映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』ネタバレ感想・バカ学生と低脳サメの駄作!ラスト考察!ひどいあらすじ評価

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』(海上48アワーズ/英題:Shark Bait)。

超微妙でツッコミどろこ満載のサメ映画が爆誕しました!

CineMag
バカな大学生と低脳なサメの熾烈なバトル!サメ映画にも関わらず眠くなりました。

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・酷評ツッコミどころ満載のラスト考察を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』作品情報・キャスト

公開・制作国・上映時間:2022/07/22・イギリス・85分
原題:『Shark Bait』『jet ski』
ジャンル:サメ・パニックホラー
監督:ジェームズ・ナン(『ゲットバック 人質奪還』)
脚本:ニック・ソルトリーズ
撮影:ベン・ムールデン

監督のジェームズ・ナンは『海底47m』『海底47m 古代マヤの死の迷宮』で第二班監督(共同監督・演出)を務めた人物。

感想を語る犬
ちなみに英題はShark Baitはサメの餌という意味です。登場キャラがバカばっかりなので「サメの餌になって当然のヤツら」という意味なのかも。

登場人物・キャスト紹介

登場人物キャスト
ナット(大学生)ホリー・アール
トム(ナットのボーイフレンド)ジャック・ドゥルーマン
ミリー(ナットの親友)キャサリン・ハネイ
タイラー(トムの友達)マラキ・プラー=ラッチマン
グレッグ(トムの友達)トーマス・フリン
スポンサーリンク

あらすじ

映画『海上48hours』

ナットとトム、ミリーら大学生仲良し5人組が、異国のビーチで最後の春休みを謳歌します。

夜通しビーチで音楽をガンガンかけ踊って騒いでいました。

シネマグ
サメの餌になって当然のおバカ大学生たちです(笑)。

ナットは足のないホームレスの男性に会います。男性は「サメに足を食いちぎられた。気をつけろ!」と言いました。

感想を語る犬
うわあ。バリバリフラグ立ちました(笑)

ミリーたちはそのホームレス男性に冷たく接します。

ナットたちは一晩中飲み明かしました。

翌朝、トムとグレッグは岸にあった水上ボートに勝手に乗ります。

2台の水上ボートにナットやミリーも乗り込み、みんなノリノリで沖に出て爆走しました。

グレッグはチキンレース(お互いを目指して突っ込んでどちらが先に避けるかの度胸ゲーム)を仕掛けます。もう1台に乗っているタイラーも叫び一歩も引きません。

チキンレースの結果2台は衝突し、みんな海中に投げ出されました。

感想を語る犬
サメさん!お願いだから早くこのバカ学生たちを食べちゃって〜!

グレッグは足を解放骨折しています。血がダラダラ出ました。

水上バイクは故障して動きません。岸は遠いです。みんな水上バイクの上で、パニックになりました。

タイラーは遠くにいたヨットに助けを求めるため泳いでいきますが、サメの背びれが見えます…。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ・海外評価

水上バイクの上という変わり映えしないワンシュチュエーションでの微妙な緊張感の中、時間が鈍重に流れていきます

アイデアだけ思いついて映画を撮ってみたものの、「殺風景だし展開も作りづらいし退屈になっちゃった」という残念な感じ。

シネマグ
つまり端的に言うと駄作です…。B級サメ映画マニア以外には苦痛でしょう(笑)

『海上48hours 悪夢のバカンス』は海外大手レビューサイトの評価も100点中30〜40点台とかなり低め。

「サメがこのフィルム(映画)を食ってくれなくて残念。そうすれば貴重な時間を救えたのに」

「本作の登場人物が食われたのが現実の事件でも、世界がよりマシになるだけ」のような笑えるコメントがありました。

おすすめ度42%
サメの怖さ60%
グロさ76%
ストーリー38%
IMDb(海外レビューサイト)4.3(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家 43%

一般の視聴者 32%

※以下、『海上48hours 悪夢のバカンス』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

『海上48hours』ネタバレ感想・評価

退屈に尽きる

映画『海上48hours 悪夢のバカンス』の評価は39点。サメが人が食い千切られていく凄惨な内容にも関わらず眠くなりました。

まずまずのクオリティだった『海底47m』『海底47m 古代マヤの死の迷宮』と比較すると満足度・スケール共に圧倒的に下がっています!

シネマグ
ストーリーも演出も退屈で、早く時間が進まないかと着けてもいない腕時計をチラ見してしまいました。

まず登場人物たちがみんなアホすぎて救えません

感想を語る犬
むしろコイツらがサメに食われるのは自然淘汰的に正しいのでは?

ジェットスキーのチキンレースで事故るのも笑えます。

「どちらかが避けなければぶつかる」と知らないのかもしれません。よく大学に受かりましたねレベルです。

さらにジェットスキーで事故ったあとにボート上で、主人公・ナットが彼氏・トムのスマホを見て、そばにいる親友ミリーと浮気していたと知って痴話喧嘩が勃発

あまりに間抜けな展開が続いて共感ができず「まあコイツらならサメに喰われてもいいか…」という気持ちになり、緊張感が削がれるのです。

また、オープニングからサメが出てきて最初のグレッグを襲うまで30分くらいかかり、「そんな凝ったストーリーでもないのになぜこんなに待たせるんだ」とちょっとイライラしてしまいました。

あとは基本的に舞台は青い海原とジェットスキーだけなので視覚的に飽きてきます

ジェットスキーに乗ってサメを警戒するキャスト

同じくサメ映画の『ロストバケーション』のように展開がコロコロ変わっていくのでもなく、水上バイクは狭いから誰かがちょっとはみ出して食われそうという似た状況がずっと続くのです

いきなりサメが出て驚くシーンもちゃんとあるのですが、全体的には緊張感がなくかなり退屈です。

水中からのサメ目線カットがウザい

登場人物がみんなおバカなのは、サメに食われる瞬間がカタルシスになるというメリットもあります。

特に泳げない浮気女・ミリーが犬かき最中にガブリとやられて白目になりながら下半身を食いちぎられて死んでいく様子は爽快でした。

シネマグ
ただ本作の演出で気になったのが、水中から海上の主人公たちを映す似たようなカットが多すぎたこと。

出来事と出来事のつなぎに必ず水中からのサメ目線カットが入ります。数回ならいいですが、何回も使うとは…。

これが本当に退屈で、鑑賞中にため息が漏れました。

このサメ目線的なシーンを入れすぎたがためにホホジロザメについても「いるのかいないのかよくわかんねえし、攻撃する決断力の乏しい使えねえヤツ」という認識になってしまい、アホな大学生どころかサメすら応援できない作品になってしまいました。

爆笑のラスト考察

直っちゃったジェットスキー!

直ったジェットスキー

故障したジェットスキーが直ったという終盤の展開も微妙。

感想を語る犬
パイプを繋げるだけで直るなら最初からなんとかできそうなもんですけど…。
簡単に直るなら、一旦直ってちょっと進んだけどまた壊れたみたいな展開のほうが盛り上がりませんか?
ただまあ登場人物はみんな低脳なので、映画にしてはそこまで高くないハードルを最後の最後でやっと乗り越えたという結末にもそこまで違和感がないといえばないかも…。

挟まったサメ…

  1. ラストシーンはジェットスキーがビーチにつく寸前で座礁
  2. 主人公ナットが泳いで逃げるも巨大サメが後ろから迫る!
  3. サメが浅瀬の岩に挟まってナットが助かる

ちゃんちゃん。じゃないでしょう!

序盤ならともかくラストでサメが挟まってピンチ回避って結末としてしょぼすぎません?

シネマグ
『ジョーズ』(1975)が演出でもストーリーでもいかに偉大だったかわかりますね。

『ジョーズ』から47年が経過…。サメ映画界に進歩の兆しなし?

最後のまとめ

サメ映画『海上48hours 悪夢のバカンス』は変わり映えしないワンシュチュエーション展開、鈍重なテンポ、登場キャラの間抜けさが際立った退屈な作品でした。

感想を語る犬
これを劇場で見た私は負け組でしょうか?

まあサメ映画に駄作はつきもの。数多の駄作を肥やしにして傑作が生まれることを願って合掌!

ここまで読んでいただきありがとうございます。『海上48hours 悪夢のバカンス』レビュー終わり!

2022年公開の駄作映画レビュー関連記事

関連記事

マーベル『ソー:ラブ&サンダー』(ソーラブアンドサンダー)!ジェーンがムジョルニアをぶん回し、ヴァルキリーも大活躍!しかし物語としては詰め込みすぎな上にコメディ過ぎて超微妙!ぶっちゃけ内容的には結構ひどいです。[…]

映画『ソー:ラブ&サンダー』