いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
マーベルドラマ『ホークアイ』

ドラマ『ホークアイ』感想 全6話ネタバレあらすじ最終回!キャスト解説マーベルMCUディズニープラス作品評価

ディズニープラス配信マーベル『ホークアイ』はMCUフェーズ4の8作品目のドラマ。

エンドゲーム後に精神的に疲れた戦士・ホークアイと彼に憧れる若い女性ケイトが出会い、協力して悪と戦う物語です。

CineMag
ジェレミー・レナーの子煩悩なパパっぷりにほっこりします。臨場感のあるアクションと等身大のヒューマンドラマが魅力!

作品情報・キャストぶっちゃけ感想・評価ストーリーネタバレあらすじ解説、を知りたい人向けに記事をまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はアリです)

マーベルドラマ『ホークアイ』は楽しい!?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

ディズニープラス『ホークアイ』キャスト・作品情報

公開・制作国・話数:2021/11/24・米国・全6話
原題:Hawkeye
製作総指揮:ケヴィン・ファイギ
制作:マーベルスタジオ
原作:スタン・リー/ドン・ヘック
製作総指揮:ケヴィン・ファイギ

ホークアイ役|ジェレミー・レナー

ホークアイを演じる俳優ジェレミー・レナー

ホークアイ(本名クリント・バートン)は、アベンジャーズのスーパーヒーロー。

特殊能力はないが、視力が凄まじく弓の腕前は世界一。身体能力も抜群。

ローニンとして世界中のマフィアやヤクザ組織を壊滅させていた過去あり。

妻のローラ、長男クーパー、長女ライラ、次男ネイトと幸せな家庭を築いている。

俳優ジェレミー・レナーはアベンジャーズシリーズや、映画『ハート・ロッカー』、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『メッセージ』などで有名。

スポンサーリンク

ケイト・ビショップ役|ヘイリー・スタインフェルド

ケイト・ビショップを演じる女優ヘイリー・スタインフェルド

ケイトはホークアイに憧れている22歳の女子大生。

幼い頃から武術・弓道・フェンシングなどの修練を積み、腕前は全米でもトップクラスです。

母親が経営するビショップ警備にインターンとして勤めている。

女優ヘイリー・スタインフェルドは映画『バンブルビー』の出演や、世界的ヒット中のNetflixアニメシリーズ『アーケイン』ヴァイ役の声優も務めます。

スポンサーリンク

エコー役|アラクア・コックス

エコーを演じる耳が聞こえない女優アラクア・コックス

エコー(本名マヤ・ロペス)はジャージマフィアのリーダー。聴覚に障害を持っているが、戦闘力は高い。

ジャージマフィアだった父親をローニンに殺された恨みを持っている。

女優アラクア・コックス自身も、エコーのキャラクター同様耳が聞こえません(片足は義足)。『ホークアイ』が女優初挑戦というから驚きです。

スポンサーリンク

エレーナ・ベロワ|フローレンス・ピュー

2代目ブラックウィドウのエレーナ・ベロワを演じる女優フローレンス・ピュー

エレーナ・ベロワは2代目ブラック・ウィドウで、ナターシャ・ロマノフの義妹。

ホークアイの暗殺を命じられている。

女優フローレンス・ピューは、スカーレット・ヨハンソン主演の映画『ブラック・ウィドウ』や、ホラー映画『ミッドサマー』、『ストーリー・オブ・マイライフわたしの若草物語』で有名。

キャストその他

エレノア・ビショップ(ケイトの母):演ヴェラ・ファーミガ

ジャック・デュケーヌ(ケイトの母の婚約者):演トニー・ダルトン

カジ(ヴィラン・クラウン(ピエロ)/カジミエシュ・カジミエルチャク):演フラ・フィー

ローラ・バートン(ホークアイの妻):演リンダ・カーデリーニ

アーマンド・デュケイン3世(ジャックの叔父):演サイモン・キャロウ

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

あらすじ:クリスマスまであと6日。ホークアイは子供たちを連れ、NYに遊びに来ていました。ホークに憧れる大学生ケイトは、ホテルで強盗団ジャージマフィアと遭遇し、オークション品だったローニンのスーツを着て、立ち向かいます…。

クリスマスまでの6日間に起こったトラブルを全6話で描きます。

テンポもアクションもよくマーベルファンは必見です(特に第3話のカーチェイスは素晴らしい)。

ファミリーで楽しめる安定のヒーロードラマという印象!

おすすめ度78%
アクション82%
ストーリー80%
IMDb(海外レビューサイト)8.1(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家92% 一般79%

※以下、マーベル『ホークアイ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

マーベルドラマ『ホークアイ』ネタバレ感想・評価

ホークアイとケイト・ビショップ

MCUドラマ『ホークアイ』の評価は80点。
クリスマスドラマとしてのコンセプトは良いものの、他のマーベル作品と比較するとアクションは素晴らしいですが、ストーリーはやや無難な印象。
同じくディズニープラス配信の『ファルコン アンド ウィンターソルジャー』よりはシリアスさはなく、『ワンダヴィジョン』よりトリッキーでもないという中途半端な感じです。
ホークアイとケイトの師弟物語として、ドタバタの中で出会ってお互い協力し合うという普通の話が、今後どう意外性を持って展開していくかが評価の別れ目でしょう。
ストーリーについては、ケイトの母の婚約者ジャックが、フェンシングの実力を隠してケイトに気を遣っている感じで面白いです。
ジャックが『ホークアイ』のヴィランになるのかもしれません。
フローレンス・ピュー演じるナターシャの妹・エレーナ(2代目ブラック・ウィドウ)が4話でやっと登場し、作品のボルテージが上がっていきます。
あとはジェレミー・レナー演じるホークアイがめっちゃいいパパなので癒されますね。
話は変わって、『ホークアイ』だけでなくマーベル全体の手法になりますが、アベンジャーズの世界的なヒーロー・ホークアイが、街ではちょっと有名な人くらいの扱いなのが面白いです。
スーパースターがスルーされるのは現実的ではないですが、逆に全体としてヒーローっぽさを抑えてリアリティ路線にする役割を果たしており巧みな演出だと思いました。

『ホークアイ』全6話ストーリーネタバレあらすじ解説

第1話「憧れのヒーローには会うもんじゃない」

ケイトの少女時代

2012年。少女ケイトは両親とニューヨークのペントハウスに住んでいました。

ある日、地響きが起こり、アベンジャーズがロキの陰謀を阻止しようと奮闘しています。

ケイトは宇宙人に狙われましたが、ホークアイの弓で助けられました。

しかしビルの倒壊で、ケイト父は死んでしまいます。

現在:クリスマスまであと6日

第1話のケイトビショップ

22歳になったケイトは、母エレノアの婚約者ジャックに不信感を抱きます。

ケイトがホテルのパーティーに参加してジャックを尾行すると、彼はこっそり地下へ行き闇オークションに参加。ジャックの叔父アーマンド(母エレノアと不仲)も一緒です。

ローニンの刀がアーマンドによって落札されます。その直後、ジャージマフィア(トラックスーツマフィア)による襲撃があり、オークション会場は大混乱。

ジャックがローニンの刀をこっそり盗みました。

ケイトはそばにあったローニンのスーツを着てジャージマフィアと戦います。

ローニンスーツを着たケイト

その後、偶然出会った犬のピザ・ドッグと一緒に家に帰りました。

ケイトはアーマンドが怪しいと思い彼の家に侵入。アーマンドは剣で何者かに刺殺されていました。

ケイトがスーツを着ていたせいで、ホテルの強盗とアーマンド殺害はローニンのせいに…。

ホークアイとケイトの出会い

ホークアイ(クリント・バートン)はクリスマス前にニューヨークに子供たちを連れて遊びにきていました。ニュースでローニンのスーツを着た人物を見て、現地へ。

ホークアイはジャージマフィアに囲まれているローニンスーツの人物を助け、まだ若いケイトに驚きます。

第1話END!

第2話「かくれんぼ」

ドラマ『ホークアイ』弓を引くヒロイン・ケイト

ケイトは憧れのホークアイ(クリント)に会って浮かれます。警察が動き出したので、2人はとりあえずケイトの家へ。

しかし家はケイトに恨みを持つジャージマフィアに囲まれ、火炎瓶で燃えます。2人は脱出して、ケイトの叔母のアパートへ。

ホークアイはローニンスーツを回収するため、消防員のフリをしてケイトの家に忍び込みますがスーツは何者かに持ち去られています。

翌日、ホークアイは子供たちを先に飛行機に乗せて家に帰しました。

ホークアイはSNSで、中世のRPG(ロールプレイング)を楽しむ集団ラーパスの男性グリルスが、ローニンスーツを着ているのを発見。

会場へ行くと甲冑を着せられ、グリルスと決闘してわざと負ける条件を承諾し、やっとスーツを回収しました。

ケイトは母エレノアの家でジャックと食事。終わったあとジャックとフェンシングをしますが、彼が明らかに手を抜いているのがわかり、違和感を覚えます。

ジャックは飴(アーマンドの家にあったものを)ケイトに渡しました。ケイトは彼がアーマンド殺しの犯人ではないかと疑います

一方ホークアイは、ジャージマフィアにわざと捕まり、首謀者に会おうとしました。

ホークアイを心配したケイトが突然ジャージマフィアの前に無防備で登場。計画は崩れ、2人は縛られました。

リーダー格の男性・カジがやってきます。

第2話終わり!

第3話「エコー」

マーベルヒロインのエコー

ジャージマフィアのボス・エコー(耳が聞こえない義足の女戦士・マヤ)が、ホークアイ(クリント)たちの前に現れました。かつてローニンにマフィアだった父親を殺されたエコーは、手話で手がかりを聞き出そうとしてきました。

ホークアイは隙をついて拘束を解き、ジャージマフィアたちと戦闘。補聴器を壊されますが、矢でエコーの動きを封じてケイトを助け、2人は車を奪って逃げました。

ジャージマフィアたちが追ってきますが、ホークアイが車を猛スピードでバック走行させ、ケイトがホークアイの矢を射て車両を横転させていきます。

橋で渋滞に捕まり、ホークアイはケイトに射させた矢にピム粒子の矢を当てて巨大化させ、敵の車をつぶしました。

ホークアイとケイトは橋からロープで飛び降りて、下に走る列車に飛び乗って逃げます。

橋から飛び降りるクリントとケイト

ケイトはホークアイを連れて母・エレノアの豪邸に忍び込み、ビショップ警備のデータに侵入してジャージマフィアやジャックの経歴を調べようとします。

ホークアイが他の部屋に入ると、ジャックがローニンの刀を首元に突きつけてきました

第3話終わり!

第4話「私たち相棒でしょ?」

ホークアイエピソード4「私たち相棒でしょ?」

刀を持つジャックの背後にケイトの母・エレノアもいました。

ホークアイだと気づいたエレノアはお茶を出し、ジャックは「世界を救ってくれてありがとう」と言います。

ケイトは仕方なく、ホークアイとある事件の調査をしていると話します。ホークアイはジャックが持っていたローニンの刀を回収し、ケイトの家を出ました。

ホークアイがアパートにひとりでいると、ケイトがピザとピザドッグを抱えてクリスマスを盛り上げようとやってきます。ホークアイは「ジャックの会社・スローンがジャージマフィアの資金洗浄をしている」と話しました。

ホークアイはコインで相手を攻撃する技術を教えました。2人は映画をみながら話します。

ケイトが最高のショットは?と尋ねると、ホークアイは「スパイだったナターシャに矢を放つのをやめたとき」と答えます。

ケイトはホークアイこそがローニンだったと気づきました

翌日、ケイトはラーパース(リアルRPG集団)に所属するコンラッド巡査(エルズ・バズ)に頼み、ホークアイの矢を回収。

ホークアイは、ジャージマフィアのカジに会い「マヤにローニンへの復讐をやめるよう説得しろ」と言いました。

ローラ(ホークアイの妻)の調べで、アベンジャーズ本部から盗まれた時計があるアパートに保管に保管されているとわかります。

ケイトは、ホークアイの作戦を途中でさえぎって1人でそのアパートの部屋に忍び込み時計を回収。しかしそこはマヤの部屋で、彼女に攻撃されます。

ケイトはホークアイが放ったロープを滑走して反対側のビルへ移動。マヤも追ってきます。ホークアイは黒いタイトスーツの敵と戦っていました。

戦闘中、ケイトがビルから落下しますがロープで支えられて助かります。ホークアイの頭にナターシャを失った時の光景がフラッシュバック

ケイトは再びビルに登り、衝撃矢で全員を吹き飛ばします。マヤは一旦戦線離脱。

残った黒スーツの敵がマスクを脱ぎます。なんと正体は2代目ブラック・ウィドウのエレーナ・ベロワでした。

2代目ブラックウィドウのエレーナ・ベロワを演じる女優フローレンス・ピュー

エレーナはその場から逃走します。

ホークアイはケイトの身を案じ、「相棒にはしない!ひとりで解決する」と突き放しました。

第4話 END!

第5話

※配信次第更新

最終回6話

※配信次第更新

最後のまとめ

ディズニープラスのマーベルドラマ『ホークアイ』は、良質なアクションとストーリーを併せ持った穴のない作品なのですが、イマイチパンチがないのが弱点です。

ジェレミー・レナーはとても素晴らしい俳優なので、そろそろマーベルは卒業して他の作品で活躍してほしいと感じました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『ホークアイ』レビュー終わり!

マーベル映画ネタバレ関連記事

関連記事

マーベル映画『ヴェノム2レットゼアビーカーネイジ』は連続殺人鬼が怪物になりヴェノムと戦うシンプルなストーリーで、期待してたよりはおもしろかったです。主演はトム・ハーディ(『マッドマックス怒りのデスロード』)、ヴィラン・カーネイジ役は[…]

ヴェノム2レットゼアビーカーネイジ
関連記事

マーベルの映画キャプテン・アメリカシリーズ『ザ・ファースト・アベンジャー』と『ウィンター・ソルジャー』を2作視聴した。思っていたより完成度が高く、とても面白かった。この記事では、 ストーリーのあらすじネタバレ 登場人[…]

映画『キャプテン・アメリカ』

おすすめ記事