いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
Netflix『AWAKE/アウェイク』

Netflix『AWAKE/アウェイク』ネタバレあらすじ感想!ひどい駄作映画に眠くなった評価・解説

Netflix映画『AWAKE/アウェイク』は、人類が不眠のパンデミックが起こるSFパニックサスペンス。

しかし見どころが少なく、オチ結末もめっちゃ微妙でした。

本記事ではネタバレあらすじ解説と、感想・評価をぶっちゃけ。

ストーリーの何が良くなかったのかも考察してみました。

主人公たちが眠れないぶんこっちが眠くなったわっ!!

スポンサーリンク

Netflix映画『AWAKE/アウェイク』基本情報

youtu.be

『アウェイク』スタッフ・キャスト

監督:マーク・ラソ

脚本:ジョセフ・ラソ

主演:ジーナ・ロドリゲス/ジル役

出演:アリアナ・グリーンブラット/マチルダ役

映画『アウェイク』評価:感想はつまらなくて眠い!

映画『アウェイク』の個人的な評価は65点くらい。

2021年に視聴したNetflix作品の中でもかなりつまらない方でした。

パンデミック映画『コンテイジョン』と“不眠”を組み合わせたような設定は素晴らしいと思いましたが、見どころは最初に車で湖に突っ込んだシーンくらい。

そこから登場人物はみんな眠れなくなり、逆に視聴者からすると、延々と“眠い”展開が続いていきます

1番ひどかったのは、不眠を防ぐ方法が“仮死状態からの復活”というオチ

医学に詳しくない筆者でも、「そりゃないだろ!」と突っ込んでしまう結末でした。

全体的に見てストーリーに辻褄が合わないところも多かったです。

制作者が「眠れない物語で視聴者が眠くなる現代アートっぽい前衛的な作品を狙っていたなら評価できますが、恐らくそれはないでしょう…。

主人公ジルが数字を覚えられなくなっていくなど、不眠での影響を興味深く表現していたりはしましたが、全体的には面白みに欠けた残念な駄作でした。

スポンサーリンク

アウェイク/ストーリーのひどい点考察!

Netflix映画『アウェイク』マチルダ、ジル、ノア

スポンサーリンク

なぜ仮死状態からの蘇生で助かる?

仮死状態からの蘇生で眠れるようになるなら、なにか体の機能に変化が起こったはずですが、一体何が変わったのでしょうか?

それで人体の機能が大きく変化するとは思えません。

そもそも電磁界が変化してリンパに悪影響が出たからといって、なぜ不眠になるのかもよくわかりません。

モヤモヤが残りました。

スポンサーリンク

みんなで一緒に錯乱して撃ち合うのはおかしい

何日も眠れなくて精神的に錯乱してしまうのはわかりますが、『アウェイク』の軍事施設での撃ち合いのように、銃声を聞いたからってみんな同時におかしくなることはないはずです。

睡眠や人体の疲労回復の機能には個人差が大きいので、冷静に考えれば一人ずつ順番に狂っていくのが自然でしょう。

もうみんな限界で銃声に一気におかしくなった!としたいのはわかるのですが、少し無理矢理な気がします。

映画『アウェイク』ネタバレあらすじ結末

元軍人で警備員のジルは、軍事施設に侵入して睡眠薬などのドラッグを手に入れ、ディーラーに横流しして金を得ていました。かつて自身のドラック中毒で親権を手放してしまった子供たちと、また一緒に生活するためです。

ジルは高校生の息子・ノアとまだ小学生の娘・マチルダを車に乗せて走らせます。しかし、道を走っていた車が全部故障して事故にあい、車ごと湖に突っ込んでしまいました。

ジルとノアはどうにか浮かび上がりますが、マチルダがいません。マチルダは溺れて気絶しており、警官から心臓マッサージを受けて息を吹き返しました。

ジルは祖母・ドリスの家に戻りますが、その日は娘のマチルダ以外は誰も眠れませんでした…。

翌日、世界中の電気回路が全部使えなくなっているうえに、世界的に人類に不眠の症状が出ているとわかります。軍精神科医のブライアンは「このまま眠れなければ人類は滅亡する」と聞きます。

ジルは祖母・ドリスと教会に行っているマチルダを迎えに行きます。教会ではマチルダを生贄にしようと騒動になっており、警官が錯乱してブライアンを射殺しました。

ジルはマチルダを助け、ノアも連れて逃げます。

すでに各地で暴動が起きていました。ジルは自動車屋に忍びこみ、電気回路を使わない昔の車を盗んで、ブライアンから聞いた不眠を回避するための研究をしている拠点へ向かいます。

気がおかしくなって、裸で過ごしている人々など、社会派混沌としていました。

ジルたちが途中図書館で地図を見ていると、ダッジという囚人に車を盗まれてしまいます、中にはマチルダが乗ったままです。

ジルとノアは他の囚人たちに囲まれましたが、ダッジが車で戻ってきたので急いで乗り込み、4人で旅をすることに。

旅をする登場人物4人

途中森で、人を吊るしている変な集団に狙われましたが、なんとか回避します。

ついに軍の研究施設の近くに着きました。ジルはブライアンから、「もう1人眠れる人物がいてその研究をしている」と聞いていたので、中に侵入し、その老齢の女性を助けて、生き残れるマチルダの世話をさせようと考えます。

しかし車で旅立ったはずのダッジが子供たちを乗せて基地の門にやってきました。マチルダは「私は眠れる」と言い、研究を受けることになります。

すでに人類が眠れなくなってから6日ほど経過し、ジルの友人で少佐のマーフィーたちは、覚醒成分を首に注射して何とか研究を続けていました。

マーフィーは「太陽フレアの影響で電磁界が変わり、人体のリンパに悪影響を及ぼした可能性がある」と説明。

そんな中、兵たちは不眠のせいで錯乱しはじめ、敵襲があったと勘違いをしてお互いに撃ち合いをはじめてしまします。マーフィーもさくらんし、マチルダに危害を加えようとしますが、空気の入った注射を自分で打ってしまったため死亡。

ジルはマチルダを助け、ノアのところに行きます。しかし彼も気がおかしくなり、電気回路を触って感電してしまいます。

ジルはAEDでノアを復活させようとしますが、マチルダもろとも感電してしまいます。

目覚めたマチルダは、兄・ノアの呼吸が一瞬止まり、そのあと「夢を見た」と言って起き上がるのを見て、一旦仮死状態になって蘇生すれば不眠は止まるとひらめきます。

ノアとマチルダは死ぬ寸前のジルを川に運んで溺れさせて仮死状態にし、蘇生させました。

ネトフリ映画『AWAKE/アウェイク』END!

最後のまとめ

映画『アウェイク』はパンデミック+不眠の設定は面白いと思いました。

なので『オキシジェン』みたいな予想外の結末が楽しめるSFサスペンスかと期待していましたが、物語が進むにつれてどんどん面白くなくなるひどいプロットでした。

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』や『闇はささやく』などと同じく、ストーリーからして微妙です。

Netflixはオリジナル映画を作りまくるのはいいですが、そのぶんイマイチな作品も多い気がします…。

企画の段階でなぜ「仮死状態からの蘇生で不眠が改善する」のつまらないプロットでOKを出したのかが気になりました。

映画『AWAKE/アウェイク』感想レビュー終わり!

おすすめの関連記事



Netflix映画2021年配信のネタバレ評価

『クワイエット・プレイスパート2 破られた沈黙』ネタバレ感想・評価!←

関連記事

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』 はムキムキの軍人たちが、金を強奪するために知能のあるゾンビと激しい戦いを繰り広げるグロアクション!記事ではネタバレあらすじ解説や、ストーリー酷評、よかったアクションシーン考察などをし[…]

『アーミー・オブ・ザ・デッド』
関連記事

Netflixのスペイン映画『エクストレモ/XTREMO』は、マフィアの義兄弟が血肉の争いを繰り広げる任侠アクション!リアリティのある肉弾戦で殺しまくり。「 ジョン・ウィック」シリーズぽく殺しのア イデア満載でアクションは楽しいけど[…]

Netflix『エクストレモ』