映画『ナイト・ハウス』ネタバレあらすじ感想!考察:ラスト黒い影や別解釈,評価・伏線解説

映画『ナイト・ハウス』(The Night House)は、夫に先立たれた妻が湖畔の家で超常現象に巻き込まれていくパニックホラー。

CineMag
グロさや怖さはそこまでですが、ところどころに精神的にゾクッとさせられるシーンがあり、わりと楽しめました。

頭の中であれこれ解釈できて、意味がわかりそうでわからない(笑)!

そんな変なバランス感覚に優れた個性的な映画です。

ぶっちゃけ感想・評価ラストの考察や別の解釈ネタバレあらすじ解説を知りたい人向けに記事をまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレあり)

ホラー映画『ナイト・ハウス』は楽しかった!?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『ナイト・ハウス』キャスト・作品情報・見どころ

公開・制作国・上映時間:2022/01/26・アメリカ・108分
原題:『The Night House』
監督:デヴィッド・ブルックナー
脚本:ベン・コリンズ/ルーク・ピョトロフスキー
製作:デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:エリシャ・クリスチャン
出演レベッカ・ホール、ヴォンディ・カーティス=ホール、サラ・ゴールドバーグ、エヴァン・ヨニグケイト、ステイシー・マーティン

ベス役|レベッカ・ホール

ベス役を演じた女優レベッカ・ホール

©︎ディズニープラス+

ベスは美しい湖畔の家で暮らしていましたが、夫に拳銃自殺された可哀想な女性。

女優レベッカ・ホールはホラーにも向いてますね。過度に暴れすぎない抑えた演技が素敵でした。

レベッカの代表作は『それでも恋するバルセロナ』、『ザ・ギフト』『アイアンマン3』『ゴジラvsコング』など。最近では監督・脚本を務めたNetflix『PASSING 白い黒人』が高評価を得るなど、マルチな才能を発揮しています。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

あらすじ:夫・オーウェンが自殺し、絶望にうちひしがれる妻ベス(レベッカ・ホール)。家で勝手に音楽がかかり、夫の存在を感じ取りますが…。

CineMag
アリ・アスター監督の『へレディタリー継承』を薄めたようなテイストです。

抽象的なストーリーや考察が好き!そんな人にはオススメです!

派手な演出や刺激が多いエンタメ・ホラーではありません。

(同じくディズニープラス独占の映画『パーキングエリア』よりは全然好みでした。)

おすすめ度77%
オリジナリティ・世界観85%
ストーリー79%
IMDb(海外レビューサイト)6.5(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家87% 一般69%

映画『ナイトハウス』はディズニープラス独占配信中月額990円でディズニー、マーベル、ピクサー作品などさまざまなコンテンツが見放題。お申し込みは下記から↓

※以下、映画『ナイト・ハウス』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『ナイト・ハウス』ネタバレ感想・評価

映画ナイトハウスの評価グラフ

映画『ナイト・ハウス』の評価は82点。

明確なストーリーより、“反転された世界”を効果的に使ったショットを楽しむ映画です。

夢なのか反転した世界へと迷い込み、ドアを開けて自分が寝ているのを発見するシーンや、鏡に打ち付けられたと思ったら向こう側の世界に移動してるなど、ハッと驚くような場面がいくつもありました。

ジャンプスケア(いきなり怖がらせる演出)も上手かったです。暗闇の中で謎の女性たちがいきなり出てくるシーンなど、タイミングが効果的だったと思います。

いきなり友人・クレアが消えて不気味な音が鳴り出すところも、それほど怖い場面ではないのにビビりました。

ヒッチコックみたいな横向きの影が振り向く場面が序盤にあり、鏡世界への伏線と、幽霊が夫だと勘違いするミスリードを兼ねていたのも興味深かったです。

伏線的な後ろの黒い影
左側に男の影がある(©︎ディズニープラス+)

ワンシーンでストーリーに伏線・ミスリード両方の効果を与えるとは!匠の技ですね。

あと、しっかり説明されていないため、夢と鏡の世界がニアリーイコールのような不思議な印象を受けます。ここが『ナイト・ハウス』の妙味なのでしょう。

ベスが反対側の家に行ったと思ったら元の家に戻っている場面から、夢の中では意識の位置が反転する?など、言葉で書いてみると意味不明な抽象的な疑問が浮かび、脳内で世界観が再構築されていくような映画でした。

1つの舞台と、複数解釈できるミニマルなアイデアで上手く展開する、映画通好みのホラーだと思います。

海外レビューサイトrottentomatoesを見てもその傾向が顕著で、批評家スコアは87%と高い一方、一般の視聴者は69%の支持率と大きな開きがあります。

『ナイト・ハウス』は人間の悪夢をそのまま再現したような抽象的で完成度の高い作品である一方、ホラー的カタルシス・エンタメ度は控えめで、超がつくほど面白いわけではない映画、とまとめられるでしょう。

スポンサーリンク

ラストシーン考察/別の解釈

ストーリーの意味

幽霊かと思われた黒い影は、死神や悪魔なのでしょう(これ以降は一旦悪魔と表記します)。

まず、ベスは17歳で臨死体験をし、悪魔に魅入られました。

悪魔は夫・オーウェンをそそのかしベスを手に入れようとしますが、オーウェンは対抗するため黒魔術っぽいものを独学で勉強し、ベスに似た女性を殺して悪魔のもとへ送るという狂気に走ったのです。

湖の向こう岸の“反転した家”も悪魔の力を弱めるために作ったようです。

鏡の世界が魔術によるものなのかはハッキリしません。

悪魔がベスの頭を鏡に打ち付けて、鏡の向こう側の世界に送ったのを考えると、悪魔は鏡の世界にも存在できるのでしょう。

オーウェンは反転させた家をつくることで、鏡の世界と現実の区別をつかなくし、悪魔を混乱させたのだと思います。

終盤でのベスの発言から、悪魔はオーウェンに「お前が死ねばベスを助けるよ」的なことを言って自殺させ、気兼ねなくベスを狙い始めたのでしょう。

ラストの別解釈

ラストでベスの親友クレアが「You’re safe now(あなたはもう安全だ)」と言いますが、夫オーウェンの遺書と全く同じフレーズが引用されていたのが気になりますね。

ラストでは助かったと見せかけて、危険が全く去っていないことを暗示しているのでしょう。

全く同じセリフということから少し踏み込んだ解釈をしてみると、ラストで主人公・ベスがクレアに助けられたのは現実でなく、まだ鏡の中の世界なのかもしれません。

魂は合わせ鏡のようなループに迷い込み、現実でのベスは死んでいるのかも。

CineMag
ストーリー全体を通して、夫に死なれて気が狂ったベスの精神世界を投影しているようでもありますね。

そもそも同じ家が2つある反転の構造は生と死を表現したようで、ベスがその両方の間で揺れている印象を受けます。

湖畔の舞台自体が深層心理のメタファーになっているのです。

いずれの解釈にせよ、良い意味で後味の悪さを残し、ホラーとしてはなかなか良いラストだといえるでしょう。

映画『ナイト・ハウス』ネタバレあらすじ解説

映画『ナイト・ハウス』の舞台

©︎ディズニープラス+

湖畔の家で夫・オーウェンと2人暮らしだった教師ベス・パーチン。ある日、オーウェンが湖のボートの上で拳銃自殺し、絶望に突き落とされます。

数日のち、夜ベスが寝ようとしていると、何かをドンドン叩く音が聞こえました。下に降りても誰もいません。ガラスに映った黒い影がこちらを見ています。翌日、湖の桟橋に何者かの足跡が残っていました。

違う夜、いきなり音楽がかかり、スマホにオーウェンのアドレスから“1階に降りてきて”のメッセージが。窓の外をみると裸のオーウェンがいます。ベスは目を覚ましました。昨夜の出来事は夢だったようです。

自宅の設計図を見たベスは、反転の図面があることに違和感を覚えました。

ベスは復職し、同じ教員仲間のクレアたちと酒を飲みます。精神不安定のベスは夫・オーウェンの遺書を読み上げました。“君が正しい、そこには何もない、もう何者も君を追いかけない、君は安全だ”と、意味不明なことが書かれています。

ベスは家まで送ってくれたクレアに「17歳の時に交通事故で肺が潰れて4分間心臓停止して、その時に見たのは暗闇だけだった。夫の遺書は、そのことについて言っていると思う」と話しました。

急にクレアが消えて不快な音が響き、家の外で何人かの女性たちが走って湖に落ちていく光景を目の当たりにしました。湖の反対側に見知らぬ家の灯りが見えます。「ボート…」という声が聞こえ、湖の側に行ったベスは気絶。

ベスが意識を戻すと、ボートで反対側の岸に着いていました。我が家に似た家があり、数名の女性が窓から顔をのぞかせていて、夫・オーウェンの姿もあります。

ベスはドアを開けて家の中へ。ソファで寝ていた女性は自分でした。急に朝になり、家のドアが空いているのを見て、単なる夢じゃないと確信しました。

ベスは夫・オーウェンのスマホに何名もの女性たちの写真を見つけ、浮気を疑いました。歩いて湖の向こう岸へ行くと、もう1つ家があるのを発見。針で刺された女性を表現した奇妙な人形が置いてあります。

隣人のメルを問い詰めると、「オーウェンが生前、夜に森を歩き回っており、他の女性といるのを見た」と聞かされました。

ベスはオーウェンが持っていた魔術系の本を発見。人形が生贄と結びついて悪い力を閉じ込める、鏡の中の世界で悪の力を弱める方法が書いてあります。

ベスはその本の販売店で、オーウェンのスマホに映っていた女性・マデリンを見つけます。マデリンは家にやってきて、「あなたになって逃げる夢を見た。以前オーウェンに家に呼ばれ、向こう岸の家に連れて行かれて首を絞められた」と話しました。

ベスはその夜、雨が降りしきるなか反対側の家へ行き、床下に女性の遺体がいくつも埋まっているのを発見。

パニックになって家に戻ったベスは、姿は見えないけど確かに触れられる存在に気づきます。オーウェンかと思いました。しかし、“それ”はオーウェンであることを否定します。

ベスは頭を打ち付けられ、鏡の向こう側の世界へ。反転した赤い空間を見上げると、月が2つあります。ベスは体を折り曲げられ、意識を失いました。

気付くとボートの上におり、オーウェンの姿をした得体のしれない存在が「君の心臓が止まった時に出会っていた」と言って銃を渡してきます。

オーウェンはその存在にベスを殺すようそそのかされながらも彼女を守るため、人形の儀式で女性たちを殺していたのです。

ベスは、オーウェンの姿をした悪の存在から拳銃を渡されますが、自殺することを拒否

ベスから連絡を受けて朝方やってきたクレアは、ボートまで泳いでベスを助けます。メルもやってきました。

意識を取り戻したベスは、ボートの上に黒い影のような何かが漂っていて、それが消えていくのを見つめました。

映画『ナイト・ハウス』のラストシーン

©︎ディズニープラス+

映画『ナイト・ハウス』終わり。

最後のまとめ

映画『ナイト・ハウス』は、夫の秘密が暴かれていくホラー的要素と、反転した世界という抽象的な要素が上手く絡みあった佳作だと思います。

強いメッセージ性や、反転した世界観の確立など、もうちょっとパンチがあれば傑作になったでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『ナイト・ハウス』レビュー終わり!

ホラー映画ネタバレ感想関連記事

関連記事

映画『ラストナイトインソーホー』は、デザイナー志望の女子が夢で1960年代のロンドンへタイムスリップしてしまう話でしたが、浅く薄っぺらい印象で正直つまらなかったです。美しい2人の若手女優、トーマシン・マッケンジーとアニャ・テイラー=[…]

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』
関連記事

Netflixスペイン映画『TWO』は、見知らぬ男女が腹部を縫われて結合された状態で目を覚ますグロパニックホラー。『ムカデ人間』や『SAW』を彷彿とさせますが、グロさや気持ち悪さよりもアート性を追求した作品に仕上がっています。[…]

Netflix映画『TWO』