Netflix『ザ・バブル』ネタバレ感想/ひどいパクリ?ラスト考察,コロナ禍撮影評価・キャストあらすじ解説

Netflix映画『ザ・バブル』(The Bubble)は、アクション映画の撮影中の俳優たちとスタッフの亀裂をグロシーンや下ネタなどなんでもありで描いたおバカコメディ

(ちなみに日本のアニメ映画『バブル』についての記事はこちら

アニメ映画『バブル』

Netflixアニメ映画『バブル』(Bubble)は、重力が乱れて水没したディストピア・東京で、天才少年と美少女が運命的に出会い、困難に立ち向かっていくSFアドベンチャー!アニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎が監督、漫画『デスノート』の作[…]

Netflixアニメ映画『バブル』
)

『ジュマンジ/ネクストレベル』の女優カレン・ギランや、『Xファイル』のデイヴィッド・ドゥカヴニーが過激な下ネタに挑みます。

コロナ禍の撮影でのバブル方式(一定期間みんな隔離)の中での映画撮影というストーリーなのですが日本でも世界でも第六波のピークが去ったあとに公開!というのがタイミング悪すぎると思いました。

CineMag
コロナが落ち着いてきたときにコロナネタてんこ盛りで正直、食傷気味になるんですよね…。

キャスティングも今が旬とは言い難い面々ばかり、コロナネタも時期を外し、旬はずれの俳優を使うのが計算だとしたらある意味すごい映画です。

キャスト、ぶっちゃけ感想・評価メタ構造の考察ネタバレあらすじ解説を知りたい人向けに記事をわかりやすくまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目からどうぞ)

Netflix映画『ザ・バブル』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

Netflix映画『ザ・バブル』作品情報・キャストと演技の印象

公開・制作国・上映時間:2022/04/01・アメリカ・
原題:『The Bubble』
監督:ジャド・アパトー
脚本:ジャド・アパトー/パム・ブラディ
ジャンルコメディ
配給:Netflix

キャロル|カレン・ギラン

キャロルを演じる女優カレン・ギラン

©︎Netflix

キャロルは中年に差し掛かかりキャリアのピンチを迎えている女優。

本作でのカレン・ギランは、若い子にセリフを取られたり、アホなお漏らしシーンを追加させられたり、セクハラされたり、彼氏に捨てられたりと、体当たりで挑んでいます。

女優カレン・ギラン代表作:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『アベンジャーズエンドゲーム』のネビュラ役、『ジュマンジ』シリーズのルビー役など。

スポンサーリンク

ダスティン|デイヴィッド・ドゥカヴニー

ダスティンを演じる俳優デイヴィッド・ドゥカヴニー

©︎Netflix

ダスティンは女癖が悪く、養子にクズと呼ばれているクズ俳優。

撮影セットで元妻とセックスに及ぶなど、デイヴィッド・ドゥかヴニー本人の波乱に満ちたプライベートをそのまま投影させたようなキャラクターがダスティンだと思います(キャラ設定せめてますね)。

俳優 デイヴィッド・ドゥカヴニー代表作:『Xファイル』 シリーズ、『カリフォルニケーション』

スポンサーリンク

その他の登場キャラ・キャスト

映画『ザ・バブル』主要キャスト

©︎Netflix

ディーター|ペドロ・パスカル (『ゲーム・オブ・スローンズ』オベリン・マーテル役、『ワンダーウーマン1984』マックス役『イコライザー2』『マンダロリアン』『ナルコス』)

クリスタル|アイリス・アパトー

ローレン|レスリー・マン

シェーン|キーガン=マイケル・キー

ダレン監督|フレッド・アーミセン

ハーウィ|ガズ・カーン

パウラ|ケイト・マッキノン

本人役|ジェームズ マカヴォイ

ドラッグの幻覚|ベネディクト・カンバーバッチ

スポンサーリンク

映画『ザ・バブル』ネタバレなし感想・あらすじ・見どころ・海外評価

映画『ザ・バブル』

©︎Netflix

あらすじ:女優キャロル(カレン・ギラン)はエージェントに言われて仕方なく、落ち目のシリーズ『ザ・ビースト』の第6作目の撮影場所へ行きます。コロナ禍でバブル方式を採用したため、俳優たちは2週間ホテルの自室で隔離生活を送る羽目に。やっと隔離を終えて撮影が始まりますが、ドラッグにセックスなど、波乱万丈な展開が待ち受けていました。

お馬鹿な笑いや下ネタが盛り沢山なのはもちろん、映画制作の裏側やあるあるを見せつけてくれます。

ブラックジョークが好きな人や、映画撮影に興味がある人におすすめ。前半は中だるみしますが、後半は過激な展開で盛り上がっていきます。

ちなみに海外サイトの評価はかなり低く、ロッテントマトズの批評家の評価は24点です…。

おすすめ度70%
アホ度・下ネタ90%
ストーリー60%
IMDb(海外レビューサイト)5.2(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家24% 一般43%

※以下、ネットフリックス『ザ・バブル』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『ザ・バブル The Bubble』ネタバレ感想・評価

Netflixオリジナル映画『ザ・バブル/The Bubble』の評価は70点。おバカコメディの凡作です。
CineMag
逃げようとして撃たれたり、クソくだらないオチに反旗をひるがえすなど、中盤以降は過激で結構好きでした。

ただ基本的にコロナネタが多く、コロナの流行ピークが過ぎたタイミングで公開されたことで、評価がひどいことになった感があります

映画撮影中を映画にするというパターンは、フランソワ・トリュフォー監督の『アメリカの夜』(1973)が有名ですよね。

もう1つの作品でしたというのは邦画『カメラを止めるな』っぽいなあと感じました。パクったんでしょうか?

最後ドキュメンタリー映画にしちゃうオチがちょっと違うのでパクリ認定はできないでしょうけど、まあプロットがにているのは映画では非常に多いのでご愛嬌ですね。

レオナルド・ディカプリオ主演のシュールSFコメディ『ドント・ルック・アップ』に比べると、本作は知的ユーモアが控えめで、わかりやすさ+下ネタに振り切った印象。

CineMag
主人公・キャロルを演じたカレン・ギランが隔離中部屋で自慰行為をする場面が映されるなどかなり攻めていて、下ネタは男女平等でした。

1番笑えたのはキャロルが製作陣に刃向かったことで若い女優クリスタルにセリフを奪われ、演技が露骨にやる気ないシーン。さらに、キャロルのシーンが“恐竜に怯えて叫んでお漏らしをする”に勝手に変更されます。

俳優カレン・ギランが恐竜にびびるシーン

©︎Netflix

感想を語る犬
製作陣の遠回しなパワハラと、俳優の対決が笑えましたね。

強いていえば、女性が男性を上回るレベルで下ネタを見せるというのが、本作『ザ・バブル』の革新的な部分なのではないでしょうか。

あとは本作の劇中劇である映画『ザ・ビースト』はもろにジュラシック・パークシリーズのパロディで、映画全体としてスティーヴン・スピルバーグ監督を風刺しているとも感じました。ジュラシックパークも2022年公開予定の『新たなる支配者』で丁度6作目ですし、ここも劇中映画『ザ・ビースト』と一緒です。

ただ政治風刺をした『ドント・ルック・アップ』がアカデミー賞作品賞にノミネートされたことを考えると、本作のようなおバカコメディが今批評家に受けないのも納得できます。

劇中では主人公キャロルが出演した映画が大手レビューサイトRottentomatoesで4%の批評家支持率だったというネタがありましたが、同サイトでの本作の支持率は24%なのが笑えるような笑えないような…。

俳優・監督・スタッフのあるあるが詰まっている

映画『ザ・バブル』の撮影シーン

俳優が待遇に不満を言いまくったり、俳優がセリフを変更したいと主張したり、配給会社の重役が現場のゆうことを全く聞いてくれずに「とりあえず完成させろ」とだけ言ったり、刃向かったらシーンを変更されたり、実際の製作現場でアリそうなトラブルが盛り沢山なのが見ていて興味深かったです。

シリーズもので前作に出演しなかったキャロルが、ローレンに悪口を言われるというのも、『ワイルド・スピード』シリーズのドウェイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼルみたいで笑えました。

また、プライベートでもセックス依存症だったこともあるデイヴィッド・ドゥカヴニー演じるダスティンが元妻と撮影セットでセックスするなど、キャスティング・役柄で攻めているとも感じました。

X-MENシリーズで若い頃のプロフェッサーXを演じるや、『ザ・スーサイド・スクワッド2』の役のがアクション監督役で登場など、カメオ出演も楽しめました。

演出・伏線について

『ザ・バブル』は映画撮影のトラブルをお届けするだけではなく、伏線・回収も結構凝っていました。

インド出身のスタッフの友人が開発したリモートセックス用義手が、指を撃たれたローレンに使われた。

ディーターが妄想に使ったエクササイズアプリの女性とラストで友達になる。

などなど、意外とストーリーのディティールに凝っていたのが素晴らしいと思いました。

『ザ・バブル』ラスト考察!メタ構造は流行り?

映画『ザ・バブル』は、俳優たちの撮影でのドタバタ劇がドキュメンタリー映画になったという結末でした。

CineMag
途中で女優ローレンが警備兵に撃たれたあたりから、『カメラを止めるな』的な雰囲気が漂っているのがビシビシと伝わってきましたね〜

さらに本作では、劇中でジュラシック・パークのパロディ的なモンスターパニック映画『ザ・ビースト』を撮影している設定なので、実質は劇中劇・本筋のストーリー・ドキュメンタリーの3重構造で、割と凝った作りなのがわかります。

ただまあメタ構造がストーリーに与える影響がシンプルで、物語のメッセージ性が付加されるなど巧みな作りになっていなかったのは少し残念です。

マトリックス レザレクションズ』や、Netflixのマイナー映画だと『クラシック・ホラー・ストーリー』など、近年割とメタ構造(ストーリーの外にストーリーがある)が多い気がします。流行りなのでしょうか。

映画『ザ・バブル』ネタバレあらすじ解説

キャリアの中盤に差し掛かる女優キャロル(カレン・ギラン)は、人気シリーズの第6作『ザ・ビースト』にキャスティングされます。

キャロルらキャストは、コロナ禍だからと撮影場所で2週間の隔離生活を言い渡されました。キャロルは暇すぎて精神的に疲弊します。

キャロルは『ザ・ビースト』の前作に出演しなかったため、女優ローレン(レスリー・マン)に嫌味を言われます。

隔離期間を終え撮影が始まります。しかし俳優でローレンの元夫のダスティン(デイヴィッド・ドゥカヴニー)が、ダレン監督にセリフを変更したいと言って撮影が中断するなど、思ったようにすすみません。

挙句の果てに女性スタッフの1人が陽性となり、みんなまた2週間隔離し直すことに。

ローレンは、ダスティンとよりを戻し、山のセットでセックスをします。

撮影期間が予想以上に長引きます。

キャロルはテレビ電話で恋人が自分の家で浮気をしていると知ってショックを受け、同じホテルに泊まってたサッカー選手のザキと体の関係を持つようになりました。しかしザキは妻が3人いる既婚者でした。

キャロルはインフルエンザにかかりますが撮影は続行。キャロルは長引く撮影にイライラし、他の俳優に「撮影をやめるフリをしよう」と持ちかけました。

しかしみんなに反対された挙句、製作陣にバレてしまいました。キャロルのシーンは10代の女優クリスタルに取って代わられることになります。

さらにキャロルは怪物に襲われてお漏らしをするシーンを演じさせられ、不満たらたら

ダスティンと喧嘩したローレンは撮影地を抜け出そうとします。しかしセキュリティのミスター・ベストの部下に撃たれ、手の指を失って降板

キャロルはTV電話でエージェントに契約解除して欲しいと頼みますが、今抜けたら1億4千万ドル罰金だと言われ、仕方なく撮影続行を決意。祖母が死んだのに、プロデューサーのギャビンは家に返してくれません。

みんなでドラッグパーティーをやり、ディーター(ペドロ・パスカル)がオーバードーズで心肺停止に。スタッフのアニカが注射を打ち、なんとかディーターは復活しました。

撮影はクライマックスになりますが、空飛ぶ恐竜たちの生殖器を燃やすというくだらないオチに納得できず、ダスティンがダレン監督に歯向かいます。みんな撮影所から逃亡しました。ミスター・ベストたちが追います。

クリスタルはこの撮影所で友達になったカーラに殴られます。彼女は制作側のスパイだったのです。クリスタルはカーラを気絶させて逃げました。

俳優たちはみんなでヘリの前まで逃げます。ダスティンはダレン監督の股間を打ち、みんなはショーンの操縦でヘリで飛び立ち、撮影所をあとにしました。

2年後、記録係のスコットが撮っていた本作のドキュメンタリーが公開されて大ヒット。みんな一躍スターになりました。

映画『ザ・バブル』END!

最後のまとめ

映画『ザ・バブル』は、女優カレン・ギランらが体を張った下ネタやお馬鹿なギャグに挑んだ意欲作でした。

しかし、ストーリー性やメッセージ性がイマイチで、公開時期もテーマであるコロナの流行とズレたこともあり、一般的な評価はかなり低い残念な作品に。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『ザ・バブル/The Bubble』レビュー終わり!

2022年公開Netflix映画ネタバレ感想レビュー記事

関連記事

Netflix映画『シニアイヤー』(Senior Year)、イケイケのチアリーダーが昏睡状態になり、20年後に目覚めて高校に通い出すという衝撃作!笑と共にタイムカプセルを開けたときのような感動があふれ出す。レベル・ウィルソンのパン[…]

Netflix映画『シニアイヤー』
関連記事

Netflix映画『目指せメタルロード』(Metal Lords)は、メタルの名曲がハイスクールで鳴り響く、メタル好き必見の一本。3人の学生がギター・ドラム、そしてチェロで心を通わせていきます。まさにメタル民の、メタル民による、メタ[…]

Netflix映画『目指せメタルロード』
関連記事

Netflix韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』はイカゲームでブレイクしたパク・ヘスが中国で超危険なミッションに巻き込まれるスパイアクション!タイトル的に任侠映画と思いきや韓国の特攻野郎Aチームが日本人をボコボコにするアクションの凡作[…]

Netflix韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』
関連記事

Netflixアニメ『アポロ10号1/2』は宇宙船・アポロ10号が設計ミスで小さくなったので、NASAが子供を訓練させて乗り込ませるというストーリーです!『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』や『6才のボクが大人になるまで』で有名[…]

Netflix映画『アポロ10号1/2』