ひどい…実写映画『Diner ダイナー』ネタバレ感想・酷評ラスト考察!なぜつまらない?キャスト演技解説・あらすじ評価

蜷川実花監督の映画『Diner ダイナー』は、ひとことでいうと極彩色の学芸会。目がチカチカする非常に残念な作品でした。

CineMag
オシャレ映画というには映像がオラオラ系で、メッセージ性・ストーリー性皆無でラストはツッコミ合戦です。

作品情報・キャスト・見どころ、ぶっちゃけ感想・酷評(ネタバレ)笑えるアクション解説ひどいラスト考察を知りたい人向けに記事を書きました。

映画の内容があまりにヤバいため、冗談混じりの文章でレビューします。ご了承ください。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目からどうぞ)

作品についての視聴者アンケートも投票お願いします↓

映画『Diner ダイナー』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』作品情報・キャストと演技の印象

公開・制作国・上映時間:2019/07/05・日本・1時間57分
英題:『Diner』
ジャンル:アート・猟奇サスペンス
監督:蜷川実花
脚本:蜷川実花/後藤ひろひと/杉山嘉一
原作:平山夢明小説「ダイナー」
撮影:相馬大輔
製作:Diner ダイナー 製作委員会
興行収入:12億円
映画より原作小説↓の方が表現が生々しくて面白いという意見多数。

ヤングジャンプの漫画版『ダイナー』は期間限定で1巻が無料なのでぜひ読んでみてください↓

登場キャラ・キャスト

藤原竜也 映画『Diner ダイナー』 ボンベロ|cast 藤原竜也→蜷川親子二代にわたっていじられまくる可哀想な男。

オオバカナコ|cast 玉城ティナ→人形すぎて引き込まれない。

スキン|cast 窪田正孝→スフレに興奮しすぎ。

無礼図(ブレイズ)|cast 真矢ミキ→宝塚マトリックスをやりやがった。

キッド|cast 本郷奏多→親戚が見たら悲しみそうな違和感丸出しキャラ。

マテバ|cast 小栗旬(『人間失格 太宰治と3人の女たち』『キャラクター)→使い捨てみたいなキャラでしたね…。

マリア|cast 土屋アンナ→勢いだけ…。

ブロ|cast 武田真治→ムキムキナルシストで本人そのまま。

カウボーイ|cast 斎藤工(CUBE 一度入ったら、最後Netflix『ヒヤマケンタロウの妊娠』)→英語を喋るキモい端役。もうちょっと仕事選べ。

スポンサーリンク

『Diner ダイナー』ネタバレなし感想・あらすじ・見どころ・海外評価

映画『Diner ダイナー』

©︎映画「Diner ダイナー」製作委員会

あらすじ:ヤバいバイトに手を出し、マフィアに捕まったオオバカナコ(玉城ティナ)吊るされて殺されそうになったが、「私は料理ができる」と発言したことで、ボンベロ(藤原竜也)が料理長を務める人殺し専用のダイナーで働かされることに。オオバカナコは殺されるのを恐れ、1億円相当のディーバ・ウォッカを隠すのだが…。

蜷川実花監督らしい極彩色の映像美が魅力。ストーリーはハリボテ。次回作の実写映画『ホリック xxxHOLiC』(2022)の方がまだ面白いです。

映画ではなく、映像作品を見るつもりのほうが無難でしょう。

CineMag
カラフルな絵が苦手な人にとっては拷問のような2時間が待っています!

海外サイトで10点中5.8点と、半分以上を獲得しているのが信じられません。とんでもジャパン好きには刺さる作品だったのでしょうか…。

おすすめ度20%
世界観75%
ストーリー25%
IMDb(海外レビューサイト)5.8(10点中)

※以下、映画『Diner ダイナー』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』ネタバレ感想・酷評

スポンサーリンク

蜷川実花全力のコスプレPV作品

映画『Diner ダイナー』の評価は38点。
CineMag
カラフルかつケバケバしい映像に全振りした、異色のコスプレPV作品

蜷川実花作品のアート的な映像は個人的に嫌いではないですが、超一流の料理を出すダイナーが舞台のわりに、ストーリーがコンビニ弁当の漬物以下です。

同じく2019年に公開された蜷川実花監督作品『人間失格 太宰治と3人の女たち』のほうがストーリー性があって、映画としては全然マシでした。

殺し屋に扮したコスプレ集団が好き放題暴れ回るシーンの連続に、ツッコミ的な笑いこそあれ、物語としての面白さを見出せるほど達観していません。

悪い意味で見せ物小屋的・動物園的な作品

内容の薄さ的にも、4〜5分のPVにまとめてほしかったです。

殺人鬼×グルメの秀逸コンセプトを活かせてない

映画『Diner ダイナー』のハンバーガー

©︎映画「Diner ダイナー」製作委員会

殺人鬼のためだけのレストランなのに、「メニューに人肉とかないんだ」とガッカリしました。

全体的に料理は盛り付けがゴージャスなだけで“普通”なのが痛いですね。

感想を語る犬
メインはパテを重ねたハンバーグ(笑)…。盛ればよしという発想なのか?

『ハンニバル』の脳味噌生きたまま食べちゃう猟奇的なシーンはもちろん、『インディージョーンズ2』の猿の脳みそのようなゲテモノもなし!

せめてバーガーのパテは人肉とかにしようよ。普通に鴨肉とか使うなよ!

殺人とグルメの組み合わせという素晴らしいコンセプトで、なぜ料理で攻めなかったのか疑問です。

CineMag
攻めたアート表現をするにはこの上ない素材をスポイルしてファストフード作っちゃいましたね…。完全にやらかしてます。

爆笑のアクション解説(ネタバレ)

ボンベロを演じる藤原竜也

©︎映画「Diner ダイナー」製作委員会

ラストのボンベロと無礼図(ブレイズ)真矢ミキの戦いが爆笑でしたね。

1番笑ったのが、ボンベロがバーカウンターを滑りながら銃を撃つシーン

なぜカウンターの上を滑っているのか、藤原竜也本人も理解していないような表情

心ここにあらずの爆笑迷シーンでした!

また、マトリックスのようにジャンプしながらスローモーションで向かい合っての撃ち合いから、その着地が描かれず省略されて徒手格闘が始まるなど、斬新すぎでした。

絵的・映像的に派手であればなんでもありみたいな潔さがありましたね。

ひどいストーリー内容・ラスト考察

ヤバいバイトに手を出して拉致られた玉城ティナ演じるオオバカナコがダイナーにやってくる。そこでスキンやキッドなど見せ物小屋にいるような殺人者たちが派手に登場するまではまだ期待感がありました。

しかし、オオバカナコが店に馴染み出してから物語としての勢いが完全にストップします。

終盤はほんとひどいです。

まず、殺し屋たちが乗り込んでくると知りながら、ボンベロはオオバカナコに急に料理を教え出します。

感想を語る犬
どう考えてもその時間で逃げれただろうに…。そのツッコミをした時点で負けです(笑)

そして料理長ボンベロと、宝塚ノリの真矢みきがマトリックスのパロディ的アクションを繰り広げる超カオスな展開。

感想を語る犬
なぜこの作品を視聴する決断をしたのか、自分に問いかけました。

そして藤原竜也は玉城ティナとキスをして別れ、爆発2回、銃弾多数を受けて生死不明。

玉城ティナはメキシコで場末のダイナーを開業し、実は生きていた藤原竜也と犬っころが登場。ラブラブハッピーエンドです。

終盤からラストにかけての唐突な恋愛要素に心を締め付けられました。酷すぎて苦しいからです…。

感想を語る犬
お弁当のパセリよりも扱いに困る結末をありがとう!!!

いくら映像重視の作品でも、こんな適当なまとめ方ってあります?

結局、オオバカナコの成長物語としても超絶微妙でした。

最後のまとめ

蜷川実花監督の映画『Diner ダイナー』は、映像のインパクトだけを追求するあまり、ストーリー性という言葉が儚く消えた駄作でした。

蜷川実花監督の作品は当たり外れが大きくてギャンブルみたいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『Diner ダイナー』レビュー終わり!

邦画有名駄作のネタバレ感想関連記事

関連記事

邦画にも素晴らしい作品はたくさんある。しかし、話題作で面白い映画に巡り会う確率が低すぎる。そこで!評価が最悪な実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を見て邦画の弱点を知り、少しでも世の中に発信していこうと思った!そう[…]

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
関連記事

『新解釈・三國志』を観てきた。正直、映画としてはかなりひどかった。進撃の巨人のような完全なゴミ作品とまでは言わないが、ただ単に豪華俳優陣によるコントを2時間みせられた感じ。この記事では、 あらすじネタバレ 感[…]

映画『新解釈・三國志』