『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ネタバレ感想・ラスト意味考察!評価,あらすじ解説MCU映画

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダフォーエバー』チャドウィック・ボーズマン亡き後のワカンダの女性戦士たちの奮闘を色鮮やかに描きます

CineMag
海上でのバトルは迫力満点!沖縄の映画館は黒人ファミリーで大にぎわいでした!しかしストーリーは〇〇…。

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・評価メッセージ深掘り考察ストーリーあらすじ結末・エンドロールのネタバレ解説を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』作品情報・キャスト

日本公開・制作国・上映時間:2022/11/11・アメリカ・2時間41分
原題:『Black Panther: Wakanda Forever』
ジャンル:マーベルヒーロー・MCU・バトルアクション
年齢制限:G(年齢による制限はありません)
監督:ライアン・クーグラー
脚本:ライアン・クーグラー/ジョー・ロバート・コール
主題歌:リアーナの「ライフ・ミー・アップ」

2018年の前作に引き続き、ライアン・クーグラーが監督を務めます。ブラックパンサー以外では『ロッキー』のスピンオフ『クリード』シリーズも大ヒットさせた世界が注目する人物です。

登場人物・キャスト紹介

ワカンダフォーエヴァー登場人物・キャスト

©︎マーベルスタジオ

主人公・シュリを務めるのはレティーシャ・ライト。『ナイル殺人事件』(2022)にも登場してましたね。

オコエはウォーキング・デッドのミショーン役で大好きなダナイ・グリラ。顔面から伝わってくるパワーやファッションセンスがすごい。

ティ・チャラの恋人の女性戦士ルキアを務めるのはルピタ・ニョンゴ。ジョーダン・ピール監督の『Us』の演技が印象深いです。

関連記事

映画『Us/アス』は、『ゲット・アウト』(2017)や『NOPE/ノープ』(2022)の監督ジョーダン・ピールが2019年に送り出したサスペンスホラー。サスペンスホラーの王道の要素を多く含みながらも、セリフやシーンの生々しさ、予想で[…]

映画『Us/アス』

ラモンダ女王を演じたアンジェラ・バセットもさすがの迫力でした。

ヴィラン・ネイモア役のテノッチ・ウエルタさんは知りませんでしたが、本作でブレイクしそうですね!

あらすじ

ティ・チャラ(ブラックパンサー)が病死してから1年後。

妹のシュリは彼を救えなかったことをまだ後悔しながらハーブの研究に没頭している。

世界ではアメリカなどの大国がヴィブラニウムを手に入れようと、裏でワカンダの研究施設を襲撃させていた。

それを知った女王ラモンダは国際会議で「ヴィブラニウムは絶対に渡さない」と宣言し、捉えた傭兵を突き出す。

ラモンダは、シュリをサバンナに連れ出し、喪服を燃やす。そして兄を思い出し涙するのだという。

シュリはそんなのは迷信だと考えていた。

そのとき川からネイモアという男性が飛び出してきた。

彼は海中王国・タロカンの王で「他の国の船が海で自分たちの資源であるヴィブラニウムを採掘しているから協力して倒したい」と同盟を持ちかける。

ラモンダはいったんネイモアの要求を突っぱねた。

ラモンダはヴィブラニウム探知装置を作ったアメリカの天才学生・リリが狙われることを知り、シュリとオコエは彼女を助けるために現地へ向かうが…。

ネタバレなし感想・海外評価

チャドウィック・ボーズマンがいなくなってしまったブラックパンサーシリーズを女性讃歌として美しくよみがえらせた力作!

私が暮らす沖縄には米軍基地がある関係でアメリカの方が多く住んでいるのですが、本作は黒人の力強さをたたえる側面もあるからか映画館は黒人の家族連れが多く満員。鑑賞中は笑い声や驚きの声であふれていました。

シュリ、オコエ、ナキアら女性戦士の葛藤、ワカンダの行く末をかけた優美な海上バトルは見応え抜群です。

ただストーリーはメッセージ性重視で長いです。上映時間はなんと2時間41分。

感想を語る犬
必ずトイレを済ませてから鑑賞しましょう!
内容はすっごい面白いかと言われると正直微妙。やはり前作は超えてませんでした。
その代わりテーマ性や映像美に重きが置かれています。
おすすめ度80%
世界観87%
ストーリー70%
IMDb(海外レビューサイト)7.4(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家 86%

一般の視聴者 94%

メタスコア(Metacritic)67(100点中)

※以下、マーベル『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ネタバレ感想・評価

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の評価は78点。

映像もメッセージ性もすごかったですが、前作と比較してクールさやエンタメ性に欠けていたと思います。

(それだけ故チャドウィック・ボーズマンが偉大だったということかもしれません。)

今回は海中王国タカロンとワカンダの総力戦ということで、海上での戦闘シーンに手に汗握りました。

爆発で水飛沫が上がるところや、エムバクがネイモアに殴られて装備が砕ける瞬間をスローモーションで映し、その迫力に体ごと引きずり込まれます。

地上・海・艦隊の上、さまざまな場所でバトルが繰り広げられるコンセプトはDCの『アクアマン』のよう。

戦いのロケーションが変わるだけでいくつもの絶品料理を堪能している気分になりました。

前作同様アフリカの打楽器や儀式がフューチャーされています。美しいビジュアル面に加えて民族学的な興味をそそられるシーンの数々に魅了されました。

ダナイ・グリラ演じるオコエの赤を大胆に使った奇抜なファッションがとってもすてき。見応え抜群です(笑)。いっぽうルピタ・ニョンゴ演じるナキアはブルー系でとても美しかった。

いっぽう、ストーリーはエンタメとしてめちゃくちゃ楽しい!というよりは黒人や古代ラテンアメリカ部族が侵略されてきた歴史に対する現代のアンサー的な側面が非常に強かったです。

感想を語る犬
物語として面白いかと問われると、美しい話だけど満足できたとはいえません。

故チャドウィック・ボーズマンをたたえ、前ブラック・パンサーで病死した兄ティ・チャカの面影が消えない妹・シュリ(レティーシャ・ライト)が2代目ブラック・パンサーを継ぐ話で、対抗組織としてタロカン部族が出てくるだけの非常にシンプルな内容。

黒人讃歌に加え女性讃歌のテーマもプラスされ、未来への希望は残す結末は見事でした。

シネマグ
しかし全体として前作ほどの斬新なメッセージがなかったのが少し残念。

前作はアフリカで育った黒人とアメリカで育った黒人同士の葛藤という非常に新しいテーマがあったのですが、本作はそれを「侵略された部族同士の対決」にトレースしたにとどまっていました。

ヴィブラニウムを奪おうとして争いの原因を作ったアメリカにどう始末をつけるのか描かれなかったのもちょっと不満。

ただこの流れでブラックパンサー3がワカンダ VS アメリカになるならワクワクします!

あと、気になったのが、海中部族・タロカンの設定や描写が来月2022年12月公開の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』と酷似してませんか!?

感想を語る犬
ジェームズ・キャメロンのアバターつぶしですよ(笑)。

海中部族・タロカンがクジラにしがみついて攻めてくるシーンには「なんかすごいものを見ちゃった!」という驚きと感動があるのですが、同じような場面がアバター2にあれば感動が薄れそうです(ジェームズ・キャメロンなら別次元かもしれませんが)。

現在、世界の興行収入第1位は『アバター』(2009)。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)が1度その記録を塗り替えたのですが、中国で再公開されたアバターが抜き返したという状態なんですよね。

なので公開時期を『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の少し前に設定したのは戦略というかやっかみもありそうです(笑)。

メッセージ考察(ネタバレ)

被差別民族同士の対決

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は前作と同様、白人そっちのけで「黒人の黒人による黒人のための映画」でした。

新しいのは海中部族・タロカンが15〜17世紀のスペインによるラテンアメリカ征服で海に逃げ延びたという設定。

シネマグ
黒人差別だけでなく、南米の歴史への哀悼が込められています

ワカンダとタロカンがたもとをわかち対決することになるのですが、これは世界史でアフリカの民族がヨーロッパ諸国のコマになって同族同士で争わされる構図とよく似ていますね(ルワンダ虐殺など)。

本作でも、アメリカやフランスなど大国がヴィブラニウムを勝手に採掘したせいで、ワカンダとタロカンの小国同士の戦争が勃発してしまいます。

ワカンダとタロカンは種族は違いますが、ヴィブラニウムで発展した文明を持ち、平和な暮らしを願っている点では一緒です。

しかし大国が絡んでくると、資源だけでなく先手を打って大国を排除するか、話し合いでどうにかするかで意見が致命的に割れてしまい争いが発生します。

ストーリーはシンプルでしたが、争いがおこるプロセスをうまく描くことで鋭い問題提起が出来ていたと思いました。

マーベルヒーロー映画でありながら、リアルな歴史問題を入れ込んでいるのが素晴らしいと思います。

争いの解決に関してはブラックパンサーとなったシュリも、ヴィラン・ネイモアもお互いを許すという感じで真新しくはなかったのがちょっと残念でした。

しかし細かい点でいえば、シュリはネイモアからもらったブレスレットの繊維でハーブの再生に成功したので、根底では共通の目的のためにつながっていたという解釈もできます。

ディティールにまでしっかりメッセージが込められていますね!

ラストの深い意味

エンドロール中にティ・チャカとナキアの間にトゥーサン(ティ・チャカ)という子供がいたことが明らかになります。

シュリは甥っ子の存在に希望を持つ感動のラストでしたが、ここには他にも深い意味が込められています。

それはワカンダを離れて暮らすトゥーサンの境遇がウンジャダカ(エリック・キルモンガー/前作のヴィラン)と共通なこと。

だから、シュリがハーブを摂取して仮死状態になったときに兄でも母でもなくウンジャダカが出てきたのでしょう。

甥っ子の未来のためです。

ウンジャダカの登場は復讐の炎にのまれて間違った争いをするなというシュリに対する警告の意味があり、その意図がシュリを通してトゥーサンにも伝わると思います。

ウンジャダカなりの罪滅ぼしなのかもしれません。マイケル・B・ジョーダン最高です。

ワカンダや世界が再び危機に陥り、遠い異国で選択を迫られたときトゥーサンはウンジャダカのように間違った決断をしないで済むでしょう。

現実でも、奴隷貿易や侵略によってアフリカ系・ラテン系と呼ばれる人たちは世界中に散らばっています。

散らばった国々で貧富の差もあるでしょう。

そんなときに同じルーツを持つ人々が争ってはならない

ブラック・ライブズ・マター(BLM)の本質を抽出したような素晴らしいメッセージが込められていました。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ネタバレあらすじ解説

海中のタロカン王国

シュリとオコエは、タロカン部族に狙われているリリをワカンダへ連れて行こうとする。

しかしヴィブラニウムを探知できる技術をもった人間を生かしておきたくないタロカンの戦士たちが突然襲来。

オコエは戦いに敗れ、シュリとリリは連れて去られてしまう

シュリは海中にあるタロカン王国に来ていた。

国王・ネイモアは、「数百年前のスペインのラテンアメリカ侵略から逃れるために母が所属する部族が特殊な物体を飲んで水中呼吸ができるようになり、海底に帝国を築いた」と話す。

胎内で特殊物質の影響を受けて生まれたのがミュータントであるネイモアで、彼は足首に羽があるため空を飛ぶことができ、歳も取らず、他のタロカン人たちと違って陸でも呼吸ができるのだ。

ネイモアは母の形見をシュリに渡し、大国の驚異に脅かされる前に先に戦いを仕掛けようと言う。

シュリはその提案をのまない。

ワカンダ VS タロカン

ラモンダ女王はティ・チャカの死後にワカンダを離れハイチへ移住したナキアをたずね、シュリの救出を依頼

ラモンダは交渉するふりをしてネイモアを地上へ呼び出し、そのすきにナキアが水中艇でシュリとリリを助けてワカンダへ戻る

救出の際、ナキアは銃でタロカンの戦士を殺してしまった。

戻ったネイモアは死んだ戦士を見て復讐の火を心に灯す。

ネイモアは戦士たちを引き連れてワカンダに攻めてくる

ワカンダはタロカンの兵器で水浸しになり、たくさんの戦士たちが水中に引きずり込まれて倒された。

ネイモアは建物を爆破して水浸しにし、ラモンダを殺害。「同盟を組まなければ、次は大軍を引き連れてくる」と脅して去っていった。

ラスト結末

シュリはネイモアからもらったブレスレットの繊維でハート型のハーブの再生に成功

それを飲むと仮死状態になる。しかし死の世界で目の前に現れたのは兄でも母でもなく、ウンジャダカだった。

ウンジャダカは「兄のように気高く生きるか、俺のように冷徹に報復をするか選べ」と話す。

意識を戻したシュリは超人的なパワーを身につけていた

リリと新スーツを開発し、新女王としてワカンダをまとめあげて軍船でタロカンを攻めに行く。

新しい青いスーツをまとったオコエや、ナキア、エムバクなど、ワカンダ軍は、船を襲ってくるタロカン軍を迎え撃った。

シュリは戦闘機でネイモアを捉え、砂漠へ連れて行き一騎打ちに持ち込む。肌が乾燥したネイモアは弱り、シュリは腹を鉄棒で貫かれながらも彼に勝利

シュリは怒りに任せてネイモアを殺そうとするが、これでは争いの連鎖が続くだけだと思いとどまった。

シュリとネイモアは戦争の終結を宣言する。

オコエは再び渡米し、協力して捕まったロスを救出した。

エンドロール

シュリはハイチにあるナキアの家へ。

ナキアは死んだティ・チャラとの子供、トゥーサンを紹介した。

ティ・チャラの遺言で安全のためにこの地に住んでいたのだ。

ナキアは喪服を燃やし、亡き兄を思って涙する。

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』END!

最後のまとめ

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は、海を舞台にした大迫力の戦闘シーンと女性讃歌のメッセージが巧にリンクした良作でしたが、時間が161分と長すぎたのが難点。

前半はわりとスローテンポだったのでもっと短縮できたのでは?とも感じましたが、死の儀式などアフリカルーツや文化をしっかり表現するために必要な時間だったのでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』(Black Panther: Wakanda Forever)レビュー終わり!

2022年公開マーベル映画・関連記事

関連記事

マーベル『ソー:ラブ&サンダー』(ソーラブアンドサンダー)!ジェーンがムジョルニアをぶん回し、ヴァルキリーも大活躍!しかし物語としては詰め込みすぎな上にコメディ過ぎて超微妙!ぶっちゃけ内容的には結構ひどいです。[…]

映画『ソー:ラブ&サンダー』
関連記事

マーベル映画『ドクター・ストレンジ2/マルチバース・オブ・マッドネス』(MoM)サム・ライミ監督が良くも悪くもやらかした!マルチバースで完全に遊び尽くしています。CineMagゴリゴリのホラー演出!マルチバースではなく「[…]

マーベル映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
関連記事

映画『モービウス』(Morbius)はジャレッド・レトが不治の病を患う天才医師に扮し、コウモリのDNAからスーパーパワーを得るダークヒーロー作!CineMagアクションでは残像が紫の影としてヴィジュアル化されており、背負[…]

映画『モービウス』
関連記事

ディズニープラス配信のマーベルドラマ『ムーンナイト』 (Moon Knight)はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ4のサイコヒーロードラマ!主人公にオスカー・アイザック、ヴィランはイーサン・ホークという豪華キャ[…]

マーベルドラマ ムーンナイト
関連記事

CineMagマーベル映画『スパイダーマンノーウェイホーム』は、過去作のヴィランだけでなく“あのキャラ”まで登場する胸熱展開が魅力!スパイダーマンとドクター・ストレンジが基軸となり、並行世界であるマルチバースが解放![…]

映画『スパイダーマンノーウェイホーム』