いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
韓国映画『サイコキネシス-念力』

Netflix韓国映画『サイコキネシス-念力』ネタバレあらすじ感想・メタファー考察・メッセージ評価・キャスト解説

Netflixで配信中の韓国映画『サイコキネシス-念力』は、冴えない中年男性がスーパーパワーを得て、商店街の開発に反対する超個性的なSFコメディ

ゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で一躍有名になり、Netflixダークファンタジー韓国ドラマ『地獄が呼んでいる』で大ヒットを記録しているヨン・サンホ監督作品です。

本作のぶっちゃけ感想・評価念力のメタファー考察ストーリーネタバレあらすじ解説を知りたい人向けに記事をまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はアリです)

スポンサーリンク

映画『サイコキネシス-念力』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2018/01/31・韓国・101分
原題:염력
監督:ヨン・サンホ
脚本:ヨン・サンホ
撮影: ピョン・ボンソン
主演:リュ・スンリョン
出演:シム・ウンギョン
出演:パク・ジョンミン

冴えない中年超能力者:主演リュ・スンリョンは映画『王になった男』『7番房の奇跡』『エクストリーム・ジョブ』で有名な実力派俳優。

娘役のシム・ウンギョンは『イカゲーム』のファン・ドンヒョク監督作品『怪しい彼女』や、松坂桃李とW主演した邦画『新聞記者』で有名。

パク・ジョンミンはヨン・サンホ監督の『地獄が呼んでいる』にも出演しています。

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

冴えない中年警備員ソッコン(リュ・スンリョン)は10年以上前に別れた元妻の死を聞き、葬式で成長した娘ルミ(シム・ウンギョン)に会います。チキン店を営むルミは商店街の人々と、地域の再開発計画に反対していました。建設会社が商店街を襲い、ソッコンが超能力で迎え打ちます。

社会の格差批判と人情コメディに超能力の要素をプラスした奇怪な作品のため、見る人によって評価がハッキリ分かれる作品でしょう。

海外の大手レビューサイトでも、批評家は高評価、一般層からは低評価というチグハグな感じ。

ギャグシーンは面白く全体がシュールな雰囲気で包まれていますし、リュ・スンリョンの演技は上手いし心がほっこり温まるしで、個人的には好きな作品です。

オリジナリティあふれる映画が観たい人にオススメ!

おすすめ度80%
シュールな笑い88%
ストーリー80%
IMDb(海外レビューサイト)5.9(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト批評家80% 一般58%

※以下、『サイコキネシス-念力』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

『サイコキネシス-念力』ネタバレ感想・評価

念力を使う主人公を演じるリュ・スンリョン

韓国映画『サイコキネシス-念力』の評価は81点。
念力をバカバカしいと捉えるか、メタファーと考えるかで評価が変わってくるでしょう。
メタファーと捉えると社会への様々な疑問が浮かび上がってくる巧みな構造です(次の項目で詳しく解説)。
コメディとしても秀逸で、まず中年男性がスーパーヒーローになる絵面自体がシュールで笑えます。
リュ・スンリョンが必死の形相で念力を使うシーンは表情や仕草など爆笑です!
親子の問題や地域再開発の社会問題など題材はシリアスなのに、ずっと笑っていられます。
CineMag
念力を使えるからとマジシャンとして就職を考えるなど、アホ丸出し?で好感が持てます。
ヒューマンドラマ要素も感動的で、結局スーパーヒーローになっても、できることは娘を幸せに貢献することだけだったというテーマが余韻として残りました。
スポンサーリンク

サイコキネシス考察

スポンサーリンク

念力はメタファー

サイコキネシスを使う主人公ソッコン

念力(サイコキネシス)は、視聴者それぞれが広く解釈できるメタファー的アイデアです。

さまざまな解釈ができ、念力と社会的弱者の立場が組み合わさることで意味を発揮するのでしょう。

私の意見としては個人が強大な武力を手にしたところで社会システムは変えられないという抽象的なメッセージになっていると思います。

もっと具体的にいうと↓

  • 念力を使って良い社会に変えようとしたら戦争並みに犠牲が出る
  • 素晴らしい力を社会が認知できず、正しい方向で使えない
  • すごいパワーを持って誰かのために使おうとしても世間に足を引っ張られる

など韓国や世界の社会システムを批判・風刺するメッセージがヒシヒシと伝わってきます。

なぜソッコンは捕まったのか?

ソッコンはなぜ機動隊を全員倒さずに自ら捕まったのか?

先程の念力のメタファーの話や、ホン常務の「金で巨大企業に従うか、社会転覆しかない」という会話とつながります。

ソッコンは自分にサイコキネシスの力を正しい方向へ使う能力はなく、行動を起こしたとしても暴走し、取り返しのつかない犠牲を出してしまうと悟ったのでしょう。

CineMag
能力を持っていても、それだけでダイレクトに社会を変えることはできないという現実に通じるメッセージになってますね。

ヨン・サンホ監督の特徴

サイコキネシス=念力は、隕石の物質がしみ込んだ岩清水を主人公が飲んだことで発現します。

この念力自体の謎が全く解明されていないのは『新感染 ファイナル・エクスプレス』『地獄が呼んでいる』などヨン・サンホ監督の他作品と同じ特徴です。

それらの作品でもゾンビや地獄の使者の正体はまったく究明されていません。

CineMag
敢えて念力の原因などの説明を差し込まないことで、フィクション・リアリティラインも適正に保てますし、ヒューマンドラマ要素や社会問題を重点的に描けるのです。

ヨン・サンホ監督の社会転覆願望

撮影の指示を出すヨン・サンホ監督

ヨン・サンホ監督作品は、『新感染 ファイナル・エクスプレス』Netflixで世界的ヒットを記録しているダークファンタジー『地獄が呼んでいる』もそうですが、人知を超えた説明のつかない事象によって社会が転覆するストーリーを描いています。

『サイコキネシス-念力-』では社会全体が混乱するところまではいきませんでしたが、中年男性がクーデターを起こせる力を有しているとハッキリ描いていました。

CineMag
推測も含みますが、ヨン・サンホ監督は社会に強い不満を持っていて転覆させたい願望を持っているのでは?

もちろん彼が現実で社会転覆を計画しているわけではありません。ただ作品で問題提起や願望の発散をしているように感じられます。

映画『サイコキネシス-念力』ネタバレあらすじ解説

警備員として働く冴えない中年男性シン・ソッコン(リュ・スンリョン)に、何年も前から離れて暮らす娘シン・ルミ(シム・ウンギョン)から連絡が入ります。

ルミは元妻とチキンのお店を営んでいましたが、地域の再開発を進めるテサン建設が補償なしでの立退を強制し、暴行されそうなルミを止めに入った元妻が頭を強く打って死んでしまったそうです。

ソッコンは葬式でルミに会いますが、久しぶりすぎて最初すれい違いそうになります。

ソッコンが勝手に出て行ったと思っているルミはそっけない態度です(本当はソッコンが友人の保証人になり借金を抱え、離婚しかなかった)。

そんな折、ちょっと前に山の湧水(隕石の成分)を飲んだソッコンは、念じて物を動かすサイコキネシスを使えるように。そこでマジックバーに勤め、ルミを大学に行かせようと考えました。

ルミは商店街の人々と共に、地域の立退に反対するためにバリケードを作っていました。ソッコンは危ないからやめろと言いますが、ルミは聞きません。ルミのことを好きな頼りない弁護士キム・ジョンヒョンがそばにいました。

ある日、テサン建設の下請けヤクザ・ミン社長が部下を引き連れて商店街を襲わせます。ソッコンが駆けつけ、超能力でヤクザたちを次々となぎ倒しました

ヤクザをなぎ倒すソッコン

ニュースでその映像が流れ、テレビで専門家がソッコンは北朝鮮の兵器を使っていると発言。

住民の立退きに失敗したミン社長は、テサン建設のホン常務に呼び出され、彼女の部下にボコボコに殴られました。

頭の切れるホン常務は、警察に言いがかりでソッコンを逮捕させて留置所に入れ、「超能力が使えてもあなたはしょせん社会の奴隷だ。開発反対はやめてテサン建設に勤めれば金はやる」と交渉します。

そんな中、ホン常務の指示で機動隊と特殊部隊が商店街の鎮圧に乗り出し、ルミたちを追い詰めていました。ルミたちは火炎瓶を投げ、あたりは火の海に。

弁護士ジョンヒョンがこのままでは全員逮捕されるからと、ルミたちに逃げろと誘導。

留置所のテレビでニュースを見たソッコンは超能力で手錠を引きちぎって脱出。空を飛びながら商店街へ

超能力で宙に浮くソッコン

ソッコンは機動隊をなぎ倒し、ビルの屋上から落ちたルミを空を飛んで助けます

ソッコンはこれ以上暴力での解決は無理だと考え、ミン社長を殴ったあと警察に自首。

4年後ソッコンは出所し、弁護士のジョンヒョンが迎えにきます。ジョンヒョンはルミと婚約したと言いました。

チキン店があった商店街はさら地になっており、再開発計画は頓挫したようです。

ソッコンは別の場所で元気にチキン店を営むルミに会います。商店街の人々もいました。

ソッコンは超能力でビールを運ぶのを手伝い、大きな歓声に包まれました

最後のまとめ

韓国映画『サイコキネシス-念力』は、ダサい中年男性が娘のために再開発計画を阻止する個性的な作品でした。

社会問題や親子関係をシリアスに描きつつ、念力というシュールなアイデアで全体を包み込んだ特異な作風に、ヨン・サンホ監督のセンスを感じました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『サイコキネシス-念力』レビュー終わり!

Netflix韓国映画ネタバレ関連記事

関連記事

Netflixオリジナルの韓国映画『甘酸っぱい』(Sweet & Sour)は、スイーツなラブコメと見せかけて、衝撃のラストを迎える斬新な作品でした!主演はチャン・ギヨンです。ストーリーあらすじネタバレを解説し、感想や評価、[…]

韓国映画『甘酸っぱい』

おすすめ記事