映画『スパイダーマンノーウェイホーム』ネタバレ感想 つまらなくてひどい物語評価レビュー

CineMag
マーベル映画『スパイダーマンノーウェイホーム』は、過去作のヴィランだけでなく“あのキャラ”まで登場する胸熱展開が魅力!

スパイダーマンとドクター・ストレンジが基軸となり、並行世界であるマルチバースが解放!オクトパスやグリーン・ゴブリンなど過去の敵やMJやネッドも大活躍し、エンタメ性抜群です。

ただ感想で詳しく語りますが、ファン目線では傑作でも、1本の映画として冷静に考えるとイマイチな点も多かったのが難点です。

ぶっちゃけ感想・評価ちょこっと酷評フェーズ4・マルチバース・ヴェノムのMCU参加の考察ストーリーネタバレあらすじ解説を知りたい人向けに記事をまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです)

『スパイダーマンノーウェイホーム』は楽しめた?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『スパイダーマンノーウェイホーム』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2022/01/07・米・148分
原題Spider-Man:No Way Home
監督:ジョン・ワッツ
脚本クリス・マッケナ/エリック・ソマーズ
原作:スティーヴ・ディッコ/スタン・リー
撮影:シェイマス・マクガーヴェイ
音楽:マイケル・ジアッチーノ
前々作:『ホームカミング』(2017)
前作:『ファーフロムホーム』(2019)
製作:マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ 
配給:ソニー・ピクチャーズ

監督のジョン・ワッツはケヴィン・ベーコン主演映画『コップ・カー』などでも有名。

スパイダーマン/ピーター・パーカー|トム・ホランド

スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じる俳優トム・ホランド

©︎マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ

トム・ホランドはひょうきんなキャラですが、表情豊かで感動的なシーンの表現も素晴らしいと思います。

ドロドロ胸糞サスペンスNetflix『悪魔はいつもそこに』やなどでも有名。

ドクター・ストレンジ|ベネディクト・カンバーバッチ

ドクター・ストレンジを演じる俳優ベネディクト・カンバーバッチ

©︎マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ

俳優ベネディクト・カンバーバッチは、演技については完全無欠だと思います。個性的で威圧感もあり唯一無二ですね。

マーベル映画『ドクター・ストレンジ』ほか、『裏切りのサーカス』『イミテーションゲーム』Netflix『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(2021)などで高い評価を得ています。

MJ|ゼンデイヤ

MJ役の女優ゼンデイヤ

©︎マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ

本名はミシェル・ジョーンズで、ピーター・パーカーの彼女。女優ゼンデイヤには不思議な魅力があります。『デューン砂の惑星』(2021)のチャニ役も記憶に新しいですね。ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』でも有名。

ネッド|ジェイコブ・バタロン

ネッドはピーターの親友でオタク。

俳優ジェイコブ・バタロンは映画『エブリデイ』などにも出演。

その他のキャスト・登場キャラ

メイおばさん|マリサ・トメイ(『レスラー』『ラブ・アゲイン』)

ハロルド・ハッピー・ホーガン|ジョン・ファヴロー

ドクター・オクトパス|アルフレッド・モリーナ

グリーン・ゴブリン(ノーマン・オズボーン)|ウィレム・デフォー

エレクトロ(マックス・ディロン)|ジェイミー・フォックス(『デイ・シフト』)

サンドマン(フリント・マルコ)|トーマス・ヘイデン・チャーチ

ウォン|ベネディクト・ウォン

ジョナ・ジェイムソン|J・K・シモンズ(『セッション』)

ミステリオ|ジェイク・ギレンホール(Netflix『THE GUILTYギルティ』)

ユージーン・フラッシュ・トンプソン|トニー・レヴォロリ(『グランドブタペストホテル』)

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

あらすじ:ピーター・パーカーはミステリオに正体をバラされて以前と同じように生活できなくなり、ドクター・ストレンジに相談。全世界からスパイダーマンがピーターである記憶を消去する魔術を実行しますが失敗し、別の世界からドクター・オクトパスなどのヴィランが現れ…

サム・ライミ版やアメイジングスパイダーマンのヴィランが登場し、さらにサプライズのスーパーゲスト登場でお祭り騒ぎ!

マーベルやスパイダーマンシリーズファンの集大成となる作品です。

CineMag
アクションも映像も見応え抜群。ただストーリーは子供っぽいです。
おすすめ度82%
オリジナリティ72%
ストーリー80%
IMDb(海外レビューサイト)8.8(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家94% 一般98%

※以下、『スパイダーマンノーウェイホーム』のストーリーネタバレありなので注意してください!

『スパイダーマンノーウェイホーム』ネタバレ感想・評価

映画『スパイダーマンノーウェイホーム』のレーダーチャート評価

マーベル映画『スパイダーマンノーウェイホーム』の評価は73点。
CineMag
マルチユニバースを上手く使って過去作ヴィランや主人公を呼び寄せ、ファンサービス満点に仕上げた印象。

トビー・マグワイア演じるスパイダーマンと、アンドリュー・ガーフィールド演じるアメイジング・スパイダーマンが現れて共闘する流れなど、長年かけてスパイダーマン実写映画を見てきた者からすると感動ひとしお

3人のピーター・パーカーそれぞれの個性の比較が面白く、MJとの関係なども語られ、物語に切なさが増しました。

CineMag
2002年から始まった実写スパイダーマンの集大成といえる内容でしたね。

ヴィランもスパイダーマンもマルチバースを通じてお祭り騒ぎのように集まり、しかし最後はみんながピーター・パーカーの存在を忘れるという落差が美しく、余韻が残りました

ノーウェイホーム=帰る家がないの意味通りの結末になりましたね。

世間から忘れられたトム・ホランドのスパイダーマンが、どのように復帰するかも楽しみです。

一方で、マーベルファンの新規開拓ができるかというと微妙な気がします。

『アベンジャーズエンドゲーム』と一緒で、マーベル映画をたくさん見ている人からすれば『ノーウェイホーム』は傑作に映ると思います。しかし過去作を知らないと本作のストーリーを楽しむのは難しいでしょう。

MCUフェーズ4で比較すると『シャンチー』『ワンダヴィジョン』『ファルコンアンドウィンターソルジャー』の方がクオリティは高いと思いました。

設定がひどい?つまらない?

CineMag
海外でも絶賛されている『スパイダーマンノーウェイホーム』ですが、個人的にはリアリティラインが低すぎるのが欠点だと思いました。

ヒーロー映画にリアリティラインというのも変ですが、要は「このシュチュエーションでこんな行動する?」という疑問が多く湧く作品だったということです。

予告編からそうでしたが、ピーター「正体がバレちゃったからみんなの記憶を消して!」→ストレンジ「失敗しちゃった…」の流れは冷静に考えるとちょっと幼稚すぎてひどい気がします。

ピーターが魔術の最中に「メイおばさん、MJ、ネッドの記憶からは消さないで!」とストレンジの邪魔をしまくって失敗する展開は、まるで芸人のコントのよう

トム・ホランド版スパイダーマンは、マーベル作品の中でも特に子供向けに作られているのはわかるのですが、アイアンマンことトニー・スタークが命懸けで救った世界が、少々安易すぎる展開で危機に陥ります

他にも、ピーター・パーカーがヴィランの面々を思いやり、普通の人間に戻してから元の世界に帰してあげたい優しさはわかるのですが、グリーン・ゴブリンと共同研究してあっさり裏切られ、挙句の果てにメイおばさん死亡の流れもおマヌケです。

CineMag
格闘技に例えるなら、シバターに騙されて負けた久保優太よりタチが悪いでしょう。

メイおばさんの「強大な力には責任が伴う」という言葉の重さを、ピーターは(ストレンジも…)これまで全く理解していなかったように映ります。

MCU全体として見ると、アベンジャーズが必死に守った世界をピーター・パーカーに託すには不安要素が多すぎますね

CineMag

トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドの登場でチャラになった雰囲気ですが、冷静に考えるとストーリーはボロボロです。

また、マルチーバスというパラレルワールド展開なのに詳しい解説はほとんどなし。

ストレンジの魔術が失敗して、並行世界からヴィランがやってきたという説明だけなのも若干不満です。

マルチバースの構造や原理などは『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』で説明されるのでしょうが、本作ではほとんど謎なままで終わったので物足りなさが残ります。

(設定の一部でも明かしてくれれば、色々考えられて面白かったでしょう)

あとは、マルチバースの大部分が謎なことに隠されていましたが、なぜヴィランたちがこの世界のピーター・パーカーに引き寄せられたのか?並行世界は無数にあるので、ヴィランも一気に無数に移動してくるはずでは?など、細かい疑問が残りました。

説明がないのでご都合主義に映ってしまいますね。

CineMag
まとめると、『ノーウェイホーム』はファン目線では傑作でも、一歩引くとストーリーラインが微妙な凡作だと思います。

ヴェノムのMUC参加やマルチバース考察

マルチバースに突入したスパイダーマン

ヴェノムがMCUに参加?

まずソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)のヴェノムについてですが、『ヴェノム2 レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のラストシーンでピーターの正体のニュースを見ていたエディ・ブロック(トム・ハーディ)とヴェノムは、すでにMCUの世界に移動していたのですね。

ただ本作のラストであっさり元の世界に帰還したので、ヴェノムがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参加するかは微妙に…

と思わせておいて、シンビオートの一部がバーカウンターに残っていたので、この世界のエディ・ブロックに寄生し、ヴェノムMCU参戦!というのが1番ありえそうな展開だと思います。

マルチバースはどうなる?

個人的にはこのマルチバース設定が上手く機能するかどうかにマーベル映画の未来がかかっていると思います。

マルチバースはいわばなんでもあり。作品の幅が広がる可能性のある一方、別世界のトニー・スタークが登場!などの展開はさすがにシラけるでしょう。

またマルチバース設定により、1つの世界を救うことに意味はあるのか?など哲学的な疑問も回収する必要が出てきます。

推測ですが、ドクター・ストレンジシリーズのヴィラン・ドルマムゥのように、全ての並行世界に悪影響を与えているヴィランを倒して、マルチバースの平和を達成!という流れになるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

ディスニープラス配信のマーベルドラマ『ワンダヴィジョン』はワンダとヴィジョンの謎の“シットコム(シュチュエーションコメディ)”で始まる、常識を覆すような作品だった。意味不明なシットコムから段々と謎が溶けていく過程が面白い。話数は全9[…]

マーベルドラマ『ワンダヴィジョン』
あわせて読みたい

ディスニープラスで配信中のマーベルドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』は、社会問題がふんだんに盛り込まれた傑作だった。ファルコンの空中戦などアングルがいい感じで切り替わっていく迫力のアクションもかっこよかったが、今世界[…]

『ファルコン&ウィンターソルジャー』
あわせて読みたい

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』はアジア的ワクワクが詰め込まれた期待を遥かに超える傑作カンフーヒーロー映画でした。兎にも角にもマーベルとカンフーの化学反応が素晴らしく、ストーリーのテンポやワクワク感も最高。[…]

マーベルシャン・チー

映画『スパイダーマンノーウェイホーム』ネタバレあらすじ解説

1:全世界にスパイダーマンの正体がバレる

ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)が死ぬ間際に「スパイダーマンの正体はピーター・パーカー」だと世間に動画をリーク。

ニュース番組司会のジョナ・ジェイムソン(J・K・シモンズ)は「ピーター・パーカーこそが殺人者であり、社会の1番の敵だ!」とまくしたてました。

MJ(ゼンデイヤ)とデートしていたピーター(トム・ホランド)は人々に囲まれ、スイングでアパートに逃げ帰ります。

メイおばさん(マリサ・トメイ)とハッピー(ジョン・ファヴロー)が付き合いを続けるか、ひと夏の恋で終わらせるかを話し合っているところに、ピーターとMJが窓から帰宅。アパートの周囲はメディアのヘリに囲まれて大変な騒ぎになりました。

ピーターはミステリオ殺害以外に、スターク・インダストリーの技術流用などの容疑もかけられ、警察に連行されて取調べを受けます。メイおばさんやハッピー、MJ、ネッドも取調べされますが、弁護士マット・マードック(正体はデアデビル)のおかげで証拠不十分で不起訴となりました。

ピーターが高校に行くと、スパイダーマン肯定派と否定派でデモのような状態です。フラッシュ(トニー・レヴォロリ)は、ピーターの親友だということで書籍を出版していました。

ピーターとメイおばさんはセキュリティがしっかりしているハッピーのコンドミニアムで暮らすことに。

大学進学を目指すピーター、MJ、ネッドはMITなどを受験しますが、スパイダーマン一味が入ると他の学生に影響が出るということで全校不合格でした。

2:ドクター・ストレンジに助けを求める

このままでは一生が台無しになると考えたピーターは、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の屋敷へ行き、時間を戻せないか相談。

ストレンジは「タイム・ストーンがないから時間逆行は無理だが、全世界の人々からピーターがスパイダーマンだという記憶を消し去ることはできる」と言いました。

ストレンジは魔術の儀式を始めます。しかしピーターがメイおばさん、MJ、ネッドの記憶だけは消さないでくれと魔術の最中に追加注文したため失敗

ストレンジは空間が暴走する寸前で魔術を中断し、発生したエネルギーをボックス(謎の箱)に封じ込めました。

3:ドクター・オクトパス襲来

ヴィランのドクターオクトパス

©︎マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ

ピーターは、ストレンジの案で渋滞にはまっているMITの関係者に入学を掛け合いに行きます。そこへなんと、ドクター・オクトパス(アルフレッド・モリーナ)が現れました。

ピーターはオクトパスと戦い、彼のアームにスパイダースーツのナノマシンを浸透させて制御して勝利。MIT関係者にもヒーローだと認められます。

しかし立て続けにグリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)が現れました。

ヴィランのグリーン・ゴブリン

©︎マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ

次の瞬間、ピーターはドクター・ストレンジの空間移動で屋敷の地下に飛ばされます。

ストレンジは、魔術の失敗でマルチバース(多元宇宙/パラレルワールド)からスパイダーマンを狙ったヴィランたちを引き寄せてしまったと説明。

ストレンジはピーターの腕に空間転送リングをつけ、ヴィランを見つけ次第地下の特殊な牢獄へ転送するよう言いました。その後で彼らを元の世界に帰す計画です。

ピーターはMJとネッドにネットからサーチしてもらい、送電線付近にヴィランがいると知って現地へ。

エレクトロ(ジェイミー・フォックス)やサンドマン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)と戦い、なんとか彼らの身柄を拘束することに成功しました。

エレクトロ(ジェイミー・フォックス)

©︎マーベル・スタジオ/コロンビア ピクチャーズ

4:グリーン・ゴブリンの苦悩

ヴィランから本来の人格に戻ったグリーン・ゴブリンはメイおばさんの支援施設へ行き、「この世界でどうしていいかわからない」と助けを求めます。

メイおばさんはピーターに、彼らを助けてあげるよう言いました。

ストレンジが地下室でヴィランたちを元の世界に送り帰そうとします。しかし彼らは元の世界で死ぬ運命にあると知ったピーターは、彼らをヴィランから普通の人間に戻るよう治療してから帰そうと提案。

ストレンジが魔術を強行しようとすると、ピーターはボックスを奪って逃げます。ストレンジは鏡の世界(ミラー・ディメンション)を発動し、ピーターを追い込みます。

それでもピーターはウェブでストレンジの身動きを封じ、ボックスを奪って逃げることに成功。

5:メイおばさんの死

ピーターはグリーン・ゴブリンたちを連れてハッピーのコンドミニアムで共同研究を始めます。アームに操られているドクター・オクトパスの洗脳を解除し、彼を正気に戻すことに成功しました。

しかしエレクトロを治療しようとした矢先、ヴィラン人格に戻ったグリーン・ゴブリンが裏切り、暴れ出します。ピーターはスパイダーマンに変身し彼らと戦いますが、メイおばさんが巻き込まれて重傷を負ってしまいました。

グリーン・ゴブリンたちは去り、メイおばさんはピーターの“人助け”が間違っていないと言って死んでいきました

メディアは一連の騒動をスパイダーマンの失態と取り上げます。

6:別次元のスパイダーマン

MJはピーターに連絡を取ろうとしますが見つけられません。ネッドがストレンジのスリング・リングを手に取ると、才能があったのか扉を開けられそうでした。

ネッドはピーター・パーカーがいる場所を念じ、ゲートを開きます。

スパイダーマンがそこから入ってきました。彼はピーターと名乗りますが、マスクを取ると別人です。別の次元から来たアメイジング・スパイダーマン(アンドリュー・ガーフィールド)でした。

ネッドはさらにピーターを念じてゲートを開けますが、また違うピーター(トビー・マグワイア)が現れます

2人のピーターはメイおばさんを失って落ち込んでいるピーターを見つけて励まし、共同でヴィランたちの治療マシンを開発しました。

7:最後の決戦とマルチバース結末

元の世界に強制的に戻すボックスを餌に、ピーターたちはヴィランたちを自由の女神に誘き出します。

3人のスパイダーマンのチームプレイに加えてオクトパスの協力もあり、エレクトロやサンドマン、グリーン・ゴブリンを人間に戻すことに成功

ドクター・ストレンジがやってきてマルチバースを閉じようとします。ピーターを狙って並行世界から無数のヴィランが寄ってきていました。

ストレンジは、ピーターの存在自体を全世界の記憶から消せば、ヴィランを引き寄せることもないと言い、ピーターはその案を了承。

ストレンジは魔術でマルチバースを閉じました。

数日後、ピーターはカフェにいきますが、MJもネッドもピーターの記憶をなくしています

メイおばさんの墓でハッピーに会いますが、彼もピーターの存在を知りません。

エンドクレジット後

リゾート地のバーで酒を飲むエディ・ブロック(トム・ハーディ)と体内のヴェノムは、この世界のアベンジャーズやサノスの話を聞いて笑っていました。

しかしストレンジの魔術で元の世界へと消えていきます。

少しのシンビオートがテーブルに残っていました

しばらく後、ドクター・ストレンジはひっそりと暮らすワンダを探し、乱れてしまったマルチバースを救うのに手を貸して欲しいと依頼します。

映画『スパイダーマンノーウェイホーム』終わり!

最後のまとめ

マーベル映画『スパイダーマンノーウェイホーム』は、これまでの集大成的な感動作である一方、安易なストーリーが目につきました

今後マーベルがリアル路線に行くのか、子供向け路線に行くのかわかりませんが、映画『ブラックウィドウ』やディズニープラスドラマ『ホークアイ』あたりからパンチがなくなってきた感が否めません。

MCUというつながりがある分、個々の作品のオリジナリティが薄まっている気もします。あまり裾野を広げすぎなくても良いと感じました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『スパイダーマンノーウェイホーム』レビュー終わり!

2022年公開MCUフェーズ4作品レビュー記事

関連記事

ディズニープラス配信のマーベルドラマ『ムーンナイト』 (Moon Knight)はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ4のサイコヒーロードラマ!主人公にオスカー・アイザック、ヴィランはイーサン・ホークという豪華キャ[…]

マーベルドラマ ムーンナイト