いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
韓国ドラマ『Mineマイン』

韓国ドラマ【Mineマイン】全16話あらすじネタバレ最終回感想!キャスト相関図,ジヨン殺害犯人や家庭教師の正体

韓国ドラマ『Mineマイン』は、財閥の大豪邸でのドロドロの人間関係を描いた物語で、『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』を超えたと言われている作品です。

複雑な人間関係や倫理を超えてタブーに踏み入るような、インパクトのある展開がクセになります!

2021年はデスサバイバルドラマの『イカゲーム』で盛り上がっている韓ドラですが、ドロドロサスペンスこそ本領という気もしますね。

この記事では、ドラマの感想や評価、全話のあらすじネタバレ、各話の解説・考察をまとめています!

韓国ドラマ『Mine』は楽しめた!?(投票お願いします)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

韓国ドラマ『Mine』作品情報

公開・制作国・話数:2021年・韓国・全16話
原題:마인 Mine
監督:イ・ナジョン
脚本ペク・ミギョン
放送:tvN・Netflix

韓国ドラマ『Mineマイン』ネタバレ感想・評価

韓国ドラマ mine イ・ボヨンやソヒョンなど登場人物

ヒョウォン家の超豪華な大邸宅が舞台。

殺人事件の大富豪ヒョウォン家の秘密を知るシスター・エマの独白による回想でストーリーが進んでいきます。

『Mineマイン』をひとことでいうと、人間関係が複雑なドロドロの財閥サスペンスです(2021年Netflix配信韓ドラだと時代劇『恋慕』と似たコンセプト)。

  • 主人公ヒスとソヒョンは息子たちの実母ではない
  • ジノ&ジニは正妻・スネの子、ジヨンは愛人の子
  • ヒスの息子ハジュンの母親は生死不明
  • 怪しい家庭教師・ジャギョン

などなど、登場人物もわりと多くて関係性が複雑です。

後半になるにつれて倫理的にアウトな衝撃シーンも多く、ドキドキしたい人にうってつけでしょう。

広大な敷地に豪勢でモダンな邸宅、最高級の料理に数多くの使用人など、

画面で特権階級の華やかな生活が堪能できる一方、事件が刻々と迫る陰影が素晴らしいドラマです。

また、イ・ボヨン演じる主人公・ヒスやソヒョンのファッションがとってもスタイリッシュでオシャレな点も見どころ!

毎回ファッションショーのように楽しめます。夢のような豪邸での生活は見ていて心おどりますよ。

最近のネトフリ韓流作で比較すると、『ムーブトゥヘブン私は遺品整理士です』や『ヴィンチェンツォ』『ロースクール』より、前半こそちょっと劣るかなという印象がありました。

しかし後半に進むにつれて次々に新事実が発覚し、目が離せなくなってハマります。

倫理的にかなりショッキングなシーンやどんでん返しもあり見応え抜群。

時系列を殺人事件前と後に分けるなど、サスペンスドラマとしても秀逸です。ネットフリックスの『マイネーム偽りと復讐』もそうですが、韓ドラはサスペンスが上手いですよね。

スポンサーリンク

韓国ドラマ『Mine』最終回の結末 考察まとめ

Mine 最終回のヒス(イ・ボヨン)

すべての伏線が回収されたスケールの大きな最終回でしたね!

ヒスやソヒョンなど、女性たちが本当に輝いていました。

登場人物が多かったので、Mineの大まかな結末をまとめてみました。

  • ジヨンを殺した犯人はチュ執事
  • ジヨンがヒスを殺そうとしていたのを見て、チュが殴った
  • ヒスはジャギョン(ヘジン)と一緒にハジュンを育てると決断
  • ソヒョンはヒョウォングループの会長に
  • スヒョクとユヨンは結婚

チュが殺していたのは全くの予想外でしたね。

またジヨン殺害に関する細かいところでは、

ソンテがジヨンを地下室から助けようとしたときにドアのパスワードが変わっていたのは、恐らくジヨンに恨みを持つチュ執事の仕業でしょう。

ソヒョンが手を怪我していたのは、消化器を隠そうとしたからでしたね。

さらにソヒョンはヒスが犯人だと考え、かばうためにあえてジヨンのそばに戻ってソンテたちに手に血がついているのを見せたのでしょう。

ラストでユヨンは、旦那スヒョクを見てにやけていただけのジュヒをクビにしました。

理由は、ヒスとジャギョンのドロドロ問題を目の当たりにしていたからでしょう。

また、キツい性格に変貌したユヨンこそがヒョウォン家を再びドロ沼に落とし入れる元凶になるかもしれないという想像もできますね。

女同士の壮絶な物語はこれからも続きそうです。

ちなみにMine最終回でロス気味な人には、同じスタジオドラゴン制作のサスペンス恋愛ドラマ『君は私の春』や、シン・ミナ主演のラブコメ『海街チャチャチャ』もおすすめ

スポンサーリンク

『Mine/マイン』登場人物・キャストと相関図

韓国ドラマ『mine/マイン』の登場人物・キャストの相関図

スポンサーリンク

ヒス(イ・ボヨン)

ヒスを演じる女優のイ・ボヨン

ヒスは元人気女優で、ヒョウォン家の次男ジヨンの妻。

息子ハジュンを愛していますが、実子ではなく夫ジヨンと彼の死んだ元恋人の間の子。

元韓国の人気女優で、海外でジヨンと会って彼と恋に落ち女優を引退しました。

人を疑うよりは信じるほがらかな性格ですが、芯は強い女性です。

(↓主演女優イ・ボヨン関連作品↓)

ソヒョン(キム・ソヒョン)

ソヒョン(キム・ソヒョン)

ソヒョンは長男・ジノの妻で、財閥の娘です。美術館を運営し、その手腕は海外にも知られています。

浮気ばかりする夫ジノを全く愛していません。

スヒョクは実の子供ではなく義理の息子になります。

実はレズビアンで、芸術家の元恋人スージー・チェのことが忘れられません。

女優キム・ソヒョンは『スカイキャッスル上流階級の妻たち』などでも有名です。

ジヨン(イ・ヒョヌク)

ジヨンを演じる俳優イ・ヒョヌク

ジヨンはヒョウォン家の次男でヒスの夫。

ハン会長と愛人ミジャ(死亡)の息子で婚外子。兄ジノや姉ジニとは義理の兄弟です。

スマートなイケメンで仕事もでき、周囲から信頼されていますがダークな一面や秘密を隠し持っています。

ジノ(パク・ヒョックォン)

ジノを演じる韓国の俳優パク・ヒョックォン

(ジンホ)と表記する場合あり。

ジノはヒョウォン家の長男。ハン会長の正妻スネの子供です。

スヒョクは実子です。

アル中のせいで元妻(スヒョクの実母)に逃げられたあと、ソヒョンと結婚した経緯があります。

頭があまり良くなく、仕事もできません。いつも浮気ばかり。心から信頼できる人がいないといつも嘆いています。

宝くじを買うのが趣味です。

ジャギョン(オク・ジャヨン)

ジャギョンを演じるオク・ジャヨン

ジャギョンはヒスの息子ハジュンの家庭教師として新しく雇われた怪しい女性。

気が強く、ハジュンに執着しており、人々に対して横柄な態度をとります。

本名はイ・ヘジンで、元乗馬教師という経歴を持っています。

ハジュン(チョン・ヒョンジュン)

ハジュン役の子役チョン・ヒョンジュン

ハジュンはジヨンの息子。

ヒスは義母ですが本当の母親だと思っています。

父・ジヨンのことも大好きで将来は父のようになりたいと発言。

ラップ音楽が大好きな小学生。

スヒョク(エン)

スヒョクを演じるアイドルのエン

スヒョクはジノの息子で26歳。最近アメリカ留学から帰ってきました。

酒や女にだらしない父・ジノや、義母・ソヒョンと仲が良くありません。

不眠症であり、使用人のユヨンと部屋を交換して寝ているうちに、彼女のことを好きになります。

ユヨン(チョン・イソ)

ユヨンを演じる女優チョン・イソ

ユヨンは最近雇われたヒョウォン家の使用人で27歳。

元保育士でしたが父親の借金取りが幼稚園に来て辞めざるを得なくなったのでした。

ヤン・スネ(パク・ウォンスク)

ヤン・スネ役を演じるパク・ウォンスク

(スンヘ)と表記する場合あり。

ヤン・スネは、ハン会長の正妻でジノとジニの母です。

ハン会長が愛人・ミジャと過ごしているのを横目にしていた辛い過去があります。

かなり怒りっぽい性格で、すぐに叫び出します。

孔雀のノドクを飼っていて、声楽を習っています。

ジニ(キム・ヘファ)

ジニを演じるキム・ヘファ

ジニは、ハン会長とスネの長女でジノの妹。ジヨンの義姉。

スネと同じく頭に血が上りやすい性格です。

社のベーカリー部門を任されていますが、クリームパンのクレームを受けて社員にパンを投げつけたことが報道され、立場が危うくなりました。

ハン・ソクチョル会長(チョン・ドンファン)

ハン・ソクチョル会長を演じるチョン・ドンファン

ハン・ソクチョルは、ヒョウォングループの会長。

スネという妻がいながらジヨンの母・ミジャに恋をして愛人として邸宅に招き入れた過去があります。

第一話で脳出血で倒れ、病院で意識不明の状態です。

シスター・エマ(イェ・スジョン)

シスター・エマ役の俳優イェ・スジョン

シスター・エマは修道女であり心理カウンセラー。本名はペク・ソルファです。

ヒス、ソヒョン、ジノの悩み相談を受けており、シングルマザーへの支援団体も運営。

チュ執事(パク・ソンヨン)

チュ執事を演じるパク・ソンヨン

チュ執事は、ヒョウォン邸宅の執事主任。新人にはキツくあたります。

ジヨンから、ソヒョンらヒョウォン家の人間を監視するよう命令を受けており、いつもみんなの会話をこっそりスマホで録音しています。

パク・ソンヨンは画家のドロドロ愛憎劇『あなたに似た人』(2021)にも出演。

キム・ソンテ(イ・ジュンオク)

キム・ソンテ

ソンテは、ヒョウォン家唯一の男性執事。車の運転などを担当することが多い人物です。

コミックリリーフ的な立ち回りが多く、やや衝動的な性格です。

オ・スヨン(チョ・ユンソ)

オ・スヨン(チョ・ユンソ)

オ・スヨンはヒスとジヨンが住むルバートの執事で、使用人たちの管理などをしています。ヒスからも信頼されています。

スージー・チェ(キム・ジョンファ)

(スジ)と表記される場合あり。

スージー・チェは、女性芸術家でレズビアン。

ソヒョンの元恋人で、今も彼女のことが忘れられず時々連絡を取ろうと試みます。

Mine 1話ネタバレ「別世界の人たち」

mine マイン 1話ネタバレ「別世界の人たち」 ヒスとハジュンとジャギョンと使用人

シスターエマが警察署に駆け込み、ある“殺人”について語ります。

〜60日前にさかのぼる〜

ヒョウォン家には2つの大邸宅があり、本家の館を「カデンツァ」、分家の館を「ルバート」といいました。

父親の借金のせいでヤクザが幼稚園にきて困っていた27歳の保育士キム・ユヨンは、ヒス(会長の次男ジヨンの妻)に誘われて本館の使用人になります。

また、同じ日にカン・ジャギョンという女性が、ヒスの義理の息子ハジュンの家庭教師となりました。

しかし、勝手にヒスの服を着るなど、ジャギョンには不審な行動が目立ちます。

ハン会長の愛人・キム・ミジャ(ジヨンの実母)の命日になり、晩餐会が開かれます。

ハン会長はNYで落札したブルーダイヤをその場にいる誰かに譲ろうとしていました。

しかしもともと高血圧だったせいもあって、ハンはワインを飲んで倒れ、意識不明の状態で入院します。

ハン会長の妻ヤン・スネ(スンヘ)は口が悪く、いつも使用人に当たり散らしていました。飼っている孔雀のノドクだけが、彼女の心のよりどころです。

長男・ジノの妻で実業家のソヒョンは、使用人のチュ執事主任が会長の現妻の悪口を録音していたと気づきます。

しかし彼女を辞めさせると都合が悪いので、ジュヒという若い女性の責任にしてクビにしました。

ソヒョンは取り上げたチュの携帯を見て、自分の姿が動画で映されていたことに驚きます。

そんな中、ジノの息子で26歳のスヒョクが帰国。彼は自分のベッドでユヨンの髪留めを拾い、夜中散歩していた彼女に会って返しました。

スヒョクはユヨンに、「試しに部屋を交換して寝てみよう」と持ちかけます。

『Mineマイン』第1話END

1話の感想・考察

キム・ソヒョンがソヒョン役ですね。

『ロースクール』で検事役のパク・ヒョックォンもダメ長男・ジノ役がハマってます。

長男の嫁ソヒョンと次男ジヨンの嫁ソ・ヒスが主人公なのだけど、二人とも後妻で自分の息子じゃないというドロドロのスタート。

さらに60日後には殺人事件が起きるのが確定している演出も面白いです。

怪しい家庭教師カン・ジャギョンと使用人ユヨンが何の疑いもなく雇われていく過程はポンジュノ監督の映画『パラサイト半地下の家族』にちょっと似ていると感じました。

登場人物も多いしみんな仲悪いしで、『ゲーム・オブ・スローンズ』並みのドロドロですね。

Mine 2話あらすじ「イカロスの翼」

mine 2話 スヒョクとユヨン

シスターエマは警察署で「最初に階段の下に倒れていたのは2人だったと証言」。

〜60日ほど前にさかのぼる〜

メイド主任のチュがジャギョンを使用人会議に呼ぶと「私は家庭教師だ!」と逆ギレされます。

ヒスは自閉症の子供たちの絵画展の開催を決定しましたが、義姉ソヒョンに相談せず怒られてしまいした。

スヒョクの婚約者・アリムがヒョウォン家に挨拶しにきて、全員にプレゼントを配って喜ばれます。

ハン会長の後妻ヤン・スネ(スンヘ)の実娘であるジニは、グループのベーカリー部門を任されていました。

しかし、クリームパンの出来が悪いという評判が悪いとネットで広まっていたことに激怒。

ジニはヒステリーを起こしパン職人にクリームパンを投げつけて、世間でそれがパワハラだと問題になりました。

ジノ(ジンホ)の酒癖の悪さにへきえきしたソヒョンは、ヒスの紹介でカウンセラーでもあるシスター・エマに会い、過去の女性の恋人を思い出して涙を浮かべます。

ユヨンの部屋で熟睡できたスヒョクは、再び寝る場所の交換をしました。

ジャギョンは夜ヤン・スネ(スンヘ)の部屋に行き「約束通りジノを代表にする」と話します。

さらにジャギョンはジヨンに色目を使っていました。

『Mineマイン』第2話END

2話の感想・考察

ソヒョンが不倫?現場を盗撮されていて、相手が女性だったというのは少し驚きましたけど、まだ大きなサプライズはない感じですね。

家庭教師ジャギョンのキャラが濃いです。

Mine 3話あらすじ「グレーの領域」

ジヨンの根回しで、ジノ(ジンホ)がハン会長不在時の代表取締役になります。

ヒスがジヨンに理由を聞くと、「自分が注目を浴びてハジュンが婚外子だと世間にバレると、あの子がかわいそうだから」と返されました。

ハジュンが同級生ジウォンにいじめられているのに気づいたヒスは、ママ友を使ってジウォンの母を孤立させます。

ソヒョンは元恋人で芸術家のスージー・チェ(キム・ジョンファ)の作品を、別名で部下に買わせていました。

不眠症気味のスヒョクはまたユヨンの部屋で寝て、ユヨンはそばでうずくまって寝ます。

クリームパンの投げつけ暴行事件でジニは取材カメラに向かって謝罪。ヤン・スネ(スンヘ)は、記事を止められなかったヒスに怒りをぶつけました。

ジャギョンはハジュンが乗っていた馬が暴走した際に、身を挺して彼を助けます。

ジャギョンはハジュンに幸せのペンダントをプレゼントしました。

彼がいじめられていると聞き、ジウォンの家に行き母親にビンタを喰らわします。

『Mineマイン』第3話END

3話の感想・考察

家庭教師ジャギョンがハジュンの実母っぽい衝撃の展開です。

そうなるとヒスの旦那ジヨンはかなり黒い秘密を抱えていることになります…。

ちなみにソヒョンの元恋人スージー役を演じるキム・ジョンファの夫・ユ・ウンソンがこのドラマを見て「同性愛反対」発言をしたらしいです。

妻が同性愛者役なのにこの発言をするとは…。

Mine 4話あらすじ「狭き門」

ヒスはジウォンの母親にジャギョンのビンタの件を謝罪しますが、許してもらえません。

ジャギョンは直接彼女の家に行き、「過去に水商売をしていたことをバラす」と脅して、ことを丸く収めました。

スヒョクの部屋で寝ていたことがバレたユヨンは、ソヒョンにクビにされてしまいます。

スヒョクはそれを知ってファーストフード店で働くユヨンに会いに行き、謝罪をして戻って来るよう頼みました。

ジニはクリームパン事件のせいでベーカリー部門代表を辞任することになります。

ヒスが企画した自閉症の子供たちの展覧会は大成功に終わります。

しかし展覧会会場の人目につかない場所で、ジヨンとジャギョンが激しいキスを交わしていました。

ヒスは息子ハジュンに執着するジャギョンを解雇。彼女の夫ジヨンへの態度も気になっていました。

しかしハジュンが「ジャギョンは乗馬の事故で守ってくれた!」と言い、ヒスはやっぱり辞めないでと彼女に言います。

シスター・エマはジャギョンの声が、イ・ヘジンという女性と同じだと気づきました。

『Mineマイン』第4話END

4話の感想・考察

まだ序章という感じですね。

ジヨンとジャギョンのドロドロした関係はわかったのですが、そろそろ人と人との激しいぶつかり合いが見たいです。

Mine 5話ストーリー「第六感」

スヒョクに気持ちを問われたユヨンは「あなたを好きみたいです」と言います。

夜、スヒョクはやってきたユヨンにキスをしました。

記者イム・ソンスが、ハジュンもスヒョクも婚外子であるという記事を出します。ジャギョンが情報提供したのです。

ヒスが怪しんでハジュンの母親の名前を尋ねると、ジヨンは「イ・ヘジン」と答えます。

ジヨンは仕事帰りにひとけのない工場へ行き、金が入ったカバンを投げつけます。金網の中で2人の人物が格闘をはじめ、ジヨンは片方が殴られて血だらけになっているのを見て笑っていました。

記事にショックを受けたハジュンがいなくなり、ヒスが車で探しに出かけます。

ジヨンから電話を受けたヒスは「妊娠した」と話しました。

〜現在〜

シスターエマは、事件当日ヒスが倒れていたことを思い浮かべています。

『Mineマイン』第5話END

5話の感想・解説

ジヨンが金を払って観客も入れずに廃工場(闘犬場)で闇格闘技を1人で楽しんでいるのが笑えました。

まともだと思ってた彼が完全にサイコパスだとわかり、サスペンス的には面白くなってきましたね!

Mine 6話ネタバレ「不都合な真実と偽りの日々」

ヤン・スネ(スンヘ)の飼っている孔雀・ノドクは檻から逃げ、飛んで行きました。スネは使用人たちに激怒します。

ハジュンは1人でアーティストのコンサートへ行っていたようで、ヒスは彼を迎えに行きます。ハジュンの頬を涙がつたいました。

男性使用人のキム・ソンテが、ハン会長の部屋からブルーダイヤを盗み出して使用人の女性ギョンへと逃げます。

しかしダイヤにはメーカーの刻印があり、売れないことがわかって落胆。

隠しカメラでソンテの犯行を撮っていたチュ執事が電話をかけてきて戻ってこいと言い、彼らをこき使おうと脅します。

チュ執事主任がブルーダイヤを胸につけて眺めていると、急にジノ(ジンホ)が入ってきて見られました。

ソヒョンは義母・スネから話を聞き、ジヨンがジノに代表を譲るのを条件に、ジャギョンのことを黙っていたと言われます。

スネはジャギョンがハジュンの母親だと知っていたのです。

ソヒョンはジヨンにその件を問い詰めますが、「義姉さんがスージー・チェという女性と恋愛関係にあったことをバラす」と逆に脅されます。

シスター・エマが運営するイルシン会がイベントを開きました。

出席していたヒスは、記事の情報源が“イ・ヘジン”だと知って愕然とします。

さらにソヒョンもやってきて、家庭教師ジャギョンの正体がイ・ヘジンだとわかりました。

そこへジャギョンがやってきます。彼女は「イ・ヘジンです」と笑い、ヒスは彼女にビンタを喰らわせました。

『Mineマイン』第6話END

6話の感想・解説

ポロッと涙を流すハジュンを見ていると、こちらも泣きそうになってしまいます。

ハンジュンを演じる子役チョン・ヒョンジュンの演技力素晴らしいですね!

Mine 7話あらすじ「夢の中の愛」

(ジャギョンは偽物ですが、まぎらわしいのでヘジンではなくそのままジャギョンで表記します。)

ジノはチュ主任執事に命じて、ハン代表の部屋にある床下の金庫を開けさせます。

金庫の下には隠し階段があり、降りていくと秘密の部屋がありました。

そこには父・ハン会長の愛人キム・ミジャ(ジヨンの母)との思い出を映すプロジェクターがありました。

ジノは強い孤独を感じ、シスター・エマに相談をします。

ソヒョンは車から元恋人のスージーを見かけます。そのときスージーから着信がありますが、ソヒョンは取りません。

スージーは後ろの車には気づかず、電話をやめてそのまま歩いて行きました。

ソヒョンは執事の入れ替えを決定し、ユヨンがルバートへ行くと知ったスヒョクは怒りました。

ヒスはジヨンを問いただします。

ジヨンは「ジャギョンが死んだことにしたのはスネで、そのとき僕は留学していた。短い関係だから彼女を見ても気づかなかった」とシラを切りました。

ヒスと食事をしたハジュンはヒスを抱きしめながら、「ジャギョンが実母だと匂いで気づいていた」と告白。

ヒスは涙を流す息子を抱きしめます。

ジヨンの命令で屋敷に入れてもらえず外でうずくまっていたジャギョンを、ヒスが家に入れます。

ジャギョンは昨年からジヨンと不倫関係になっていたと告白しました。

ヒスは夜スネのところに行き、ハジュンの実母が死んだことにすると企てたのは、夫ジヨンだったと知ります。

ヒスは廊下を歩いていました。そのとき足から血が流れ落ち、泣き叫びます。流産です。

ソヒョンが駆けつけてヒスを抱きしめました。

『Mineマイン』第7話END

7話の感想レビュー

ソヒョンがスージーを見つめるシーンがとっても切なかったです。

実は匂いでジャギョンが実母だと気づいていたハジュンが、ヒスを母として愛し、ジャギョンにも愛情を持っていて泣き出すシーンも感動的。

そして何といっても、ヒスが突然流産して泣きながら床の血を手でかき集めようとするシーンには圧倒されました。

悲劇が凝縮されたドロドロの真骨頂といえる名シーンです。

Mine 8話あらすじ「ゾウが門を出る方法」

ヒスは流産し、病院に運ばれます。

流産の件はソヒョンとその場にいたジャギョン、ユヨン、そして病院に運んだソンテの間での秘密になりました。

ヒスは病院で、ヒョウォン家からハジュンと逃げ出すと誓います。

ヒスは、自分の持ち家ケレンシア(自分だけの空間の意味)で1週間療養し、流産の事実を隠して戻ってきました。

ソヒョンは“門に挟まった象”の作者の自閉症の少年に「どうやったら脱出できるか?」と尋ねます。

少年は1週間後に新しい作品を見せ、門以外にゾウの行き先を阻む物はなく、横や他の方向に自由に移動できると言いました。

ジノはソンテが宝石を盗んだことを知り「ジヨンの秘密をさぐれ」とスパイさせます。

ソンテはチュ執事にも脅され、彼女にヒスが流産したことをしゃべってしまいました。

ジヨンは幼い頃に「あなたは生まれるべきじゃなかった」と実母・ミジャに言われていたことを思い出します。

スヒョクは婚約者アリムとその家族の食事会で「婚約はしない」と言い、場が騒然となりました。

会社にみんなが集められ、意識不明のハン会長の遺言が読まれます(まだ内容は不明)。

遺言が明らかになったあと、ジヨンは1人で車の中で泣いていました。

ジヨンはソヒョンに呼び出されるとそこにはジャギョンもいて、ヒスもやってきます。

ヒスとジャギョンはハジュンの件で口論をしました。

シスター・エマの回想が入ります。数十日後の殺人事件で倒れていた2人のうちの1人はヒスでした。

葬式ではハジュンが涙を流しています。

ドラマ『Mineマイン』第8話END

8話の感想と考察

ヒスが倒れていたということは彼女が被害者とも考えられますが、最終回で明らかになる殺人事件の犯人だという線もあり得るでしょう。

ハジュンが泣いていたので、死んだ人物はジヨンかジャギョンと考えられますが…どうなのでしょう?

Mine 9話ネタバレ「悪魔と祝杯を」

シスター・エマの回想では、死んでいたのはジヨンでした。

時は戻って、ヒスとジャギョンはカデンツァでお互いに「ハジュンを譲らない!」と言い争いました。

ジャギョンは、キム・ナムテ弁護士にハジュンの親権奪取を依頼。

ヒスは、ヒョウォン家顧問のチェ弁護士にその件を相談します。

そんな中、ハン・ソクチョル代表の遺言が公開されます(ソヒョンが手を回しての公開)。

スネは土地と邸宅だけ譲られ、株がなかったことに大激怒。

ジノは大学院を卒業するための学費だけ。

ジニはベーカリーの株を、定期的なカウンセリングを受ける条件で譲られます。

ソヒョンは評価され、ヒョウォン電子の全株とヒョウォンE&Mの経営権を譲られました。

ヒスはヒョウォン物産の3万株を譲渡されます。

ジヨンはなんとヒョウォン学院の理事の座を譲られただけ。

ジヨンは自分がハン会長の実子ではないせいで、母ミジャから「生まれてこなければ良かった」と言われたのを思い出します。

ヒョウォン家の後継者に選ばれたのはスヒョクで、彼が30歳になったらヒョウォン企業の15万株を譲られ、残りの15万株は韓国社会に寄付するとなっています。

後日、ソヒョンは無名の画家のNew Waveという作品に感銘を受けてアトリエに行きました。

そこにいたのは、元恋人スージー・チェでした。彼女はソヒョンにインスピレーションを受けて画家として成功できたと言います。

ソヒョンは瞳を潤ませながらもその場を去ろうとしますが、スージーは握った手を離しません。

スネは夫ハンの部屋の金庫を勝手に開け、地下室でジノが遺言がショックでウイスキーを飲みすぎて倒れているのを発見し、病院へ連れて行きます。

そんな折、スネの兄でヤン・チゴン会長が死亡し、葬式が行われました。

ジヨンはヒスにショットガンで撃たれる夢を見ます。

さらに後継者の道を断たれたイラ立ちから、闇格闘技の試合で「殺せ」と叫びました。格闘家は仕方なく相手を何度も強打します。

後日その格闘家から電話が掛かってきて「弟が死んだ。責任を取れ」と言われます。彼らは兄弟だったのです。

パニックになったジヨンはジャギョンのホテルへ行き、「全部お前のせいだ!」と彼女の首を締めます。

やって来たヒスがドアの外から中の動向を察知して「ジヨンやめろ!」と叫びました。

病院ではハン代表が目を覚まします…。

ドラマ『Mineマイン』エピソード9 END

9話の感想・解説

衝撃のジヨンの死亡が確定しましたね!

もしかすると、ジヨンがみたヒスがショットガンを自分に向ける夢は、正夢になったのかも。

しかもジヨンは婚外子なだけでなく、ハン会長の子供でもない衝撃事実も明らかになりました。

スージーはソヒョンに芸術のインスピレーションを受け、ソヒョンはスージーがいなくなって絵が描けなくなったという、お互い強い運命で結ばれているかのような関係も素敵でした。

そしてここへ来てハン会長が目を覚ます…。

『Mineマイン』は全16話なのでまだ折り返し地点ですが、どんどんドロドロ悲劇が加速してどんどん面白くなってきています!

Mine 10話ストーリー「本当の母親」

ヒスの呼びかけでジヨンはジャギョンを離し、彼女は部屋の外に逃げ出ました。

ヒスは「あなたにジャギョンを責める資格はない」とジヨンにきつく言います。

闇格闘の弟の方が実は死んでないとわかり、ジヨンは嘘をついた兄のほうを殴り、銃を向け、札束を投げつけました。

ソヒョンは庭でスージーのことを想い、一人涙を流します。

ソヒョンはスヒョクを呼んで話しをし、後継者でなくユヨンを選ぶ彼の決意を聞きました。

ヒスは持ち家・ケレンシア(自分だけの空間の意味)にハジュンを連れていき、女優復帰すると話します。

ノドクが飛んで帰ってきて、スネは喜びました。しかし、アゴの形状から「ノドクじゃないかも」という疑惑が…。

ハンは意識を取り戻し、スヒョクが後継者にならないと聞いて遺言を撤回。ジヨンを後継者にすると言います。

ハンは、旧友のシスター・エマから「ジヨンを受け止めて」と言われ、彼を後継者にする決断をしたのでした。

エマは昔、ハンと愛人ミジャの友達だったのです。

ジニがシスター・エマのところに押しかけます。エマに説教されて泣かされ、やっとカウンセリングを受けられることになりました。

酔っ払ってチュ執事をビンタしてしまったジノは、ソヒョンにビンタされ、アル中更生施設に入院させられました。

ヒスは、かつてジヨンにクビにされた元ヒョウォン家の弁護士ファン・ボインを雇い、裁判所でハジュンへの愛を宣言します。

判事はジャギョンの親権譲渡を棄却し、さらにジヨンに父親の資格がないことにも言及しました。

裁判で勝ったヒスは、ジヨンに離婚届を突きつけます。

ドラマ『Mineマイン』エピソード10 END

10話の感想・考察

ジヨンのクズっぷりが見応え抜群でしたね!相手を殴って札束を投げるシーンは正真正銘のクズです。

ただ、ジヨンは自分が実母・ミジャとスネに挟まれて育ったことがコンプレックスになり、ハジュンにも同じ環境を作ろうとしていると考えると可哀想な人。

虐待された子が親になって虐待する側になってしまう負の連鎖と同じですね。

そして今回はソヒョンが声を押し殺して泣くシーンが真に迫っていて涙をそそられました

大きな声を出して泣けない財閥令嬢の宿命を背負ったソヒョン。

悲しみが吹き出したような表現に、女優キム・ソヒョンの演技力の高さを見せつけられました。

またシスター・エマ(ソルファ)がハン会長と若い頃知り合いで、彼を好きっぽい回想だったのが気になります。

修道女になったのもハン会長にフラれたからかもしれませんね。

Mine 11話あらすじ「魅惑の1週間」

ヒスは親権裁判で勝ちましたが、それはソヒョンがジャギョンに頼んでいた策略で、ジヨンに父親の資格がないと世間に知らしめるためのものでした。

ヒスは流産したあとケレンシア(ヒスの持ち家)で1週間世話をしてくれたジャギョンを許しかけており、ハジュンの乳歯をあげたのでした。

しかし裁判後、記者からヒスに連絡があり「ジヨン側の圧力で裁判の記事が出せない」と言われます。

ジノはジヨンが後継者になると聞いて、リハビリ施設を走って飛び出しカデンツァに帰ってきて、ユヨンをクビにします。

スヒョクは縁を切ると怒り、ユヨンの家へ行きました。

ジノは家の近くで、ジヨンの携帯に保存されていた写真の男を見かけました。

警察で調べると、彼は前科者のクァク・スチャン(ジヨンに闘犬場で闇格闘技されて植物状態になった男の兄)だとわかります。

ジノは彼に電話で“協力”を要請しました。

さらにジノの携帯に非通知で「ジヨンはハンの実子ではない」と送られてきます。

ソヒョンは、ジャギョンがジヨンの悪事を告白した動画を部下に編集させ、理事へ送ります。

ヒスはシスター・エマから、彼女が昔ハン会長を好きだったことや、ジヨンの母・ミジャには2人子供がいて、ジヨンが実子ではないことを聞きました。

ジヨンが帰宅し、ヒスは「お腹の子の子供部屋を作った」と鍵を渡します。

ジヨンがドアを開けると、そこには血のシミがついた洋服が下げられていました。ヒスは「お腹の子はあなたが殺した」と言います。

殺人事件後のシスター・エマの回想で死んでいたのはジヨンで、ヒスと一緒に階段から落とされていたことがわかります。

階段の上には女性の影がありました。

韓流ドラマ『Mineマイン』エピソード11 END

11話の感想・解説

マイン史上最高のホラー回でした。

まさか、子供部屋にヒスが流産したときの血の付いた洋服がさげられているとは…。怖すぎです!

ヒスの流産シーンと共に、ドロドロ最高潮の素晴らしい演出でしたね。

さらに、ジヨンの母・ミジャに子供が2人いたという新事実も気になります。まさか唯一の男性使用人キム・ソンテか!?

殺人事件後にシスター・エマが見た、階段の上にいる女性の影もめちゃ怖かったです。

終盤になってサスペンスホラー感がいい意味で強まっています!

Mine 12話ネタバレ「罪と罪」

12話の主人公・ヒスのファッション

流産を知ったジヨンは怒鳴りますが、逆にヒスにビンタされ、血のついた服をやぶいて叫びました。

そのあとジヨンは腹いせに、ヒスと仲の良いスヨン執事をクビにします。

ヒスは芸能事務所に行きますが、ジヨン側から女優復帰させないように圧力がかかっていると言われます。

ジノはクァク・スチャンに闘犬場(闇格闘技の場所)へ連れて行ってもらい、ジヨンの本性を知って驚き、ヒスにも伝えました。

ハン会長が退院して邸宅に戻ってきますが、ミジャとの思い出の地下室の存在に怒りがおさまらないスネは、「ルバートへ行け!」と彼を追い出します。

ソヒョンは空港へ行き、旅立つ元恋人スージーに「ありがとう」と行って抱きしめて別れました。

ヒスは「ミジャの友人だったシスター・エマはジヨンを古くから知っているはずなのに、なぜお互いに知らないふりをするのか?」と気になります。

ヒスはジャギョンに「ハジュンを連れてアメリカに行って欲しい」と頼みます。息子に父の本性を知られたくなかったからです。

ヒスから闘犬場について聞いたソヒョンは、ハン会長にその件を話します。

ハン会長はヒョウォングループのために「公表はしない」と判断をしました。

ジヨンは金で人を雇い、ジノと組んで闇格闘技を暴露しようといたスチャンを刺し殺させました。

さらに翌朝には、ジノがアル中であるという記事が一面で出ています。

ジヨンのせいだと知ったジノは怒り、ブルーダイヤをソンテに見せ「ジヨンを殺せ」と言います。

ソヒョンはヒョウォンの関連会社の社長を集め、ジヨン追い出しを画策しました。

シスター・エマの回想…カデンツァで倒れているジヨンを見たシスターが一旦外へ出て戻ると、階段上にいたのはヒスでした。

韓流ドラマ『Mineマイン』12話 END

12話の感想・考察

シスターはジヨンと、もう1人倒れている何者か(ヒス)を目撃し、さらに階段上には他の女性がいました

現場にはジヨンとヒスの他にもう1人の3人がいたことになります。

倒れていたヒスは、なぜ階段に上がったのでしょうか?ジヨンを突き落とした人物の痕跡を消すためかもしれません。

そもそもシスター・エマも、サスペンス映画『ユージュアル・サスペクツ』のような“信用できない語り手”の可能性もありますね。

ヒスをかばって嘘の証言をしているのかもしれません。

Mine 13話あらすじ「皆がウソをついている」

韓国ドラマmine 13話の美しいドレスを着たヒス

〜ジヨン殺人事件の11日前〜

ジャギョン(イ・ヘジン)の前にスチャンを刺殺した人物(ジヨンの刺客)が現れ、彼女はギリギリのところで車で逃げました。

ヒスはジャギョンを守るため彼女をルバートに呼びます。

ジャギョンがスチャンについて尋ねると、ジヨンは「俺が殺させた。お前がヒスを殺せ」と言い放ちます。

ジニが聖書の勉強会に参加することになりました。メンバーの女性・ジャスミンが不倫相手の特徴を話すと、どことなくジニの夫・ジョンドに似ています。

スヒョクや関連会社の社長たちと相談したソヒョンは、自分がヒョウォンの代表になることを決断しました。

そんな中、闘技場で戦って意識が戻らなかった人物クァク・ヒョンドンが目覚め、ヒスがケレンシアにかくまいました。

ヒョンドンは兄・スチャンを殺したジヨンを憎んでおり、ヒスに兄が死ぬ直前にスマホから送ってきた「ハン・ジヨン」と言い残した動画を見せます。

米国に行く前日、ハジュンはジヨンの部下に連れ去られます。

ジャギョンから連絡を受けたソヒョンがジヨンの秘書部長を脅し、ハジュンを解放させました。

ハジュンはジャギョンに「生んでくれてありがとう」と言います。

〜ジヨン殺人事件の7日後〜

死んだジヨンの家族葬が行われました。ジヨンは階段から落ちていましたが、直接の死因は心臓マヒのようで、事故か事件なのかすら不明です。

ペク刑事はシスターの証言から、最初ジヨンのそばに横たわっていて、シスターが1回出て戻る前に消えた人物がだれなのか突き止めようとします。

ヒスはショックでジヨンに初めて会った日から殺人事件までの記憶をなくしていました。

ペク刑事は、シスター・エマから人が倒れていると聞いても驚かなかったソンテが怪しいとにらみますが、彼はモナコに逃亡したようです。

ジノは事件当日夜、交通事故で怪我をしたジョンドが運ばれた病院にいました。

誰も本当のことを証言していないように思えます。

韓流ドラマ『Mineマイン』第13話 終わり!

13話の感想・評価

事件後と事件前。未来と過去を交錯させる手法はドラマ『LOST』っぽくて大好きです。Mineは13話へきて本格的なサスペンスフェーズに突入しましたね。

ヒスが記憶喪失はなんだか嘘っぽいです。

Mineの第8話でジヨンの横に倒れていたのはヒスだとわかっており、本当は階段上に別の人物がいてその人とヒスが入れ替わっているはずなのですが、シスター・エマは倒れていた人物が誰か見ていないため、彼女の発言には混乱させられます…。

あとはハジュンが実母・ジャギョン(ヘジン)に、泣きながら産んでくれてありがとうと言ったシーンに感動しました。

ちなみに事件後にヒョウォンを調査するペク刑事役は、『ヴィンチェンツォ』のチョ社長役のチェ・ヨンジュンです。

Mine 14話内容「見えないものとの闘い」

ジヨン殺人事件4日前。ソンテはジヨンをハン会長のもとへ連れて行きます。

ハンはジヨンに「過去を清算して真っ当に生きろ」と言いますが、ジヨンは聞き入れません。

その後ジヨンはメイドのギョンへに、病院で睡眠薬をもらってくるよう内密に頼んでいました。

事件3日前、クァク・スチャン(闘技場で戦った兄)を殺したチョ・ボムグが捕まります。

ボムグはジヨンから金を貰っているようで自白しません。

しかし事件2日前に、ジヨンとブローカーによる試合などの取引記録が発見されたことで、ボムグはやっと自白しました。

ジヨンは窮地に立たされます。

事件当日、庭でスヒョクとユヨンの婚約パーティーが開催されます。

ソンテがジヨンに何かをささやき、2人で別の場所に移動したのをみんなが目撃していました。

ジヨン殺害事件10日後、ヒスは「知らない子(ハジュン)を育てられない」と食事の席で言い放ちました。

シスター・エマは記憶喪失のヒスと会い「ジヨンは実の母親・ミジャから虐待されて育ったうえに、ヒョウォンの人間にも相談できなかった辛い過去を持っている」と話しました。

ジニは事故でリハビリ中のジョンドに「離婚する!」と言い、2人は喧嘩をはじめます。

ペク刑事はジャギョンに尋問すると、彼女は「事件当日ボストンにいた」と言います。

ペクは、ヒスが女優時代にデビュー作「思い出の夜」で記憶喪失の役を演じていたことを知りました。

さらに事件当日、ヒスが肋骨と大腿骨を骨折して入院していたことも判明…。

ドライブレコーダーの映像を解析すると、ヒスを病院へ連れていったのはソヒョンだとわかります。

ヒスに話を聞きに行った際、彼女がトラックに轢かれそうになったハジュンを身を挺して助けるのを見て、ペクは彼女が記憶喪失ではないと確信…。

ソヒョンの右手親指には事件当日についた切り傷があります。彼女の机の下には犯行に使われたボンベがありました。

韓ドラ・マイン14話 END!

マイン14話の感想

ヒスもソヒョンも共犯でジヨンを殺したっぽくなっていますが、まだまだ裏がありそうです。

マインの登場人物全員が怪しい…。結末が気になりますね!

『Mine/マイン』は全16話なので、あと2話で最終回です。目が離せません。

Mine 15話ネタバレ「審判者たち」

事件から数日後。

ジニは聖書の勉強会で一緒のジャスミンと、交通事故にあった夫ジョンドの病室で鉢合わせします。

ジニはジャスミンをビンタし、「夫と離婚するから面倒を見ろ!」と言いました。

使用人の男性チャンとジュヒが、逃亡したソンテの部屋に薬品ホスゲンと塩酸の瓶があるのを発見。

ソヒョンはチャンたちに「瓶を処分して決して口外するな」と脅します。

ジャギョンはギョンへから、ジヨンに睡眠薬を渡していたことを聞き出しました。

ジノは逃亡中のソンテに電話。ソンテは「ジヨンを地下室から出しただけで殺してない」と言います。

ソヒョンはペク刑事に「ジヨンを発見したときヒスは階段上にいた」と証言。

シスター・エマは事件当日の朝ジヨンから「さよなら」と電話があったとペクに話します。

エマは「夜パーティーでジヨンを探していたら、ソンテから彼がカデンツァにいると教えられ、現場に行った」と証言を続けました。

エマは事件を止められなかったことを悔い、シスターをやめることに。

ヒスはソヒョンに記憶喪失ではないと暗に打ち明けます。

ソンテから俺はやってないと連絡を受けたペク。地下室に行くとヒスがいました。

ペクが「あたなが殺したんだろ」と言うとヒスは「そうだと思うけど覚えていない」と言い放ちます。

チュ執事がヒョウォンから逃げようとしていました。

韓ドラ・Mine 第15話終わり!

マイン15話の感想・解説

ヒスの行動を見ていると、ジヨンを殺した真犯人をかばっているようですね。

殺したのがヒスかソヒョンだと普通すぎるので、他に犯人がいるか、ジャギョン(ヘジン)など、予想外の人物が関わっている展開になりそうです!

最終回16話で真実がわかるでしょう!

Mine 最終回16話ネタバレ「マイン 輝く女性たち」

Mine 最終回16話 「マイン 輝く女性たち」ラストのヒスとソヒョン ネタバレ

〜ジヨン殺人事件当日〜

ソンテはスヒョクの婚約パーティー中に、「ジノが地下室で待っている」とジヨンに言って彼を地下室に閉じ込めます。

そして、ホスゲンと塩酸を酸素供給機に混ぜてジヨンを殺そうとしました。

ジヨンはガスで苦しみます。

丁度そのときに殺されたクァクの動画がヒスから送られてきて“自首しろ”と書かれていたので、彼女の計画だと考え怒りにふるえました。

ジヨンはヒスに電話しますが声が出ません。ヒスは苦しむジヨンの声を聞いてカデンツァに向かいます。

ソンテは殺人に耐えきれず地下室のドアを開けようとします。しかしパスワードが変わっていて扉が開きません。

ソンテはハン会長の部屋から地下室に入ってジヨンを外に出し、外へ逃げました。

ジヨンはカデンツァの階段やってきたヒスの首を絞めます。

その時、後ろから何者かに消化器で殴られ、2人とも落下。

殴ったのはチュ執事でした、ヒスを助けようとしたのです。チュ執事は消化器を階段下に落としてしまい、その場から逃げます。

騒ぎを聞いたソヒョンが駆けつけ、ジヨンが死んでいてヒスが側で倒れているのを発見。

シスター・エマがやってきてジヨンが死んでいるのを見て、外へ助けを呼びに走ります。

ソヒョンは怪我をして倒れているヒスを抱え、階段の上へ担ぎ上げました。

ソヒョンは階下の消化器に気づき、それを持ち去ろうとするとまたエマがやってきます。

死角に隠れたソヒョンは持っている消化器で手に裂傷を負いました。

エマは階段上にいるヒスを目撃し、ソンテに事件を伝えました。

ソヒョンはその間にヒスを部屋に運び、再びジヨンのそばに戻ります。ソンテとチュがやって来てジヨンの死体を見て驚愕。

ソヒョンは、ソンテたちに血を拭けと命じました。それからヒスを車で病院へ連れて行きます。

その後、ヒョウォン家主治医のキムが来て死んでいるジヨンを発見。

チュ執事は、ソンテがジヨンを最後まで殺さなかったことをなげき「もう戻ってくるな」と言いました。

〜事件捜査終了後〜

ジヨンは窒死量の睡眠薬を飲んでいて他殺の証拠がないため、ペク刑事は捜査が終了すると聞いて落胆。

ジニは夫ジョンドと不倫をしているジャスミンと聖書の勉強会で睨み合います。

しかし、修道女をやめたエマの代わりにイケメン神父パウロが聖書を教えることになり、女性たちは歓喜しました。

ソヒョンはチュ執事から「ヒスを助けようとしてジヨンを殺してしまった」と真相を聞き、彼女を辞めさせます。

ソヒョンはヒスが殺したと思い込んで、これまでかばおうとしてきたのです。

ヒスはチュ執事に「ありがとう」と言います。チュ執事はブルーダイヤをハン会長に返し、ヒョウォン家をあとにしました。

ジャギョンはヒスに、なぜ記憶喪失のフリをしたのか聞きます。

するとヒスは「ハジュンに父・ジヨンが私を殺そうとしたと知ってほしくなかった」と答えました。

ヒスはヒョウォン家を去ります。

〜6ヶ月後〜

ジニとジョンドはと離婚していました。

ジノはジョンドと時々会ってゲームなどをしています。

スヒョクとユヨンはルバートに住むことに。

ユヨンは、使用人ジュヒがスヒョクを見てニヤけていたのを見てクビにしました。

ヒスはジャギョンと2人で協力してハジュンを育てる決断をしました。

ハジュンと手を繋ぐヒスとジャギョン

ヒスは女優復帰作『マイン』の撮影現場にいました。ソヒョンがやってきます。

ソヒョンはヒスの言葉に元気付けられ、元恋人スージーに電話をしました。

ヒスは最後に「すべてを失っても自分を愛せることが答え。マイン」という言葉でこの物語を締めくくります。

『Mineマイン』最終回16話終わり!

Netflix韓国ドラマおすすめ記事

関連記事

全世界で大ヒット中のNetflix韓国ドラマ『イカゲーム』は、韓国版カイジと言われていますが、ネット上で「パクリ?」と噂されていることも多いので、検証してみました。『イカゲーム』は日本のデスゲーム作品のパクリなのでしょうか!?[…]

カイジとイカゲーム
関連記事

世界83ヶ国で1位を獲得しNetflix史上最大のヒット作品となったドラマ『イカゲーム』。ファン・ドンヒョク監督によるとシーズン2の制作が2021年11月に決定し、制作陣で構想を話し合っている段階のようです!日本の作品のパク[…]

Netflixイカゲーム
関連記事

NETFLIX韓国ドラマ『ムーブ・トゥ・ヘブン 私は遺品整理士です』はアスペルガー症候群の主人公が遺品を整理して死者の思いを遺族に届ける異色の感動ストーリー。『愛の不時着』で最年少の北朝鮮兵士・クム役だったタン・ジュンサンが主人公・[…]

韓国ドラマ『ムーブ・トゥ・ヘブン 私は遺品整理士です』

おすすめの関連記事