いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』

Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』感想ネタバレ全話あらすじ評価!3DCGグロアニメ,ダメなストーリー解説

Netflixオリジナル『バイオハザード:インフィニットダークネス』は、レオンが軍部の闇をめぐって生物兵器と激しいバトルを繰り広げるフル3DCGアニメ

まるでゲームをしているかのような臨場感に、わかりやすい悲劇のストーリーが楽しめました!

本作のシーズン1の見どころ全4話のネタバレあらすじ評価感想グロシーン考察などを徹底解説しています。

作品を未視聴の方は見どころから先はネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』作品情報

youtu.be

公開・制作国:2021年7月8日 Netflix 日本

英題:『Resident Evil: Infinite Darkness』

監督:羽住英一郎

脚本:武藤将吾 羽住英一郎

原作:カプコン

レオン・S・ケネディ/声:森川智之

クレア・レッドフィールド/声:甲斐田裕子役

映画『太陽は動かない』や 『海猿』シリーズで有名な羽住英一郎監督がメガホンを取りました!

見どころ

大人気ゲームのアニメ化だけあって、ゲームをしているかのような臨場感が得られます。

あとはフル3DCGなので、実写で表現できないような過激なグロシーンも多数。

グロ・ゴアや、『ウォーキング・デッド』などゾンビ作品が好きは楽しめるでしょう。

ただ、ストーリーには粗い部分も多く、整合性を重視する人はつまらないと感じてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

『バイオハザード:インフィニットダークネス』評価・感想レビュー

アニメ『バイオハザード:インフィニットダークネス』評価は75点

2021年のネトフリアニメだと『ウィッチャー狼の悪夢』には劣りますが、十分楽しめました。

フル3DCGより実写がよかったなあ…と思っていましたが、想像以上にリアルで、クレアのそばかすまでキレイに再現していたりと、見応えがありました。

バイオハザード:インフィニットダークネス そばかすのあるクレア

アクションも迫力があったし、ゾンビの皮膚とか生々しくてグロかったです。

Netflix映画『モンスターハンターレジェンド・オブ・ザ・ギルド』とかより見応えがありました。

テクノロジーの進歩ってすごいですね(やっぱりまだ実写の方が動きとかはスムーズですが)。

ストーリー面ではジェイソンの地獄のような悲劇が印象的でした。

  • 戦場で仲間を救助に向かったため部隊全員が感染
  • ジュンシーたちが施された残酷な実験を知る
  • ゾンビ地獄を切り抜け、抑制剤を打たないとゾンビ化する体質に
  • 帰国後部下が全員自殺する

ジェイソンかわいそすぎですね。

ジェイソンの半生こそ、まさにタイトル通りInfinite Darkness(無限の闇)といえるでしょう。

物語の辻褄が合わなかったりクレアがあまり活躍しなかったりと残念なポイントもありましたが、ストーリーは概ね良かったです。

スポンサーリンク

ゲームのようなアクション!

今作最大の見どころは最終回第4話のタイラント化したジェイソンとレオンの対決!

クレアが制御室でジェイソンの足場を下げつつ、レオンがロケットランチャーをぶち込んでいく演出は、バイオハザードのゲームをプレイしているかのような臨場感が楽しめました。

他にも主観でゾンビを撃つシーンなど、ゲームっぽさ+大迫力

序盤のホワイトハウスで、レオンがノンルックで後ろのゾンビを撃つシーンなどもかっこよかったです。

スポンサーリンク

『バイオハザード:インフィニットダークネス』全話ネタバレあらすじ解説

1話「ホワイトハウスにゾンビ!」

ホワイトハウスのレオン

2006年、レオンはサイバーテロの内部犯を洗い出すため、元軍人ジェイソンやシェンメイ、パトリックらと共にホワイトハウスに呼び出されます。

しかしホワイトハウスはゾンビたちの襲撃を受け、レオンたちはグラハム大統領を守りつつ外へ脱出しました。

ウィルソン国防長官は「サイバーテロは中国が行ったものだ」と説明。大統領の認可を得て、ステルス潜水艦でレオンたちを上海にある生物科学研究所に向かわせます。

2話「潜水艦でゾンビラット」

潜水艦の中でバイオ兵器(BOW)が出現し、操縦士たちが殺されます。

レオンは死体から出現したゾンビラット(ネズミのゾンビ)の群れからなんとか逃げ、ジェイソンたちと脱出します。

レオンはジェイソンが船員たちを殺していたと見抜き、理由を聞きます。ジェイソンが銃を構えたのでレオンは彼を撃ち、逃げるシェンメイを追いました。

3話「ペナムスタンの悲劇」

インフィニットダークネス ペナムスタンでの悲劇

シェンメイは彼女の祖父・ユーエンの屋敷に入ります。レオンは屋敷に侵入し、ユーエンらを銃で脅しました。

シェンメイたちは、朽ち果てたゾンビ(生物兵器)になっている弟のジュンシーを見せます。

2000年、ペナムスタンの内戦に送り込まれた兵士・ジュンシーは、製薬会社と結託したウィルソンにT-ウィルスを打たれ、バイオ兵器にされたのです。

ジェイソンが、戦地で手足のもげたジュンシーを救出。

ジェイソンは現地でゾンビに噛まれましたが、ジュンシーが“抑制剤”をジェイソンに分け与えたおかげでゾンビにならずに済んだのです。

しかし代わりにジュンシーがゾンビ化。

ジェイソンの部隊はみんな噛まれていたので、帰国後も抑制剤漬けの生活になり、みんな自殺したのでした。

ジェイソンの目的は、ジュンシーの体に埋め込まれていたデータチップを手に入れ、ウィルソン長官の悪事を暴露することだったのです。

屋敷はジェイソンに攻撃されて焼け落ち、レオンはシェンメイを助けて脱出。

ユーエンとジュンシーは業火の中に取り残されます。

最終回4話「タイラントになったジェイソンの最期」

モンスター化したジェイソン バイオハザード インフィニットダークネス 最終回ネタバレ

クレア・レッドフィールドは、2000年のジェイソンたちの部隊・マッドドックスのメンバーが彼以外自殺していることを突き止め、ウィルソンを追求しました。

しかしウィルソンの部下に捕まり、バイオ戦士を生み出す地下研究施設に連れて行かれます。

ウィルソンは「ペナムスタンにゾンビ戦士たちを配備し、抑制剤で巨額の富を得る」と語ります。

ウィルソンは製薬会社・トライセルと結託しており、ホワイトハウスを襲ったゾンビも彼の仕業だったのです。

そこにジェイソンが現れます。

ジェイソンは抑制剤を打たず緑色の強力なタイラントに変形し、ウィルソンを噛みました。

研究施設のシステムはバイオ兵器の出現を検知し、溶解液を流し込んで設備を破壊しようとします。

そこへレオンとシェンメイがやってきました。シェンメイはジェイソンの暴走を止めようとしますが、彼に首の骨を折られて死亡。

ジェイソンは世間に自分の姿を見せて、ウィルソンの悪事を訴えるため、大統領演説が行われている地上へと向かいます。

レオンはクレアを助け、ジェイソンにロケットランチャーを放ちます。しかし命中せず、鉄筋を投げられて階下に落下。

レオンは銃火器でジェイソンの右腕を吹っ飛ばしますが、彼にわしづかみにされてしまいました。

なぜかジェイソンはレオンを離します。レオンは側のレバーを下げ、自分たちが乗っていたコンテナを落下させました。

レオンはクレーンのロープに捕まり、ジェイソンは溶解液に落下してドロドロに溶けます。

ドロドロに溶けて胴体と顔だけになったジェイソンは「今度はお前が恐怖を拡散するのだ」と言い残して死亡。

後日、レオンはクレアからジュンシーのチップを公表するように言われますが、断ります。

Netflixアニメ『バイオハザード:インフィニットダークネス』終わり!

ラストでレオンがデータを公表しなかった理由

レオン・S・ケネディ

レオンはウィルソンの悪事が暴けるデータを公表しませんでした。

なぜなのか〜?

きっとジェイソンを英雄のままにしておきたかったからでしょう。

ラクーンシティで地獄を経験したレオンは、ジェイソンの中に自分と同じような悲しみが宿っているのに気づいたのです。

ジェイソンも同じ想いだったからこそレオンを殺さず、最後に「お前が恐怖を拡散しろ」と言い残したのだと思います。

レオンの男気とジェイソンの悲哀がありありと描かれたかっこいいラストでしたー!

ストーリーの時系列とダメな点考察

米軍が吊るされたのはいつ?時系列補足

『バイオハザード:インフィニットダークネス』は2000年のペナムスタンの内戦(過去)2006年現在の2つの時間軸で物語が進みます。

ストーリーでは特に2000年のペナムスタンの時系列がわかりにくかったので整理してみました。

  1. ジェイソン部隊がジュンシーを助ける
  2. ゾンビたちに襲われる
  3. ウィルソンがMk77で街を爆撃
  4. ジュンシーゾンビ化
  5. 街外のテントにシェンメイがくる

という順番なのですが、第1話で米兵たちがペナムスタンのゲリラに捕らえられているシーンは時系列のどこなのか?という疑問が浮かびますよね。

結論から言うと、吊るされていたのはジェイソンたちではなく別の兵士たち(ウィルソンの実験にされたアルファ2部隊?)なのだと思います。

なので時系列的に2と3の間入ると思いますが、ジェイソンたちでないなら時系列はあまり関係ないですねー。

第1話でジェイソンたちが敵のランチャーで吹っ飛ばされた直後、ゲリラに捕らえられたシーンが入るので、吊るされているのジェイソンたちじゃね!?となりますよね。

吊るされている中に腰から下がない兵士もいるのでジュンシーか?と思いきや、ジュンシーは足の大腿部まではあるので違う人物です。

薄暗くて吊るされた人物たちの顔がわかりにくいですし、シーンの繋げ方もわざと混乱させてストーリーを複雑にする狙いがあったのでしょうか。

(本当はこうだよ!というのがあったらぜひコメントしてください。)

財閥の孫が軍隊入る+ご都合主義

あと、なぜシェンメイととジュンシーは財閥の孫であるにも関わらず米軍に入隊したのか?という点も気になります。

財閥で金持ちの子息が姉弟2人とも軍隊に入隊しているのがちょっと不自然。

また、上海のシェンメイの祖父の屋敷を襲撃したのはジェイソンだと思われますが、なぜ屋敷を攻撃だけしてデータチップも奪わずアメリカに戻ったのかも謎です。

ウィルソンの研究施設の上で大統領が演説を始めるのもちょっとご都合主義的ですね。

R-15指定なのにストーリーは子ども向きだと感じました。

アクションでなくストーリー性を重視する人はつまんないと思ってしまうかもしれませんね。

ただ、ジェイソンの悲劇はそれなりに悲惨で感情移入できましたし、アクションオンリーの実写映画『バイオハザード』シリーズよりはまだ物語性があったと思います。

生々しくてグロいシーン!ゾンビラット

Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』のゾンビラット

『バイオハザード:インフィニットダークネス』はフル3DCGなのもあってか、攻めたグロシーンも多かったです。

1番グロかったのは、ゾンビ化したジェイソンがレオンに腕を吹き飛ばされて、突き出た骨が丸見えのシーン。

実写なら吐いていたでしょうw。

あと個人的には、皮膚がグジュグジュになっているゾンビラットも気持ち悪かったですー。

全体的に映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』と同じくらいグロかった印象。

でもまあNetflix作でいえばイナゴホラー『群がり』よりは気持ち悪くなかったですね。

そういえば『アーミー・オブ・ザ・デッド』ではトラゾンビが出てましたが、本作ではネズミゾンビですねー。

ちなみに同じくゾンビモノの『キングダム:アシンの物語』ではシカのゾンビが登場しました。

最後のまとめ

Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』はフル3DCGによる挑戦的なアクションやグロシーンが楽しめた一方、ストーリーはジェイソンの悲劇以外は見どころがありませんでした

もう少しストーリーを緻密にしてくれればもっと良作になっていたと思うと残念。

とわいえ同じくゾンビ系の『ブラッド・レッド・スカイ』などと比べるとエンタメ的に楽しめました。

ウィルソンも抑制剤を打ってまだ生きてましたし、続編のシーズン2もありそうなので、なんだかんだ楽しみです!

アニメ『バイオハザード:インフィニットダークネス』評価・感想・解説終わり!

こちらもおすすめ関連記事



Netflix公開日本作品おすすめ記事

関連記事

Netflixアニメ映画『ブライト:サムライソウル』は かつての戦争で生きる希望を失った主人公・イゾウが、オーク(怪物)の相棒と共にエルフ少女を助けるSFサムライアクション大作!内容だけ聞くとイロモノ駄作になるのでは?という勝手なイ[…]

Netflix映画『ブライト:サムライソウル』