『赤ずきん旅の途中で』ネタバレ感想・評価,犯人は?死体と出会うあらすじ,Netflix映画

  • 2023年9月16日

Netflix映画『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』橋本環奈さんがキュートな赤ずきんに、新木優子さんが美しいシンデレラに。そして岩田剛典さんが王子に扮し、殺人事件の謎を解き明かすコメディ・ミステリー!

シネマグ
すいませんが割と酷評レビューになってしまったので、福田雄一監督作品が大好き!という人は記事を読まなくて大丈夫です

作品情報・キャスト

あらすじ

ネタバレなしの感想

視聴してのぶっちゃけ感想・評価(ネタバレあり)

これらの情報を知りたい人向けにわかりやすくレビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

これから視聴する方の参考になるよう、作品についての視聴者口コミ・アンケートも投票お願いします↓

Netflix『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』おもしろい?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

Netflix映画『赤ずきん旅の途中で死体と出会う』作品情報・予告

公開:2023年9月14日(木)
制作国:日本
上映時間107分
英題:『once upon a crime』
ジャンル:コメディ・ファンタジー
年齢制限:10歳以上推奨
監督福田雄一
脚本鎌田哲生、福田雄一
原作:青柳碧人「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」(2020)

『赤ずきん旅の途中で死体と出会う』キャスト

橋本環奈|赤ずきん役

橋本環奈|赤ずきん役

橋本環奈さんがチャーミングな赤ずきんを涼しい顔で好演。

最近は賛否両論の作品に多く出演している印象もありますが、本作もごたぶんもれず賛否両論になりそうです。

ホラー『禁じられた遊び』(2023)は世間では酷評されていますが、私は楽しめました。

↓橋本環奈さんの出演作レビュー記事↓

関連記事

ホラー映画『禁じられた遊び』(2023)!リングの中田秀夫監督が、橋本環奈+重岡大毅(ジャニーズWEST)のキャストでお届けする新感覚ホラー! シネマグ 斬新なストーリーで、予想以上におもしろかったです!エロイムエッサイム![…]

ホラー映画『禁じられた遊び』2023
関連記事

実写映画『カラダ探し』。橋本環奈ら女子高生たちが夜の校舎でバラバラ死体探し!全部探すまで明日は来ませんという衝撃のループホラー! CineMag ひとことでまとめると文化祭のお化け屋敷…。それなりに怖いシーンもありつつ、高校[…]

ホラー映画『カラダ探し』
関連記事

人気漫画の実写化映画『バイオレンスアクション』(The Violence Action)!橋本環奈がキュートな殺し屋に扮し、ヤクザたちを殺しまくるかたわら、イケメンと出会って青春する異色作! CineMag 昼は簿記の勉強。[…]

実写映画『バイオレンスアクション』

新木優子|シンデレラ役

新木優子|シンデレラ

シンデレラ役には新木優子さん。すごい美しくて常人ばなれした美貌をお持ちなんですけど、近年は映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』やアマプラ『SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる』などかなり微妙な作品に出ていることが多い印象…。

↓新木優子さんの出演作レビュー記事↓

関連記事

邦画『SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる』山下智久演じる目が見えなくなった漫画と、新木優子演じる聴覚障害を持つ女性の切ないラブストーリー! シネマグ 申し訳ないですが正直に書いてたらかなりの酷評レ[…]

映画『SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる』
関連記事

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』少なくてもミステリーとしての面白さはゼロ…。中だるみとツッコミどころ満載の残念な作品でした(好きだった人には申し訳ないです)。 考察系ネコ シャーロック・ホームズの名作のタイトル[…]

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』

その他のキャスト

キャスト 役名
王子役の岩田剛典

岩田剛典(ドラマ『金魚妻』『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』)

王子
夏菜(『純と愛』『GANTZ』) シンデレラの姉・アンヌ
真矢みき(『Diner ダイナー』) シンデレラの母
ムロツヨシ ネズミのポール
佐藤二朗 王様

映画『赤ずきん旅の途中で』あらすじ

幼い少女から成長した赤ずきん(橋本環奈)は自分の可能性を知るために冒険の旅に出る。

赤ずきんはシンデレラ(新木優子)や魔女のバーバラと出会う。

魔女のバーバラは赤ずきんとシンデレラをドレスアップしてくれた。

赤ずきんとシンデレラはネズミ人間・ポールが運転するカボチャの馬車で王子が花嫁を選ぶための舞踏会へ向かった。

しかし、その途中で馬車が人をはねてしまう。

赤ずきんが馬車を出ると、ハンスという国1番の美容師が死んでいた。

赤ずきんやシンデレラは隠蔽工作をしようとするが…真実は意外なところにあった!

舞踏会に出席した赤ずきんは持ち前の頭脳で殺人犯を推理していく!

ネタバレなし感想・海外評価

シネマグ
個人的にはめちゃくちゃキツい作品でした。

せっかく配信された映画にケチをつけたくないですが、映画レビュワーとしての根性で2時間がんばって見てしまったという感じ。

もちろん福田雄一監督作品がめっちゃツボ!という人なら本作もおもしろいと思います。

全体的に『勇者ヨシヒコシリーズ』の感じがめちゃくちゃ強いです。

いっぽうで過去作が微妙だったという人はやはり今作も無理でしょう。笑いにクセがありすぎで見てて疲れました。

あまりのバカバカしさに、ハマらない人は序盤でリタイアしてしまうと思います。

おすすめ度 25%
世界観 30%
ストーリー 34%
IMDb(海外レビューサイト) 5.6(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト) 批評家 %
一般の視聴者 80%
メタスコア(Metacritic)※随時更新 (100点中)

※以下、ネットフリックス映画『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『赤ずきん旅の途中で』ネタバレ感想・評価:ひどい…

映画『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』

Netflixオリジナル映画『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』の評価は22点。赤点でチュー!
シネマグ
正直に言います。申し訳ないですが、超絶つまらなかったです。今年観た映画ではワースト級の学芸会作品でした。
感想を語る犬
Netflixで何となく視聴しはじめてから、魔法使いのバーバラが滑りまくっていて3分で挫折しそうになりました

そして福田雄一監督作品だと気がついたのです。

福田雄一監督は『新解釈三国志』のトラウマもあるので視聴を続けようか迷いましたが、怖いもの見たさで最後まで見てしまいました。

結果は、『新解釈三国志』以上におもしろくなかったです…。(好きだった人は本当にごめんなさい。好みの問題なので怒らないでください)

関連記事

映画『新解釈・三國志』を観てきた。 正直、映画としてはかなりひどかった。進撃の巨人のような完全なゴミ作品とまでは言わないが、ただ単に豪華俳優陣によるコントを2時間みせられた感じ。 この記事では、 あらすじネタバレ […]

映画『新解釈・三國志』

まず、全体的に映画というよりコントなんですよね。(しかもそんなに笑えない)

ストーリーがあるというより、その場かぎりの微妙な笑いをツギハギしたと表現したほうが的確だと思います。

橋本環奈さん演じる赤ずきんがシンデレラと王子の周りで起こった事件を推理して成長するわけでもありません。

ただ何となく推理してシンデレラが犯人だと突き止めてハイ終了。

本作を見て頭に残ったのは、この作品を2時間かけて観るのはなかなか辛い経験だったということだけです。

なんで最後まで見てしまったのか自分でもよくわかりませんが、それはもう映画好きの性(さが)というか、逆に最初の滑り具合でどんな映画になっていくのか興味が湧いてしまったからです。

シネマグ
結果、やはりというべきか最初の魔女のバーバラの滑っている空気感が最後まで続きます。

すごいひどい駄作とうたわれた『大怪獣のあとしまつ』を思い出しました。

関連記事

映画『大怪獣のあとしまつ』は、豪華キャストが学芸会で集められて闇鍋にブチ込まれたようなカオス作品でした…。アイデアの良さが完全に台無しで、SNSでは“令和のデビルマン”という評価であふれかえっています。 コメディ作品には人間ドラマやス[…]

映画『大怪獣のあとしまつ』

演出がヤバすぎる…

演出もヤバすぎて、映画を視聴中に何度も身震いしてしまいました。ホラー映画でもないのに斬新な体験です。

魔女のバーバラが赤ずきんの靴をヌメヌメの泥だらけにするくだりが2回あるんですが、1回でも十分つまらなかったのに2回連続で同じことやりますか普通…。

「靴を変える魔法だけは苦手…」(バーバラ)、これっておもしろいのでしょうか。まあおもしろいと思っているからやっているのでしょう。

あとは犯人探しのミステリーとしてもボロボロ。

シンデレラが美容師を殺してしまい隠蔽工作。髪を切られそうになって怖かったのはわかりますが、いきなり殺しちゃう展開が杜撰すぎました。

赤ずきんは鳩の墓に埋められていたガラスのクツを発見します。このクツを使ってシンデレラを自白に追い込みます。

魔法使い(桐谷美玲)が実はシンデレラの靴を2回作っていたことが判明するのですが、都合良すぎですし顔が同じなんだから魔法使いは同じシンデレラだって気づかないのが不自然すぎます。

2回目はシンデレラがドレスアップしていたから気づかなかったということですが、顔が新木優子なんだから気づけよ!って思っちゃいました。

無駄に社会問題を入れ込むな

シンデレラが住んでいる王国がルッキズム(見た目の美しさ)に支配されている設定で、現代社会にはびこる社会問題を入れ込んでいます。

シンデレラが殺人犯だと判明し、最後に王子が顔に傷がある彼女と結ばれる結末です。

ルッキズムの問題をずいぶんチープに解消したなあと思いました。

シネマグ
すいませんが社会問題を何となく入れるのはやめてもらっていいですか…。

あとは夏菜さん演じるシンデレラの姉が王子に向かって胸をチラチラ見せるくだりで自分で「チラッ、チラッ」と口に出しているシーンにもビックリ。いくらなんでもイタすぎです。

時代錯誤でも笑えるならまだよしとしましょう。時代錯誤でおもしろくもない…誰得なのでしょうか?

最後のまとめ

邦画『赤ずきん旅の途中で』は、個人的には2023年度ワースト級の学芸会的な作品でした。

『新解釈三国志』もかなりひどかったですが、本作よりはまだ力が入っていたような気がします。

感想を語る犬
本作からはそもそも製作陣のやる気が感じられませんでした。

Netflixからお金だけもらって適当に作ったのか?と邪推してしまいます。

福田雄一監督や製作陣はこの作品を一生懸命作ったのかもしれません。

でも、私の感覚ではついていけない領域でした。本作を映画として捉えていいかも個人的には微妙です。

シネマグ
重ね重ねですが、映画のおもしろいつまらないは個人の趣味判断によるところが非常に大きいので、本作がおもしろかったという人を否定したいわけではありません。

私はなぜこんな作風の映画が作られるのか疑問に思ったというだけです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』レビュー終わり!

2023年ネトフリ作品レビュー関連記事

関連記事

Netflix実写ドラマ『ワンピース』。ついにハリウッド版ワンピースがネトフリで配信!ぶっちゃけ感想・評価レビューをしていきます! シネマグ クオリティは予想外に高い…でもぶっちゃけ〇〇です。しかし実写版の弱点は意外なところ[…]

Netflix実写ドラマ『ワンピース』
関連記事

Netflix実写映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』。ブラック企業に勤める社畜がゾンビパンデミックで人生を見つめ直し、やりたい放題のホラーコメディ! シネマグ アニメも大人気の『ゾン100』、テンショ[…]

Netflix実写映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』