CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

Netflix『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』ネタバレあらすじ評価感想!ペスト医師ヴィラン映画解説・他のヒーローと比較考察

Netflixロシア映画『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』

Netflixロシア映画『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』はコミックを基にした派手な刑事アクション!

事件解決のためには関係者の暴行もいとわない刑事グロムが、ペスト医師のコスチュームを着たようなヴィラン・疫病ドクターに立ち向かっていきます。

ネタバレあらすじや、率直な感想・評価考察を書いていきます。

 

Netflix『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』作品・キャスト情報

youtu.be

公開・制作国:2021年7月7日 Netflix ロシア

原題:Mayor Grom: Chumnoy Doktor

監督:オレグ・トロフィム

脚本:アルテョム・ガブレリャノフ

原作:アルテョム・ガブレリャノフ作コミック『刑事グロム』

主演:ティーコン・ジズネフシキー/刑事グロム役

出演:ルボフ・アクショノーヴァ/ユリア役

出演:セルゲイ・ゴロシュコ/セルゲイ役

出演:アレクサンドル・セテイキン/ドゥービン刑事役

主役の刑事グロムを演じた俳優ティーコン・ジズネフシキーは、映画『ファイアー・ブレイク 炎の大救出』などにも出演。

映画『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』ネタバレあらすじ解説

ロシアのサンクトペテルブルクが舞台。

荒くれ刑事イーゴリ・グロムは、強盗のトラックにゴミ清掃車で突っ込んで彼らを逮捕。

後日、グロムが以前捕まえた少女ひき逃げ殺人犯キリルが法廷で無罪になります。彼は判事や検事に賄賂を送っていたのでした。

ひき逃げで死亡した少女の兄リョーシャは怒りに震えます。

そんな中、キリルが疫病ドクターと名乗る人物に火炎放射器で殺され…。

☞クリックで刑事グロムVS粛正の疫病ドクターネタバレあらすじ表示

疫病ドクターは黒いスーツに鳥のようなクチバシと頭を着けた人物で、金持ちたちの粛清を宣言。SNSで殺人動画がバズり、一躍貧困層たちのヒーローになります。

グロムは担当を外され、12個の冷蔵庫が盗まれた事件を操作しろと言われますが、新しく相棒になったドゥービンと勝手に疫病ドクターの捜査を開始。

ジャーナリストで動画投稿者のユリアはグロムに近づき、疫病ドクターの似顔絵を手にして独自に調査していました。

そんな中、グロムは金持ちが集まるカジノオープンパーティーに潜入。疫病ドクターの模倣犯たちが侵入し、立ち向かったグロムと乱闘になりました。

後日、グロムは動画で疫病ドクターが言っていた“ヴィメステ(一緒に)”という言葉が気になり、ロシアの大手SNS会社ヴィメステのCEOセルゲイ・ラズモフスキーを尋ねました。

セルゲイに軍事会社に何を発注したのか尋ねると、彼に殴られて気絶します。

セルゲイの中には、親友で軍で死んだオレグという人物として、凶悪なもう一つの人格が存在していたのです。その人格こそ、疫病ドクターの正体でした。

グロムが起きると、疫病ドクターのスーツを着せられて事件を起こしたビルの屋上にいました。逃げますがドゥービンのテーザー銃で感電して捕まってしまいます。

疫病ドクターの正体にされたグロムは、ドゥービンとユリアの力を借りて留置所から脱走。

街ではセルゲイの扇動で暴動が起こっていました。

グロムたちは格闘の末、セルゲイを倒して逮捕します。

その後、グロムたちは盗まれた12個の冷蔵庫の事件も解決。

一方中東では、セルゲイの親友で死んだはずのオレグがセルゲイ逮捕のニュースを見ていました。

Netflix『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』終わり。

 

刑事グロムVS粛正の疫病ドクター/感想・評価

Netflix映画『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』の評価は74点

ひとことで言えば、ちょっと無難なアクション良作。

疫病ドクターのペスト医師のようなビジュアルがインパクトありましたね。

セルゲイの親友・オレグが疫病ドクターの正体と思いきや、実はセルゲイが2重人格だったというファイト・クラブのようなオチには斬新はないですが、もって行きかたが巧みで上手く機能していました。

分析するとオレグが離れたドアから入ってきたり、セルゲイから遠い場所でしゃべっていたことで、彼が二重人格だと想像しにくかったと思います。

ただ、ストーリーの見どころはそこぐらいでしょうか。

アクションは、ファイトに火炎放射器が持ち込まれているところなど見応えがあり、迫力もありましたが、アイデアに際立ったところが感じられません。

あとは刑事グロムのキャラの描き方がもう少しだけ深かかったらもっと没入感があったと思います。

キャラクターは伝わってくるのですが、過去に何があったかなどもっと知りたかったです。

映像美に圧倒される

ロシアの美しい街並み・建物『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』

映像的には、グロムが捜査で半グレたちに暴行を加えているシーンがケバブのごとく回転して切り替わっていくのが斬新でした。

映像は全体的に美しさ重視な感じでしたね。

映画『シルバー・スケート』もそうでしたが、ロシアの街並みが美しさに貢献していると思います。

刑事ドラマにスーパーヴィランを加えたアクション

全体の感想をまとめると、刑事アクションにヒーロー要素を加えた以外は無難なつくりの良作となるでしょう。

主演俳優のティーコン・ジズネフシキーは渋かったしアクションもいけるので、『007』シリーズっぽいものが合いそうです。

あと、宣伝ではスーパーヒーロー映画という触れ込みだったと思いますが、ヴィランがスーツをきているだけで、主人公は普通の刑事ですし、スーパーヒーローっぽい感じは少ないです。

スーパーヒーロー映画に分類していいかは疑問ですが、バットマンでいうとゴードン警部が主人公だと考えればありでしょう。

ちなみに、セルゲイがボッティチェリの絵画 『ヴィーナスの誕生』の裏にスーツを隠していましたが、ヴィラン・疫病ドクターは鳥をモチーフにしていたので、絵画に描かれた荒っぽいことで知られるゼピュロス(羽生えてる神)とかけているのかもしれません。

アクションを何パターンも楽しめる!

刑事グロムがピンチに陥ると、「よく考えろ」と自問し、彼の脳内でのシュミレーションが何パターンも繰り広げられるのが良い演出でした。

グロムがビルから落下したー!と思いきや、脳内かい!みたいな驚きとツッコミの連続で、その部分は面白かったです。

冒頭の強盗を追うシーンも

グロム刑事の敵はロシアのバットマン・ジョーカー

ヴィランの疫病ドクターと刑事グロム

刑事グロムのセルゲイは、バットマンとジョーカーをまんま融合させたようなヴィランでしたね。

実業家でスーツを着た義賊→バットマン

大衆を扇動するサイコパス→ジョーカー

という、2つの要素が組み合わせられています。

冒頭の銀行強盗もおかしな仮面をかぶっていて、『ダークナイト』のオープニングっぽいですし、

『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』のオープニングの強盗たち

後半で大衆がみんなマスクをかぶって暴動を起こすのも、ホアキン・フェニックスの映画『ジョーカーJoker』にあやかりたい気満々な感じがします。

『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』の制作陣には、しっかり貧困層という社会的なテーマを入れて、作品を奥深いものにしようという意図があったのでしょう。

ただ、貧困層の描き方が浅くてやっつけ感が拭えません。

舞台のサンクトペテルブルクは、バットマンでいうゴッサムシティなのでしょうけど、なぜそんなに貧富の差が拡大して治安が悪いのか、もう少し説明があった方がリアリティが出てのめり込めたと思います。

あと、最後のセルゲイが精神病棟で黒い羽を纏った自らの影に怯える様子は、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』っぽいです。

そして精神病棟オチは『バットマン・フォーエヴァー』のリドラーにも似てますね。

Netflix『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』は完成度は高いですがいろんなアイデアをごちゃ混ぜにした、料理に例えるとすき焼きのような映画にも見えました。

最後のまとめ

『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』は刑事アクションにヒーローモノの要素を足した良作でした。

脳内シュミレーションを見せるとか、回転してシーンが展開するとか斬新さもあったのですが、もっとストーリーや登場キャラにインパクトがほしかったです。

今作は世界中のNetflixランキングで1位になってヒットしているので、きっと続編の第2作も制作されるでしょう。

その時は、グロムの過去や街の背景をもっと丁寧に描いてほしいですねー。

Netflix『刑事グロムVS粛正の疫病ドクター』評価・感想レビュー終わり!

Netflix2021公開作品ネタバレ感想おすすめ記事

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com