いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』

映画【ボクたちはみんな大人になれなかった】ネタバレ感想 原作小説と比較考察!別れた理由,あらすじ構成評価・ラスト解説Netflix

Netflix邦画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、初恋の女性が忘れられずに46歳になった男が25年分の人生を振り返る物語!

絶賛された同名原作小説を、森山未來・伊藤沙莉主演で映画化したもので、期待以上の傑作でした。

人間関係の終わりから始まっていくストーリーがとても切なく胸が締め付けられます。

記事ではぶっちゃけ感想・評価物語のテーマ考察原作小説との比較ストーリーのネタバレあらすじ解説をしています。

CineMag
原作をうまく改変した初恋の人との思い出を時系列でさかのぼっていく構成と、リアリティ溢れるキャラや関係性が魅力!2021年公開の実写邦画でNo.1の傑作でした!

Netflix邦画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は楽めた!?(投票どうぞ!)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2021/11/05・日本・124分
英題:We Couldn’t Become Adults
監督:森義仁
脚本:高田亮(『まともじゃないのは君も一緒』)
原作:燃え殻 著「ボクたちはみんな大人になれなかった(2017)」
撮影:吉田明義
制作会社:C&Iエンタテインメント
キャスト|役柄
森山未來|佐藤誠
伊藤沙莉|加藤かおり
東出昌大|関口健太
高嶋政伸|恩田隆行
篠原篤|七瀬俊彦
平岳大|佐内慶一郎
SUMIRE|スー
片山萌美|いわい彩花
大島優子|石田恵
ラサール石井|大黒光夫
萩原聖人|三好英明
映画も素敵ですが、実際に主人公佐藤と同じように業界美術制作をしていた燃え殻さんによる私小説的な原作もとっても革新的で感動できるのでぜひ読んでみてください。

燃え殻のエッセイ+本作ヒロインを演じた伊藤沙莉のスピンオフフォトブック“「海行きたいね」と彼女は言った”も発売中。

本作は、サカナクションのMVなどで知られる森義仁監督の長編映画デビュー作。
スー役の女優・SUMIREは浅野忠信とCHARA(歌手)の娘です。

佐藤誠役|森山未來

佐藤誠を演じる俳優森山未來

主人公・佐藤誠はTV業界の映像テロップを作る会社の創業メンバー。46歳。20年以上前の初恋の女性かおりをFacebookで見て、当時を思い出します。

森山未來の演技はすごく引き込まれますね。ずっと見てられます。彼じゃなかったら原作のリアリティは出なかったと思います。

スポンサーリンク

加藤かおり役|伊藤沙莉

加藤かおりを演じる女優伊藤沙莉

ヒロイン・かおりは佐藤の元恋人。今は結婚して子供がいます。

90年代当時はサブカル大好き女子で、仲屋むげん堂でバイトをしていました。小沢健二やアニメが大好きです。

酒焼け?タバコ?女優・伊藤沙莉はハスキーボイスで、原作のヒロイン像とはちょっと違いましたが、悪くはなかったです。濡れ場もしっかりありました。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

あらすじ:2020年、旧友・七瀬と道でばったり会った佐藤誠。酒を飲みながら昔を思い出し、初恋の女性・かおりと過ごしたかけがえのない1990年代の日々を回想します。

燃え殻の原作小説は、大人の視点で過去の恋愛の傷を振り返る、めちゃくちゃリアリティのある傑作だったので、映画化でその葛藤・みずみずしさ・世界観を表現できるのか心配でしたが、森山未來の迫真の演技と構成の変更で、映画は映画でとっても素晴らしい傑作になっていました。

今年公開だと菅田将暉の『キャラクター』や木村拓哉の『マスカレード・ナイト』が面白かったですが、それらより良かったです。

時系列がだんだんさかのぼっていく構成により感動的でメッセージ性も深く、ぜひ視聴してほしいヒューマンドラマ。

おすすめ度88%
独特な世界観87%
ストーリー86%
IMDb(海外レビューサイト)※随時更新6.5(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト※随時更新%(100%中)

※以下、映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ネタバレ感想・評価

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』2人が初めて出会ったシーン

Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の評価は88点。
ありそうであまりない時間逆行のヒューマンドラマ。クリストファー・ノーラン監督の『メメント』をもっとカンタンにして青春への葛藤をテーマにした印象です。
1番輝いていた過去に戻る“タイムバック作品”のような強烈なノスタルジーがありつつ、現在の人間関係がそのまま伏線的に機能して過去の出会いの瞬間の感動がひとしお
登場人物同士の関係がすでに終わっているので、なぜみんなバラバラになっていったのかが物語が進むとわかる巧みな構成だと思いました。
人間関係の終わりから始まりへとさかのぼる物語において起こるのは、大きなトラブルではなく誰もが経験するような些細な事柄で、視聴者それぞれが自分の物語として捉えられるでしょう。
加えて森山未來はじめ演技や会話もリアリティがトコトン追求されており、視聴者は自分の人生と照らし合わせて共感しながら階段を降りるようにジワリジワリと青春の真っ只中へタイムバックできます。
細かい点だと、いわゆるカメラのピンボケが上手く機能していたと思います。
全てにピントを合わせるパンフォーカスでなく、シャローフォーカス(被写界深度が浅い)を多用し、2人の会話のシーンでさえ主人公をぼやけさせて過去の恋人をクッキリと浮かび上がらせていたのです。
人間が実際に回想するとき、周囲の映像はもはや不明瞭でピンボケしますよね。「これらのシーンは現在じゃなくて過去の回想なんだ」と、見ていてより感慨深くなります。
映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は視聴者のノスタルジアを映し出す鏡のような作品だといえるでしょう見てる側の傷や過去の思い出が画面にそのまま映り込んでいるようです。
そして主人公・佐藤は過去の記憶を漠然とたどっているわけではありません。1番大切な初恋の人・かおりとの記憶へ向かっているわけです。
時系列をさかのぼっていくほどそこに割かれるシーン・時間が増えていき、他の年代と比較して思い出の多さからどれだけ彼女を大切に感じていたかが伝わってきます
あとは原作の良さでもあるのですが、求人誌デイリーan、仲屋むげん堂、小沢健二、ノストラダムスの大予言など、現実にもあるものがポンポン出てきて、全体的によりヴィヴィッドになっていました。
また、
  • 映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の学園祭前日を繰り返す話
  • 中島らもの著書「永遠も半ばを過ぎて」で文字の幽霊により無意識に小説を書く話
など実際にある作品のストーリーを劇中で説明し、主人公たちの状況と照らし合わせてテーマ性が深まっていたのも良かったです。
ビューティフル・ドリーマーは主人公・佐藤が一生1990年代を繰り返していたい願いから、心に残っているのでしょう。
「永遠も半ばを過ぎて」の“文字の幽霊により無意識に小説を書く話”を考えると、視聴者を含めて僕たちの人生にはいろんな人の些細な言葉が宿り、立派な小説になっていると伝えてくれます。
1人1人の人間=小説というメッセージは人間賛歌になっており、勇気を与えてくれます。
2021年のNetflix制作の邦画は水原希子主演の刹那系ロードムービー『彼女』がありましたが、そちらより本作の完成度の方が断然高かったと思います。ドラマ『全裸監督シーズン2』と同じくらい好きな作品になりました。

僕たちはみんな大人になれなかった:考察

ラストの意味:大人になれなかった人こそ大人

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の濡れ場

「若い頃に想像した大人になれた人なんかいるのか!?」

誰もが考えたであろうその疑問に1つの答えを出したのが本作なのでしょう。

エンドロールの後にタイトルがタイプで打ち込まれますが、

「ボクたちはみんな大人になれなかった」から→「ボクたちはみんな大人_」に書き換えられます。

CineMag
若い頃を引きずって傷が癒えていない人たちも、気づいてないだけでみんな大人なんだよ、境目なんかないよ、という肯定のメッセージですね。

過去を受け止め、大人になり切れていない葛藤を抱えている人こそが真の大人だという逆説的な答えです。

若い頃に憧れたような大人になれていないという葛藤も持たずに生きてる人は、本当の意味で大人ではないのかもしれません。

また、ちょっと違う解釈として、映画のストーリー進行とエンドロールの答えを組み合わせて考えることもできます。

主人公・佐藤誠は過去を回想しながらさかのぼっていきました。

その時代時代の自分の感情を真正面から受け止めました。そして40歳を超えてやっと彼は大人になったのだとも取れます。

心の中の様々な時間軸のメタファー

脳内が時計で埋め尽くされたポスターと主人公

佐藤が終盤で1人で歩くシーンで、脳内にいくつもの時計が入っているポスターと佐藤が重なりあうシーンがあります。

CineMag
これらの時計が思い出のメタファーになっていると感じました。

人の回想の際には記憶が逆再生されるわけでなく、過去のあるシーンを決めたらそれが順方向に展開されていきます。

人は頭の中に何個も思い出という名の時計を持っていて、無意識かつ同時にそれらのシーンが何度も刻まれ、繰り返されているのかもしれません。

原作小説の構造から導き出せるテーマに近い、印象深いシーンでした。

燃え殻・原作小説との違い解説

(著者・燃え殻さんの原作は最初にTwitterのつぶやきで話題になり小説投稿サイトcakesが大元になりますが、その後に書き直して正式出版された新潮文庫のほうと映画を比較しています。

構成

原作小説は主人公の回想が時系列を無視する形なのに対し、映画では現在から過去という一方通行です。

伝わり方は少し変わりますが、原作小説も映画版も両方素晴らしいと思います。

  • 原作:元恋人・かおりへの想いを中心にした思い出の渦巻き
  • 映画:かおりとの思い出を目指し、ゆっくりさかのぼっていく川のぼり

主観もありますが、こんな風な印象の違いを感じました。

原作小説は回想が年代順でなくバラバラで、回想の中の回想もあったりして複雑なのですが、逆にそこにリアリティがあり、味わい深かったです。

2人が別れた理由

映画だと、なぜ佐藤とかおりが別れたのか明確になっていません。

小説では自然消滅のようでありつつも、かおりに別の男性の影がチラつき、それを知った佐藤が別れの言葉をさりげなく口にして終わっています。

映画が小説の設定と同じだと考えると、かおりが駅と別方向に向かったのは、他の男性(のちの結婚相手の小沢)のところへ行ったのでしょう。

あとは、主人公佐藤がかおりにFacebookで友達申請してないというのも大きな違いです。

スーの3文字の愛の言葉

原作小説と映画で1番違ったのが、佐藤がかおりの後に出会ったSUMIRE演じるスーの存在です。

映画だとかおりと完全に別れたあとでスーと出会いますが、小説だと佐藤はかおりがインドに行っているときにスーに出会い深い関係になってます。

佐藤の気持ちもかおりから少しずつ離れていったとわかるのです。

さらに、小説版のスーは「日本初の南極探検隊に妻がたった3文字の電報を送った」というナゾナゾを出しました。

そしてその後、答えを知らないままの佐藤にそのナゾナゾの答えである「あなた」とさりげなく語りかけます

スーが佐藤に救いを求めているのがより明確にわかります。

個人的に小説の中でもかなり好きだったシーンなので、映画で「あなた」がカットされていたのはちょっと残念でした。

七瀬の好き設定など

七瀬がゲイでバーをやっているのは一緒ですが、彼が佐藤を好きなのは映画オリジナルの設定です。

あとは、新潮文庫の小説だと大島優子演じる佐藤の婚約者・石田恵も出てきません。さらに歌手あいみょんのエッセイや、相澤いくえの漫画が収録されています。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ネタバレあらすじ解説

2020年

佐藤誠はかつての友人・ゲイの七瀬と酔いつぶれて道路脇のゴミ捨て場に突っ込みます。七瀬は社会に対する不満をこぼしました。

2015年

佐藤は自分の会社が担当したパーティーで、かつて売春斡旋で捜査された佐内慶一郎の姿を見ます。そのあと佐藤は、いわい彩花というグラビア女優とパーティーを抜け出してホテルへ。

彩花は東京タワーが消灯したのを見て悲しい表情を見せ、そのまま寝ました。

佐藤は窓のそばでFacebookを開き、初恋の人・かおりが結婚して子供を作り、“普通”に暮らしているのを見て動揺しました。

佐藤が朝にアパートに帰ると元婚約者の石田恵が来ています。彼女は「私の時間を返して」と叫んで去っていきました。佐藤は表情を変えません

2011年

佐藤は恵の母との会食に遅れ、汚い普段着でやってきた挙句、仕事があるからと途中退席しました。

2008年

佐藤は若い後輩に、映像にこだわらずに普通の作品を作ればいいと叱ります

会社の創設時からの同僚・関口が発注先の社長・本多を殴り、会社を辞めることに。

本多はかつて佐内のパーティーで出会った女性と付き合って子供ができ、結婚するようです。

2000年

佐藤は関口と業界の権力者・佐内が主催するクラブでのパーティーへ参加。関口はドラッグをキメていました。佐藤も錠剤を1つ飲みます。

佐藤は、クラブのバーテン女性スーが佐内とキスをしているのを目撃。佐藤が外へ出るとスーがそばにやってきて「絶望している人を見つけるのが得意」と言いました。

佐藤はオネエの七瀬が経営するバー・レイニーにスーを呼びます。佐藤はスーを送っていくことになり、彼女の部屋に入りますが、彼女に電話が入ってきました。

スーは佐内の金で部屋を借りており、ここで売春の仕事をしていたのです。

佐藤はスーの売春の仕事が終わるまで外でむなしく待っていました。仕事を終えたスーはまだ待っていてくれた佐藤の姿を見て抱きしめます。2人は体の関係になりました。

スーは、一見最悪な人生だけど毎日が嫌いじゃないと話します。

そんな中、佐内が売春の容疑で捕まりスーのアパートも捜査され、彼女はそれきり姿を消しました

1999年

ノストラダムスの大予言は当たらず人類は滅亡しませんでした。

大晦日、佐藤はラブホで初恋の人・加藤かおりに一緒に住もうと言いますが、かおりは「本当に普通だな…」と言って、そっぽを向きます。

翌朝、かおりは「今度CD持ってくる」と言い、なぜか駅と反対方向に1人で歩いて行きました。そこで2人の関係は終わります。

1998年

佐藤はインドで服飾の買い付けをしているかおりから送られてきた、日の出のポストカードをを見つめます。

テレビではヤクザの宮嶋徹が抗争で死亡したと流れ、佐藤は驚きました。

1997年

かおりから「レンタカーを借りたから目的地を決めずにどこかへ行きたい」と電話が入ります。佐藤は仕事に追われていましたが、関口が言ってこいと気を使ってくれました。

佐藤はかおりと一緒にドライブをしながら、2人が大好きな小沢健二の「天気読み」「暗闇から手を伸ばせ」などの曲を聴き、かけがえのない時間を過ごします。

1996年

佐藤が仕事で紙のテロップを原付で運んでいるとスリップ事故を起こしてしまい、左手を怪我します。偶然通りかかったヤクザの子分・佐藤徹がハンカチを巻いてくれました

後日、かおりは作家・中島らもの著書「永遠も半ばを過ぎて」の話を持ち出し、佐藤は成仏しなかった言葉の幽霊について考えます。

ラブホテルで話をする佐藤とかおり

1995年

佐藤はレモンケーキのライン工場で働いています。

先輩の七瀬から求人誌・デイリーanに乗っている文通相手募集の投稿を読み聞かされ、小沢健二の犬キャラ(ファーストアルバム/犬は吠えるがキャラバンは進む)のメッセージが気になり、彼女に手紙を書きました

佐藤はしばらく彼女と文通を続けます。かおりは手紙に“私はブスだよ”と書いていました。2人は会う約束をします。

佐藤はかおりと初対面し、アート展へ言ったあとカフェで押井守のアニメ映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』についてのオタク談義で盛り上がりました。

映像・美術関係の会社の面接を受けます。関口という同い年の青年もいて2人とも受かりました。従業員は社長と自分たちの3人だけです。

佐藤はレモンケーキ工場を辞めることになり、七瀬から花をもらいます。外国人労働者が七瀬に「追わなくてよかったの?」と言います。七瀬は佐藤を好きだったのです。

佐藤は、就職お祝いということでかおりとラブホへ行きセックスをします。お互い初めてでした。

再び2020年

コロナ禍で東京の夜の街は8時までの営業。

佐藤が飲み屋を出ると、偶然みすぼらしい格好をした七瀬と出会い、2人は飲み歩きます。

佐藤は関口がオンライン塾を経営しており、今は離婚していることなどを話しました。

バーを閉めて落ちぶれた七瀬は「人の不幸で笑えなくなった」と言います。

2人はよろけてゴミ捨て場へ突っ込みました。起き上がってまた歩き出すと、七瀬は「あんたに会わなきゃよかった」と言います。佐藤は「会えてよかった」と返しました。

佐藤は七瀬とわかれてタクシーに乗り、かおりと過ごした日々を回想。2人で通っていたラブホの近くで降りて、辺りを散歩します。

初めて出会った場所にきて涙を流し「ほんと普通だわ」と言って走り出して、朝日が登るまで歩き続けました

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』END!

最後のまとめ

Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、原作小説を上手くアレンジして独自の感動を与えてくれた傑作でした。

利益よりも個性優先のNetflix主導の制作ということもありますが、ここまで良い作品ができるということは、邦画も興行収入とか考えなければ良い作品をたくさん作れるポテンシャルはまだ全然あると思います!

本作のように人生に彩りを与えてくれるような素晴らしい映画をたくさん見たいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございます。邦画『ボクたちはみんな大人になれなかった』レビュー終わり!

2021年公開の邦画

関連記事

映画『CUBE 一度入ったら、最後』(キューブ)は、1997年のカナダ製作『CUBE』の日本版リメイク作品。菅田将暉、杏、斎藤工など豪華キャストが絶望の脱出ゲームで理不尽なトラップに怯えまくります!CineMagオリジナ[…]

映画『CUBE 一度入ったら、最後』
関連記事

清水崇監督の映画『樹海村』見てきました。グロい!虫がキモい!登場人物が死にまくるホラーエンタメで、非倫理的で強烈なメッセージもあり、なかなか楽しめた。記事では あらすじ完全ネタバレ解説 ラストの少女“ねね”のヤバい[…]

映画『樹海村』

おすすめの関連記事