スーサイド・スクワッド酷評!ジョーカー(ジャレッド・レト)がひどい理由ネタバレ考察,ハーレイ・クインとの関係解説,映画感想

  • 2023年8月11日

DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』はオーディエンスの期待に応えられたのか!?

イヤ!できなかった!
設定や、テーマがブレッブレ!ジョーカー(JOKER)はダメダメ!

一方で ハーレイ・クインのキャ ラクタービジュアルは素晴らしい!
という、ちぐはぐな映画になってしまっていた!

“スーサイド・スクワッドのハーレイ・クイン"

DCコミックスのお偉いさんや、配給元のワーナーと、製作スタッフの連携が上手くとれていないのだろう。

とにかく、 ハーレイ・クインのプロモーションビデオのような出来映えだった。

この記事では スーサイド・スクワッドの意味不明だった点を徹底解説・考察していく。

ちなみに スーサイド・スクワッド(Suicide Squad)は「自殺部隊」という意味。犯罪者である ヴィランたちに決死の任務を与えることから、この名前がつけられた。

スーサイド・スクワッドの無料視聴方法

ジョーカーや ハーレイ・クインが登場するDCコミック映画『 スーサイド・スクワッド』が無料で見られる動画サイトで、推奨したいのがU-NEXT
31日間の無料体験を試してみよう。下記から申し込み31日以内に解約すれば料金0円。
親切なことに、継続などの縛りも一切ない。

俳優 ジャレッド・レトのジョーカーや、 マーゴット・ロビーの ハーレイ・クインの活躍をまだ見ていない人は、U-NEXTで『 スーサイド・スクワッド』を無料視聴しよう!
無料トライアルの申し込みはこちらのリンク↓からどうぞ。
見逃し配信バナー

Huluでも映画スーサイドスクワッド配信中!無料期間申し込みはコチラ↓
海外ドラマバナー

映画『スーサイド・スクワッド』ネタバレ考察/ジョーカーの小物感がひどい

 

スーサイド・スクワッドは、俳優 ジャレッド・レトのジョーカーが実にイケていなかった。

カッコいいか?いや全然カッコよくない…(好きな人はすいません)。

2021年8月公開予定の『ザ・スーサイド・スクワッド2』にも ジャレッド・レトのジョーカーはきっと出演しないだろう。

なぜかっこ悪いのだろうか?個人的な見解を述べてみる。

ジョーカーが人を銃ですぐ殺す演出が小物

 

今までジョーカーの実写版で評価されているのは、 ジャック・ニコルソンと、 ヒース・レジャーだった。

ジャック・ニコルソンのジョーカーは、毒ガスや高圧電流など“異常”な殺し方で サイコパス性をみせる。

一方で、 ヒース・レジャーのジョーカーの方は、自分で直接手を下すことはほどんどなかった。しかし、そこに異様な貫禄が生まれていた。

歴代実写ジョーカー役・俳優6人の役作りを徹底解説!ホアキン逮捕?ヒースレジャー死亡原因,ジャックニコルソン – CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

ジャック・ニコルソンは「楽しくない殺しはしません」。

ヒース・レジャーは「自分でやるより人を使った方が、大物感が出る」。

両人とも、殺しに対してポリシーや美学のようなものが、画面越しにしっかりと伝わってきたのだ。

しかし、『 スーサイド・スクワッド』の ジャレッド・レトのジョーカーの殺し方は、すぐにキレて銃で人を撃つというもの・・・

マフィア映画『グッド・フェローズ』のジョー・ぺシの真似か?

すぐにキレて人を殺す映画の登場人物って、なんだか既視感がすごくて、ジョーカーというキャ ラクターがやると、逆に小物感が半端なく出てしまう。

そしてレトのジョーカーは、中盤で ハーレイ・クインを救った直後、ヘリコプターで墜落して死亡したと見せかけて、映画『 スーサイド・スクワッド』から途中退場させられてしまった。

実はジョーカーは死亡しておらずピンピン生きていて、映画のラストで ハーレイ・クインを迎えにくる

スーサイド・スクワッドの ジャレッド・レトジョーカーは、華々しく死んだ方が酷評されなかったのでは?と思ってしまった。

とにかく、 スーサイド・スクワッドのジョーカーには殺しに関する美学がない!

というのが、本作の ジャレッド・レトのジョーカーに対しての僕の意見である。

ちなみにジャレッド・レトはマーベルの吸血鬼ヴィラン・モービウスを演じ、こちらはハマり役だった。

ジョーカーの顔や表情が薄すぎる

スーサイド・スクワッドの ジャレッド・レトのジョーカーは、キレイに白塗りされているので、顔の表情が薄くなってしまっている。シワなどもまったく見えないのだ。

“映画スーサイド・スクワッドの俳優ジャレッド・レトジョーカー"

喜び、恐怖、狂気といった感情が伝わってこないといえば分かりやすいだろうか。のっぺりした宇宙人みたいな白い人間からは、脅しの凄みが伝わりにくい。

自分で粗っぽく化粧を施した ヒース・レジャーのジョーカーとは真逆といってよいアプローチだろう。

俳優 ジャレッド・レトがネズミや豚の死体をプレゼント

ジョーカー役を演じた俳優ジャレッド・レト

ジョーカー俳優の ジャレッド・レトは、映画『 スーサイド・スクワッド』の撮影にあたって、ジョーカーになりきるために異常な行動に出ている。

共演者の マーゴット・ロビーにラブレターと生きたネズミをプレゼントしたり、ほかの共演者にも豚の死体や アダルトグッズを送りつけたりしたという。

狂気をプライベートから演じてジョーカーに成り切るという役作り(デ・ニーロアプローチ)はわかるのだが、ちょっと”イタ”くないか?

これには ハーレイ・クインを演じた マーゴット・ロビードン引きだったろう。

スーサイドでジョーカーのシーンはカットされ過ぎた

役作りにのめり込み過ぎた結果 ジャレッド・レトの変にシリアスなジョーカー。

そもそも、 ヴィランがお祭り騒ぎをするという、 スーサイド・スクワッドのコンセプトにそぐわないものとなり、撮影したシーンが大幅にカットされたのだという(それだけで映画ができるほど)。

もしかするとカットされたシーンの中には、俳優 ジャレッド・レトなりのジョーカー美学や狂気が詰め込まれていたかもしれないが、日の目を見ることはなかった(カワイソウ)。

 

役や演技には、芸術的な側面もある。

芸術では気合いの入れすぎはかえって逆効果になる場合もある。

意識過剰なアプローチは、失敗する場合もあるのだ。

映画『 スーサイド・スクワッド』で ジャレッド・レトが演じたジョーカーは、その典型例になってしまったといってよいだろう。

映画『スーサイド・スクワッド』ネタバレ酷評!

www.youtube.com

スーサイド・スクワッドはスーパー・ ヴィランが暴れるエンタメ映画なので、設定のアラを探すのは、少々野暮だとは思う(しかも、脚本が6週間で書かれるなどの超タイトスケジュール)。

これは目立っておかしかったなあ・・・というものを紹介しておく。

スマホを許される ハーレイ・クイン

スーサイド・スクワッドに参加している ハーレイ・クイン( マーゴット・ロビー)が、普通に スマホでジョーカーとやり取りしている。

国家機密の任務で集められているのに、 スマホをビッチに与えるなよと思った。

ハーレイ・クインのお着替えシーンと画像

ハーレイ・クインの着替えシーン(スーサイド・スクワッド )

こちらはファンサービスとなった ハーレイ・クインのお着替えシーン。 ハーレイ・クインの色気については、スーサイドスクワッドの見どころの1つだと思う。

しかし、やはり ハーレイ・クインのビジュアルは素晴らしいと思う。
女優の マーゴット・ロビーの容姿と演技が絶妙にマッチしている。

ハーレイ・クインのセクシーショット

映画の中では ハーレイ・クインのセクシーなショットがたくさんあったので、ファンの方は写真で楽しんで頂きたい。

ハーレイ・クインのセクシー写真/スーサイドスクワッド

 

ハーレイ・クインが主役となる次作『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』←記事もぜひ読んでくたさい。

マーゴット・ロビーは実写映画『バービー』(2023)で主演を務めて話題になりました。

ルールを教えるためだけに死ぬ スリップノット

スーサイド・スクワッドとして集められた面々の首に、本当にナノ爆弾が仕掛けられているのか!?

キャプテン・ブーメランが スリップノットをそそのかす。アホな スリップノットは隊から離れようとする。

そして、リック・フラッグがこれ見よがしにスイッチを押し、 スリップノットはあっけなく爆死。

そう、彼はみんなの首に爆弾がちゃんと埋まっていると教えるためだけに存在した。

ナノ爆弾を埋めるカットを数秒でも入れておけば済んだ話じゃん。 スリップノットというキャラはまったく必要なかった。

モブの敵が弱すぎ、リアリティ皆無

黒いブツブツの怪物 スーサイドスクワッド

ラスボスとなるエンチャントレス(カーラ・デルヴィーニュ)が人間たちを変形させて作り上げた黒いブツブツの怪物が、 ヴィランたちからすると弱すぎる(殴ったりして頭を破壊すれば死ぬ)。

それが理由で戦闘シーンに緊張感がなくなり、まったくのめり込めない。

しかも、夜のシーンで顔まで黒いビジュアルだから画面がマジで見づらい。

頭がパリンと砕けるというのも、人形のような印象を受け、こんな安っぽいヤツらと戦う価値は、ゼロに等しいと思えてくる。

仮面ライダーのショッカーの戦闘員を見習って欲しい。モブキャラならではの愛嬌や魅力が詰まっているではないか!

モブだからと、悪い意味で本当にどうでもよい存在としてしまった。これは スーサイド・スクワッドという映画の大きな失敗だ。

ハーレイ・クインがビルに着地

ハーレイ・クインはいくら戦闘能力が高いとはいっても、元は普通の人間である。

結構な速度で飛んでいるヘリコプターからビルの屋上に落ちても、転がってすぐに態勢を立て直し、まったく無傷というのがちょっと違和感。

車から転がり落ちるのもかなりの衝撃なのだから、そこに落下が加わるとものすごい負荷がかかると思うのだが・・・

ハーレイ・クインが戻ってくる

スーサイドスクワッドのハーレイクイン

ハーレイ・クインは、ジョーカーの手下のプログラミングによって、首に埋まっているナノ爆弾の爆発を解除されているので、ヘリが墜落したあとで、 スーサイド・スクワッドへ戻るのは違和感がある。

ジョーカーがいなくなって寂しいから、みんなと一緒にいたい気分だったのか?

お互い会って間もないのに芽生えるデッド・ショットたちへの仲間意識が非常にチープにみえる。

殺されるのに飲みに行く

デッド・ショットは、自分たちが、アマンダ・ウォラー(政府の高官で スーサイド・スクワッドの発足人)が、エンチャントレスを逃してしまった尻拭いとして危険な任務をしていると聞き、酒を飲みに行くというシーンがあり、 ヴィランたちはみんなそれに続く。

フラッグ大佐に爆破のスイッチを押されるかもしれないというのに!

みんな任務がアホらしくて、どうでもよくなるという流れはわかるが(フラッグ大佐すらどうでもよくなっているので)、もともと ヴィランにとって、政府から与えられた任務をこなすこと自体が、メンツやプライドに関わる重要な問題ではなかったのか?

それに比べれば、どんな任務をするか?というのはとても些細な問題にみえるのだが・・・

↓映画『スーサイドスクワッド』の解説レビュー続きは2ページ目へ↓