映画『バビロン』ネタバレ感想・評価:エロと美と死の残念な作品,ラスト結末も微妙…あらすじ解説

  • 2023年8月11日

映画『バビロン』(Babylon)。ブラッド・ピットとマーゴット・ロビーがハリウッドの黄金期に強烈な輝きを見せ、破滅的な人生から抜けられなくなる!『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督の最新作です!

シネマグ
デイミアン・チャゼルの狂気がパンツからはみ出したような怪作!パーティーでオッ○イ丸出しや、象のウ○コなど下ネタてんこ盛りです…。

作品情報・キャスト

ネタバレなしの感想

視聴してのぶっちゃけ感想・評価(ネタバレあり)

物語ネタバレあらすじ・ラスト結末解説

これらの情報を知りたい人向けにわかりやすくレビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

これから観る方の参考になるよう、作品についての視聴者口コミ・アンケートも投票お願いします↓

ブラピ主演の映画『バビロン』はおもしろかった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

↓映画『バビロン』の考察レビューは下記記事へ↓

関連記事

映画『バビロン』(Babylon)は賛否両論の大論争を巻き起こしていますが、ラストシーンの意味や全体のテーマはなんなのでしょうか!?深掘り考察していきます。 ラストの意味解説 本作のテーマ・メッセージ バタフライエフェ[…]

映画『バビロン』

映画『バビロン』作品情報・予告

日本公開:2023/02/10(アメリカでの公開は2022年)
制作国:アメリカ
上映時間:3時間5分
原題:『Babylon』
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、歴史
年齢制限:R15+(グロ描写や性的な描写あり,15歳未満禁止)
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

デイミアン・チャゼル監督

映画好きなら知らない人はいない鬼才デイミアン・チャゼル監督

大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』(2016)では32歳でアカデミー賞監督賞を受賞しました。

今作『バビロン』は『ラ・ラ・ランド』のような華やかな雰囲気はありつつも、より攻撃的で良くも悪くも下品な内容に仕上がっています。

関連記事

デイミアン・チャゼル監督の映画『ラ・ラ・ランド』の深掘り考察・ストーリー解釈・感想や評価をネタバレありで解説していきます。 シネマグ ラストの多様な解釈や、前作『セッション』とのちがいも比較! 映画『ラ・ラ・ランド』ネ[…]

映画『ラ・ラ・ランド』
関連記事

映画『セッション』を観賞!賛否両論の作品だとは聞いていたが、僕はかなり楽しめた! 今回は型破りな音楽映画セッションの魅力や、なぜ酷評されることがあるのか?など存分に解説・考察しています。 教育的観点から「フレッチャー教官」が酷いとい[…]

映画『セッション』
関連記事

デイミアン・チャゼル監督・ライアン・ゴズリング主演の映画『ファーストマン』。 デイミアン・チャゼル監督の今までの作品である、色彩あざやかでオシャレな『ラ・ラ・ランド』や、人間の衝突を過激に描いた問題作『セッション』など、派手な印象を期[…]

映画『ファーストマン』

映画『バビロン』キャスト

ブラッド・ピット

映画バビロンのブラッド・ピット

主人公のジャック・コンラッドを演じるのはブラッド・ピット。今作でも渋すぎる。

傑作サスペンス『セブン』や『ファイト・クラブ』が公開されたときはまだ小学生でしたけど、その頃から大好きです。ガイ・リッチー監督の『スナッチ/Snatch』とかイケメンすぎでしたね。

近年は本作と似たテーマのタランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や、伊坂幸太郎原作の映画『ブレット・トレイン』に出演しています。

関連記事

映画『ブレット・トレイン』(Bullet Train)。東京から京都まで超スピードの新幹線で殺し屋たちの歯車が狂っていくアクションエンターテインメント大作! CineMag 禅にハマったお茶目なブラピが、新幹線で礼儀正しく殺[…]

映画『ブレット・トレイン』
関連記事

つまらないという感想や意見も多い、タランティーノ監督映画『ワンスアポンアタイムインハリウッド』(原題:Once upon a time in hollywood)は、個人的には傑作だと思う。その理由を紹介していきたい。 シャロン事件が[…]

映画『ワンスアポンアタイムインハリウッド』

マーゴット・ロビー

映画『バビロン』のマーゴット・ロビー

映画スターを目指す破天荒なネリー・ラロイ(モデルはクララ・ボウ)を演じるのはマーゴット・ロビー。近年1番見る女優な気がします。

映画『バビロン』では服を着ているのかいないのかわからない赤いドレスなど、とにかくセクシーなダンスシーンがてんこ盛りでした。

さらにセクシーなだけでなく、とことん下品(笑)。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で全世界に美貌をアピール。『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の演技が高く評価されたマーゴット・ロビー。

ブラッド・ピットとは『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でも共演していましたね。

最近は『アムステルダム』への出演でも話題になりました。

関連記事

映画『アムステルダム』(Amsterdam) は第一次世界大戦後のアメリカを舞台に、元軍人の医者が巨大な権力に立ち向かうストーリー! CineMag クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ロバート・デ・ニーロなど大スター[…]

映画『アムステルダム』(Amsterdam)

DCの『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役とかも最高でしたよね(映画自体はイマイチだったけど)。

関連記事

DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』はオーディエンスの期待に応えられたのか!? イヤ!できなかった! 設定や、テーマがブレッブレ!ジョーカー(JOKER)はダメダメ! 一方で ハーレイ・クインのキャ ラクタービジュアルは素晴ら[…]

スーサイド・スクワッドのジョーカー

2023年には映画『バービー』でなんと実写版バービー人形の役になります。

関連記事

映画『バービー』、マーゴット・ロビーが120%のクオリティで実写バービーを演じ、ライアン・ゴズリングがおバカなケンを演じます。 バービーランドからリアルワールド(現実)にやってきた2人。男社会を見たバービーは衝撃を受けます。 […]

映画『バービー』

その他『ザ・スーサイド・スクワッド2 極悪党集結』『ハーレイクインの華麗なる覚醒』などに出演!

その他のキャスト

マニー・トーレス(映画会社のアシスタント)|cast ディエゴ・カルバ

シドニー・パーマー(ジャズバンドのトランペッター)|cast ジョヴァン・アデポ

ジェームズ・マッケイ(マフィアのボス)|cast トビー・マグワイア(『スパイダーマン』シリーズ。本作の製作総指揮も務めています。)

イナ・コンラッド(ジャック・コンラッドの元妻)|cast オリヴィア・ワイルド(『ドント・ウォーリー・ダーリン』)

映画『バビロン』あらすじ

1926年のサイレント映画黄金期。

メキシコ移民のマニー・トーレスは、映画会社の下働きとしてスターたちが集う尋常(じんじょう)じゃない堕落的なパーティーの準備のために、巨大な象を豪邸に運ぶ。

運んでいる途中で象が糞をしたためマニーたちはク○まみれになった。

夜、パーティーの熱狂はすごく、みんな裸で踊り、いたるところで性行為がおこなわれていた。

パーティーにきた映画スタージャック・コンラッド(ブラッド・ピット)はみんなにもてはやされ、ウエイトレスに胸を見せつけられる。

そんななか、映画スターを目指すネリー・ラロイ(マーゴット・ロビー)はセクシーな赤いドレスで登場。勝手にパーティーに参加してマニーのまえでドラッグを吸い込みまくり、広間で魅力的なダンスを見せつけた。

そのダンスが重役の目にとまり、ラロイはパーティーでドラッグを吸いすぎて死んでしまった女優の代わりに起用されることになるが…。

ネタバレなし感想・海外評価

タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をよりアグレッシブに描いたような印象です。

シネマグ
サイレント時代のハリウッド黄金期が織りなす狂気とミラクルが美しく、そして衝撃的に表現されているのが魅力。

激しさと高揚感があるジャズのビッグバンドの音楽も最高です。

しかし倫理観までとっぱらってしまっているため、良くも悪くも登場人物に感情移入できず、エログロ映像満載なわりにはストーリーがややタンパクに感じられます。

すごく没入感があるわけでもないので、正直いって3時間は長いです。

海外レビューサイトRotten Tomatoesの評価も50点台とかなり低いです。

期待されていたアカデミー賞も主要部門はノミネートすらされず、作曲賞・美術賞・衣装デザイン賞のノミネートにとどまっています。

おすすめ度 50%
ハリウッド黄金期の世界観 80%
ストーリー 48点
IMDb(海外レビューサイト) 7.4(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト) 批評家 56%
一般の視聴者 52%
メタスコア(Metacritic) 60(100点中)

※以下、映画『バビロン』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『バビロン』ネタバレ感想・評価

映画『バビロン』の評価は55点。

デイミアン・チャゼル監督作だから期待しすぎたというのもあるかもしれませんが、ゴージャスな映像はともかくぶっちゃけストーリーがつまらなかったです。

シネマグ
そしてなにより、長すぎる…。

ハリウッドの裏側のエロさ、美しさ、死の悲劇を生のまま象のお尻からひねり出した印象!賛否両論どころの騒ぎではありません。

『セッション』『ラ・ラ・ランド』はエンタメ性と独自性がいい配分でしたが、今回はデイミアン・チャゼルの狂気がよくも悪くもパンツからはみ出しています

サイレント黄金期の没落を3時間かけて描き、映画愛を詰め込んでいるのはわかります。

ただブラピ演じるジャックやマーゴット・ロビー演じるネリーなど、破天荒すぎる登場人物の心情から距離を取って映画界全体を描いているため、登場人物たちへの共感もできず、みんなが破滅するラストのカタルシスもありません

とくにマーゴット・ロビー演じるネリーについては魅力的なものの、根っからク○な人物なので感情移入しずらいのです。

サイレントからトーキーへの移行と俳優たちの苦悩を表現した映画は、劇中でもあった『雨に唄えば』もそうですし、アカデミー賞作品賞を受賞した『アーティスト』(2011)などもあり、とくに真新しいテーマでもありません。

デイミアン・チャゼル監督はサイレント時代のハチャメチャな制作現場で起きたミラクル、そしていつも通りの妄想入り乱れるラストで先人たちの業績があったから今の映画があると描きたかったのでしょう。

トーキー映画に置いていかれた先人俳優たちをダメ人間・ク○人間として描き、栄枯盛衰を御涙頂戴でなくリアルに表現したのは斬新でした。

しかし、それぞれの表現がアグレッシブすぎて映画自体の流れまで破壊してしまった印象…。

個々のシーンがストーリーに大きく貢献しているわけでもなく人物を深く掘り下げているわけでもなく映画界への愛・栄枯盛衰という外枠のテーマまで突き破ってしまったように見えるのです。

蛇にかまれるシーン、ゲロゲロ、ネズミを食うシーンなど、どれも狂気のワンパターン。狂気以外におおきな意味があるかは微妙です。

ラストの衝撃は『ラ・ラ・ランド』や『セッション』から続くお約束みたいな感じもあり、他のパターンなかったのかと思ってしまいました。

感想を語る犬
全体的なまとまりがイマイチだったのも、本作がおもしろくなかった大きな要因でした。

ハリウッドのエログロとスターの没落!というメインテーマ以外にも、メキシコ移民、黒人差別、アジア系の生活、マーティン・スコセッシっぽいマフィア展開、シュールレアリスム的な表現などいくつもの要素が詰め込まれており、散らかった感がぬぐえません

いきなり精神病院が出てきたり、ガラガラヘビと戦って噛まれたり、マフィアと一緒に秘密の見せ物小屋に行ったり、ラストでマーゴット・ロビーが闇に消えていったりなどの表現を見ると、なんとなくデヴィッド・リンチ的なシュールな芸術性を求めているのかとも感じました。

全部アイデアとしては面白いはずなのですが、どのシーンもどこか味気ないのです。

アート的な表現に焦点を当てているわけでもなく、エモーショナルかといえばそうでもなく、中途半端に感じてしまいます。

そんなちょっとドライな感じがデイミアン・チャゼルっぽいといえばその通りなんですけど、今回は一般受けする要素を思いっきり少なくしてスパイシーな部分だけで構成されていたようでした。

チャゼル監督の映画の次回作はまだ決まってないようですが、どんな方向へいくのか心配です。

↓映画『バビロン』のメッセージやテーマの考察・解説は下記記事へ↓

関連記事

映画『バビロン』(Babylon)は賛否両論の大論争を巻き起こしていますが、ラストシーンの意味や全体のテーマはなんなのでしょうか!?深掘り考察していきます。 ラストの意味解説 本作のテーマ・メッセージ バタフライエフェ[…]

映画『バビロン』

映画『バビロン』ネタバレあらすじ解説

ネリー・ラロイは酒場で男を誘惑する野性味あふれる女性を演じて注目をあび、次々と話題作にでてスターダムを駆け上がった。

映画が大好きだったマニーはジャック・コンラッドに気に入られて彼の元で働くようになった。マニーは撮影で使うカメラをギリギリで手配してミラクルなシーンに貢献し、次第に認められていく。

シネマグ
100年前のサイレント映画の時代の制作現場はまるで1つの村みたいな感じで盛り上がりがすごいですね!これがハリウッド黄金期か!

この時代はサイレント映画からトーキー(音声あり)への移行期だった。

マニーはトーキー映画を見にいく。するとスターになったネリー・ラロイとばったり会った。

ネリーはマニーを母がいる精神病棟へ連れていった。

その後、マニーは1人でトーキー映画を見た。感動のあまりすぐにジャックに連絡し、これからはトーキーの時代がくるとさけんだ。

トーキーの時代

ネリーはトーキーの撮影に戸惑っていた。マイクの位置が固定されているため、チョークの目印の場所で演技をしなければならないし、セリフはこれまで練習したことないし、スタジオでだれかがくしゃみでもすればそのシーンはやり直しだ。

感想を語る犬
ピンマイクやガンマイクなど録音技術がない初期のトーキーの撮影は大変すぎ…。多分この現場で働いたらストレスで死ぬと思います。

テイクを重ねてやっとOKシーンが取れたと思ったら、カメラを回していた技師が熱中症で死亡した。

しばらくしてネリー・ラロイの声はヤギのようだと酷評されるようになった。

シネマグ
セリフや声の演技に磨きをかけてなかったサイレント俳優にあるあるの悲劇ですね。

ネリーはパーティーで表舞台からすぐに消えると悪口を聞いてしまう。

ネリーはそのパーティーに来ている全員に自分の父親・ロバートがガラガラヘビと戦うところを見せるという。

みんな夜中から車で砂漠へ向かった。ガラガラヘビを発見するが、ロバートは酔って倒れてしまう。

ネリーはみんなに意気地なしと怒鳴り散らし、ヘビをつかんだはいいが首を噛まれてしまった。

みんなパニックになり、ジャックは車にひかれてしまった。

ジャズシンガーのレディ・フェイがヘビを殺して口でネリーの毒を吸い出した。2人は熱いキスを交わす。

感想を語る犬
カオスという言葉を軽く凌駕する展開…。

マニーはトランペット奏者のシドニー・パーマーに目をつけ、彼が主役の映画を撮って成功する。

シドニーはマニーから肌の黒さを強調するように黒ずみを渡され、涙をこらえて演奏した。

ネリーとジャックの没落

映画制作会社の重役になったマニーは、ネリーを救うために彼女のアバズレ的なイメージを淑女のイメージに変えようと努力する。

マニーはセレブや富豪が集うパーティーにネリーを呼んだ。

しかしネリーは気取った雰囲気を演じることに我慢できずに下品なジョークを言い、食い散らかし、主催者にゲロを吐いて出ていった

感想を語る犬
マーゴット・ロビーがまさかのゲロ噴水状態。最大級のインパクトがあるシーンでしたね。

ギャンブル、ドラッグ、飲酒で落ちぶれたネリーは撮影の現場にも顔を出さなかった。

映画まで没になってしまい、マニーは莫大な被害をこうむって映画製作者として終わる。

いっぽう、ジャックもキャリアの危機に瀕していた。声やセリフ回しがトーキー映画になると滑稽なのだ。

大スターだったジャックはク○映画にしか呼ばれなくなる。

ジャックは自分の悪口をかいた記者・エリノアに何が悪いのか聞いた。

エリノアは、理由はないがあなたはもうダメだと返した。

シネマグ
時代の移り変わりを残酷に突きつけたエリノアのこのセリフがすばらしい。

衝撃のラスト結末

ジャックはパーティーでフェイに会う。フェイはヨーロッパへ移住するらしい。

すべてがどうでもよくなったジャックはホテルの部屋で拳銃自殺をした

ネリーは、マフィアのジェームズ・マッケイ(トビー・マグワイア)の店で莫大な借金を背負ってしまう。

ネリーは「期日までに借金を返さないとアソコに硫酸をぶっかけて殺すと脅された」とマニーに泣きついた。

マニーは仕方なく映画制作にたずさわる売れない俳優に金を用意してくれと頼んだ。

マニーはジェームズに金を返しにいく。しかし用意された金は偽札だった。

ジェームズはいいものを見せると言ってマニーをトンネルの中へ連れていった。地下の空間ではグロテスクな見せ物がたくさんあり、ワニもいた。

ジェームズは筋肉ムキムキの大男が生きたネズミを食うところを見せて映画に使えると笑う。

ジェームズはマニーの金が偽札だと気づく。

マニーはジェームズの側近を斧で殺害して、命からがら逃げ出した。

翌日、暗殺者に襲われて隣にいた俳優は射殺されたが、マニーは殺されなかった。

マニーはネリーにメキシコに逃げようと言い、彼女を車に乗せる。

ドラッグを吸いまくったネリーに、マニーが結婚しようと告白。2人は熱いキスをする

マニーが荷物取っている間にネリーは車を降りて闇の中に消えてしまう。

ネリーは数日後に死体で発見された。

感想を語る犬
ネリーの闇に吸い込まれるような散りぎわがある意味で美しい。

十数年後。マニーは妻と娘と一緒にかつて働いたハリウッドのスタジオをなつかしそうに眺めていた。

マニーは映画館で『雨に唄えば』をみて、ネリーやジャックの時代を思い出して涙を流した。

シネマグ
サイレント時代のネリーもジャックもマニーも、映画の長い歴史の一部になったという解釈ですね。

映画『バビロン』終わり

最後のまとめ

デイミアン・チャゼル監督の新作映画『バビロン』は、想像以上に斜めうえの方向に行ってしまったイロモノ映画でした。

映像はゴージャスなものの、芸術的かといえばそうでもないし、下ネタバンバンだし、ストーリーのカタルシスも薄いですし、何よりこの内容で3時間は長いです。

感想を語る犬
デイミアン・チャゼルが狂気的な面を持っているとあらためて明らかになりましたが、一般人はこれ以上ついて行けそうもありません(笑)

次作はテレビドラマを手がけるようですが、どうなるかちょっと心配です。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『バビロン』(Babylon)レビュー終わり!

2023年公開映画・ネタバレ関連記事

関連記事

映画『イニシェリン島の精霊』は中年の親友同士が絶交し、思いがけない行動を取る斬新すぎるヒューマンドラマ! シネマグ アイルランドの離島の美しい風景をバックに笑えるような怖いような仰天劇が繰り広げられます! 作品[…]

映画『イニシェリン島の精霊』
関連記事

映画『レジェンド&バタフライ』(THE LEGEND & BUTTERFLY)。織田信長の生きざまを妻の濃姫を通して美しく描いた超大作! レジェンドは織田信長、バタフライは帰蝶の名を持つ濃姫(のうひめ)をあらわしています。 […]

映画『レジェンド&バタフライ』
関連記事

韓国映画『非常宣言』(비상선언)。ソン・ガンホとイ・ビョンホンが飛行機での未曾有のバイオテロを食い止めるために奮闘します! シネマグ たんたんとした序盤から、アクションがすごい中盤、そして超感動のラストが待ち受ける傑作!コロ[…]

韓国映画『非常宣言』