いつもお疲れ様です。ごゆっくりどうぞ〜♪
映画『アメリカン・ビューティー』

映画『アメリカン・ビューティー』あらすじネタバレ解説×考察!意味は鋭い社会風刺/登場人物キャスト,映画あらすじ

現代アメリカンファミリーが抱える様々な問題を非常にシニカルに描いた映画アメリカン・ビューティー!

アメリカはもとより、現代社会を痛烈に風刺するモダンアート的な作品になった。

ジャンルレスでコメディかヒューマンドラマかサスペンスかわからねえ!でも社会問題を笑って考えることができる超傑作で、映像や構図も素晴らしい。絶対見るべき!

この記事では、アメリカン・ビューティーの意味不明な点をあらすじネタバレ有りで徹底解説・考察。登場人物キャストも紹介。

目次
スポンサーリンク

アメリカン・ビューティーが無料視聴できる動画サイト

あらすじネタバレ

アメリカン・ビューティー
ケヴィン・スペイシー主演でアカデミー賞作品賞受賞の『アメリカン・ビューティー』が無料で見られるオススメの動画サイトはU-NEXT!!
31日間の無料キャンペーンを試してみよう!キャンペーン中に解約すればお金はかかりません。この傑作は絶対見た方がいい。下の↓バナーから無料体験申し込み受付中!
見逃し配信バナー
(2021年8月時点の情報です。)

アメリカン・ビューティー(american beauty )の意味

アメリカン・ビューティー(バラ)とキャロライン

タイトルになっているアメリカン・ビューティーはバラの一種

アメリカ原産で、真っ赤な色が特徴だ。

映画内でもこのアメリカン・ビューティーというバラが主人公・レスターの妻が育てていて、花びらが映像を彩ってくれる。

プラスしてアメリカン・ビューティーには文字通り「アメリカの美徳」という意味もかけられている。

古き良きアメリカの美徳は、現代に通用するのか?そんなメッセージが込められているのだ。

抽象的なメッセージを持つバラを噛み締めろ!

スポンサーリンク

映画の基本情報

基本情報を

社会的な問題をコミカルに捉え、アカデミー作品賞も受賞したアメリカン・ビューティーのキャストや製作陣はこの人たち。

監督主要キャスト公開年
製作国
上映時間
世界興行収入(円)受賞歴
賞のトロフィー
サム・メンデスケヴィン・スペイシー
アネット・ベニング
ソーラ・バーチ
ウェス・ベントリー
ミーナ・スヴァーリ
クリス・クーパー
1999年
アメリカ
2時間2分
391億円アカデミー作品賞
アカデミー監督賞
アカデミー主演男優賞
アカデミー脚本賞
アカデミー撮影賞
脚本
脚本
撮影
編集
音楽
音楽
主題歌
アラン・ボールコンラッド・L・ホール
タリク・アンウォー
トーマス・ニューマン

監督のサム・メンデスは「007スカイフォール」の監督としても有名。『アメリカン・ビューティー』は「サンセット大通り(1950)」や「アパートの鍵貸します(1960)」を参考にして作ったようだ。

スポンサーリンク

アカデミー賞総ナメ

アメリカの中流家庭が抱える問題を描いたこの作品はアカデミー賞でも5部門を受賞。(作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞)。非常に完成度が高い社会風刺ムービーを描くことに成功したといえる。

スポンサーリンク

興行収入391億円の大ヒット

興行収入は391億円!1999年の全公開作品の中で第8位!

面白いが正直そこまで稼げる映画か?とちょっと思ったが、テーマ的にアメリカ人が観れば大爆笑なんだろう。

あらすじ(ネタバレなし)

広告代理店に勤めるサラリーマンのレスター(ケヴィンスペイシー)は中年になり、夫婦間の危機や反抗期の娘(ソーラバーチ)を抱え、生きる活力を失っていた。

そんなある日、娘のチアリーダーダンスを嫌々見に行くと、娘の友達であるアンジェラ(ミーナスヴァーリ)に一目惚れしてしまう!

アメリカン・ビューティー登場人物・キャスト

レスター・バーナム=ケヴィンスペイシー

ケヴィンスペイシー

レスターは、妻・キャロラインと喋ることにストレスを感じ、娘に関心を持たない、生きる希望を失った、典型的な中年の危機の男性。

娘のチアリーディングダンスを観に行った際、センターで踊っていたアンジェラにズッキューンしてしまう非常に痛いおっさん

青春時代にすがりつき、年下が無害だとわかると調子に乗り出す「あっ!こんなヤツいるいる!」というキャラクター。

この冴えない変態嗜好の中年男性を、ケヴィン・スペイシーは完璧に演じ切りアカデミー主演男優賞の栄冠を手にした。

セブンユージュアル・サスペクツから個人的に大好きな俳優!




キャロライン(妻)=アネット・ベニング

アネットベニング

キャロラインは、レスターの妻。

ヒステリックで上昇志向が強い不動産屋。

思い込みが強く、自分の趣味を他人に押し付ける。「あっ!こんなオバサンいるいる!

中年になり、恥じらいなどのタガが外れてしまった女性をアネットベニングが強烈に演じる。

このキャラでアカデミー助演女優賞にノミネートされるが受賞はならず。

(↓女優アネット・ベニング出演作品↓)

アンジェラ(娘の親友)=ミーナ・スヴァーリ

アメリカン・ビューティーのアンジェラことミーラスヴァーリ

アンジェラは、レスターの娘・ジェーンの友だち。

性に対して抵抗がなく、他人を見下すモデル志望の女子高生。

キワどいというか、ポロリというか、高校生役なのにモロ上半身裸のシーンもあり、アメリカって1999年当時はコンプライアンスまだゆるいのか?と思ったらミーナ・スヴァーリは当時20歳。ギリOKだったのかな。

ジェーン(娘)=ソーラ・バーチ

ジェーン

ジェーンは、レスターの反抗期の娘。彼女もモロにポロリのシーンがあるが、公開当時17歳

ありゃ。今のハリウッドだとポロリもアウトな年齢だろう。

ちなみにソーラ・バーチは、ウォーキング・デッド10(2020)にガンマ役で出演。

cinemag.hatenablog.com

リッキー・フィッツ=ウェス・ベントリー

アメリカン・ビューティーのリッキー

レスター家の隣に越してきた高校生。ハンディカメラでの撮影オタクでマリファナの売人という、今作で一番トリッキーな役柄。

親への反抗は立場を悪くするだけだと変に達観し、怒る父・フランクに「イエッサー」と返答する。

演じるウェス・ベントリーの目力は異常(笑)

フランク・フィッツ=クリス・クーパー

フランクフィッツ大佐

リッキーのパパ。アメリカ軍の大佐で典型的な愛国主義者とおもいきや、リッキーが悪さをすると躾のために殴る。

ある重大な秘密を隠している。

見どころ

社会問題ネタがわんさか!

キャロライン

  • 妻の話にストレスを感じ、娘の友人に恋するロリコン親父
  • 綺麗な庭や高級家具を大事にする妻
  • 親に反抗できない子ども
  • マリファナ

などなど、そういった問題がアメリカのスタンダードなんだよ!とコミカルに描くから面白い

社会問題のネタは日常に潜んでいるのだ!

映像が非常に凝っている

バラを抱くアンジェラ

アメリカン・ビューティーの撮影を担当したコンラッドLホールはアカデミー賞常連の超一流で、今作でもアカデミー撮影賞を受賞

バラを敷き詰めた幻想的な映像から、日常的なシーンまでが、非常に重厚感があって見応えがあるものになっている。

アメリカン・ビューティーを点数評価!観るべき?

映画アメリカン・ビューティー

アメリカン・ビューティーの点数は84点

すごく面白い場面がありつつも、映像はめっちゃ重厚感があるのでコメディとヒューマンドラマの中間のような、他の作品にない独特の雰囲気が出来上がっている。

文化の違いから、アメリカ人にバカウケ間違いなしの場面でも日本人はスルーしてしまう可能性がある。

各シーンに笑いが詰まっていると意識して見れば楽しめるだろう!

68%くらいの人間は楽しめるであろう作品。

完成度は間違いなく高く、映画好きは絶対に観ておくべき!

※以後ネタバレになりますので、まだ映画を観てない人は絶対に次の項目には行かないでください!

アメリカン・ビューティー評価84点Aランク

各要素と、序盤・中盤・ラストの合計を100点満点とし計算しています。
結果アメリカン・ビューティーは

84点 Aランク評価 ☆(星)4.2

評価詳細を

映画の各要素(10点満点中)

ストーリーキャスト・演技(ハマり役)テンポ演技・シーン
89710
セリフ映像の見やすさ(構図)音楽・楽曲印象度(記憶に残る)
81077

序盤・中盤・ラスト(5点満点)

序盤中盤ラスト・結末話の筋が通っているか?
5355

アメリカン・ビューティーあらすじネタバレ

あらすじネタバレ

1:変態おじさんレスター

娘であるジェニー(ソーラ・バーチ)との関係を修復するため、無理矢理高校のチアリーディングダンスを観させられたレスター(ケヴィンスペイシー)は、娘の親友であるアンジェラに一目惚れしてしまう。
アメリカン・ビューティーのアンジェラ
バラを妄想するレスター
レスターは、その恋愛感情を異常だと気づかず、アンジェラと数回会話しただけですっかりその気になってしまい、ランニングや筋トレを始めるなどハツラツとしだす。
冴えないおっさんから痛いおっさんへ様変わり!
ランニングするレスター
隣にはジェニーを盗撮する変人・リッキーと、典型的なアメリカ軍人・フランクの親子が引っ越してくる。リッキーはドラッグの売人もやっており、レスターは調子こいて彼から最高級マリファナを買う。

2:夫婦の絆あっさり崩壊

キャロラインは不動産で成功している通称”キング”という男性と、いい歳こいて不倫関係に。
一方、恋して調子に乗っているレスターは会社の社長のスキャンダルをネタに多額の金を受け取って退職。
重役を脅すレスター
レスターが、ファストフードのドライブスルーで働いていたところ不倫中のキャロラインを見つける。
弱みを握った彼は、キャロラインに今後は自分に一切口出しするなと言い放った。
レスターとキャロライン

3:奇妙な隣人

筋トレするレスター
アンジェラが家に泊まりにきて、興奮してガレージで筋トレをする、痛いおっさんレスター。
マリファナがなくなったので隣のリッキーに電話するが、一連の行動をみていたフランク大佐はレスターとリッキーが”ゲイ”の関係だと勘違い。リッキーを勘当し家から追い出す。
そしてフランク大佐は、筋トレ中のレスターを訪ね泣きながらキスをした。レスターは「勘違いをしている!」と彼を突き放した。
フランツ大佐とレスター

4:レスターの最期

レスターはアンジェラと良い雰囲気になり服を脱がせるが、彼女が実は一度も経験がないことを知り、はっと我にかえる。
我にかえるレスター
抱かれたいというアンジェラをさとし、ジェーンやキャロラインなど、自分の人生は美しいもので溢れていると気づく。レスターが感傷に浸っていると1発の銃声が鳴り響いた。
レスターは後頭部を撃たれ死んでいたが、顔には満足げな笑みが浮かぶ。それを見て取ったリッキーも微笑むのだった。
フランク大佐が血と雨で濡れたTシャツを着て泣いている。
レスターは死を直前に、人生の全てを上空から回想していた。
映画『アメリカン・ビューティー』終わり

アメリカン・ビューティー/ラストのオチや結末を徹底考察!

アメリカン・ビューティーのラスト

なぜ大佐はレスターを撃ち殺したのか?ちょっと唐突なシーンだと感じる人もいるだろう。

まず、大佐がレスターにキスするシーンの意味を考えることが大事である。

大佐とレスターのキスシーン

一見意味不明で、レスターがゲイかどうか確かめているのか?と思ってしまうが、そう考えてしまうと面白くない!

レスターはその後「あんたは勘違いしている」と言っているので、ゲイなのかどうか確かめていたなら疑いが晴れたレスターを殺す動機はない。

実際はフランク大佐自身がゲイであり(コレが第一のオチ)、それがノンケのレスターにバレてしまったので殺した(第二のオチ)と考えるのが妥当だろう。

フランク大佐は立場や教育上ゲイを忌み嫌う発言をしていたことに加え、息子を勘当して失意の底にあったという条件もあり、混乱してレスターを撃ち殺すという悲劇に走ってしまったのだ。

自分がゲイだと心に偽り続け、隠して男らしく振る舞うために息子に暴力を振るい、そのすべてを間違いであると悟ったのだ。

フランク大佐の妻が廃人のようになっているのも、彼がゲイだと知ったからだと推測できる。

フランクの一家もまたアメリカン・ビューティー(アメリカの美徳)の犠牲者なのだ。

エンディングの別パターン提案

アメリカン・ビューティーでラストでは、フランク大佐が血だらけになっていたので、彼が犯人だったということがわかるが、あえて誰が殺したかわからない!というオチも面白いのではないか?

アメリカを象徴するウザすぎ妻・キャロラインや、ティーンエイジャー代表の気取ったアンジェラにもう少しだけ動機を持たせれば、それも可能だったと思う。

誰がレスターを撃ったのかわからなければ、アメリカが抱えている問題それぞれが彼を殺す可能性がある抽象的なラストになる。

それもまた乙だが、製作陣はあまりサスペンスチックにしたくなかったのかもしれない。

素晴らしいシーンを紹介

ゴミ袋が舞っているシーンに感動するリッキー

宙に舞うゴミ袋を見るリッキー

リッキーはジェーンを部屋に呼び、一番美しい映像ということで、ゴミ袋が同じ場所で宙に舞い続ける映像を見せている。

「美しいと思っているものは実際はゴミだ!」というアイロニー(皮肉)な表現とも捉えられるが、僕は逆にゴミに美しさを見出すリッキーの感性と、それに感動するジェーンの姿に感動した。

まさに素晴らしいモダンアートの世界であり、見る人によって解釈が違う”事象”の一例である。

窓のジェーンを映すリッキー

窓で下着姿になるジェーン(ソーラ・バーチ)

窓辺でこちらを向いて服を脱ぐジェーンをリッキーがビデオカメラで撮影するのだが、リッキーがモニターに映しているものを流しているので、ジェーンの方向からみると、リッキーと大画面に映る自分の姿が見える。

それが窓越しなのがとても良い。非常に考えられた構図。

アンジェラとの会話で自分を見つめ直すレスター

調子いいと答えるレスター

アンジェラを抱くことはせず、自分を見つめ直しながら会話するレスター!自分がすでに持っていた幸せや美徳を噛みしめる彼の佇まいに心が揺さぶられる。ケヴィン・スペイシーの演技に感服!

死んだレスターを見て微笑むリッキー

死んだで血で染まったレスターの顔が笑っていたのを見て、「彼は幸せに旅立てた」とでもいうかのように一人納得して微笑むリッキー。

アメリカン・ビューティーは死を越えたところにあったのか?とても考えさせらるシーン!

なんかリッキーばっかりで、今更自分が彼のキャラを好きだったと気がつく。

アメリカン・ビューティーの最高の皮肉を解説

アメリカン・ビューティーの主人公・レスター

主人公のレスターは最後に娘や家族の大切さといった美徳を思い出すのだが、そのキッカケはロリコン恋愛であり、結果死んでしまう。

社会的に許されない嗜好を抱かなければ、いわゆる”アメリカン・ビューティー”を感じることもなかった。さらに美徳を感じられた瞬間死んでしまうのだから皮肉が過ぎる!!

考え得る最高の皮肉を見せつけてくれるのが、このアメリカン・ビューティー!

フランクザッパの”あの曲”を思い出す

アメリカン・ビューティーを観ていると、なんだかフランクザッパの「Bobby Brown(ボビーブラウン)」という曲を思い出してしまった。

この曲はボビーブラウンというモテモテ青年が、思い描いていた未来予想図と違う道をたどる(ゲイになる)というもの。

アメリカ的な美意識や大義を信じ続けていたが、いつ間にか本来居たかった道をそれてしまうというアメリカン・ビューティーに近い内容。

日本語訳の歌詞もあるので興味がある人はぜひ聴いてみるといい。

youtu.be

アメリカン・ビューティー解説・考察まとめ

映画アメリカン・ビューティーの代表的なシーン

近代アメリカ最高の皮肉をみせつけてくれたアメリカン・ビューティー!!見応えがあったし色々考えることができた!

バカバカしく痛い描写を重厚な映像で撮影し、モダンアート的な要素も含めた今作は、ジャンルの枠に囚われない傑作になった。

まだ観てない人はVODサイトU-NEXTで無料視聴してみよう。

こういったオリジナリティーが高い名作がこれからも生まれ続けることを願い合掌!!

こちらもおすすめ関連記事