いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
Netflixオリジナル映画『レッド・ノーティス』

Netflix映画『レッドノーティス』ネタバレあらすじ感想!オチの伏線解説と評価,アクションとギャグ考察

Netflix映画『レッドノーティス』は、ドウェイン・ジョンソンとライアン・レイノルズ・ガル・ガドットが世界7ヵ国を駆け巡る超ゴージャスなアクションコメディ!

なんとNetflix史上最高額の約200億円の製作費が投じられています。

美女泥棒を追いつつ、他の美女に追い詰められる、男のロマンをパーフェクトに叶えた作品です。

ストーリーはお宝を巡って泥棒同士が争うバディモノでシンプルなのですが、さまざまなロケーションでのアクションとシュールなギャグが楽しめます。

記事では本作のぶっちゃけ感想・評価伏線の解説テーマ考察ストーリーネタバレあらすじ解説をしています。

CineMag
ちなみにレッドノーティスとはインターポール発令の国際指名手配の意味。

Netflix映画『レッド・ノーティス』は楽しかった!?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

Netflix映画『レッドノーティス』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2021/11/12・Netflixアメリカ・118分
原題:『Red Notice』
監督・脚本:ローソン・マーシャル・サーバー(『なんちゃって家族』)
制作会社:SEBEN BUCKS/Flynn Picture Company
ローソン・マーシャル・サーバー監督と俳優ドウェイン・ジョンソンは、映画『セントラル・インテリジェンス』『スカイスクレイパー』でもタッグを組んでいます。

ジョン・ハートリー|ドウェイン・ジョンソン

ジョン・ハートリーを演じる俳優ドウェイン・ジョンソン

ジョン・ハートリーはFBI行動分析課に所属する特別捜査官。

美術品盗難のプロファイラーで、国際的な犯罪者ビショップを追っています。

演じるのはロック様ことドウェイン・ジョンソン。2021年は主演した『ジャングル・クルーズ』も公開されました。

スポンサーリンク

ノーラン・ブース|ライアン・レイノルズ

ノーラン・ブースを演じる俳優ライアン・レイノルズ

ノーラン・ブースは元世界一の大泥棒。毎度ビショップに出し抜かれて悔しがっています。

警察官だった父親は愛を持って接してくれず、反発して泥棒になりました。

ライアン・レイノルズは『フリー・ガイ』やマーベル映画『デッドプール』シリーズなどで知られています。

スポンサーリンク

ビショップ|ガル・ガドット

ビショップを演じた女優ガル・ガドット

ビショップは美しい容姿を持った世界一の美術品泥棒です。本名はサラ・ブラック。

頭脳明晰で身体能力も高く、いつもハートリーとブースの先を越します。

女優ガル・ガドットは映画『ワンダーウーマン』シリーズなどで有名。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

あらすじ:FBIのハートリー(ドウェイン・ジョンソン)は、古代エジプトの宝クレオパトラの卵を盗みに入ったブース(ライアン・レイノルズ)を追いかけます。しかし、ハートリーは世界一の大泥棒ビショップ(ガル・ガドット)の共犯者だと思われて逮捕され、ビショップへの復讐を誓うのでした。

何も考えずにポテチ片手に見られるアクションよし、爆笑ありのハイクオリティな映画です。

個人的には期待していた以上に面白くて満足でした。暇つぶしにはぴったりでしょう。

ただ、ストーリー・テーマ性の強い映画が好きな人には向きません。

おすすめ度87%
アクション86%
ストーリー84%
IMDb(海外レビューサイト)7.1(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト批評家40% 一般視聴者92%

※以下、映画『レッドノーティス』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『レッドノーティス』ネタバレ感想・評価

映画『レッド・ノーティス』の主要人物3人

Netflixオリジナル映画『レッドノーティス』の評価は85点。
『007』『ミッション・インポッシブル』『オーシャンズ11』『インディージョーンズ』などを混ぜたような完成度の高いアクションコメディ!
クレオパトラの卵という宝物をどうにか盗もうとするだけのオールドタイプな物語ですが、美女を追いながら美女に追い詰められるコンセプトが良かったです。
女優ガル・ガドットとリトゥ・アーヤの2人の美女のハサミうち!というシュチュエーションがゴージャスですね。
CineMag
泥棒ビショップ、インターポール・ダスの2人とも美人。「美女を追いかけたい。追われたい。冒険もしたい!」という男のロマンが全て詰まっていますね。
考えてみたら、『ルパン三世』の銭形警部を美女にすり替えると『レッドノーティス』になりますね(笑)。
話は変わって、ロケーションがどんどん変わっていく展開も良かったです。
イタリアのローマから始まり、インドネシアのバリ、ロシア、ロンドン、スペイン、アルゼンチン、エジプトときて、最後にまたイタリア・サルデーニャに戻ってきます。
世界七ヵ国にまたがり、世界中を旅行しているようなゴージャスな気分に浸れました。
あと本作でもっとも特筆すべきはライアン・レイノルズ演じるブースと、ロック様演じるハートリーの掛け合い。
コメディシーンのクオリティが高くて楽しめました。特にライアン・レイノルズはとぼけた表情でキレ味鋭いジョークを終始連発して本領発揮。とっても笑えました。
ドウェイン・ジョンソンとガル・ガドットの配役もピッタリでしたが、ライアン・レイノルズがいてこそ『レッドノーティス』だったと思います。
ブースがハートリーを助けるために卵を置いて泉の中に飛び込もうとするシーンは感動してしまいました。直後にハートリーとビショップがグルで恋人同士だと分かるオチでのブースの表情がまた最高!
また、終盤の結婚式のシーンでは世界的歌手エド・シーランが登場して名曲「Perfect」を歌っている最中にインターポール突入。「俺はゲーム・オブ・スローンズに出てるんだぞ!」と捨て台詞を吐いて捕まるオチも笑えました。
アクションについても、ロシア刑務所脱獄での橋爆破など見応えがあるシーンが多かったです。
大迫力の橋の爆破シーン
アイデアとして斬新だったのは終盤で炭鉱でのカーチェイス展開
インディージョーンズはトロッコでしたけど、炭鉱でのカーチェイスは初めて見ました。
ラストシーンは3人でルーブル美術館におり続編をにおわせていましたし、『レッドノーティス』はレビューサイトの評判もまあまあ良いので、パート2が作られるでしょう。

伏線の解説

ビショップの伏線

ビショップという名前はチェスから来ており駒が2つあることから、チェスを知っている人なら序盤でビショップが2人組だと気づいたかもしれませんね。

シンプルですが、なかなか効果的な伏線だったと思います。

アントニーとクレオパトラ

オープニングで説明された「アントニーとクレオパトラ」の物語はシェイクスピアの戯曲。

古代ローマで国や種族をこえて大恋愛をしたアントニー(アントニウス)とクレオパトラの悲劇のストーリーです。

映画『レッドノーティス』を見ていくと「FBIのハートリーと泥棒のビショップの関係はアントニーとクレオパトラと同じだ!」と思い込んでしまい、2人がグルのオチからミスリードさせられます。

ちょっと踏み込んだ解釈だと、一方のブースは第3の卵よりハートリーを選んだので、この2人が本当のアントニーとクレオパトラの関係なのかもしれません。

考察:ファザコンと泥棒の関係

アクションコメディなのであまり気にする人はいないかもしれませんが、『レッドノーティス』はファザコン映画という側面を持っています。

ブースは子供の頃に父親に時計を盗んだ犯人にされて無視された過去があり、他社の評価を得るために泥棒をしています。

一方ハートリーの父親は詐欺師で、最悪なヤツだったと言っていました。

ヒロイン・ビショップも父親に鍛えられて勝つことにしか興味がなく、いつも大きなストレスを抱えていると言っています。

レッドノーティスの3人ともバリバリのファザー・コンプレックス持ちです。

CineMag
3人は盗品にそこまで興味を持っていません。父親の愛という本当に欲しいものが手に入らなかったから、盗み続けて承認欲求を満たしているのでしょう(この結論もなんか笑えてきますが…)。

映画『レッドノーティス』ネタバレあらすじ解説

ローマ

第1の卵を睨むドウェイン・ジョンソン

ローマ将軍・アントニーがエジプトの女王・クレオパトラに贈った“3つの卵”のうち、美術館に展示されている1つ目の卵が盗まれると、情報提供を受けたFBIのジョン・ハートリー(ドウェイン・ジョンソン)。

彼はインターポール(国際刑事警察機構)のダス(リトゥ・アーヤ)と一緒に、1つ目の卵を見張ります。

金でできているはずの卵が熱センサーに反応せず、ハートリーは卵が偽物にすり替えられていると気づきました。展示されている卵にコーラをかけると、みるみるうちに溶けていきます。

ハートリーはその場から逃げた凄腕の大泥棒ノーラン・ブース(ライアン・レイノルズ)を追いましたが、逃げられてしまいます。

バリ島

ハートリーは、世界一の凄腕との呼び名も高い大泥棒ビショップ(ガル・ガドット)から情報提供を受け、バリ島にあるブースの家に侵入して逮捕します。

しかし肝心の卵はビショップにすり替えられてしまいました。

ハートリーのスイス口座に800万ドル振り込まれていることから、インターポール・ダスはハートリーを共犯者として逮捕してロシアの刑務所に送りました。

ロシアの刑務所

ハートリーの刑務所でのルームメイトは、なんと先に捕まっていたブースでした。ブースは食事中にハートりーが警察だと大声でバラし、ハートリーは囚人男性に殴られます。

2人は看守長に呼ばれて部屋へ入りました。そこにいたのは美女泥棒ビショップ。

ビショップは、エジプトの富豪が娘の結婚式の贈り物として3つの卵を探しており、集めれば報酬3億ドル手に入ると言いました。

彼女は5%の分け前で第3の卵の在り処を知るブースを仲間に引き入れようとします。プライドが許さずブースは断りました。

ハートリーは自分の名誉回復のためにビショップの逮捕を誓い、ブースと協力することを決断。ブースの計画で雪山の上にある刑務所を脱出し、ヘリで逃げました

バレンシア(スペイン)

ハートリーはブースと一緒に、2つ目の卵を持つ武器商人ソット・ボーチェの仮面舞踏会に侵入。会場にはビショップもいました。ハートリーがビショップと踊っているとボーチェが近づいてきます。

ハートリーはボーチェの携帯を盗んでパスワードを調べ、ブースと2階の宝物貯蔵部屋の扉を開けます。

部屋の中にビショップがいました。2人はビショップに捕まります。初めからボーチェと手を組んでいたビショップは2人を引き渡しました

ハートリーとブースは、ビショップとボーチェから拷問を受けます。ブースは、第3の卵はエジプトの大ピラミッドの隠し部屋にあると吐きました。

ビショップはボーチェに薬を飲ませて眠らせ、その場をあとにします。起きたボーチェは怒り狂い、ハートリーたちに銃を撃ってきました。

ハートリーたちはなんとか拘束を解いて上に逃げます。扉を開けるとそこは闘牛場まっただ中でした。2人は怒り狂う牛から逃げて観客から拍手をもらいます。

アルゼンチン

ブースはビショップに嘘をついていました。

第3の卵は以前ナチスに所有されており、ブースの父が残した時計に書かれた座標から、アルゼンチンのジャングルの中にあると話します。

2人は何日も歩き、ついにジャングルの地下にあるナチスの巨大倉庫に到着。第3の卵を発見しました。

しかし、ビショップに追跡されており銃を向けられます。

そこへ、ビショップを追跡してきたインターポールのダスたちが突入してきました。ハートリーとブースは仕方なくビショップが運転する車(1937年ベンツ)に乗り込み、3人は炭鉱の道を飛ばします。

インターポールも他の車に乗り込み、炭鉱でのカーチェイスが繰り広げられました。

炭鉱は滝の裏側に続いており、3人は車で滝壺に突っ込みます。

ブースは卵を拾って岸にあがりますが、ハートリーの姿がありません。彼は卵を置いてハートリーを探し始めました。ハートリーは木の影から出てきて、卵より友情を優先したブースを笑います

ビショップも岸に上がってきました。ブースは勝利宣言をします。しかし突然、ハートリーとビショップが熱いキスを交わしました。

2人はグルで、2人でビショップだったのです。ボーチェの拷問でハートリーが手錠を開けられたのもビショップがこっそり鍵を隠していたからでした。

ブースは呆然とします。ハートリーは彼を木に縛りつけました。

エジプト:結婚式

ビショップとハートリーは2人でエジプト大富豪の娘の結婚式に参加。

新婦は贈られた3つの卵より、特別ゲストとして歌ったエド・シーランに夢中になります。

そこへインターポールのダスたちが突入。富豪もエド・シーランも捕まりました。

サルデーニャ島:ラスト結末

ハートリーとビショップは、イタリアのサルデーニャ島沖の豪華ヨットで2人だけの時間を楽しんでいました。泳いでボートに上がると、なんと逮捕されたはずのブースがいます。

ドウェイン・ジョンソンとガル・ガトット

ロシアの刑務所から再度脱獄したブースはインターポールに情報提供し、ハートリーたちのスイス口座にある卵の報酬300億ドルを凍結

ブースは「仲間になるか、インターポールに逮捕されるかだ」と決断を迫りました。

インターポールのダスは、逃亡した3人をレッドノーティス(国際最重要指名手配)に指定します。

その後3人は、フランスのルーブル美術館にやってきて、新たなお宝を盗もうとしていました。

最後のまとめ

Netflix『レッドノーティス』は3人の大スター、ドウェイン・ジョンソンとライアン・レイノルズ・ガル・ガドットが世界をめぐり、迫力のアクションと笑いを提供してくれた良作でした。

ドウェイン・ジョンソンとライアン・レイノルズの相性抜群ですね!ガル・ガドットもいつも通り美しいですし、ぜひパート2も期待しています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。映画『レッドノーティス』レビュー終わり!

2021年アクション作品レビュー記事

関連記事

映画『007ノータイム・トゥ・ダイ』(007 No Time to Die)はダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を務める最後の作品。ボヘミアン・ラプソディで有名になったラミ・マレックがヴィラン・サフィンです。ボンドが衝[…]

パロマを演じるセクシーな女優アナ・デ・アルマス
関連記事

Netflix映画『アーミー・オブ・シーブズ』(Army of Thieves)は、ザック・スナイダー監督のゾンビ映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』の前日譚を描いたもの。前作にも登場した金庫オタクの変人・ディーター(セバスティアン)[…]

Netflix映画『アーミー・オブ・シーブズ』

おすすめの関連記事