ひどい…映画『エクソシスト 信じる者』ネタバレ感想「退屈ポリコレ駄作」評価,ラスト結末あらすじ解説

  • 2024年2月10日

『エクソシスト 信じる者』黒人と白人の2人の少女が同時に悪魔に取り憑かれる!

『エクソシスト 』(1973年)の正当な続編という立ち位置で制作されました!

シネマグ
色んな宗教をごちゃ混ぜにして、さらにポリコレ要素も絡めた衝撃的な駄作

作品情報・キャスト

あらすじ・ネタバレなしの感想

物語ネタバレあらすじ・ラスト結末解説

視聴後の感想・酷評レビュー(ネタバレあり)

考察:父同士の対比、ヨブ記

これらの情報を知りたい人向けにわかりやすくレビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

これから視聴する方の参考になるよう、作品についての視聴者口コミ・アンケートも投票お願いします↓

映画『エクソシスト 信じる者』おもしろかった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『エクソシスト 信じる者』作品情報

日本公開:2023年12月1日(金)
制作国アメリカ
上映時間:1時間51分
原題:『The Exorcist: Believer』
ジャンル:ホラー
年齢制限:PG12
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『ハロウィン 2018』)
脚本:デヴィッド・ゴードン・グリーン|ピーター・サットラー
制作 ブラムハウス・プロダクションズ

M3GAN ミーガン』や『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』などを手掛けたブラムハウスが制作しています。

キャスト

アンジェラ・フィールディング(悪魔に取り憑かれた少女)|cast リディア・ジュエット

ヴィクター・フィールディング(アンジェラの父)|cast レスリー・オドム・Jr

キャサリン(アンジェラの友達。一緒に取り憑かれる)|cast オリヴィア・オニール

ミランダ(キャサリンの母)ジェニファー・ネトルズ

トニー(キャサリンの父)|cast ノーバート・レオ・バッツ

アン(アンジェラの隣に住む看護師)|cast アン・ダウド(『ヘレディタリー継承』)

ビーハイブ(ヴードゥー教の祈祷師)|cast オクウィ・オクポクワシリ

レヴァンス牧師 |cast ラファエル・スバージ

クリス・マクニール(1973年に悪魔に取り憑かれたリーガンの母)|cast エレン・バースティン

『エクソシスト 信じる者』あらすじ

ハイチに滞在した際に妻・ソリーンを失った男性・ヴィクターは、13歳の娘・アンジェラと仲良く暮らしていた。

しかしある日、アンジェラは友達のキャサリンと放課後に出かけたまま帰ってこない。

ヴィクターやキャサリンの両親、警察が必死の捜索を続ける。

学校の生徒たちによると、アンジェラとキャサリンは放課後に森に入っていったらしい。

3日後、アンジェラとキャサリンは農場で見つかる。

アンジェラは「母と話をするために森の廃墟でキャサリンと降霊術を行い、そこから先のことをあまり覚えていない」と言う。

家に帰ったアンジェラはおねしょや痙攣をするようになる。

さらに手や足の爪が割れ、腹部にHelpと引っ掻き傷ができた。

キャサリンも少女とは思えないような形相で凶暴になっていた。

ヴィクターはアンジェラを精神科に入院させようとする。

取り憑かれたアンジェラ・映画『エクソシスト 信じる者』(2023)

隣人で看護師のアンは、数十年前の経験を本にしたクリス・マクニールに連絡を取るように言った。

クリスには、エクソシストと共に娘・リーガンを悪魔・パズズから救った経験があった(1973年のシリーズ第1作の内容)。

しかし現在、リーガンは失踪し、どこにいるかわからないと言う。

クリスはアンジェラの様子を見て、「悪魔祓いが必要だ」と言った。

ヴィクターとクリス

悪魔と人間の戦いが再び幕を開ける!

ネタバレ結末解説へGO

ネタバレなし感想・海外評価

ところどころグロテスクで気持ち悪くてゾクっとするシーンもありました。

シネマグ
ただ、伝説となった1973年のエクソシスト第1作には遠く及びません。
感想を語る犬
さらにストーリーがつまらなすぎ…。演出はともかく、ストーリーは完全にB級です。

よほどのB級ホラー好きでないと本作を楽しめないと思います。

ただ、PG12なこともあって所々生ぬるく、そこまで怖くもありません

海外レビューサイトでは批評家からの評価が絶望的に悪いです。

お願いだからもうエクソシストの続編は作らないでくれ!
ウィリアム・フリードキン監督の第1作目に近づいてすらいない…
つまらないけど、エクソシスト2(1977)よりはマシかも」などなど、悲痛なレビューが散見されます。

おすすめ度 24%
怖さ 45%
ストーリー 26%
IMDb(海外レビューサイト) 4.8(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト) 批評家 22%
一般の視聴者 59%
メタスコア(Metacritic) 39(100点中)

※以下、『エクソシスト 信じる者』のストーリーネタバレありなので注意してください!

『エクソシスト 信じる者』ネタバレあらすじ解説

取り憑かれた2人の娘

クリス・マクニール(第1作のリーガンの母)は、悪魔に取り憑かれたキャサリンと会う。

キャサリンに近寄ると十字架で目を突き刺されてしまった。クリスは病院へ運ばれて入院する

ヴィクターやミランダ(キャサリンの母)は教会に悪魔祓いを依頼した。

マドックス神父が、教会のお偉いさんたちにアンジェラとキャサリンの状況を伝える。

一旦は悪魔祓いが必要だということになったが、教会は「危険すぎる」という理由で悪魔祓いを許可しなかった。

感想を語る犬
おまえら(教会)がエクソシスト派遣しないでどうすんねん!

ヴィクターたちは知り合いの牧師、レヴァンスやスチュアート、それからヴードゥーのまじない師・ビーハイブを呼んで自分たちで悪魔祓いを行うことにした。

シネマグ
ご近所さんたちが集結!エクソシスト0人の悪魔祓いがスタート(笑)

ヴィクターたちは、家の中でアンジェラとキャサリンを背中合わせで縛り付ける。

ホラー映画『エクソシスト 信じる者』(2023)

心肺計測装置が取り付けられた。同じパズズに取り憑かれているからか、アンジェラとキャサリンの心拍がシンクロする。

ホラー映画『エクソシスト 信じる者』(2023)

ビーハイブがみんなにヴードゥーの護符を配った。

ミランダや近所のアンが必死に聖書の言葉を唱える。しかし悪魔には効かない。

ビーハイブがヴードゥーの聖水をかける。アンジェラは苦しみながら黒い塊を吐き出した。

マドックス神父がやってきて、アンジェラとキャサリンを触りながら神の言葉を唱える。

しかし、マドックス神父は悪魔の念力で首の骨を破壊されて死亡

シネマグ
1973年の第1作目と同じく、頑張った神父は死ぬ運命にあるようですね。

衝撃のラスト結末

取り憑かれたアンジェラはヴィクターに向かって「おまえはハイチで医者に選択を迫られたときに妻を選んだ。しかし実際には妻は死んで娘が助かった」と嘲笑う。

悪魔・パズズは、「どちらか1人の娘を助ける!」と言った。

キャサリンの父・トニーは「キャサリンを助けてくれ」と叫んだ

ヴィクターはアンジェラや神の御心を信じ、選択をしなかった

アンジェラは宙に浮かび、心肺停止。しかし幼い頃にハイチで土着宗教の祈りを母親が受けていたせいもあってか、息を吹き返した

今度はキャサリンの鼓動が停止する。電気マッサージを施すが、キャサリンは死亡した

シネマグ
いくらポリコレといえど、白人の娘を殺して黒人の娘を生かす結末はひどくないですか…

事件のあと、病院で入院しているクリスのもとに娘・リーガンが帰ってくる

回復したアンジェラは学校に通っていた。キャサリンの姿はない。

アンは「生き続けることが大事だ」と今回の出来事を振り返った。

映画『エクソシスト 信じる者』ネタバレ感想・評価

悪魔でなく眠気と戦った2時間

ホラー映画『エクソシスト 信じる者』(2023)

 

ホラー映画『エクソシスト 信じる者』の評価は38点。
シネマグ
いや〜エクソシストの新作がこれほど退屈だとは驚きでした。個人的には「眠気と戦った2時間」とまとめられます!

エクソシストのテーマ曲が掛かるシーンがピーク。『ヴァチカンのエクソシスト』の方がまだ全然面白いです。

まず話のテンポがノロノロでした。アンジェラとキャサリンが取り憑かれるまでが長くて退屈すぎて序盤で眠くなりました。

1973年の第1作の母親役エレン・バースティンが出てきたと思ったら目をぶっ刺されて速攻退場。

このババ○一体何しにきたのでしょうか?経験あるからって安易に悪魔に近づかないでください。50年前の出来事から何も学んでません。

本作は第1作の正当な続編という立ち位置なので エレン・バースティンを出したのでしょうけど、いくらなんでも退場させるのが早かったような気がします。

せめて悪魔祓いの少し前まではいるべきでは?

プロットも、2人の少女が悪魔に取り憑かれるところまでは良かったのですが、教会は悪魔祓いを断り、ご近所の集まりで悪魔祓いスタート!もはやエクソシストではありません。

神を信じる心があればエクソシスト(悪魔祓いのスペシャリスト)じゃなくても人を救える!というコンセプトがあるのでしょうけど、それはもう別の作品でやってくださいよ。

 

感想を語る犬
『エクソシスト 信じる者』は悪魔でなく退屈さに取り憑かれた残念な作品でした。

分断を生むポリコレ

ポリコレ自体は別にいいと思います。黒人の親子を中心にすえたこと自体には問題はありません。

しかし最後に、白人のキャサリンが死んで、黒人のアンジェラが生き残ったのはやりすぎだと感じました。

「キャサリンの父は自分の娘を助けてくれと取り乱し、アンジェラの父・ヴィクターは信仰を貫いたから」という理由はあります。

ただ、白人一家と黒人一家で絶望と希望の壁ができてしまったように見えました。

信仰の問題にポリコレが絡んできたため、メッセージがややこしくて胸糞悪いものになった印象です。

現実社会で白人と黒人の間にほとんど分断がなくてこの結末なら理解できます。

しかし実際に差別などの問題がなくなっていない状態でこの展開は、逆にやりすぎてしまった感が否めません。

ヴードゥー教?

キリスト教ではないヴードゥーの祈祷師を登場させるコンセプトは、斬新ではありました。

一方で、物語が散らかる大きな要因になっていたような気がします。

制作側はおそらく「異教徒でも神はひとつ!悪魔祓いで協力できる!」という、異なる宗教同士が手を取り合えるメッセージを伝えたかったのでしょう。

ただストーリーは聖書の内容からの引用が多かったこともあり、ヴードゥー教の祈祷師はオマケ程度にしか見えませんでした。

ヴードゥー教についてもほとんど解説はありません。物語にヴードゥー教を登場させる理由が弱いです。

これも多様性やポリコレの影響でしょうか?

ちゃんとしたエクソシストが1人もいなかったのもそうですが、ヴードゥー教の祈祷師を登場させたことによってもエクソシストらしさが崩れ去った気がします。

ちなみにラストでアンジェラが助かったのは、母胎にいたときにハイチの現地人から祈りを受けていたからという理由もあったのでしょう。

すべての宗教は根底で繋がっていると伝えたかったのでしょうか…。

『エクソシスト 信じる者』ネタバレ考察 ヨブ記

ヴィクターがハイチで経験した出来事は、「妻を助けてくれ!」と言ったら、妻が死んで娘が助かったというもの。

本作のラストでキャサリンの父・トニーが経験したのは、「自分の娘を助けてくれ!」と言ったら、娘が死んで友人(アンジェラ)が助かったというもの。

シネマグ
ヴィクターとトニーで、同じ内容の出来事が繰り返されているわけです。

先に苦難を経験したヴィクターはそのときの経験から学び、今回は判断を誤りませんでした。

結末に希望を添えるなら、きっとトニーも今回の娘を失った絶望を乗り越え、次の試練では選択を誤らないことでしょう。

隣人のアンが最後に言っていた、「生き続けていれば…」のメッセージに繋がるわけです。

また、全体のプロットには旧約聖書のヨブ記が大きく関わっています。

ヨブ記は、特に悪いことをしていない男性・ヨブが神から皮膚病などさまざまな試練を与えられ、挙句の果てに「神を選ぶか自分を選ぶか?」と選択を迫られる内容。

ヨブは神への信仰を捨てず、救われました。

『エクソシスト 信じる者』では、信仰よりも自分の願望を“選択”してしまった者に悲劇が訪れます。

シネマグ
ヴィクターはヨブのような確固たる信仰を持ち得たと言えるでしょう。宗教映画ですね。

最後のまとめ

『エクソシスト 信じる者』は、2人の少女が同時に悪魔に取り憑かれる設定、第1作のエレン・バースティンの再登場、聖書をうまく取り入れた教訓に飛んだ物語と、いろいろなアイデアが詰まっていました。

しかし内容は、エクソシストもおらず、ポリコレや異教の要素がうまく消化しきれていない衝撃的なほど残念なもの

前評判が悪いのは薄々知っていましたが、これほど面白くないとは思いませんでした。

感想を語る犬
ブラムハウスはすでに続編の計画を進めているようですが、同じような失敗を繰り返す前に大きく軌道修正をした方が良いのではないでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございます。『エクソシスト 信じる者』レビュー終わり!

記事の画像引用元:公式サイト

2023年公開ホラー映画・関連記事

関連記事

映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』。鬼太郎が誕生する前の山奥の連続怪死事件…父と母の愛と絆、そして水木に何があったのか? シネマグ 不気味だし、怖いし、倫理的なヤバさもある。さらに鬼太郎の父と母の関係に超感動の傑作ホラーアニメで[…]

映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』
関連記事

映画『M3GAN ミーガン』(MEGAN)目的は子供の幸せ?最強・最悪の人形型AIが暴走するSFホラー! シネマグ Chat GPTなどで話題の人工知能!それを搭載した人形が人間に襲いかかります! 作品情報・キ[…]

映画『M3GAN ミーガン』
関連記事

Netflix映画『バードボックス バルセロナ』(Bird Box Barcelona)。目を合わせたら自殺してしまう怪物が現れた終末世界!父と娘の絆が試される…。サンドラ・ブロック主演『バードボックス』の続編です! シネマグ[…]

Netflix映画『バードボックス バルセロナ』
関連記事

Netflix配信のサスペンス・ホラー映画『ラン・ラビット・ラン』シングルマザーがおかしな行動をする娘と狂気の世界に引きずり込まれていく意欲作! シネマグ よく考えるとすごく怖い問題作!物語の意味などを徹底考察・解説していま[…]

ホラー映画『ラン・ラビット・ラン』
関連記事

ホラー映画『Pearl パール』農場で夫の帰りを待つ若きヒロインが狂気の行動に…。前作『Xエックス』からさかのぼること61年前を描いた前日譚です。 シネマグ 真珠は真っ赤に染まってしまった!ミア・ゴスの笑顔はもはや顔面凶器![…]

ホラー映画『Pearl パール』
関連記事

ホラー映画『禁じられた遊び』(2023)!リングの中田秀夫監督が、橋本環奈+重岡大毅(ジャニーズWEST)のキャストでお届けする新感覚ホラー! シネマグ 斬新なストーリーで、予想以上におもしろかったです!エロイムエッサイム![…]

ホラー映画『禁じられた遊び』2023
関連記事

スティーヴン・キング原作のホラー映画『ブギーマン』(The Boogeyman)。母を失った高校生と妹が、暗闇に潜むブギーマンに狙われます! シネマグ なかなか凝った映像体験が楽しめました!メッセージ性も深い。しかし、ぶっち[…]

ホラー映画『ブギーマン』(The Boogeyman)