ひどい駄作…映画『それがいる森』ネタバレ感想・“それ”の正体がつまらん,元ネタや実話考察,酷評

映画『それがいる森』感想マインドマップ

映画『それがいる森』は、実在する場所をもとに制作されたジャパニーズホラー!正直、怖くも面白くもなく、結末も大爆笑のひどい作品でした。

傑作ホラー『リング』の中田秀夫監督が令和の時代に新たな超駄作を送り込んできました

8時間以上たっぷり睡眠をとって、鑑賞中はコーヒーをがぶ飲みしましたがそれでも眠かったです…。つまらなすぎて怒りが湧くタイプの作品でした。

CineMag
どうした中田秀夫…?!『リング』を作っていた頃のお前はどこへ行った?

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・酷評もとになった実話・元ネタ・実在の森の解説・メッセージ考察ストーリーネタバレあらすじ解説を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

『それがいる森』についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

ホラー映画『それがいる森』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『それがいる森』作品情報・キャストと演技の印象

https://youtu.be/Bp6Sv0nS7Y8

公開・制作国:2022/09/30・日本
ジャンル:ホラー
監督:中田秀夫
脚本:ブラジリィー・アン・山田/大石哲也
原作なし/映画オリジナル
撮影:今井孝博
音楽:坂本秀一
制作・配給:松竹
キャスト:相葉雅紀、松本穂香、江口のりこ、上原剣心、眞島秀和、小日向文世

実話をもとに制作されたホラーです(その実話が何かはネタバレの項目で)。

ロケ地は千葉県香取市のエアソフトパークガーデン(よくサバゲーが行われる森)らしいです。

中田秀夫監督について

監督を務めたのは傑作『リング』を世に送り出した中田秀夫。ジャパニーズホラーの創始者的な存在ですが、最新の『それがいる森』ではジャパニーズホラーというジャンルを完全に滅ぼしにかかっています

近年は『スマホを落としただけなのに』(2018)『事故物件 恐い間取り』(2020)がヒットしましたが、特に事故物件は本当に面白くなかった…。

しかし『それがいる森』は事故物件とは比較にならないほどの抜きんでた駄作中の駄作です。

2022年は横浜流星主演で実写映画『嘘喰い』も公開されましたが、原作大改編のうえに面白くもなく炎上しましたね。

同じくジャパニーズホラーの巨匠・清水崇監督が実在する恐怖の村シリーズ(『犬鳴村』『樹海村』『牛首村』)がそこそこヒットしたので、中田秀夫監督や関係者も「実話をもとにした映画を作ろう!」と考えたのかもしれません。

関連記事

映画『牛首村』は清水崇監督による『犬鳴村』『樹海村』に続く恐怖の村シリーズ第3弾。木村拓哉と工藤静香の娘・Kōkiが今作で女優デビューを飾りました!宜保愛子が建物内へ入るのを拒否した実在の心霊スポット 富山県の坪野鉱泉が舞台で、この[…]

映画『牛首村』
シネマグ
しかし『それがいる森』を鑑賞する限り、目論見は完全に失敗したとしか思えません

あらすじ前半(ネタバレなし)

福島の天源山で2人組の強盗が何者かに惨殺される悲劇が起こる。明らかにクマではない。

東京の大手企業社長の娘と結婚したが3年前に義父に家を追い出されてしまった田中淳一(相葉雅紀)は、福島県のとある村でオレンジ栽培をしていた。

ある日、東京にいるはずの息子・一也が家にやってくる。母・爽子と成績のことで大喧嘩したらしい。

一也は地元の小学校で担任の北見絵里先生(松本穂香)に温かく迎えられるが、クラスの男子は冷たかった。

一也はサッカーで地元の男子たちを負かし、タッグを組んだ丸橋祐志と仲良くなる。

祐志は学校裏の天源山に一也を案内する。祐志が作っていた秘密基地に一也は興奮した。

帰り道、2人は銀色の巨大な物体を目撃。撮影しようとするがスマホの電源が切れていた。

翌日、祐志はクラスメイトに銀色の巨大な物体について話すが、だれにも信じてもらえない。

一也と祐志はまた天源山を登り、銀色の物体を探した。

しかし突然“何かに”に襲われてしまい…。

ネタバレなし感想・評価

この作品を劇場に観にいくべきでしょうか?
いいえ。お昼のワイドショーでも見てたほうが全然おもしろいです。
本当はこんなこと言いたくありません。せっかく公開初日に映画館に観に行ったのですから、私としても「超おもしろかった!ぜひ観に行ってください!」と勧めたいです。
でもそれは悪魔に魂を売らない限りできません。そのレベルのひどい駄作でした。つまらなすぎて大炎上した『大怪獣のあとしまつ』(2022)レベルです。
同時期に公開された橋本環奈さん主演の『カラダ探し』のほうがまだ面白い。
シネマグ
この作品が2022年の最新邦画だと思うと泣けてきます…。
怖くもなく間延びしていて演技も微妙、さらに最悪なオチが待ち受けています。最初から最後まで全く面白くないです。
感想を語る犬
期待していた“それ”の正体も超残念!何を楽しめばいいかわからない意味不明な映画でした。
おすすめ度2点
世界観30点
ストーリー14点
Filmarks3.1(5点中)
IMDb(海外レビューサイト)※随時更新(10点中)

※以下、映画『それがいる森』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『それがいる森』ネタバレ感想・評価/正体が最悪

ホラー映画『それがいる森』の評価は25点。完全に赤点です。

鑑賞特典で配られた秘密のQRコードをネット上で公開してやろうと思うくらいの駄作でした(笑)。

まず、“それ”の正体が宇宙人・グレイっていうオチがダサすぎます。

30年前ならまだしも2022年にこのオチ? 妖怪や幽霊でもなく、安っぽいCGの異星人が子供を襲ってました?いやいや…

シネマグ
まだクマのほうが怖いです。ジャパニーズホラー感もゼロ…。

「正体はグレイでした」って原案段階で却下されるべきでは? 企画者もGoサイン出した会社もヤバすぎます。

しかも、あろうことかその宇宙人オチを中盤でネタバラシ

終盤では怖くもない安っぽいグレイが相葉雅紀とその息子を襲い、「オレンジの細菌で宇宙人を撃退できたよん!」というクソみたいなラスト。

宇宙人の弱点はオレンジだった…。この結末を誰が面白いと思うのでしょうか?

怖くもないし、笑いを取りにきてたと考えても滑りまくってます。『大怪獣のあとしまつ』とかはまだ笑えるシーンもあったけど、それすらない感じです。

感想を語る犬
劇場でため息とイライラが止まりませんでした。

実は『リング』を作った頃の中田秀夫監督は宇宙人とすり替えられているのでは!?と思わなければやってられないひどい内容でした。

この映画で何を楽しめばよかったかずっと考えてますが未だに謎です。逆に制作のドキュメント映像が見てみたいと思いました。

制作陣には良くも悪くも感性が一般人とかけ離れた人しかいないのでしょう。本作よりはまだそのドキュメントのほうが面白くなりそうです。

唯一よかったのはグレイの腕がいきなりヌルッと出てくるカットくらいでしょうか。

そこ以外は序盤・中盤・終盤のすべて、ありとあらゆる要素がダメダメ。演技もコテコテ、ケレン味たっぷりで演出にも問題があると感じました。

まず序盤、東京から福島に転校してきた相葉雅紀の息子がクラスにうまく馴染めないさわやか3組みたいな展開であんなに尺を使う必要ありました?

シネマグ
小学生がサッカーしてる作品を見にきたわけじゃないんですけど…。

序盤から見ているのが辛かったです。映画館にいるのがこれほど苦痛に感じたのは久しぶり。お金を払って何を見せられているのか頭が混乱してきました。

それそれのシーンがいちいち間延びしていたのも非常に気になりました。

例えば松本穂香が懐中電灯を他の先生(モブキャラ)に渡すところなんかバッサリカットして大丈夫だと思うのですが…。そんな場面の多いこと多いこと。

感想を語る犬
不必要な場面によって全体が出汁の入ってない味噌汁みたいに味気なくなってました。
邦画界の崩壊を2時間見せつけられ、本当に胸が痛いです。海外の人に見せたら100%笑われますよ。気づいたら“ホラー後進国日本”の住人です。

考察

元ネタとなった千貫森

『それがいる森』のモデルになった場所は福島県福島市飯野町にある千貫森。

UFOの目撃情報が多く、エンドロールでは実際に千貫森付近で撮影された未確認飛行物体の映像が流れていました。

本作は一応これらの実話をもとに制作されています。

宇宙人の目撃情報もあるようですが、真偽は不明。

実話と宣伝しつつ、オカルトブームの火付け役だった雑誌・ムーくらいのリアリティラインです。

まあホラーなので元ネタに現実味はいらないっちゃそうですが、斬新さもないのがイタい。

雑誌・ムーの最盛期って1980年代ですよね。なぜ令和の時代に「森の中にいたのは宇宙人だ!」をやろうと思ったのか気になります。

百歩譲って宇宙人オチでもいいですけど、見た目がそのままグレイはちょっとキツいです。(グレイはTVのミステリー番組の時間稼ぎ枠に成り下がっているというのに…。)

ジョーダン・ピール監督の『NOPE』がこれ系のSFホラーの最先端を走っているとしたら、『それがいる森』は周回遅れの最後尾です(笑)

何が言いたかったの?

超つまらなかった『それがいる森』ですが、いったい何を伝えたかったのでしょうか?

ヒューマンドラマとしてのメインは、相葉雅紀演じる父と、「お父さんは逃げてる!」と言っていた生意気な息子・一也の関係性の変化があります。

ただ、この人間ドラマはツッコミどころ満載すぎて全く感動できませんでした。

あとは視点を広げれば、本作では細菌に感染したオレンジ果汁が異星人を撃退したこともあり“意味がないことなどひとつもない”というコンセプトがあったと思われます。

3年前に淳一が義父に追い出されて福島に移住したのも、オレンジを栽培するようになったのも、60年前の事件を目撃した児玉がいまだに独自で研究を続けているのも全てに意味があることだったのです。

ぶっちゃけM・ナイト・シャマラン監督の『サイン』に似てますが、『それがいる森』には一筋の運命を浮かび上がらせる意図があったのではないでしょうか。

感想を語る犬
そう捉えると少しは納得できるような…。いや、やっぱり無理です。完全なる駄作です(笑)。

映画『それがいる森』ネタバレあらすじ解説

次々に襲われる住民

祐志は未確認生物に襲われてしまう。一也は走って逃げるが転んで気絶した。

夜、淳一はスマホの位置情報で一也が天源山にいることを突き止め、気絶していた一也を助け出す。

一也は軽傷だったが何が起きたか話したがらない。

付近の住民や淳一、絵里先生も含めて祐志の捜索が開始されるも手がかりはなし。大きな円形に土が焦げたクレーターのようなものが発見される。

一也は責任感から行方不明になった祐志のスマホを探すため1人で天源山に入る。迷っていたところを位置情報を見てやってきた淳一に助けられた。

“それ”の正体発覚!

翌日、淳一は山に入り、行方不明になった祐志のスマホを回収。中に宇宙人・グレイのような写真が写っているのを見つけ、愕然とする。

その後、一也のクラスメイトの女子が、夜家で謎の生物に引きずり出され行方不明に。

淳一はオレンジのビニールハウスで大きな銀色の宇宙人・グレイを発見。

襲われそうになったが、なぜか宇宙人は逃げていった。

淳一は絵里先生にその件を話した。60年前にも似た事件があったことを知った2人は、当時天源山で行方不明になった小学生と一緒にいた児玉という人物に話を聞く。

彼はUFOや宇宙人を独自で研究しており、60年前に小学生を連れ去った現場を見たが、間違いなく宇宙人だったと話した。

ラスト結末

一也を心配して東京から爽子がやってくる。

児玉から電話があり、「宇宙人は子供の成長板を食べて体を大きくしているのではないか」という仮説を聞かされる。

天源山に誘拐犯が隠れていないか警察による大規模な捜索が行われる。生徒たちは捜索が終わるまで学校で待機することになった。

山に入った警察関係者たちは全員宇宙人に襲われて死亡。

夜になると、宇宙船のエネルギーであたり一帯が停電になる。

校門付近に宇宙人が現れ、警備たちが殺された。先生たちはパニックになる。宇宙人が向かってくる。絵里は生徒を体育館の地下室へ避難させた。

一也はひとりで宇宙人のおとりになった友達を心配して別行動を取る。友達が山に連れ去られるのを見て、一也も山へ入っていった。

淳一はまだ学校にいる一也を心配して家を出る。天源山に入ると、一也は大きく口を開けたグレイに襲われそうになっていた。

淳一は細菌に感染したオレンジ果汁を塗りつけた棒で宇宙人を撃退。しかし追ってくる。

淳一と一也は宇宙人に飲み込まれるが、なぜか宇宙人は死亡。淳一が持っていたオレンジの果汁が宇宙人の弱点だったのだ。

危機を察した宇宙人たちは警報を鳴らす。絵里や生徒を襲おうとした宇宙人も去っていった。

1ヶ月後、淳一は爽子と元気にサッカーをする一也を見つめている。

一也は祐志の秘密基地にあった遺品を絵里先生に預け「祐志の両親に渡してほしい」と言った。

映画『それがいる森』終わり

おまけ動画レビュー

最後のまとめ

ホラー映画『それがいる森』は、現代に作られたとは思えないほどの低クオリティ、面白みゼロの超駄作でした。

シネマグ
ジャパニーズホラーという牙城はこのまま崩れ去っていくのでしょうか?

なんだかとても切ない気持ちになりました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『それがいる森』レビュー終わり!

ジャパニーズホラー映画の関連記事

関連記事

清水崇監督の映画『犬鳴村(いぬなきむら)』(HOWLING VILLAGE)。演出も凄かったし、怖い。普通に怖い。(まあホラー見慣れている人からは酷評されているけど…)もともとホラーが苦手で、Jホラーに関しては中学生で『リング』を観[…]

映画『犬鳴村』
関連記事

清水崇監督の映画『樹海村』見てきました。グロい!虫がキモい!登場人物が死にまくるホラーエンタメで、非倫理的で強烈なメッセージもあり、なかなか楽しめた。記事では あらすじ完全ネタバレ解説 ラストの少女“ねね”のヤバい[…]

映画『樹海村』