いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
クワイエットプレイス2

ネタバレ考察!クワイエットプレイス2あらすじ結末!ひどい点を評価/破られた沈黙感想

映画『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』は、音を立てたらモンスターに襲われて即死!緊張感で神経がやられそうになる傑作パニックスリラー

前作にも増して完成度が高くハラハラドキドキで、ビクっ!と驚いてしまう瞬間が何度もあり楽しめました。

本作のストーリーあらすじネタバレを解説し、ぶっちゃけ感想や評価、なぜ人々がハマってしまうかについて考察しています!

映画『クワイエット・プレイス2』は楽しめた!?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』基本情報

youtu.be

公開・制作国:2021年 アメリカ

監督・脚本:ジョン・クラシンスキー(リー・アボット役)

撮影:ポリー・モーガン

音楽:マルコ・ベルトラミ

監督のジョン・クラシンスキーはエヴリンの夫・リー役で出演もしています。

女優エミリー・ブラントは『プラダを着た悪魔』や2021年公開の『ジャングル・クルーズ』などに出演。監督のジョン・クラシンスキーは実の旦那さんで夫婦での共演です!

バイオハザード』や実写『モンスターハンター』のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督みたいな感じですね。

前作『クワイエットプレイス1』が無料で観られる動画サイト

『クワイエットプレイス1』はU-NEXTの無料体験を利用することで、プレゼントされる600ポイントを使えば完全無料で視聴可能。期間内に解約できて、さらに継続の条件もありません。

他にも傑作・新作映画・海外ドラマ・邦画・アニメ・韓ドラなどが約15万作品見放題で、雑誌も読み放題です!

こちらのリンクから申し込みできますよ↓

見逃し配信バナー

スポンサーリンク

クワイエットプレイス2 キャラ・キャスト相関図

クワイエット・プレイス2キャスト相関図

スポンサーリンク

エヴリン/演エミリー・ブラント

エヴリンはマーカスとリーガンの母親。

前作パート1では次男・ボーと夫・リーを失い

エミリー・ブラントは、『プラダを着た悪魔』や『オールユーニードイズキル』など、ハリウッドの売れっ子女優。

スポンサーリンク

リーガン/演ミリセント・シモンズ

リーガンはエヴリンの長女。耳が不自由で補聴器をつけています。普段の会話は手話です。

死んだ父・リーのように勇敢な人間でありたいと思っています。

マーカス/演ノア・ジュープ

マーカスはエヴリンの長男。行動的なエヴリンとは正反対の引っ込み思案な性格です。

エメット/演キリアン・マーフィー

エメットは、エヴリンやリーのご近所の友人。怪物のせいで家族を失って生き延びていました。

俳優キリアン・マーフィーは、映画『28日後…』や、ノーラン監督の『インセプション』『バットマン・ビギンズ』『ダンケルク』などで有名な演技派。

クワイエットプレイス2ネタバレ感想・評価86点

映画『クワイエットプレイス2』の評価は86点

演出が最高で“ビクッ”となる戦慄のシーンが多く、傑作モンスターパニックホラーといってよいでしょう。

個人的には前作よりもぜんぜん完成度が高かったと思います。

オープニングが怪物が現れた前日譚になっている構成も良かったです。

リーガンがエメットに“ダイヴ”の手話を教える伏線もうまく回収されました。

リーガンたち家族は手話を使えるからこそ生き残ったと痛感できましたね。

実社会ではデメリットが多そうな聴覚障害ですが、クワイエット・プレイスではそれが手話ができるメリットになるのも興味深いです。

“音をた立てずにはいられない!”という謳い文句も、補聴器のハウリング音で怪物をやっつけるストーリーにしっかりつながっていましたね。

意外だったのはクワイエットプレイス2の主人公はエミリー・ブラント演じるエヴリンというより、エメットとリーガンだったこと。

それは結果的に上手くいっていて、エヴリンサイドリーガンサイド2つのストーリーが交互に展開され、エンタメ性を底上げしていたと思います。

人間の本能・DNAに刻み込まれた恐怖

映画『クワイエット・プレイス2/破られた沈黙』の登場人物

モンスターがいるから音を立ててはいけないという設定は、映画『ドント・ブリーズ』(2016)や『ウォーキング・デッド』とかもそうですし、パニックスリラーではよく見かけます。

しかしクワイエット・プレイスはその音ダメ設定をどの作品よりも研ぎ澄ませた映画といえるでしょう。

音を立ててはいけない設定って、見ているこっちまでハラハラしますよね。

そんな人間の本能を刺激する恐怖を生み出しているからこそ、見応えがあるのだと思います。

大昔の人類の祖先は捕食動物に狙われていたわけで、そのときに音を立てたら“超即死”だったでしょう。

音を立てたら死ぬ!という根源的な恐怖は今でも人間の本能・DNAに刻み込まれているのかもしれません。

だからこそ人々は映画「クワイエット・プレイス」シリーズの世界観に引き込まれてしまうのでしょう!

音の3パターン考察

『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』は“音”がキモとなるストーリーなだけに、サウンドを3パターンに分けてより臨場感を高めていました。

音楽あり・音楽なし・耳を塞いだ静寂の3パターンです。

普通にオーケストラで音楽が入るシーンのほかに、音楽なしで静かになり登場人物たちのかすかな物音がフォーカスされるシーンがあります。

この2つの対比だけでも面白いですが、さらに聴覚障害のリーガンの主観で周囲では音が鳴っているはずなのに耳を塞いだような静寂になるシーンも加わります。

3つのサウンドパターンが交錯して、視聴者に没入感を与えているのです。

演出の面からもクワイエットプレイス2は優れているといえるでしょう!

超即死級の怖すぎシーン

『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』の素晴らしかったシーンや恐怖のシーンをいくつか紹介します。

バスに追われてバック!

前日譚で前から怪物に襲われたバスが突っ込んできてエヴリンが慌てて車でバックするシーンがありました。めちゃくちゃ迫力がすごかったです。

罠に挟まれて叫ぶシーン

マーカスが罠に挟まれて叫ぶシーン

長男・マーカスが走っている途中で罠に足を挟まれて泣き叫ぶシーンが1番強烈でしたね。

母エヴリンはすぐに手当をしてあげたいはずですが、まず口を塞ぎます。痛すぎて可哀想です。まさに音を立てずにはいられない

血のついた女の子

女の子が顔を上げると片目が血まみれでエメットを攻撃!めちゃ怖かったです。完全にホラーですね。

映画『ヘレディタリー継承』や『Us/アス』並みに怖かったです。

クワイエットプレイス2/ストーリーのひどい点解説

マーカス勝手に外に出るな!

マーカスは足を怪我していて、さら赤ちゃんを守らなければならないはずなのに、安易に地下から外へ出たのはどうか?と思います。

ちゃんと歩けないなら散策してコケる可能性は高いでしょう。

母・エヴリンが心配だったのかもしれませんが、少しやらかしちゃった感がありましたね。

ラジオ局は他にもあるはず

ラジオ局からハウリングの電波を発信すれば、地域の怪物を倒せるというのがクワイエットプレイス2のストーリーでした。

しかしわざわざ島のラジオ局まで行かなくても、近くに手頃な場ラジオ局はなかったのか?と考えてしまいました。

そもそもパート1でエヴリンたちが暮らしていた場所に無線の設備があった気がするので、そこからハウリングを放送すれば良かったのではないか?という疑問も残ります。

ラジオの曲「ビヨンド・ザ・シー」

youtu.be

ラジオで流れたのは、アメリカの歌手ボビー・ダーリン(bobby darin)のクラシックポップス「ビヨンド・ザ・シー(Beyond the sea)」です。

歌詞の出だしは、

Somewhere beyond the sea
Somewhere waiting for me
My lover stands on golden sands
And watches the ships that go sailing

和訳すると、「どこか海を越えた場所が僕を待っている。金の砂の上に恋人が立っていて、船の航海を見守っている」となります。

リーガンはこれを聞いて「島に平和な集落があるかも」と考えるのもうなづけますね。

It’s far beyond the stars

「星の近くにそれはある」というフレーズもあるので、リーガンの父・リーに対する想いも重ねられているかもしれません。

シリアスで緊張感あるシュチュエーションと、ほっとするようなこの楽曲の対比がよかったですね。

クワイエットプレイス2破られた沈黙ネタバレあらすじ解説

エヴリン・アボット(エミリー・ブラント)とリーガン、マーカス、赤ちゃん

〜前日譚「始まりの日」〜

息子・マーカスの野球の試合を観戦するエヴリン・アボット(エミリー・ブラント)のもとに、夫・リーが遅刻してやってきます。

そばのベンチで友人のエメット(キリアン・マーフィー)が娘のリーガンから手話を習っていました。

マーカスが打席に立ったとき空から巨大な隕石が落ちるのが見え、エヴリンはマーカスと、ボーを連れて車で逃げます。

街はモンスターに襲われてパニックになっていました。別の車に乗ろうとしていた夫・リーたちと合流してどうにか逃げます…。

474日後。次男・ボーと夫・リーが死亡し、家を出ることにしたエヴリンたち。

新しく生まれた赤ちゃんを抱いて音を立てないよう恐る恐る進みます。

しかし誰かの仕掛けにひっかかり缶の音が鳴り、エヴリンたちは走りました。

マーカスが罠に足を挟まれ泣き叫び、怪物がやってきます…。

リーガンが補聴器のハウリングをアンプで増幅させ、怪物の顔が開いたところにエヴリンが散弾銃を撃ち込んで殺しました。

廃工場の中に入りますが他の怪物が襲ってきます。

エメットが現れ、地下へ招き入れました。金庫の中に入り、しばらくすると外の怪物たちは去ります。

『クワイエット・プレイス2/破られた沈黙』金庫の中のエヴリン、リーガン、マーカス

エメットは息子が“始まりの日”に怪物に殺され、妻は病気で死んだと悲しそうに語りました。

そんなときラジオからビヨンド・ザ・シーという曲が聞こえます。

リーガンは誰かのメッセージだと考えてラジオの発信地を突き止めると、1日ほど歩いた埠頭の沖にある小島だとわかりました。

リーガンはラジオ局からハウリング音を流せば街中の怪物を殲滅させられると言いますが、マーカスが猛反対します。

次の日、リーガンは1人で勝手に島へ向かって出発しました。

途中脱線した電車の中で怪物に襲われそうになりますが、追ってきたエメットに助けられます。

エメットは戻ろうと言いますが、“父のように勇敢に人々を救いたい”というリーガンの熱意に心を打たれ、2人は埠頭に向かいます。

一方エヴリンは、赤ちゃんが泣いたとき用の木箱の酸素ボンベを探しに出かけました。

エヴリンは怪物に襲われて死んだ息子・ボーの墓の前で涙を流し、先へ進みます。

留守番のマーカスは地下から外へ出て、見つけた死体(エメットの妻)に驚いて音を立ててしまい、急いで地下に戻ります。

怪物が地下への入り口を破壊し、マーカスは赤ちゃんと金庫の中へ入りました。しかし内側から扉を開けるためのタオルを挟み忘れてしまいます。

酸素ボンベは残りわずかです。

リーガンたちが埠頭に着くと小さな女の子がいました。しかし彼女が顔を上げると片目が血だらけ。周りを男たちに囲まれます。

エメットは近くにいた男の足をナイフで刺して叫び声を上げると、怪物がやってきてみんなパニックになります。

エメットが“ダイヴ”の手話をやり、それを見たリーガンは海へ飛び込みました。

エメットも海へ飛び込むと怪物は追ってこれません。リーガンがボートを出し、エメットとそれに乗って島へ向かいました。

島には逃げのびた人々が幸せに暮らしている集落がありました。

リーダー(ジャイモン・フンスー)が2人を快く迎え入れてくれます。

たくさんの人が船で島へ向かおうとしましたが、暴動が起きてほとんどの人が船に乗る前にモンスターに襲われてしまったようです。

翌日、エメットは怪物が島にいることに気づきました。ボートにつかまってやってきたのです。

住民たちは次々に殺されていきます。リーダーはクラクションを鳴らしながら車を走らせ、エメットとリーガンが乗りこみます。

怪物が車に飛び乗ってきて天井を爪で切り裂きました。ラジオ局に着きますが、リーダーは怪物に襲われて死亡。エメットは脚を爪で刺されます。

リーガンは、なんとかハウリング音をラジオで放送しました。

エヴリンはボンベを手に入れ工場に戻ってきますが、怪物があたりをうろついていました。

なんとか地下へ行き、金庫を開けて酸素不足で倒れているマーカスに呼吸器を当てます。しかし怪物が金庫の入り口から入ってこようとして絶体絶命!

そのときラジオからハウリング音が聞こえ、怪物は顔を開きます。

マーカスが鉄棒で怪物の顔を串刺しにしました。

島ではリーガンが怪物を殺しました。

映画『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』終わり!

最後のまとめ

『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』は音を立てたら即死の設定をうまく演出に活かし、臨場感もありパニックスリラーとして非常に完成度の高い作品でした。

本作は超人気なのでシリーズ化されるかもしれません。

ただ、クワイエット・プレイス3が制作される場合は、すでに怪物を克服したエヴリンたちでなくキャストを変えて他の地域の物語になるかもしれませんね。

映画『クワイエットプレイス2/破られた沈黙』ネタバレ感想終わり!

こちらもおすすめ関連記事



2021年公開映画のネタバレ感想記事

緻密なサスペンス邦画『キャラクター』ネタバレ考察

エマ・ストーン主演のディスニーヴィラン映画『クルエラ』ネタバレ考察