いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
韓国ドラマ『恋慕』

『恋慕』全20話ネタバレあらすじ・キャスト解説・子役紹介,韓国ドラマ最終回評価,OST

韓国KBS2とNetflixで同日放送になるドラマ『恋慕』。朝鮮王朝時代に皇太子として生きることを強制された女性が、恋や宮廷のトラブルに振り回される時代劇+ラブロマンスです。

韓国ドラマらしい、切ない運命・悲劇・王室ドロドロ人間ドラマがすべて詰まっています。

キャスト紹介感想・評価各話ネタバレあらすじ解説をしていきます。

CineMag
ちなみに『恋慕』の意味は、相手を恋い慕うこと。

韓国ドラマ『恋慕』は楽しい?見るべき!?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

韓国ドラマ『恋慕』キャスト・作品情報・OST

公開:2021年10月11日〜12月14日(月火放送)
原題:『연모(恋慕)』 英題『The King’s Affection』
話数:全20話
放送局:KBS2・Netflix同時配信
制作会社:ストーリー・ハンター・プロダクション
制作・演出:ソン・ヒョンウク/イ・ヒョンソク/ハン・ヒジョン
脚本:ハン・ヒジョン
原作:イ・ソヨン作のコミック『恋慕』
ソン・ヒョンウクは、ソ・ヒョンジンがヒロインのラブコメ『僕が見つけたシンデレラBeauty Inside』(2018)、『また!?オ・ヘヨン 僕が愛した未来』で有名。
脚本ハン・ヒジョンは、キム・ユジョン主演の『とにかくアツく掃除しろ!?恋した彼は潔癖王子!?』を手がけました。
OST(劇中歌)第一弾はSUPER JUNIOR-K.R.Y.の「影の愛」↓

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

『恋慕』のあらすじは、朝鮮王朝時代に王の後継者である世子が秘密裏に死亡し、混乱を防ぐためその双子の妹が男装して生きて、さまざまな労苦を乗り越えつつ、運命の人への恋心に悩むという内容。

原作が同名の漫画なので、一定のリアリティはありつつファンタジー色が濃い印象を受けます。つまり従来の王朝作品のように、韓ドラファンにドストライクのテイストです。

美人が宮廷でたくましく生きる、わりとよくある設定の時代劇ラブロマンスで、恋愛関係が非常に複雑で、王子としての気持ちと女性としての気持ちが揺れ動く感じにドキドキで見応え抜群。

記事を読んでいただいた人のアンケートでも、「超面白い」67%、「まあまあ」27%で、肯定派が94%。観るべき韓ドラだといえるでしょう!
おすすめ度80%
王朝の世界観84%
ストーリー81%
IMDb(海外レビューサイト)8.7(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト※結果が出次第更新%(100%中)
スポンサーリンク

イ・フィ役|パク・ウンビン

イ・フィを演じる女優パク・ウンビン

イ・フィは、王位の正当継承者だった双子の兄の死により、女性であることを隠して世子(セジャ/皇太子の意味)として生きることを余儀なくされた人物。

普段は感情を隠して強く振る舞っています。幼い頃に仲が良かったジウンのことが忘れられません。

女優パク・ウンビンは『恋のドキドキ・シェアハウス 青春時代』(2016)のジウォン役や『ブラームスが好きですか?』(2020)のソンア役などで有名。

イ・フィの子供時代を演じたのは、『梨泰院クラス』でイソが幼い頃を演じるなど様々なドラマキャラの幼少期を演じ、『幼い依頼人』でダビン役を務めた、子役チェ・ミョンビンです(2021年現在13歳)。

韓国の子役チェ・ミョンビン

本作では、双子の兄妹という1人2役プラス時代劇の難易度の高い役柄ですが、チェ・ミョンビンはさすがの上手さでした。

スポンサーリンク

チョン・ジウン(ジフン)役|キム・ロウン

チョン・ジフンを演じる韓国アイドルSF9のキム・ロウン

チョン・ジウンは、主人公イ・フィ(タミ)に小さい頃に心惹かれた男性。明(中国)に留学し、医療や薬の知識を得て韓国に帰ってきました。

幼い頃無実の宮女を口封じで殺した父チョン・ソクジョとは絶縁状態にあり、三開房で治療院を営んでいましたが、そこで働くヨンジとチルグムを人質に取られ、強制的にイ・フィの司書に就任することに。

演じたキム・ロウンは韓国の人気アイドルグループ・SF9のメンバー。『偶然見つけたハル』や『先輩、その口紅塗らないで』(2020)のヒョンスン役などで有名。

ジウンの幼少期を演じたのは子役のコ・ウリン。

スポンサーリンク

シン・ソウン役|ペ・ユンギョン

シン・ソウンを演じる女優ペ・ユンギョン

シン・ソウンは周囲から絶世の美女と呼ばれる女性で、 吏曹判書(イジョパンソ/人事の長官)の娘。

ニキビを治して貰いにジウンが運営する三開房へ行き、薬を取ってこいと彼の弟妹分であるチルグムとヨンジを人質に取る苛烈な性格の持ち主。治療が終わるとジウンに惚れます。

女優ペ・ユンギョンは『とにかくアツく掃除しろ!』などに出演しています。

キム・ガオン役|チェ・ビョンチャン

キム・ガオンを演じる俳優チェ・ビョンチャン

キム・ガオンは世子イ・フィの護衛を務める武人。あまり感情を表に出しません。イケメン過ぎると宮女たちがいつも騒いでいます。

森でイ・フィが弓矢で狙われた際に隠れていた人物で、謎が多いです。

チェ・ビョンチャンは歌手で、アイドルグループ「VICTON」のメンバーです。

イ・ヒョン役|ナム・ユンス

イ・ヒョンを演じるナム・ユンス

イ・ヒョンは王族の男性で、イ・フィの従兄(いとこ)。

世子イ・フィが女性だと知りませんが好意を抱いており、筆や指輪などをプレゼントします。

演じたナム・ユンスは元モデルで、ドラマ『人間レッスン』のギテ役で有名。

ノ・ハギョン役|チョン・チェヨン

ノ・ハギョンを演じる女優チョン・チェヨン

ノ・ハギョンは吏曹判書の娘で、純真な心を持った女性。

チョン・チェヨンは、アイドルグループI.O.Iのメンバーです。

ボクトン(ホン・ネグァン役)|コ・ギュピル

ボクトンは世孫イ・フィに使える下男。

双子の妹タミが世孫になり代わっている秘密を知っており、タミに宮廷のことや関係者の情報などを教えてあげます。

ボクトンを演じたコ・ギュピルは『愛の不時着』への出演などで知られている俳優。

ボクトンの幼少期を演じた子役は調べても誰か出てこないのですが、コ・ギュピルに激似です。親戚?

ボクトンの子供時代を演じた子役

©︎Netflix

キム・サングン宮女頭役|ペク・ヒョンジュ

キム・サングン宮女頭役|ペク・ヒョンジュ

キム・サングンは、イ・フィに使える宮女のまとめ役。イ・フィが生まれたときにそばにおり、女だと秘密も知っています。

女優ペク・ヒョンジュは『君は私の春』などへの出演で知られています。

ハン・ギジェ/サンホン君役|ムン・ジェムン

ハン・ギジェ/サンホン君役を演じるムン・ジェムン

ハン・ギジェ(サンホン君)は、世子イ・フィの祖父(母の父)。非常に冷酷な人物で、イ・フィが生まれた時に殺せと命じた人物です。数々の計略に携わっています。

俳優ムン・ジェムン代表作『アイリス』など。

チョン・ソクジョ役|ペ・スビン

チョン・ソクジョ役を演じるペ・スビン

チョン・ソクジョ(ソクチョ)はジウンの父。サンホン君の腹心の部下で、暗殺などの汚れ仕事を請け負っています。

俳優ペ・スビンは『トンイ』などに出演。

その他の登場人物|キャスト

現王(イ・フィの父)|イ・ピルモ

太王大妃(テビ/現王の母)|イ・イルファ

ソ・フン王妃(現王の後妻)|ソン・ヨウン

チルグム(ジウンの弟分。ヨンジの兄)|チャン・セヒョン

ヨンジ(ジウンの妹分。チルグムの妹)|イ・スミン

チャンウン(イフィの叔父)|キム・ソハ

※以下、『恋慕』のストーリーネタバレありなので注意してください!

韓国ドラマ『恋慕』ネタバレ感想・評価

韓国ドラマ『恋慕』の主要キャスト2人

韓国ドラマ『恋慕』の評価は80点。
(まだ全話放送されてないので現時点での感想や評価になります)
王室ドラマらしい超ドロドロ展開と、イ・フィの数奇な運命がバランスよく交錯し見応えあるものになっています。
視聴者に驚きや裏切りを与える演出も上手く、第2話で母が女の子の方が死んだと思ったら、女装した男の子(後継)の方だったとわかる、1度の悲劇で2度苦しいというような、心がかき乱されるシーンも印象的です。
主人公イ・フィの誕生と幼少時代から物語が始まるのですが、その子役(女優チェ・ミョンビンたち)と、数年後を演じるパク・ウンビンら俳優陣の容姿・雰囲気がそっくりなので、キャスティング力半端ねえと思いました。まるでタイムマシンで俳優本人たちの幼少期を連れてきたかのような類似度です。
エピソード1からいきなり「双子のうち妹は殺せ!産室庁皆殺し」の過激な展開で、血が飛び交うシーンも多いですが、直接的過ぎるグロいシーンはカットされていますね。
Netflixでは韓国発のデスゲームドラマ『イカゲーム』ハン・ソヒ主演の復讐アクション『マイネーム』恋愛コメディ『海街チャチャチャ』が日本ランキングを独占していますが、『恋慕』もその中に入るのか?期待大です。

『恋慕』全話ネタバレあらすじ解説

第1話

朝鮮王室の世子イェジョンの世子嬪(セジャビン/妻の意味)が雷が鳴り響く夜に出産。生まれた子は双子で、1人は女です。

朝鮮王は双子を凶兆とし、妹の方は殺害するように命じました。左議政ハン・ギジェ(世子嬪の父)は「女の子は生まれなかったことにする」と言い、腹心の部下チョン・ソクジョ(ソクチョ)に命じて兵士たちに産室庁皆殺しにさせます

ハン・ギジェとチョン・ソクジョは、赤子を抱く世子嬪と侍女キム・サングンの前に乗り込んできました。世子嬪は「妹の方はすぐに死んだ」と死体を見せます。2人は納得して部屋を出ました。

世子嬪は、医者に命じて妹の首に針を刺して仮死状態にしていたのです。世子嬪は護衛のユン・ヒョンソルに、妹の方を王宮から連れ出すよう頼みました

数年後、嬪宮の男児・世孫イ・フィは蹴鞠をする聡明で活発な男子に育っていました。そんな折、同年代の世話役ボクトンが世孫イ・フィとまったく同じ顔の宮女タミを見つけて知らせます。

イ・フィは母・世子嬪にそれを伝えると、「決して口外するな」と強い口調で言われました。

そんな中、イ・フィの師匠カン・イクソンがギジェのたくらみにより反逆罪で捕まります。イ・フィは宮女タミに自分の服を着せて身代わりを頼み、こっそり抜け出して師匠カンに会いにいきました。

タミは、池に落ちたジウン(チョン・ソクジョの息子)を助けて仲良くなり、子供ながらお互い恋心を抱きます。ジウンはタミにヨンソン(蓮膳)という美しい名前を与えました。

世子嬪はタミに一度会い、首に針の跡が残っているのを見て涙を流しました。世子嬪の父ハン・ギジェはタミの存在に気づいて世子嬪を問い詰めます。

カン師匠の処刑が決まり、広場に人が集まります。息子・ジウンと一緒にいるタミが世孫イ・フィの双子の妹だと気づいたチョン・ソクジョは、広場にいるタミを見つけ追いかけました。

広場にいた出生の秘密を知る護衛ユン・ヒョンソルもタミを発見し、彼女を連れて逃げます。しかし彼女はタミではなく、カン師匠に最後のあいさつをするためにタミに変装して来ていた世孫イ・フィでした。

チョン・ソクジョはユン・ヒョンソルの足を切りつけて倒し、馬から落ちた世孫イ・フィをタミと勘違いして弓で射て殺しました

第1話終わり。

第2話

世子嬪(母)は、宮女タミの死体を見て、泣き崩れます。しかし、よく見てみると首には針の跡がありません。死んでいるのはタミに変装した息子・世孫の方です。世子嬪は悲しみと、事実がバレてしまえば一族が殺さる恐怖に打ちのめされました。侍女キム・サングンや、下男・ボクトンもパニックになります。

世子嬪はタミに「これからお前は世孫イ・フィとして生きろ」と強く言います。イ・フィ(タミ)にとって、世孫の殺害を命じた祖父ハン・ギジェ(世子嬪の父)と顔を合わせる生活は精神的に地獄でした。

世孫イ・フィ(タミ)は同年代の下男・ボクトンや侍女キム・サングンに王室のしきたりや関係者の名前を叩き込まれ、盛大な式典が開催される自身の誕生日を迎えます。

誕生日の挨拶にジウンもやってきました。ジウンは「タミという宮女から世孫様が立派な人だと聞いた。いつかはあなたに仕えたい。そのために明へ留学に行く」と言います。

イ・フィ(タミ)は本当のことが言えず、姿を隠すベールの裏で泣きます。そしてタミからあずかったと言って、漢字が書かれた2つのサイコロをジウンに渡しました。

ジウンの父チョン・ソクジョは、タミの友達イウォルを見つけ、自分がタミを調べていたという噂が広まらないようにと彼女を裏に呼び出して殺そうとします。それを見ていたジウンが割って入って止めますが、チョン・ソクジョはジウンをどかしてイウォルを斬殺

遠くからその様子を見ていたイ・フィ(タミ)は耐えられなくなり、世孫殿から逃げます。しかし自分が帰らなければ、世子嬪たちが皆殺しになると思い、戻りました。世子嬪はイ・フィを抱きしめます。

それから間もなく、世子嬪は病床に伏し、イ・フィに苦労を謝り「私の娘」と言って死んでいきました。イ・フィは号泣します。

10年後

イ・フィは女性だということを隠し通し、周囲に厳しく武芸に秀でた世子に成長していました。

狩りの大会でイ・フィは見事に鹿を射止めます。嫉妬した叔父・チャンウンが陰口を叩き、イ・フィは彼に当たるスレスレで矢を放ち、容赦しないと叱責しました。

気分がおさまらない叔父は、イ・フィが森の中に1人でいるときを狙って帽子に矢を放ちます。髪留めが取れて、美しく長い髪がなびき、胸を抑えているサラシも破けてしまいました。隠れていた叔父・チャンウンはイ・フィが実は女ではないかと疑います

イ・フィはその場所を離れ、池の側でサラシを巻き直しました。そこへ、明から帰国して、偶然森に薬を探しに来ていたジウンが現れます。

第2話終わり。

第3話

イ・フィはジウンに斬りかかりますが、王室の追っ手が迫ってきます。

ジウンは彼女を宮女だと思い、講武場(王家の訓練場)に立ち入ったことがバレたら殺されると考え、手をひいて2人で逃げました。崖に追い詰められ、2人は川に飛び込みます。追っ手たちは引きました。

ジウンは溺れ、イ・フィが助けます。

イ・フィは彼を助けて王たちがいる場所に戻ろうとしますが、森の中で何者かに矢を放たれ殺されかけました。護衛のユン・ヒョンソルが追い、矢を放って暗殺者1人を殺しますが、もう1人いた気配があります。

川岸で目覚めたジウン。一緒に逃げた宮女が無事か確かめるため、夜に知り合いのつてで宮殿の敷地に忍び込みます。イ・フィはジウンを見つけ、矢を放ち隠れました。

ジウンは、薬草を取ってこいと部下たちを人質にしていた権力者の娘シン・ソウンのニキビを治しました。

イ・フィはジウンが自分の正体を知ったのではないかと調べるため、部下のボクトンと彼が人々に医術を施している三開房へ行きます。ジウンは妓楼に出張治療をしに行っているようでした。

イ・フィが妓楼に行くと、叔父・チャンウンが「世子は女みたいだ」と酒を飲みながら噂しています。彼の部下がそれをたしなめますが、怒ったチャンウンは部下を殴りました。横の部屋にいたジウンはイ・フィに被害が及ばないよう、彼女を抱き寄せて部屋の奥からチャンウンの様子を見守ります。

イ・フィはチャンウンの前に出て、彼の行いを叱り、「講武場で弓を放った犯人はお前だろ」と囁いて脅しました。

外へ出たイ・フィはジウンが名前を名乗るのを聞いて、幼い頃に出会った人物だと確信します。しかしトラブルを避けるため「二度と近づくな」と言いました。

司書(イ・フィの勉強の先生)が辞め、新らしい若い人物が雇われます。ジウンでした。イ・フィは驚きます。

サンホン君(左議政ハン・ギジェ)が部下でジウンの父であるチョン・ソクジョに命令して、明との外交戦略のためにかつて礼部侍郎の命を救ったジウンを世子イ・フィの側においたのでした。

チョン・ソクジョ(ソクチョ)は、自分から離れていったジウンを司書にするため、三開房を部下に襲わせヨンジンとチルグムを人質に取っていたのです。

第3話終わり

第4話

イ・フィはジウンを司書から解任しろと王(父)に言いますが、十分な理由がないと却下されます。

暗殺者を警戒してキム・ガオンという武人がイ・フィの護衛に着くことになりました。彼は絶世のイケメンで宮女たちは舞い上がります。しかしガオンはイ・フィ暗殺未遂の際に森の中にいた人物でした。

イ・フィはジウンを辞めさせるため、大量の本の模写や注釈を命じたり、酒を飲ませまくったり、ドジョウ救いをさせたりといじめ抜きます。しかし仲間のチルグムとヨンジの兄妹を人質に取られているジウンは耐え抜きました。

ジウンは講書をサボって弓の稽古をするイ・フィの前に立ち、「開講(公開のテスト)で私の問題に答えられなければ司書を認めろ」と賭けを持ちかけました。ジウンはある植物の種をわたし、「これが何の種か調べてみろ」と言います。

イ・フィはこれが蓮の種だと考え、ジウンからヨンソン(蓮膳)という名をもらった幼い頃を思い出しました。

開講の日、イ・フィは蓮の種だと答え、込められた意味も話します。しかしジウンは首を縦に振らず、「王宮という泥沼にいても高潔さを失うなという意図です」と返しました。

ある日、宮殿の外に買い物に出たイ・フィは、従兄チャウンから指輪を貰います。

帽子が曲がったのでチャウンは代わりのものを探しに行き、偶然街にいたジウンがやってきました。

第5話

恋慕第5話 見つめ合うイ・フィとジウン

イ・フィに帽子を買ったヒョンが戻ると、ジウンがイ・フィに帽子を渡しています。イ・フィはヒョンとジウンが友達だと知っていて驚きました。

ヒョンは幼い頃、イ・フィが着替えているところを見て、女性だと知っていました。

翌日、イ・フィはジウンに借りた帽子を突き返しました。

ジウンは講書(勉学)で、「王宮をよく知れ」とイ・フィにアドバイスします。イ・フィはその言葉にへそを曲げ、侍講院(シガンウォン)や内医院(ネイウォン)を視察して、書や薬の管理ができてないといって役人たちを怒鳴り散らしました。

ジウンは視界の開けた場所へ行き、王宮の「人々をよく知れという意味だ」とイ・フィを諭します。

ソウンはジウンの医院・三開房が取り壊されているのを見て、役人である父に「ジウンの妹分・ヨンジに謝罪しなければ」と頼みました。

警護のユン・ヒョンソルは王宮の庭で怪しい人間を見つけて後を追いますが見失います。イ・フィと一緒にいるキム・ガオンの靴が汚れているのを見て、彼を疑い始めました

ジウンの父・ソクジョがユン・ヒョンソルに会いにきて、「10年前に証言をした者が今月2人も自害に見せかけられて殺されている」と話します。

ヒョンソルは、10年前に世孫(イ・フィの双子の兄)を殺したソクジョに冷たい視線を向けました。

チャンウンはイ・フィが女を抱かないのは男色だからだと考え、遊女をイ・フィの浴室へ送り込みます。

キム・ガオンが異変に気づいて浴室で遊女を捕らえ、チャンウンの悪巧みがバレました。

サンホン君はチャンウンを殴り「世子の暗殺のような行為だ。次やったら命はない」と言います。

チャンウンは安置刑(流刑先で軟禁)を受けることになりました。ヒョンもチャンウンを皮肉り、次はないと忠告します。

昨晩のチャンウンの悪巧みのせいでイ・フィは寝不足。自分の机にうっぷして昼寝していました。ジウンがイ・フィを呼びに近づきます。

目を覚まして驚いたイ・フィはジウンを床に押さえつけました。壺が棚上から落ちてきて、ジウンはイ・フィを抱き寄せます。

お互いの鼓動が高鳴るのが感じられました。

第5話終わり。

第6話

ジウンはイ・フィの机で、昔タミに筆写してあげた「春秋左氏伝」を見つけ、なぜ世子が持っているのか?と問います。

イ・フィはあせり、宮女タミが病気で出宮して死亡したと記録を見せました。

ジウンはタミと出会った宮廷内の古びた寺の前にやってきて、建物や池を掃除して花を植えようとします。

そんな中、ソウンがジウンを助けるために吏曹判書(イジョパンソ)の父に頼んで牢にいる三開房の医院に会わせくれと頼みます。しかし牢に入れられていたのはチルグム(ジウンの弟分)でした。

吏曹判書はジウンが両班(ヤンバン/支配階級)でありながら三開房で医院を運営し、その事実を隠してイ・フィの司書になっていたことで「王室をあざむいた」と王に訴えます

ジウンは免職されることになりました。牢にいるチルグムとヨンジの命が危ないと、イ・フィになんとかして欲しいと頼みます。

イ・ヒョンも「ジウンが貧しい子供たちを助けるために医院を開き、今は政治利用されている」と彼の無罪をイ・フィに訴えました。

イ・フィは貧しい子供たちを救う願いは、幼い頃私がジウンに話したことだと切ない気持ちになります。

明との政治利用のためにジウンを推薦したサンホン君は、ソクジョ(ソクチョ)に事態の収束を依頼。

このままでは自分の一族全て無事では済まないと考えたソクジョは、チルグムとヨンジを殺そうと夜に牢から連れ出そうとします。

ジウンが駆けつけ、自分が死ねば収まると言って刀を自らに突き刺そうとしました。ソクジョが止めます。

ソクジョはチルグムを森へ連れ出し、“嘘をついていた。自分が三開房の医院だ”と書かせ殺そうとします。そこへイ・フィがキム・ガオンら私兵を連れて乗り込み、ソクジョの悪事を止めました。

翌日王の前でジウンの裁きが下されることになり、棒叩きの刑と流刑を言い渡されますが、そこへイ・フィが乗り込んできます。

第6話終わり!

第7話

※配信次第更新

第8話

※配信次第更新

第9話

※配信次第更新

第10話

※配信次第更新

第11話

※配信次第更新

第12話

※配信次第更新

第13話

※配信次第更新

第14話

※配信次第更新

第15話

※配信次第更新

第16話

※配信次第更新

第17話

※配信次第更新

第18話

※配信次第更新

第19話

※配信次第更新

最終回20話

※2021/12/14配信予定、配信次第更新

こちらもおすすめ関連記事



韓国ドラマネタバレ/レビュー記事

関連記事

Netflix韓国ドラマ『マイネーム 偽りと復讐』は、ハン・ソヒ演じる父親を殺された娘が、ヤクザ組織に入り復讐を遂げる過程で、隠されていた残酷な真実を知っていくアクションサスペンス!サスペンス的な衝撃のどんでん返し、リアルで過激なア[…]

マイネーム 偽りと復讐(Netflix韓国ドラマ)
関連記事

Netflixで絶賛放送中の『海街チャチャチャ』は、シン・ミナ演じるちょっとイタい都会の歯科医ヘジンがコンジン港という田舎で開業することになり、謎大き万能ニート ホンドゥシクと惹かれ合うハイクオリティなラブコメ+ヒューマンドラマ!全[…]

韓ドラ『海街チャチャチャ』