映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

Netflix映画『グレイマン』ネタバレ感想・最高アクションの連続,ストーリー考察!キャスト評価

Netflix映画『グレイマン』の特徴マインドマップ解説

Netflix映画『グレイマン』(The Gray Man)。CIAの凄腕暗殺者がソシオパスの殺し屋と戦う純度100%のアクションスリラー

キャストはライアン・ゴズリング、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマスと超豪華!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で世界最高の歴代興行収入を叩き出したルッソ兄弟が監督を務めます。

CineMag
ストーリー性はないけどアクション120点みたいな痛快作何度でも観たい良質なアクションのフルコースです!

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・忖度なし評価考察:主人公シックスとクレアの絆を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

Netflix映画『グレイマン』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

Netflix映画『グレイマン』作品情報・キャストと演技の印象

公開・制作国・上映時間:2022/07/15劇場・2022/07/22Netflix配信・アメリカ
原題:『The Gray Man』
ジャンル:アクション
監督:アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)
脚本:ジョー・ルッソ/クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー
原作:マーク・グリーニー「暗殺者グレイマン/The Gray Man」(2009年出版)

撮影:スティーヴン・F・ウィンドン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

登場人物・キャスト紹介

登場人物キャスト
シックス

シックスを演じる俳優ライアン・ゴズリング

CIAの暗殺部隊シエラに所属する凄腕の暗殺者

ライアン・ゴズリング

面長イケメンだけど体はムキムキ。無表情でド派手なアクションを切り抜けるさまが爽快でした。

出演作『ラブ・アゲイン』『ラ・ラ・ランド』『ファーストマン

ロイド・ハンセン

ロイド・ハンセンを演じるクリス・エヴァンス

CIAの命令でシックスの命を狙う殺し屋。人の痛みをなんとも思わないソシオパス。

クリス・エヴァンス

クリス・エヴァンスは悪人役も最高!拷問している最中に画面にヌッと顔が出てくる登場時の表情がもろに“異常者”という感じ。狂気が垣間見えました。

出演作『キャプテン・アメリカシリーズ』『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『バズ・ライトイヤー

ダニ・ミランダ

ダニ・ミランダを演じるアナ・デ・アルマス

CIA所属。高官の悪事に気づいてシックスに協力する。

アナ・デ・アルマス

相変わらずキュートでしたね。肉弾戦やロケットランチャーを使っての豪快なアクションにもしびれました。

出演作『ノック・ノック』『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『ナイト・ウォッチャー』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『底知れぬ愛の闇/ディープウォーター

スザンヌ・ブリューワー

CIAの上級職員。ロイドの行動を監視する。

ジェシカ・ヘンウィック

出演作『マトリックス・レザレクションズ』『ラブ・アンド・モンスターズ』『ゲーム・オブ・スローンズ

カーマイケル(CIAの本部長)レジ=ジーン・ペイジ
フィッツ(シックスの元上司)ビリー・ボブ・ソーントン
クレア(フィッツの姪)。シックスと仲良し。ジュリア・バターズ

どこかで見たと思ったら『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の子役ですね。

あらすじ

映画グレイマンの主人公・シックス

©︎Netflix

2003年。兄と自分を虐待していた父親を殺して刑務所に入っていたシックス(ライアン・ゴズリング)は、CIAのフィッツによって出所させられ、暗殺チームに加わることに。

それから18年後。

シックスはタイで暗殺しようとしていた標的が、同じCIA・シエラ部隊に所属するフォーだと知り愕然とします。

シックスはフォーから、CIA高官カーマイケルの悪事の証拠を収めたマイクロチップを入れたペンダントを託されました。

事態を知ったカーマイケルはシックスを消すことに。

カーマイケルは元CIAで過激な性格からクビになり、今は民間で殺しの会社を立ち上げているロイド(クリス・エヴァンス)にシックスの暗殺を命じるのでした。

シックスは元上司のフィッツのコネで逃亡用の飛行機に乗りますが、ロイドの手が迫り…。

ネタバレなし感想・見どころ・海外評価

ライアン・ゴズリング主演でエクスペンダブルズをやったみたいな作品。

内容は「組織に裏切られた暗殺者が殺し屋を迎え撃つ!」という『ジョン・ウィック』シリーズ的なこれまで何度もこすられまくったものです。

しかしアクションは一級品!

計算し尽くされた演出・アングルの銃撃・爆撃・格闘・アクションの連続。まさに最先端のスタイリッシュアクション詰め合わせたような映画です。

アクション映画好きは絶対見るべきでしょう。お酒で頭空っぽにするのも忘れずに!

ちなみに海外レビューサイトは評価が高いわけではなく、Rotten Tomatoesの批評家たちはむしろ低評価です。

これはストーリー性のなさが影響しているのでしょう。

おすすめ度85%
アクション95%
ストーリー47%
IMDb(海外レビューサイト)6.8(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家 50%

一般の視聴者 90%

※以下、Netflix『グレイマン』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『グレイマン』ネタバレ感想・評価

最先端アクション大作

Netflix映画『グレイマン』の評価は85点。ストーリーの中身はないもののアクション映画好きにはよだれものでした。

狙われる暗殺者、狙うソシオパスの殺し屋というあるあるストーリーですが、アクションのクオリティ・密度が凄まじかったので満足できました。

  1. 徒手格闘は何が起こっているかわかりやすく臨場感抜群
  2. 飛行機爆発からの落下など、完全に把握できなくても何度も見たいシーンが盛り沢山
  3. 爆発、クラッシュ、墜落など視覚的に派手

と、スリリングな映像自体に没頭できた幸せな2時間でした。眼福です。

シネマグ
できれば劇場で見たかった。しかし沖縄では上映していないという…

人間ドラマ・ストーリー性を重視する人には向かないかもしれません。

いっぽうでアクション映画には良質なアクションだけがあればいいと再認識させてくれる作品でした。

アクション演出について

中途半端なマシンガンはそこそこに、ロケットランチャーやガトリングガンなど対人の究極兵器をポンポン出していく感じがエンタメとして潔いと思いました。

感想を語る犬
ロケットランチャーで人が吹っ飛ぶほうがわかりやすいし派手ですから(笑)

ルッソ兄弟は「とりあえず派手なほうがいいっしょ!」と考えているようですね。

ドローンで遠くからグワっと近づいて近くのカメラに切り替わる斬新かつスタイリッシュなカットも見応え抜群でした。

ローアングルから弧を描くように回り込んだり、一気に俯瞰レベルまで離れたり実に多彩。

本作でアクションシーンの見せ方の勉強ができると思いました。

考察

ストーリーの問題点!

ストーリーについては、アクションに全振りして人間ドラマが深く描けていなかったのが最大の失敗だったと思います。

本作の人間ドラマ要素は決して少なくなく↓

  1. シックスと少女・クレアの絆
  2. シックスの過去(父親からの虐待)
  3. シックスとロイドのソシオパス同士の対決
  4. やりたい放題のCIA汚職事情

と、どれか一つを掘り下げるだけでも1本映画ができます。

しかし本作『グレイマン』はストーリーで解決すべき要素が多いことに加え、そもそもアクションが最優先。

結果、各パートの時間配分・描き込み・解決感が微妙なまま終わりました。

シックスがCIA高官に監禁されているクレアを助けるラストから“絆”についてはまあセーフという印象です。

しかし、シックスが出会って父親からの虐待のトラウマについてはどうでしょう。

虐待のトラウマはクレアで解消されたという解釈ができますが、具体的にどう解消したかの心の過程が不明です。

細かい心理描写は想像するしかなく、モヤモヤも残ります。

シックスとロイドの対決についても、ソシオパス(攻撃性の高い異常者)のロイドに対してシックスは何の属性なのか曖昧です。

感想を語る犬
元ソシオパスでクレアにあって更生した人物!みたいな感じかな。

ライアン・ゴズリングは『ドライヴ』ほどのサイコパスでもなかったですし、欲を言えばロイドのソシオパスのカウンターになるほど強烈な個性が欲しかったです。

CIAの汚職についてはほぼ何も解決されないまま終了。

まあアクションが最高で全体的には非常に楽しかったので、『グレイマン』続編パート2があればその辺りまで解決してくれるとうれしいです。

シックスと少女クレアの絆の理由

暗殺者シックスにクレアはすぐ懐きます。なぜカンタンに意気投合したのでしょうか?

メタファー的な解釈になりますが、2人ともハートに傷を負った人物だから惹かれ合ったのでしょう。

クレアは心臓にペースメーカーをつけており、文字通り心臓に傷がついています。

シックスの場合は、幼い頃の父からの虐待と度重なる暗殺が心をボロボロに蝕んでいました。

シネマグ
心が欠けている者同士、お互いの心がパズルのピースのようにハマったのだと感じました。

最後のまとめ

Netflix映画『グレイマン』は、ルッソ兄弟の技術を結集させたようなレベチのアクション映画でした。

アクションシーンの数、クオリティについては申し分ありません。

個人的にはもう少しストーリー性があってもよかったなとは思いますが、ルッソ兄弟にはこの調子でアクション映画界を盛り上げて欲しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『グレイマン』レビュー終わり!

2022年7月公開のNetflix作品レビュー記事

関連記事

Netflix映画『パープル・ハート』(Purple Hearts)。軍人とリベラルな歌手の恋が美しく描きだされた良作で、とても面白かったです。CineMagパープルハート(紫心章)は米軍で先頭で負傷した兵士に贈られる名[…]

Netflix映画『パープル・ハート』
関連記事

Netflix台湾ホラー映画『呪詛』。超面白いオススメのフォークホラー。台湾史上1番怖いホラーと言われ本国で大ヒット。実話をモチーフにした超ハイクオリティな傑作でした!めちゃくちゃ怖かったです(正直なめてました。ごめんなさい[…]

台湾ホラー映画『呪詛』