映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』全12話ネタバレあらすじ感想・最終回評価,キャスト解説

Netflix韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』 Red Velvetのジョイ演じる変な巡査と獣医チュ・ヨンウの田舎街でのほのぼの恋愛を描くラブコメ。

シーズン1は全12話です。

CineMag
動物がたくさん出てくる不思議な雰囲気がクセになる少女漫画的ラブコメ!

キャスト・作品情報・見どころ・OST、ぶっちゃけ感想・評価全12話ネタバレあらすじ解説を知りたい人向けに内容をわかりやすくまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。好きな項目から読んでください。)

作品についての視聴者口コミ・アンケートも投票お願いします↓

韓国ドラマ『田舎町ダイアリーズ』は楽しい?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』作品情報・キャスト紹介

公開・制作国・話数:2022/09/05〜09/28・韓国・30分×全12話
原題:『어쩌다 전원일기/ふと、田園日記』英題:『Once Upon a Small Town』
ジャンルラブコメディ・ヒューマンドラマ
監督・演出:クォン・ソクチャン(『ミス・コリア』『マイ・プリンセス』)
脚本:ペク・ウンギョン
原作:パク・ハミンのWEB小説『思いがけず田園日記』
放送局:カカオTV
日本配信:Netflix/毎週月火水・21時〜

登場キャラ・キャスト

登場キャラキャスト・出演作
アン・ジャヨン巡査

住民に頼られるヒドン里の巡査。

ジョイ/パク・スヨン(アイドルグループRed Velvetのメンバー)

(『カノジョは噓を愛しすぎてる』『偉大な誘惑者』)

ハン・ジユル

獣医。ソウルで働いていたが、田舎のヒドン里にある祖父の家畜病院を手伝うことに。

チュ・ヨンウ

(『警察授業』)

イ・サンヒョン

青年会会長。桃農園経営。アンのことが気になる。

ペク・ソンチョル

(『調査官ク・ギョンイ』サンタ役)

ヨンスク

ハン・ドクジン家畜病院のスタッフ

パク・イェニ

(『君は私の春』)

チャン・セリョン

婦人会会長。押しが強い。

(『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』『このエリアのクレイジーX/Mad for Each Other』『スノードロップ』)
チャ・ヨンホン

婦人会メンバー。

パク・チア
ギョンオク

婦人会メンバー。

ユヨン
ファン・マンソンヒドン里交番の所長チョン・ソギョン

『六龍が飛ぶ』『シグナル』

ユン・グンモ巡査ノ・ジェウォン

OST

ネタバレなし感想・あらすじ・海外評価

あらすじ:ソウルの獣医ハン・ジユルは祖父の画策で、幼い頃に滞在したことのある田舎街・ヒドン里の家畜病院を2ヶ月手伝うことに。アン巡査(ジョイ)や個性的な田舎街の人々に振り回されるのだった…。

田舎の動物と触れ合いながらお互いの距離を縮めていくほのぼのラブコメです。

少女漫画みたいにドストレートかつ王道な設定ですが、セリフだけでなく表情や仕草など細かい部分から情感が伝わってくるのが素晴らしいです。

田舎の風景が好きな人にはうってつけ。刺激が強いドラマを求める人には向いてないかもしれません。

おすすめ度74%
田舎の独特な世界観90%
ストーリー60%
IMDb(海外レビューサイト)7.1(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)※随時更新批評家 %

一般の視聴者 %

※以下、Netflix韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

韓ドラ『田舎街ダイアリーズ』ネタバレ感想・評価

Netflix韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』の評価は74点。

(まだ全話配信されていないので現時点での感想になります)

獣医が出てくる以外は『海街チャチャチャ』のような王道の田舎ラブコメ。

シネマグ
『海街チャチャチャ』の舞台が田んぼになって男女が逆転したバージョンですね。

ジョイのキュートな魅力を存分に堪能できるのがこのドラマの1番の魅力です。

印象的なシーンでは、夜に1人で川で泳いでいるジョイ演じるアン・ジャヨン巡査に爆笑。

完全に狂っているシュールなシーンでした。

感想を語る犬
巡査のくせに完全に不審者です(笑)

愛の不時着』的な婦人会3人組のキャラクターも濃く。彼女らが隣村のおばさんたちと些細なことで口論するシーンも笑えます。

田舎あるあるを超えた、過干渉な田舎が楽しめる作品です。

あとはスポンサーなのか、よくKOPIKOのコーヒーキャンディがよく登場します。韓ドラは結構宣伝が露骨ですね(笑)(『ヴィンチェンツォ』でもこのお菓子登場してました。)

韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』ネタバレあらすじ解説

第1話

ソウルの動物病院で働くハン・ジユルは、田舎街に祖父が経営する家畜病院のスタッフから「祖父が手遅になる前に来てくれ」と連絡を受ける。

ジユルは田舎街・ヒドン里(リ)へ車をすっ飛ばした。雨の中、祖父の家をのぞく、呼びかけても応答がない。

ジユルが柵を乗り越えようとしたそのとき、泥棒と間違えられアン・ジャヨン巡査に捕まる。ジユルはジャヨン巡査の同僚に投げられて気絶した。

ジユルは祖父が経営するハン・ドクジン家畜病院で目を覚ました。ジャヨン巡査や家畜病院スタッフのヨンスクが気まずそうに見つめる。

ジユルの祖父は祖母と世界一周クルーズ旅行に行ったようだ。その間、ハン・ドクジン家畜病院をジユルに手伝わせるためにヨンスクに嘘の電話をかけさせたのだった。

ジユルは仕方なく、ジャヨン巡査に連れられて家畜のことで困っている人たちの家を回る。

おじさんがニワトリを食べた野良犬が罠にかかったと言う。ジユルは犬を助け手当をした。

その後、怪我したオスの黒ヤギの治療に奮闘するジユル。

家に帰ると、婦人会のチャン・セリョン、ヨンホン、ギョンオクの3人組が押しかけてきて、おかずを置いて帰った。

夜、家畜病院で祖父からの手紙を読むジユル。祖父は田舎の家畜病院で休みなく働き祖母にも苦労をかけたため、祖母の夢であるクルーズ旅行へ連れて行きたかったらしい。

病院から出て川へ行くと、ヘッドライトをつけたアン・ジャヨン巡査が1人で泳いでいた

エピソード1 終わり

第1話感想

ラケット少年団』的な田舎ほのぼのドラマかと思いきや、夜、川で泳いでいるジャヨン巡査に爆笑。こんな意外性があるドラマだと思いませんでした。シュールすぎて個人的にツボでした。

第2話

朝起きたジャヨンは、昨夜川で泳いでいたらジユルに見つかり、何も言わずに去られたことにモヤモヤしていた。

ジャヨンは昔ジユルから「秘密の友達になろう」というメッセージを書いてもらったことで彼を想い続けていたが、ジユルは覚えておらずぷんぷんしていたのだ。

ジユルは朝ジョギングをしていると、村人から珍しがられて声をかけられまくる。

ジユルは小学生のキム・ソンドンが勝手に家の敷地内に入ってきたので説教して嫌われた。

その後、ジユルはヤンさんの家で何十匹の豚の予防接種。万能なジャヨン巡査も手伝う。

ジャヨンはジユルを連れて、コーヒー屋台へ。青年会長のイ・サンヒョンがやってくる。金を入れて勝手に飲むシステムだが、箱の南京錠が壊されて金が盗まれていた。

ジユルは家畜病院でヨンスクに「アンはおせっかい大魔王だ」と言い、ひんしゅくを買う。

おばあさんが孫からもらったお金を背の高い男に盗まれたという。ジャヨンは泥棒を必ず捕まえると宣言した。

ジユルが家(祖父の家)に戻ると、ジャヨン巡査がこっそり家の中に入ろうとしていた。ジユルの家に泥棒が入ったのをソンドンが目撃したらしい。

アンとグンモ巡査が泥棒を捕まえる。泥棒はまだ子供でジュホという人物の友だちらしい。

ジユルは泥棒に押されて倒れていた。起きようと思ってまたすべり、ジャヨンとがっちり手を握る

第2話終わり。

第2話感想

結局、ジャヨンは特に理由なく夜1人で川を泳いでいたようですね。魅力的な不思議ちゃんです。

30分なのでストーリー自体はあまり進まず、村人と暮らしの紹介の回でした。

第3話

盗みに入った子供は、隣村マジョン里に住むギテクだった。

婦人会の三人組は、交番にギテクを迎えにやってきたマジョン里のおばさん2人と口論になる。

ジユルは何も盗まれていないので被害届を出さないことにしたが、「ジユルはどっちの村で嫁をもらうか?」の口論の争点になってしまい「僕には恋人がいるし、どちらの村にも住むつもりはない」と怒鳴った。

ジユルはマジョン里へ動物の往診へ行く。おばさんたちがジャヨンに「なぜお前の母親はお前を捨てて戻ってこないのかね〜」と話していた。

ジャヨンを不憫に思ったジユルは自転車の後ろに乗るように声をかけるが、ジャヨンは「母親の件はみんなに黙っておいて」と言い、歩いて行った。

ジユルはサンヒョンの桃農園を手伝うことになり、アンから作業を教わった。

ジユルは、祖父がマジョン里へ自転車へ通っているからと、トラックを買おうと考える。

村長の息子・サンヒョンにトラックを売ってもらおうとするが、サンヒョンはジャヨンと距離を縮めるジユルに嫉妬し、高値で売ろうとする。

アンが間に入り、ジユルはトラックを安くで購入。

夜、ジャヨンは外のコーヒー屋台でサンヒョンに「12歳のときの秘密の友達がジユルだ」と話す。

サンヒョンは複雑な表情を浮かべた。

第3話終わり

3話感想

しょーもないことで言い争う婦人会のおばさんたちが面白すぎます。

明るすぎるジャヨンの秘密とは出奔した母親のことだったんですね。切ない。

第4話

ジャヨンは鶏を食べた野良犬・ヌルンジを引き取ることにした。幼い頃、ジユルが犬をくれて、クルムと名前をつけたことを思い出した。

ジユルがジャヨンと歩いているとサンヒョンがやってきて、プレッシャーをかけてくる。

そんな中、ヌルンジが逃げ出した。ジャヨンとジユルは慌てて周囲を自転車で探し回る。

ジユルは森に向かって走るヌルンジを目撃し、追いかける。

ヌルンジは3匹の子犬と一緒にいた。ヌルンジはパパだったのだ。しかし岩の上に大きな白い雌犬が唸っている。ジユルは襲い掛かられた。

ジャヨンが助けに来て、ジユルは軽症で済んだ。その雌犬はボクシルと言う名前らしい。明日また来て、子犬たちも一緒に病院へ連れて行くことにした。

婦人会長から牛が難産だと連絡が入る。ジユルとサンヒョンは協力してお産を成功させた

婦人会長は夜に食事にこいと言う。ジユルがいくと村の人たちが大勢庭に集まっていた。

ジユルが肉が食えないと言い、サンヒョンが笑う。婦人会長が精力がつく酒を勧め、ジユルとサンヒョンは意地を張り合って2杯ずつ飲んだ。

ジャヨンが歌を披露すると、ジユルは帰るという。ジャヨンも勤務があるので一緒に帰路につく。

道でいい雰囲気になっていた2人だが、サンヒョンが現れてジャヨンに「好きだ」と告白する。

第4話END

4話感想

ジユルが逃げた犬・ヌルンジを追いかけるシーンがシュールで面白かったです。

サンヒョンがジャヨンに告白したことで、恋愛バトルが過激になってきましたね。

第5話

翌日、サンヒョンがコーヒーを持って派出所に来る。しかしジャヨンは告白に対しての返事をしなかった。今までの関係が崩れるのが嫌だったし、ジユルのことも気になるからだ。

ジユルは、ジャヨンが1人で山に犬を回収に向かったと聞き、急いでトラックで向かう。ジャヨンは手を擦りむいていた。犬の検査を病院でしたあと、ジユルはジャヨンの傷の手当てをする。

翌日、向かいのソンドン少年が飼い犬のトトリにチョコレートをあげてしまい、トトリがぐったりしているのを見て泣いている。ジユルはトトリを病院に連れて行って治療した。

ジユルは、ジャヨンがソンドンのところへ急いで向かおうとして自転車でこけて足を怪我したと聞いて、鍼治療院へ向かう。

ジャヨンは、前日に自分の自転車のパーツをジユルの自転車に取り付けて、そのために転んでしまったのだ。

サンヒョンはジャヨンが傷つくのを見たくないからと、ジユルに早く去れと言う。

ジユルは鍼治療しながら薬草を切っているジャヨンを見て、「みんなからありがとうと言われたいがための自己虐待だ!迷惑だ」と怒鳴ってしまう。ジャヨンは泣いてしまった。

ジャヨンは足を引きずりながら派出所へやってくるが、所長に帰れと言われる。

グンモがパトカーでジャヨンを家まで送っている途中、大雨で道を踏み外してしまった。

ジャヨンは直前にパトカーの中でソンドンに電話をかけており、電話から衝撃音を聞いたジユルは現地へ駆けつけた。

パトカーは道の下で斜めになり、ジャヨンとグンモは中で気絶していた。

ジユルは助けるために石で窓ガラスを割ろうとする。不意に自分が経験した過去の事故がフラッシュバックした。

第5話の感想

少女漫画的な展開ですが、ジャヨンがジユルに貼ってもらった絆創膏を眺めながらサンヒョンに電話をかけており(サンヒョンは取りませんでしたが)、2人の間で揺れ動く心情がよく伝わってきてよかったです。

交通事故でジャヨンたちが大丈夫か気になりますね。

第6話

ジユルは窓ガラスを割ってドアを開け、ジャヨンを外へ運び出した。救急車がやってくる。

ジユルは病院で、まだ気を失っているジャヨンを見守る。ジャヨンもグンモも軽症らしい。

サンヒョンがやってきたので、ジユルは外へ出て車の中でジャヨンが起きるのを待った。

ジャヨンがサンヒョンに連れられて病院から出てくるのを見て、ジユルは車を発進させる。

ジユルは両親の墓参りをする。少年時代に家族でドライブをしていたら動物が飛び出してきて車が水場に突っ込んでしまい、両親を亡くしてしまったのだ。

ヒドン里とマジョン里の住民は全国のど自慢大会の放送をどちらの町でやるかで話し合っていた。しかし婦人会長たちの口論がエスカレートして乱闘に。ジャヨンは乱闘を止めようとしたが止められず、落ち込む。

ジユルは、イさんから30年連れ添った病気の牛の安楽死を頼まれ、注射を打つ。イさんはジユルに感謝し、「昔、君の両親が死んだときにおじいさんが葬式の手配で忙しくしていて、君を預かったことがある」と話す。

ジユルはその時に一緒に遊んでくれた女の子がいて、それがジャヨンだったと思い出す。2人はよく一緒に川で遊んでいたのだ。

ジユルが川辺に行くとジャヨンがいる。2人は見つめ合った。

第6話感想

第1話でジャヨンが夜に川で1人で泳いでいたのは、ジユルとの思い出に浸っていたんですね。伏線が回収されました。

ジユルとイさんの会話がとても感動的でした。長年連れ添った牛への想いや、亡き母への想いを吐露し、それがジユルとジャヨンの話にまでつながる構成が見事でした。

第7話

川でばったり会ったジャヨンとジユル。ジユルは12歳の頃を思い出したと言うが、話が続かない。

のど自慢大会の場所はマジョン里に決まり、婦人会長は怒り狂う。

ソンドンがヒウォンという少女を連れて病院にやってきた。ヒウォンのウサギが下痢をしているのだ。ジユルはウサギを診察して大丈夫だと伝えた。

ソンドンはヒウォンのことが好きだったが、1年生で秘密の友達だったときにもらった物を忘れて、ヒウォンに嫌われてしまったらしい。

ジユルは「しばらく話しかけずに様子を見ろ」とアドバイス。

そのあとでソンドンと会ったジャヨンは「ヒウォンにしっかり謝れ」と真逆のアドバイスをした。

ソンドンはどっちのアドバイスも実行するが、「態度が変わりすぎ」と言われてしまう。

ジユルは、しばらく姿を見せなければ向こうが気になると言う。

変に真に受けたソンドンはヒウォンに「姿を消します」とメールを打ち、家に帰らなかった。

ジャヨンとジユルは慌てて探し回り、循環バスにずっと乗っていて降ろされたソンドンを発見。

ソンドンを家に帰したあと、ジユルはジャヨンに「忘れていてごめん。あの年に唯一のいい思い出だった」と素直な気持ちを告白する。

第7話感想

小学生の恋愛と、ジユル・ジャヨンの恋愛を上手く対比されていました。恋愛がジワジワ進展してきましたね。

感想を語る犬
ジユルがソンドンに思い出を忘れていた自分を重ねるように感情移入していたのが面白かったです!

第8話

ジユルにちゃんと謝ってもらい、「会えてうれしい」と言われ、自転車まで借りたジャヨンはウキウキだった。

そんな中、マジョン里の婦人会長の母親の犬の具合が悪いと連絡を受ける。

マジョン里の婦人会長パク・マルグムはジャヨンにひどいことを言った人物なので、ジユルは断ろうとする。しかしジャヨンにトラックに乗せられ、遠くまで犬を診察に行くことに。

その犬の具合は大丈夫だったがトラックのタイヤがパンク。近くの整備場へ行くと修理に1時間半ほどかかるという。

海辺の町だったので、ジャヨンとジユルは砂浜で笑いあったり、屋台で食事をしたりとデートのような楽しい時間を過ごした。

ジユルたちが家に戻ると、ジユルの元カノ・ミンが来ていた。ジユルの先輩チェ・ユニョン(ジユルが務めるソウルのペット病院の人)も来ている。

ユニョンが「ジユルに会いにヒドン里へ行く!」と動画で配信してしまい、それを見たミンはジユルと復縁しようとやってきたのだ。(ミンが1年前に米国の会社へ異動が決まり、2人は音信不通になって別れた。)

ミンは婦人会長のところに泊まる予定だったが、婦人会長宅の水道管が破裂したため急遽ジャヨンの家に泊まることに。

ジャヨンはジユルに恋人がいたことに面白くない様子だ。

ジャヨンとサンヒョンが犬の散歩をしているとジユルがやってきた。

ジユルは「ミンは彼女じゃない」とハッキリ言った。

第8話感想

ちょっと仲良くなったら元カノが現れるというラブコメの王道展開!

感想を語る犬
婦人会長たちが良かれと思って、ジユルに精力のつく酒をあげよう!とはしゃいでいたのが笑えました。

第9話

ミンはジャヨンに「ジユルと復縁したいから協力してほしい」と言われ、複雑な気持ちになる。ミンはジャヨンに厚化粧を施した。ジャヨンが警察署に行くと、所長とグンモが厚化粧を笑う。

ミンはソンドン少年に会い、「ジユルが好きなのはジャヨンのはずだ」と言われて動揺。

ジユルが牛の状態を見に出かけると、ミンがついてきて手伝う。それを遠目でみるジャヨン。医学の知識がああるミンは役立っている様子だった。

ジユルがジャヨンに気づいた。ジャヨンの口紅が引き伸ばされて顔がおかしくなっている。

ジユル、ジャヨン、ミンは婦人会長宅で桃酒作りを手伝わされる。

ジユルとジャヨンは倉庫で2人きりに。ジユルは「サンヒョンを見て本当にドキドキを感じるのか?」とジャヨンと距離を縮めた。

マジョン里の婦人会長の母からジャヨンに大量のトウモロコシが送られてきた。ジャヨンがジユルのところに持っていこうとするとジユルがミンとキスをしている(ミンが勝手にキスをした)。

ジャヨンはショックでトウモロコシを落とした。

第9話感想

ジャヨンとジユルはお互い好きな気持ちがあるものの、言い出そうかどうか迷っている微妙な距離感にドキドキしますね。

ヌルンジの友達?の犬
トウモロコシを落とすコテコテの演出はちょっと笑えました。

第10話

ジャヨンは落としたトウモロコシを拾う。ジユルが手伝った。ジユルはミンがキスしたことについて釈明しようとするが、ジャヨンから説明は要らないと言われてしまう。

ジャヨンはサンヒョンとカフェで会う。そして泣きながらこの前告白された件を断った。

ジユルは桃園の手伝いをさせられていた。そこにジャヨンがやってくる。

ジユルは倉庫でジャヨンに好きだと告白。壁際に覆い被さるようにして、落ちてきた桃からガードする。

ジャヨンは強がって「私は好きじゃない」と言って逃げ出した。

祖父が早く帰ってくることになり、ジユルは複雑な気持ちに。ジユルはミンに、2人の恋はもう終わったと告げる。

ジャヨンはミンに、本当はジユルを好きだと言う。

ジャヨンは家畜病院に駆け込んでジユルにキスをした。

第10話終わり

10話の感想

強がっているジョイがとにかく可愛い回でしたね。

感想を語る犬
抑えていたものが爆発するように、いきなり病院でキスをする大胆な行動にもドキドキ。

第11話

ジャヨンとジユルは付き合うことになったが、村の人にバレると面倒なので秘密の恋にすることに。

勤務を終えたジャヨンはキュウリでパックをしてジユルに会う。

ジユルは片道4時間かけてソウルにある自分が勤めているチェ動物病院まで行き、院内をジャヨンに案内した。

お互いなんて呼び合うか考え、ジユルは「ダーリンやハニーは?」と言った。ジャヨンは頬を赤らめる。

昼、ジャヨンとジユルが車の中にいると、ソンドン少年とヒウォンがやってきて「僕たち先生のおかげで付き合うことになりました」と話す。

夜、ジャヨンはサンヒョンに付き合うことになったと言う。サンヒョンは応援すると言った。。

ジユルはジャヨンを歩いて送っていた。近くから誰かの声が聞こえ、2人は焦る。

11話感想

ジャヨンがキュウリでパックしていたのが笑えました。

今回は何より、ジャヨンが犬のヌルンジに「ダーリン、ハニー」と呼びかけ、ヌルンジがめっちゃ嫌そうな顔をしているシーンに大爆笑。

ヌルンジに共感する犬
さすがのヌルンジも「ウゼ〜」と思ったのでは(笑)?

シーズン1最終回 第12話

夜道で聞こえてきたのは婦人会のおばさんの声で、停められていた車からヨンスクと先輩のユニョンが出てきた。ユニョンが一目惚れし、2人は遠距離恋愛を始めたらしい。

ジユルとジャヨンは休みの日に映画館へ行くつもりだったが、1日中急な仕事が入り夜まで会えなかった。ジャヨンは酒をがぶ飲みし、酔っ払って放送で「私アン・ジャヨンはジユルと付き合ってます〜」と宣言。

そばで聞いていた婦人会長たちは「みんな知ってるよ」と笑った。

ジユルがヒドン里からソウルに帰って2週間。ジャヨンはビデオ通話でジユルが階段で転んで右手にヒビが入ってギブスをはめていることを知り、「なぜ怪我のことを言ってくれなかったの!?」と怒る。

ジャヨンはサンヒョンに車を借りてソウルへ。ジユルも丁度ソウルから車でヒドン里へ向かい、2人はすれ違う。

お互い電話してすれ違ったと気づいた。ジユルが大急ぎでソウルへ引き返し、2人は動物病院の前で何度もキスをする。

巡査長に昇進したジャヨンは犬の予防接種のために家畜病院へ。すると何故かジユルがいる。

ジユルは「祖父の家畜病院を継ぐことになった」と微笑む。

ジユルは婚約指輪をジャヨンの指にはめ、2人はベンチで肩を寄せあった。

最終回第12話終わり

最終回12話の感想

ジャヨンが村内放送で付き合っていると宣言→婦人会長「みんな知ってるわよ」の流れが笑えました。

あとはヒドン里で暮らすことを決心したジユルが「ここであれこれ干渉されながら生活したい」と言ったセリフが感動的。

感想を語る犬
過干渉な面も前向きに受け入れるということですね。

恋愛も田舎暮らしも良い面ばかりではありませんが、全部含めて包み込むという強い気持ちが伝わってきました。めでたしめでたし。

『田舎街ダイアリーズ』は全体的に王道ラブコメそのままでしたが、演出が割と細かくてしっかり感情移入して楽しめる良い作品だったと思います。

最後のまとめ

Netflix配信の韓国ドラマ『田舎街ダイアリーズ』。獣医と不思議な雰囲気の巡査が織りなすケミストリーが楽しめました!

ほのぼの恋愛を描きつつ、田舎の良い面だけでなくめんどうな面もみせてくれたのが素晴らしかったです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『田舎街ダイアリーズ』レビュー終わり!

ネトフリ2022配信韓ドラ・関連記事

シスターズの全話解説記事

Netflix韓国ドラマ『シスターズ』(新・若草物語)、貧乏な三姉妹が、会社の横領事件・権力者の悪事、巨大企業の家族とそれぞれの接点から対決する新感覚ドラマ!シーズン1は全12話です。CineMag三姉妹がつなが[…]

韓国ドラマ『シスターズ』