入歌も最高!ブ[…]

ブルーベルベット
関連記事

鬼才デヴィッド・リンチ監督の映画『ロスト・ハイウェイ』について深掘り考察・解説をわかりやすくまとめました。非常に難解と言われる本作だが、マルホランド・ドライブやインランド ・エンパイア、ツインピークス・ザ・リターンなどに比べればさほ[…]

映画『ロスト・ハイウェイ』
関連記事

映画『マルホランド・ドライブ(mulholland drive)』を久しぶりに鑑賞。また新たな発見をすることができました!鬼才デヴィッド・リンチ監督の最高傑作にして難解といわれる作品ですが、考えれば考えるほど深みにハマって面白い![…]

『マルホランド・ドライブ』
関連記事

鬼才デヴィッドリンチ監督のインランド・エンパイアをまず1回観たのですが、内容やテーマがほとんど分からず、プライドがズタボロになり泣きました(笑)。そこで2回目は全てのシーンやセリフをメモに取り、内容やストーリーを解き明かすことに成功!9時間[…]

映画『インランド・エンパイア』
関連記事

25年ぶりの新シーズン!ツイン・ピークスthe Return:リミテッドイベントシリーズは、デヴィッドリンチ監督が全編監督を務めており、それだけに集大成といえる最高の作品だった。そして、設定がまあぶっ飛んでいた!(それが良さなんだけ[…]

『ツイン・ピークスThe Returnリミテッドイベント』
関連記事

デヴィッド・リンチ監督によって、2017年にツインピークスの25年ぶりの続編「Twin Peaks The Return」が開始され、僕の感想としては想像を上回る楽しさだったわけだが、前作以上に謎は多く、解釈に困った人も多いだろう。[…]

『ツイン・ピークスThe Return:リミテッドイベント』
関連記事

難解だが何度も見たくなる魅力を持つ鬼才デヴィッド・リンチ監督の映画やドラマ。記事では、リンチ監督の全作品をおすすめランキングで11作品紹介!さらに奇想天外な作品を作るリンチ監督は一体どんな人物なのかも解説・考察したいと思いま[…]

ツインピークス
関連記事

デヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー映画『アートライフ』にはどんな魅力があるのか紹介します。生い立ちや、映像で紹介されているリンチ監督の絵画などから、見えてくるものは一体なんなのか?解説や考察をどうぞ!デヴィッド・リ[…]

『アートライフ』デヴィッドリンチ