映画『MEG ザ・モンスターズ2』ネタバレ感想評価:メグ3匹とジェイソン・ステイサム!ラスト結末レビュー

  • 2024年1月5日

映画『MEG ザ・モンスターズ2』超巨大サメ・メガロドンとムキムキのジェイソン・ステイサムが戦うシリーズ第2弾!

シネマグ
食物連鎖の頂点はメグか?それともジェイソン・ステイサムか!?最高のアクション映画でしたが、サメ映画かどうかは微妙…。

作品情報・キャスト

ネタバレなしの感想

ぶっちゃけ感想・評価(ネタバレあり),良い点・ダメな点

物語ネタバレあらすじ・ラスト結末解説

これらの情報を知りたい人向けにわかりやすくレビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

これから視聴する方の参考になるよう、作品についての視聴者口コミ・アンケートも投票お願いします↓

『MEG ザ・モンスターズ2』おもしろかった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『MEG ザ・モンスターズ2』作品情報・予告

日本公開:2023年8月25日(金)
制作国:アメリカ・中国の合作
上映時間:1時間56分
原題:『Meg 2: The Trench』
ジャンル:モンスターパニック、アクション
年齢制限:G(年齢制限なし)
監督:ベン・ウィートリー(『イン・ジ・アース』)
脚本:ジョン・ホーバー|エリック・ホーバー|ディーン・ジョーガリス
原作スティーヴ・オルテン「The Trench」
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
配給: ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ

『MEG ザ・モンスターズ2』キャスト

ジェイソン・ステイサム

ジェイソン・ステイサム

巨大ザメ・MEGを見てもおびえるどころかアドレナリンビンビンなジョナス・テイラーを演じるのは、ジェイソン・ステイサム。

今回も前作にも増して体を張っていました。

ジェイソン・ステイサム出演作:『オペレーション・フォーチュン』『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』『メカニック』『トランスポーター』シリーズ、『ワイルド・スピード』シリーズ、『エクスペンダブルズ』シリーズ

ジェイソン・ステイサムがガイ・リッチー監督とタッグを組んだ『オペレーション・フォーチュン』は2023年10月、『エクスペンダブルズ4 ニューブラッド』は2024年1月に日本公開!

関連記事

シルヴェスター・スタローンとジェイソン・ステイサムが共演する映画『エクスペンダブルズ4 ニューブラッド』を徹底的にレビュー! シネマグ アクションはまあまあだけど、脚本が…。 作品情報・追悼マイケル・J・ドゥー[…]

映画『エクスペンダブルズ4 ニューブラッド』
役名 キャスト
ジウミン ウー・ジン(『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』)
メイイン・ジャン ソフィア・ツァイ
ジェームズ・マック・マックライズ クリフ・カーティス(『ドクター・スリープ』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』『レミニセンス』『アバター3』,ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』)
ランス フィリックス・メイヤー
ヒラリー・ドリスコル シエンナ・ギロリー(『バイオハザードII アポカリプス』『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』)

『MEG ザ・モンスターズ2』あらすじ

映画『MEG ザ・モンスターズ2』

ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は貨物船に潜入し、放射性物質を海上に不法投棄している証拠を集めたあと、マックのヘリで脱出した。

海洋研究所マナ・ワンのチームは巨大ザメ・メグ(MEG/メガロドン)のいる水深7000m以下の深海の調査を続けていた。

テイラーやジウミン(ウー・ジン)は潜水艇で深海へ向かう。なんとメイインもこっそり潜水艇に乗り込んでいた。

潜水艇は途中でジウミンが育てていた雌のメグ・ハイチ(研究施設から逃げ出した)に襲われそうになる。

テイラーたちは、なんとかメグの襲来を避けて深海に到達した。

しかし深海でレアメタルを違法採掘していたモンテスがテイラーたちに気づき、証拠隠滅のためにあたり一帯を爆発させた。

潜水艇が故障してテイラーたちは大ピンチ。

爆発で超低温の水域が破れ、3匹のメグと謎の巨大生物が海洋へ出てしまう…。

MEG 2:ネタバレなし感想・海外評価

シネマグ
盛り上がるアクション・パニックシーンの連続で最高に楽しめました!

サメ映画というより、もはや『ダイハード』×『ジュラシックパーク』みたいな作品です。

メグと戦うだけでなく、ジェイソン・ステイサムが裏切り者と戦う、人間 VS 人間のシーンもたくさんあります。

人間小さな恐竜や触手の巨大タコも出てきます。それらの怪物がリゾート島に集結する展開はモンスターパーティー感満載です。

前作で恋仲になったスーイン(リー・ビンビン)とは死別している設定で、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は彼女の娘・メイインを守るために奮闘します。

ハラハラドキドキのアクション満載で、個人的には前作『MEG ザ・モンスター』(2018)よりも全然好きでした。

関連記事

サメ映画『MEG ザ・モンスター』を観てみた。ハゲ(ジェイソン・ステイサム)VSサメがどういう風に戦うのか楽しみにしていたが、結局ステイサムが普通に筋肉で戦っていて笑えた。 作品上主人公の名前はテイラーなんだけど、記事ではステイサムと[…]

サメ映画『MEG ザ・モンスター』

海外評価では、一般視聴者の満足度はかなり高い一方で、批評家の評価がめちゃくちゃ低いのが特徴です。

評価が低いのはあり得ない展開の連続だからでしょう。でも、アクション映画はそれでいいのでは!?

感想を語る犬
とにかく頭を空っぽにして楽しめる抜群のエンタメ作品です。
おすすめ度 88%
パニックアクション 90%
ストーリー 75%
IMDb(海外レビューサイト) 5.5(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト) 批評家 29%
一般の視聴者 73%
メタスコア(Metacritic) 40(100点中)

※以下、『MEG ザ・モンスターズ2』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『MEG ザ・モンスターズ2』ネタバレ感想・評価

良い点

巨大サメMEGを足で止めるジェイソン・ステイサム

『MEG ザ・モンスターズ2』の評価は88点
シネマグ
本作が果たしてサメパニック映画なのかはわかりませんが、エンタメアクションに振り切っていたのが良かったです。

前作に引き続き、「食物連鎖の頂点はジェイソン・ステイサムだ!」という脳筋ストーリーなのですが、アクションの連続で中だるみしませんでした。

ありねえ展開の連続で、良くも悪くも80年代アクション映画みたいなプロットでしたが、逆にもう割り切って作っている感じが良かったです。

深海魚が水圧に押し潰されないから鼻の空気を抜けばスーツなしで深海を泳げる…この理屈は正しいのかな?

肺に空気がちょっとでも入ってたらアウトな気がしますが…ともかくジェイソン・ステイサムだからOKみたいな感じでしょうか。

感想を語る犬
まあ基本的に脳筋プロットなので、あまり理屈で考えても仕方ありません。筋肉の勝利です。

迫力あるシーンが前作よりもマシマシだったのが高ポイント。メグは3匹いるので、出し惜しみせずにどんどん人を襲わせていたのが爽快でした。

人間たちを丸呑みにするカットがメグの巨大な口の中からの主観で見られたシーンも良かったです。口が大きいからできることですね。

クリフ・カーティスがヘリのプロペラで巨大タコの触手を切り落とすシーンもアイデアが面白いと思いました。

オープニングの6500万年前のシーンでは、虫がトカゲに喰われる→トカゲが小型恐竜に喰われる→小型恐竜がティラノに喰われる→ティラノがメガロドンに喰われるというものがあったのですが、そこからすぐに現在のカットになり、筋トレしているジェイソン・ステイサムが映ります。

シネマグ
この冒頭の流れだと「食物連鎖の頂点はジェイソン・ステイサム!」ですよね。結末の伏線になっているようで吹き出してしまいました。

制作陣も、俯瞰してみると笑える作りにしているような気がします。

感想を語る犬
正直、サメに襲われる恐怖のようなものは傑作『ジョーズ』と比較するとぜんぜんないのですが、ジェイソン・ステイサム VS 巨大サメ VS 傭兵のアクション映画としては120%楽しめました

ちなみに最後にメイインに助けられたピピンという犬は、前作でもジェイソン・ステイサムに助けられています。

今回、ピピンは巨大タコの触手に噛み付いていましたね。前作からの成長が見られました。

小型犬・ピピン

ダメな点

前半の深海パートは酸素がなくなったら死ぬという緊張感があってすごく良かったんですけど、後半の海上パートからはスリルがなくなり、すごく大味になった気がします。

中盤でジェイソン・ステイサムたちは海上基地から救命ボートで脱出して島に上陸してましたけど、メグがモーター音に反応する設定はどこへ行ったの!?サメが忖度しているように見えました。

あとはヒロインの少女・メイインが、海で溺れている女性を助けるくだりもいらなかった気がします。みんな食われまくってる中でのリアリティのない正義感に見えてしまいました。

そのシーンを入れないとメイインの出る幕がないから無理やり入れたのでしょう。

メイインは最後に犬のピピンを助けますが、周囲にもうモンスターいないし、ピピンだったら自分で陸に上がれた気もしました。

『MEG ザ・モンスターズ2』ネタバレあらすじ解説

深海でのモンスターパニック

爆破による崩落のダメージで深海で潜水艦が故障してしまう

テイラーは海上基地にいるマックに通信をする。しかし海上の救命艇が何者かに破壊されていることが判明。救助はこない。このままでは酸素がなくなる。

テイラーは深海スーツをメンバーに装着させ、3km先の違法採掘基地まで海底を歩くことにした

一行は未開の深海へ出る。ランスは謎の巨大生物(超巨大タコ)に喰われてしまった。

違法採掘基地までもう少しというところで、小型の海中恐竜や超巨大で傷だらけのメグが襲ってきた

テイラーやメイインたちはなんとか海底基地に入ることができた。しかしサルはメグに喰われてしまう。カーティスはスーツの破損による水圧で圧死した。

テイラーたちは脱出ポットがある部屋へ移動する。しかし海上基地にいる実は裏切り者だったジェスから通信が入り、脱出ポットが切り離され、テイラーたちは部屋に閉じ込められてしまった。

テイラーは鼻に入っている空気を抜き、スーツを着ないで深海に泳ぎ出る。メグや他の生物に襲われるのを回避しながら別の入り口から海底基地に入った

基地に入ったテイラーは違法採掘のまとめ役・モンテスに襲われる。テイラーはモンテスを倒し、脱出ポットがある部屋のドアを開けた。

部屋は水没寸前で、メイインやジウミンはギリギリのところで助かった。

海上基地、リゾートビーチ

テイラーたちはモンテスが乗っていた潜水艇でマナ・ワンの海上基地まで浮上する。

先刻モンテスが爆破を起こしたせいで超低温層に穴が空き、メグや未確認生物が海上にやってきていた

マナ・ワンの海上基地にたくさんの傭兵がいる。裏で深海でレアメタルの採掘で儲けようとしていたヒラリーやジェスが、真実を知ったテイラーやマックたちを消すために傭兵を呼んだのだ。

ジェスは巨大メグに強化ガラスごと喰われて死亡。

テイラーは傭兵に捕まりそうだったマックやDJを助け、小さな救命ボートで海上基地から脱出。

海上基地は3匹のメグに破壊された

3体のメグは近くにあるリゾート島へ向かっているようだ。

テイラーたちは救命ボートで島に上陸するが、すでに海で泳いでいた人たちがメグに喰われまくっていた。

触手を振り回す巨大タコも人を大量に喰っている

さらに島には小型のトカゲのような恐竜が上陸していた。島にやってきた裏切り者のヒラリーはその恐竜に喰われて死亡した。

ラスト結末

テイラーは水上バイクに乗り込む。水上バイクの音でメグたちを引きつけて、爆弾をつけた槍で倒す作戦だ。テイラーはメグに喰われそうになりながらも、なんとか1体を倒した。

生きていたモンテスがテイラーを襲う。モンテスはテイラーに殴られたあとで血の臭いをかぎつけたメグに喰われて死亡。

島に上陸したDJは小型恐竜から逃げながら、ヒラリーが雇った傭兵たちの追跡をかわしていた。

ジウミンは脱出用のヘリで墜落したマックを助けるため、水中に潜って巨大タコに爆弾を仕掛けて爆殺する。

テイラーは大きな金属板で海面を叩き、突進してきたメグの口に金属板をブッ刺した

金属の板でMEGを倒すジェイソン・ステイサム

金属板はメグの頭蓋まで達し、メグは死んで海に沈んだ。

まだ1匹メグが残っている。ジウミンが飼っていたメスのメグ・ハイチだ。

ハイチはジウミンめがけて向かってくるが、彼が発した信号を聞いて正気に戻ったのか、襲ってこずに大海へ戻った。

ハイチは妊娠しているようだ。メグは増えるだろう

深海の怪物たちを倒したテイラー、ジウミン、マック、リガス、DJは落ちていたウイスキーを飲みながら無事をよろこびあった。

テイラーとジウミンはメイインの成長を認める。

映画『MEG ザ・モンスターズ2』終わり!

最後のまとめ

『MEG ザ・モンスターズ2』は、ありえないアクション満載で大満足のエンタメ大作でした。

シネマグ
もはやサメ映画というよりジェイソン・ステイサム主演のアクション映画なのですが、それを割り切って作っているところに好感が持てました。

今作『MEG ザ・モンスターズ2』は1作目を超える大ヒットを飛ばしているようなので、続編『MEG 3』も十分期待できそうです。

ただ、もうジェイソン・ステイサムがメガロドンより強いのはわかったので、スタローンを相棒として出してエクスペンダブルズみたいにして人類 VS メグの群れとかにするか、キャスト変更するか、どっちかがいいと思います。

感想を語る犬
さすがに3作連続ジェイソン・ステイサム無双だと、やられるサメも怒りそうです(笑)。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『MEG ザ・モンスターズ2』レビュー終わり!

2023年公開映画・関連記事

関連記事

2023年9月1日(金)日本で公開された映画『ホーンテッドマンション』をさっそく初日に見てきました! シネマグ うーむ…ぶっちゃけ〇〇でした。コメディシーンは良かったですが…ディズニー100周年はハデにこけるのか!? […]

映画『ホーンテッドマンション』2023
関連記事

映画『バービー』、マーゴット・ロビーが120%のクオリティで実写バービーを演じ、ライアン・ゴズリングがおバカなケンを演じます。 バービーランドからリアルワールド(現実)にやってきた2人。男社会を見たバービーは衝撃を受けます。 […]

映画『バービー』
関連記事

ホラー映画『ミンナのウタ』。『呪怨』などで知られるJホラー界の巨匠・清水崇監督がGENERATIONSとタッグを組みました! 不思議なメロディで呪いを拡散させる少女の怨霊と対決します! シネマグ アイドルのホラー映画だ[…]

ホラー映画『ミンナのウタ』
関連記事

ピクサー最新作『マイエレメント』(Elemental)。極上の映像美によるエレメント・シティを舞台に、火の女性と水の男の恋愛から人生の本質が垣間見えました。 シネマグ いや〜期待以上のクオリティと感動!やっぱピクサーはすげえ[…]

ピクサー映画『マイ・エレメント』
関連記事

Netflix実写映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』。ブラック企業に勤める社畜がゾンビパンデミックで人生を見つめ直し、やりたい放題のホラーコメディ! シネマグ アニメも大人気の『ゾン100』、テンショ[…]

Netflix実写映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』

サメ映画レビュー記事

関連記事

映画『海底47m(2017)』を観賞。序盤はケイトとリサの姉妹がメキシコ旅行ではしゃぐだけで退屈なシーンが多かったが、後半は打って変わって緊張の連続! でもやっぱりそこまで面白くはないなぁ、と思っていたところへまさかの本格的なサスペン[…]

『海底47m(2017)』
関連記事

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(47 Meters Down: Uncaged)は古代マヤの海底遺跡に侵入した美女4人組を盲目のサメがシバき倒すお話! 要素盛り沢山のサメパニックホラーの佳作でした。 CineMa[…]

サメ映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』
関連記事

近年のサメ映画の中でもとりわけ評価の高い『ロストバケーション』(原題:The Shallows) この作品を簡単に説明すると、ピチピチのねーちゃんがサメに絡まれるだけの映画だ。 しかし、綺麗なメキシコの海+サメと戦う美女という感[…]

サメ映画『ロストバケーション/The Shallows』
関連記事

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』(海上48アワーズ/英題:Shark Bait)。 超微妙でツッコミどろこ満載のサメ映画が爆誕しました! CineMag バカな大学生と低脳なサメの熾烈なバトル!サメ映画にも関[…]

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』