映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

ひどい?『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ感想・酷評理由,映画あらすじ解説

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(Resident Evil: Welcome to Raccoon City)は、オリジナルゲームの雰囲気を100%忠実に再現した原点回帰のホラー

日本でも海外でも絶賛酷評されていますが、個人的にはそこまでひどい駄作だとは思わず、楽しめる部分もしっかりありました。

CineMag
シリアスさが際立つ王道ホラー!グロさも臨場感も期待以上、しかしストーリーはあってないような出来栄えでした!

リブート版である本作の見どころミラ・ジョヴォヴィッチの前シリーズとの違いぶっちゃけ感想・評価ネタバレあらすじラスト解説を知りたい人向けに記事をまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです)

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は楽しかった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2022/01/28・アメリカ・107分
原題:『Resident Evil: Welcome to Raccoon City』
監督・脚本:ヨハネス・ロバーツ
原作:CAPCOM ゲーム『バイオハザード』
撮影:マキシム・アレクサンドル
主演:カヤ・スコデラリオ
出演:ロビー・アメル、ハナ・ジョン=カーメン、アヴァン・ジョーギア、トム・ホッパー、ニール・マクドノードナル・ローグ、リリー・ガオ

監督・脚本のヨハネス・ロバーツはサメ映画『海底47m』などで有名!スリリングな描写には定評があります。

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のストーリーは、ゲーム版でいうと1リメイクと2を合わせた内容です。

クレア・レッドフィールド役|カヤ・スコデラリオ

クレア・レッドフィールド役の女優カヤ・スコデラリオ

クレアは本作の主人公で、クリスの妹。ネットで知り合いのベンから報告を受け、アンブレラ社を調査している。

女優カヤ・スコデラリオは『メイズ・ランナー』シリーズのヒロインで有名!クール美人な雰囲気がクレアにピッタリでした!

日本語吹替を務めたのはファイルーズあい。

クリス・レッドフィールド|ロビー・アメル

クリス・レッドフィールド|ロビー・アメル

クリスはクレアの兄。ラクーン市警(R.P.D)の特殊部隊S.T.A.R.S.の一員。ジルのことが好き。

街での騒動で連絡が取れなくなった同僚を助けるため、ヘリでスペンサー邸に向かう。

吹替担当は声優・木村昴

ジル・バレンタイン|ハナ・ジョン=カーメン

ジル・バレンタインを演じる女優ハナ・ジョン=カーメン

ジルは、ラクーン市警のS.T.A.R.S.に所属するクリスの同僚。考える前に行動するたくましい女性。

女優ハナ・ジョン=カーメンは、『SAS 反逆のブラックスワン』のヒロイン役で有名。個性的な美人ですね。

吹き替えは、声優・沢城みゆき

レオン・S・ケネディ|アヴァン・ジョーギア

レオン・S・ケネディのキャスト アヴァン・ジョーギア

レオンはラクーンシティに配属された新米警官。訓練中に同僚の尻を銃で撃ったらしく、上司にばかにされている。

アルバート・ウェスカー|トム・ホッパー

アルバート・ウェスカーの俳優トム・ホッパー

クリスとジルの同僚。何か秘密を抱えている。

その他のキャラ・キャスト

ウィリアム・バーキン博士(アンブレラの研究者)|ニール・マクドノー

シェリー・バーキン(博士の娘)|ホリー・デ・バロス

ブライアン・アイアンズ署長|ドナル・ローグ

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の主要キャスト

海外レビューサイトIMDbやRottentomatoesの評価は低めですが、個人的には結構楽しめました。

ただし。凝ったストーリーや超ド級の怖さを求める人には向きません。ゲームの中に入ってゾクゾクしたい人にはピッタリです。

CineMag
まあ、悪い評判を気にせず見に行くのがおすすめです!
おすすめ度84%
ホラーの世界観87%
ストーリー68%
IMDb(海外レビューサイト)5.2(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家30% 一般66%

バイオの前シリーズとの違い比較

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督の前シリーズと比較して原作ゲームの雰囲気に忠実に作られています。

前シリーズは、ホラーというよりアクション満載のエンタメ!という感じでした。

一方で、今作はシリアスな王道ホラー。

効果的なジャンプスケア、アップショット多用で臨場感抜群。個人的には本作の方が好みですね。

※以下、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ感想・評価

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』評価のグラフ

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の評価は76点。

なかなか良質なエンタメホラーに仕上がっていました。

序盤は決して急ぎ過ぎず、街で何が起こっているのか徐々に登場人物と観客にわからせ、後半のスペンサー邸で一気にたたみかける構成が素晴らしいです。

CineMag
ゲームの世界に浸したい。そんなヨハネス・ロバーツ監督によるコンセプトが伝わってきました。

アクションに全フリするのでなく、時間を使ってジワジワ迫る恐怖に重点を置いたのは英断だと思います。

アップショットを多用することで、バイオレンスがすぐ目の前で起こっているような臨場感を強烈に演出。

タクティカルライト(銃につけるライト)や、マズルフラッシュ(銃発砲の際の光)をうまく使い、ゲームをプレイしているかのようなガンショット&キルのシーンも迫力満点です。

ホラーとしてのアイデアはそこまで斬新でなく王道でしたが、概ね良かったと思います。

序盤でトラックの運転手が女性(ゾンビ)を轢いてしまう場面で、ぶつかった瞬間ボンネットに女性の髪の毛だけが運転席から見えるカットが特に素晴らしかったです。

悪い点を挙げると、ゲームの雰囲気に忠実な分、リアリティラインもゲーム並みに低かったです。

1番不思議に思ったのは、ウィリアム博士は家族が大事なはずなのに、娘すぐそばでGウィルス撃ってモンスター化する展開

何がしたいのか不明でした。まあ、ラスボスに変身のご都合主義ですね。

また地理的な疑問で、クレアたちが街中にあるアンブレラの児童養護施設の地下を通ってスペンサー邸に到着するのですが、徒歩だとすればかなり時間かかりそうですよね。それにしてはすぐ着いていた気が…。

ヘリで行くような山なので…移動する車があったのでしょうか?。

あとは、スペンサー邸がそこまで巨大に見えないのに、登場キャラが他の部屋にヘリが墜落したことに気づかないなど、設定やプロットには微妙な箇所がたくさん。

CineMag
まあ、細かい点に関してはあまり突っ込むのも野暮かなあという印象。

最後に、レオンがロケットランチャーでラスボスG第4形態を倒すのですが、そのシーンだけシリアスさがなく、80年代のシュワちゃんのアクション映画みたいだったのがちょっと残念でした。

CineMag
ジャンルの統一がラストで破綻した印象です。

海外で酷評されている理由

ちなみに海外レビュアーは本作を酷評しており、シンプルすぎるストーリーやキャラクターの深掘りされなさを指摘しています。

CineMag
ジワジワとゲームのような世界観に没頭させるコンセプトは個人的には好きでしたが、まったく受けなかったようですね…。

確かに、臨場感に重きを置いたためストーリーは薄めですし、キャラのバックグラウンド説明もクレアとクリス以外ほぼないです。

またホラージャンルに期待するものを考えた場合、恐怖を求めている人にとっても、グロいバイオレンスを求める人にとっても刺激が足らない中途半端な面は確かにあると思いました。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレあらすじ解説

クレアの過去

両親を事故で亡くしたクリスクレアの兄妹は、ラクーンシティにあるアンブレラ社の児童養護施設で暮らしていました。

ある夜クレアは、リサ・トレヴァーと名乗る奇形の女の子を見つけ、友達になります。

クレアは研究者ウィリアムに地下に連れて行かれそうになり、施設から逃げ出しました。

1998年9月30日

クレアは、ネットの知り合いベンからラクーンシティが大変なことになっていると連絡を受け、トラックをヒッチハイクして現地にやってきます。

トラックの運転手の男性はよそ見をして女性を轢き殺しました。しかし、クレアが外に出ると倒れていたはずの女性がいなくなっています。運転手の飼い犬が道路についていた血を舐めました。

クレアはラクーン市警に勤める兄・クリスの家に着き、街の危機を話しますが、「どうせ陰謀論だ」と相手にされません。クリスは夜勤のため署に向かいました。

家に残されたクレア。ドアの前に血を流した隣人女性が立ち、ガラスを破って突っ込んできて、「助けて!!!」と叫んで掴みかかりました。

クレアはバイクで逃げます。

一方、署に着いたクリスは、スペンサー邸に向かったブラヴォーたちと連絡が取れなくなっていると聞き、ジル・バレンタインウェスカーらとヘリで現地へ。

署で留守番をしていたクリスは、トラックが署の目の前で横転して爆発し、男性が燃えながらも死なずにこちらに歩いてきたのを見て驚きます。

署長がその男性を銃殺。署長は1人で車に乗り街の外へ逃げようとしますが、アンブレラ社の検問でラクーンシティの外へ出られず、戻りました。

署長はゾンビ犬に襲われ絶体絶命でしたが、クレアに助けられます。

クレア、クリスは署長の案内で児童養護施設へ。署長はそこからスペンサー邸への抜け道があると話しますが、現れたリッカーに食われて死亡

クレアが昔会ったリサが現れ、リッカーを絞め殺します。リサから鍵を渡され、クレアとレオンは地下からスペンサー邸へと向かいました。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のクレアとレオン

一方、クリスたちはスペンサー邸で二手に分かれ捜索。同僚がゾンビに食われているのを発見し、必死で銃で応戦します

スペンサー邸

ウェスカーが通信機の指示を見てピアノで隠し通路を出現させます。ジルは彼が裏切ったことに憤りました

外で待機していたヘリのパイロットが襲われ、屋敷に突っ込んできました。

ウェスカーは通路の奥に消えていきます。

ウィリアム・バーキン博士は街から逃げる前に、研究室から自身が作り出したTウィルス・Gウィルスを持ち出そうとしていました。

アンブレラ社からウィルスを持ち出すよう命令を受けていたウェスカーが現れ、ウィリアムに銃を向け合い、2人とも銃で負傷。

ウィリアムの娘シェリーが怯えているところにクレア、レオンたちが現れました。ウェスカーはジルの前で死亡します。

ウィリアムは自らの体にGウィルスを打ち、G第1形態になってクリスを襲います。みんなで協力し、第1形態を倒しました。

ジルたちはシェリーを連れ、地下通路から装甲車に乗り脱出をはかります。

装甲車に乗ったメンバー

しかし、進化して第4形態になったウィリアムが襲ってきて大ピンチ。

クレアやクリスが第4形態に殴られてダメージを負います。レオンがロケットランチャーで第4形態を吹き飛ばしました

アンブレラ社が街を爆破させますが、地下にいたクレアたちは生き残りました。

エンドロール後

死んでいたウェスカーはなぜか復活。目が見えないことに困惑します。横にはエイダ・ウォンがいました。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』終わり!

最後のまとめ

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』はゲームのような臨場感が心地よい反面、ストーリーやキャラ描写をおざなりにした、映画としては若干物足りない作品でした。

CineMag
ゲーム実写版で想像する、それ以上でもそれ以下でもない印象です。

個人的にはヨハネス・ロバーツ監督のアプローチが嫌いではないので、続編も観たいですね(海外の評価が低いので作られるか微妙ですが…)!

ここまで読んでいただきありがとうございます。『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』レビュー終わり!

バイオハザード関連作品・ネタバレ感想レビュー記事

あわせて読みたい

Netflixオリジナル『バイオハザード:インフィニットダークネス』は、レオンが軍部の闇をめぐって生物兵器と激しいバトルを繰り広げるフル3DCGアニメ。まるでゲームをしているかのような臨場感に、わかりやすい悲劇のストーリーが楽しめま[…]

Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』