映画『NOPEノープ』ネタバレ考察・聖書とチンパンジーと靴の意味,ラストあらすじ解説・感想

『NOPEノープ』は新感覚すぎて超おもしろいSFサスペンスホラーでした!

『ゲット・アウト』や『Us/アス』など黒人差別ホラーで有名なジョーダン・ピールがまたやってくれました!

静かで不穏な牧場の空気と、そこで巻き起こる想像を絶する悲惨な事件。人類に警鐘を鳴らす壮大なメッセージと、現代アート的な優れたコンセプトを孕む映像。

CineMag
2022年公開の映画でベスト3に入る傑作!引き込まれすぎて映画館で前のめりになりました。

ちなみにNOPEとはNoの代わりに使うスラングで、何かをちょい強めに否定するときに使います。

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、UFOの意味・旧約聖書・チンパンジー事件・垂直の靴の意味を徹底考察!メタファー構造の解説図ストーリーネタバレあらすじ解説

ぶっちゃけ感想・評価を知りたい人向けに徹底レビュー!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

映画『NOPEノープ』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『NOPEノープ』作品情報・キャストと演技の印象

日本公開・制作国・上映時間:2022/08/26・アメリカ・130分
原題:『NOPE』
ジャンル:サスペンス・ホラー・SF
監督・脚本:ジョーダン・ピール
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ(『007スペクター』『TENETテネット』)
音楽:マイケル・エイブルズ

登場人物・キャスト紹介

登場人物キャスト・出演作
OJ・ヘイウッド

暗い性格の馬の調教師。牧場の経営で金が回らなくなる。

ダニエル・カルーヤ

ジョーダン・ピール監督の傑作『ゲット・アウト』の主人公です。今作は隠キャっぽいキャラでしたが、説得力がすごい。演技力高いですね。

(『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』フレット役。『ブラック・パンサー』ウカビ役など)

エメラルド・ヘイウッド

OJの妹。兄と違って超明るい。レズビアン。

キキ・パーマー

(映画『アリス』『バズ・ライトイヤー』イジーの声。『ハスラーズ』)

リッキー・ジュープ・パーク

テーマパーク/ジュピターズ・クレイムのオーナー。

元子役で、番組の撮影中チンパンジーが暴れ出しキャストが襲われる事件を目撃。

スティーヴン・ユァン

ウォーキング・デッドのグレンが、トラウマ持ちの子役という印象的なキャラを演じてました。微妙に変人チックな雰囲気が素晴らしい。

(『ウォーキング・デッド』グレン役。『ミナリ』『バーニング劇場版』)

エンジェル・トレス

家電量販店の店員。オカルト好きで未確認飛行物体を撮影しようとするOJたちに協力する。

ブランドン・ペレア

(ドラマ『The OA』)

アントラーズ・ホルスト

業界で有名な撮影監督。いつも家で野生動物の捕食シーンを観ている変人。

マイケル・ウィンコット

(『エイリアン4』ドラマ『ウエストワールド』)

ネタバレなし感想・あらすじ・海外評価

あらすじ:陰気な牧場主OJ(ダニエル・カルーヤ)は、金に困り果てて近くにあるテーマパークの主・ジュープ(スティーヴン・ユァン)に馬を売ります。そんなおり、牧場の上空で巨大な飛行物体を見つけ、妹のエメラルド(キキ・パーマー)とUFOを映像におさめ金儲けしようと考えますが…。

未確認飛行物体が出てくるSF要素満点でジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』や『Us/アス』とはまた違った雰囲気ですが、新感覚ホラーという意味では期待を裏切りません

黒人差別テーマは前作よりも影を潜めていますが、もっと壮大なテーマを孕んでおり、折り重なるいくつもの興味深いメッセージも素晴らしい。

考察しがいのあるタイプの作品で、個人的には傑作だと思います。超おすすめです!

おすすめ度90%
斬新さ94%
ストーリー87%
IMDb(海外レビューサイト)7.3(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家 83%

一般の視聴者 68%

メタスコア(Metacritic)77点(100点中)

※以下、映画『NOPEノープ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『NOPEノープ』ネタバレ感想・評価

ジョーダン・ピール監督最新作『NOPEノープ』の評価は91点。

じっくり迫りくる危機、想像を絶するグロテスクな恐怖とサスペンスホラーとしての高い完成度加え、抽象的なメッセージが幾重にも折り込まれた現代アートSFホラーと呼べる独自の領域の作品だと思いました。

感想を語る犬
ジョーダン・ピールの感性すげえ…。
スティーヴン・ユァン演じるジュープと宇宙人ショーの観客が丸ごと飲み込まれて、UFOの中でグチュグチュにされていくシーンなんか、捕食される恐怖が身に染みてガクブル。怖すぎます。
ショーに観客としていた女性のベールが風でまくられ、過去にチンパンジーに顔の皮を剥がれた女優だとわかる驚愕のシーンも素晴らしい!
そしてUFOから垂れ流された大量の血が主人公の家にぶっかかり家の中まで血で濡れるシーンも、ゴシックホラー的なカタルシスがありました(旧約聖書・ナホム書に沿った描写。次の項目で詳しく考察します)。
UFOというSF要素がサスペンスホラーに入り込んだことで好みは分かれると思いますが、個人的には優れたコンセプトをいくつも孕んだ傑作だと思いました。

NOPEノープ考察(ネタバレ)

UFO=野生動物のメタファー・解説図

本作で出てきたUFO(未確認飛行物体)は、エイ(魚)のような形状でもあり、クラゲのように変化し、さらに最後は蝶のようにヒラヒラした形態になります。

宇宙から来たかもしれないUFOでありながら、野生動物とも捉えられるのです。

さらに本作はSFテイストながらプロット的にはモンスターパニックよりの構造です(UFOを生物と捉え、弱点を探して倒す流れ)。

ここから『NOPEノープ』が何を言いたいのか、メッセージ性が浮かび上がってきます。

UFO内部がカメラレンズのようになっていることから人類は動物や自然など“野生”を管理下に置いているように見えて、いつだって野生から睨まれていると伝えたかったのでしょう。

シネマグ
ニーチェが言ってる「深淵をのぞくとき、深淵もまたこちらをのぞいている」的なメッセージですね。

馬の目・チンパンジーの目も、絵的にUFOのレンズと重なります。いわば深淵です。

馬やチンパンジーからしたら「人間よ、上から目線でこっちを見んじゃねえ!」ということ。

UFOと人間の関係は一段上の構造に移行します逆に人間たちが超常的な力に上から目線で見下ろされているわけです。

野生や本来の性質をコントロールしようとする愚かさが浮き彫りになってきます。

一方で、劇中のチンパンジーの暴力や主人公OJたちのUFO撮影など、監視されている側がやり返すことも可能です。

そんな『NOPE』のメタファー構造を図で解説すると下記になるでしょう。

NOPEのメタファー構造を考察した解説図

構造の型は上記のような監視と逆襲が双方向性を持つイメージ

図で示した監視と逆襲の相互作用構造は維持しつつ、当てはまるUFO、人間、チンパンジー・馬を、それぞれ神・白人社会、黒人・アジア人など他の象徴で入れ替え可能です。

文化人類学者・哲学者のレヴィ=ストロースの著書「野生の思考」でいうと、細かい項目でなく構造のみ決まっている状態といえます。

(関連が双方向で、当てはまるものが完全に決められた構造でもないので、映画『NOPE』は見た人によって解釈が大きく変わるのでしょう。メタファーが1対1対応ではないのです。)

より俯瞰してみるとUFOは野生の総合=地球の意思なのかもしれません。

冒頭でTVに出ていたチンパンジーがキャストをなぶり殺す事件からも、野生を制御することの愚が伺え、野生側もUFOと同じように人間を監視しているという逆転構造がみえます。

ジョーダン・ピール監督の過去作が全て黒人差別に警鐘を鳴らすものだったということを加味すれば、本作では黒人のみならず・野生的なもの・自然な状態であるべきものを抑圧した反動にまで視点を広げて表現しているのだと思いました。

シネマグ
人類が黒人だけでなく、野生などありとあらゆるものを全て奴隷化しようとしていることへの警告ですね。

ナホム書(旧約聖書)

まず、旧約聖書のナホム書は古代メソポタミアの都市ニネベの滅びを預言する恐ろしい内容です。

本作の主人公たちが住む地域がUFOに滅ぼされる大まかな流れが、このナホム書の預言の都市ニネベの滅びとリンクしているようです。

シネマグ
聖書を関連させて広い視点で見ると『NOPEノープ』は神による人類への報復の物語とも受け取れます。

本作の冒頭では下記の悲惨な文が引用されています。

わたしはあなたに汚物をかけ、あなたをはずかしめ、あなたを見せものとする

ナホム書 第3章 6節

エメラルドとエンジェルが家の中にいるときに、UFOが大量の血や金属を吐き出した場面がありましたが、これが「わたしはあなたに汚物をかけ」のメタファーになっています。

テーマパークのジュープとその家族と観客たちを全員食ったあとに吐き出した、大量の血と金属。

聖書とリンクし、UFOの排泄物をぶっかけたような表現に生理的な嫌悪感がものすごかったですが、その反面ホラーとしては素晴らしい演出だと思います。

また、ナホム書の滅びの預言にあるニネベに住むアッシリア人たちは、反乱軍に対して皮を剥ぐなど残虐な行為を繰り返していたようです。

本作で出てきた1998年にチンパンジーが暴れて女優の顔の皮を剥いだ事件と関連があるのかもしれません。

感想を語る犬
神的なUFOが現代の傲慢な人間たちの皮を剥いでやったということでしょうか。

チンパンジーの意味と靴

飼い慣らされて搾取される

まず、コメディ番組に出演していたチンパンジーが暴れて少年ジュープの前で射殺される流れは、飼い慣らされてTVで笑い物にされる黒人、何か悪いことをすればすぐに射殺される黒人の暗喩になっていると思いました(危うい表現ですが)。

黒人は1980年代〜90年代にかけてエディ・マフィに代表されるようなコミックリリーフや、マジカルニグロ(なぜか白人を助けてくれる黒人)として多くキャスティングされました。

人種によって役柄が決められているっておかしいですよね。

シネマグ
黒人が持つ、エンタメ界で搾取されてきた歴史への怒りがチンパンジーのくだりで投げかけられていたと思います。

オープニングのナホム書引用「あなたを見せ物にする」が、見せ物にされるチンパンジーや搾取される黒人にかかってもいますね。

靴が立ったのはUFOの影響?

チンパンジーがTV番組撮影でキャストを襲った際に、女優の靴が垂直に立っていました

UFOは重力もしくは磁場を操れるっぽかったので、靴が立っていたのは、事件でチンパンジーになんらかの影響を与えたのは未確認飛行物体である示唆なのかもしれません。

この場合、チンパンジーの暴行シーンでは電気がついていたので、その前の段階でUFOの影響があって一瞬停電し、電気が復活したのでしょう。

想像を広げるなら、チンパンジーがジュープにフィストバンプしようとしたE.T.のオマージュシーンから、チンパンジーは宇宙船の存在に気づいて星に帰りたかったのかもしれません。

感想を語る犬
「ゴーディ・ゴーホーム」のホームは他の星を指しているのでしょうか。

災害をもたらす使者

先ほどの考察でUFOに神的な側面があるとしましたが、とすればチンパンジー=神の使者と捉えることもできます。

シネマグ
キリスト教的にはかなりあやうい表現ではないでしょうか。

また、チンパンジーについてはただの災害をもたらすものの象徴というだけではありません。

実際チンパンジーは成長すると凶暴・残忍になり人の言うことを聞かなくなります。握力は数百キロ。

人間をメッタメタに暴行を加え、顔の皮を剥いだりする悲惨な事件も過去に海外で実際に起こっています。

(『志村どうぶつ園』のチンパンジー・パンくんも女性に噛み付いて降板・隔離となった事件もありましたね)

『NOPEノープ』は宇宙人・UFO・聖書の要素に、リアルな動物の習性を上手にリンクさせていた点も素晴らしいです。

主人公・OJの成長譚とラスト

迫りくる人喰いUFOの恐怖で見えにくいですが、本作は主人公・OJの成長譚でもあります。

妹エメラルドとの会話によると、OJは昔は明るかったようです。

OJが「少年時代に父オーティスと『スコーピオン・キング』の撮影現場にGジャン(JEAN JACKET)という馬を連れて行き、大変な撮影だった」と語っています。

そしてUFOに馬と同じGジャンと呼んでいます。

推測になりますが、少年OJは撮影現場で暴れ馬Gジャンに恐怖し、野生をコントロールできなかったトラウマが根深く残っているのかもしれません。

なのでOJはUFOをGジャンと呼び対峙することで、トラウマ克服・過去を精算しようとしたのでしょう。

OJはラストでおそらくUFOに喰われてしまいましたが、最後に心を成長させたのです。

最後の場面でエメラルドがパーク入り口の霧の中に馬に乗ったOJを見ています。

生きている・死んでいるどちらとも取れる意図的にダブルミーニングなラストですが、個人的にあの状況でOJは助からず死んでしまったと解釈しました。

UFOショーでジュープが「未知のものに出会って我々は別の存在に…」的なことを言っていた気がするので、少々飛躍した考察をするならOJは神的なUFOに飲み込まれて生まれ変わり、超常的な別次元のものとして存在している(ジュープたちも)という、スピリチュアルな解釈をしてもいいのかもしれません。

ジュープの異常な精神構造/Gordy’s Home

スティーヴン・ユァン演じたジュープについて。彼は子役時代に『ゴーディの家/Gordy’s Home』チンパンジーの惨劇を目の前に目撃しましたが、食われませんでした。

しかし、大人になってUFOをショーにしてしまったジュープは家族もろとも喰われます。

子役時代のジュープはチンパンジーと同じ、大人に飼い慣らされた従順で純粋な存在だった。

しかし今度は飼い慣らす側になり、罰を与えられた

そんなメッセージがあると思います。

シネマグ
主人公OJと妹エメラルドについても、UFOを映像化して儲けようとしていたので、ジュープと立ち位置が似ていますね。

しかしもっと興味深いのはジュープのキャラクターそれ自体。

彼は自身も番組出演してチンパンジーの恐怖を目の当たりにしたはずですが、事件後にカルト的に人気を博した『ゴーディの家/Gordy’s Home』のグッズで特別な部屋を作り、マニアに金を払わせてそこに宿泊させています。

トラウマを抑圧するのではなく、共存しているわけです。そこに彼のキャラクターとしての興味深さと魅力があります。

(普通ならもうあんな番組は思い出したくない!となりそうですが。)

ジュープはUFOショーの前に酷く緊張していました。

UFOが馬を食うところをみると、チンパンジーのゴーディがフラッシュバックするからでしょう。

いっぽうでチンパンジーに顔面を剥がれた女優を「初恋の女性」と呼び、ゲストとして迎えています。

『ゴーディの家/Gordy’s Home』という過去の存在なしでは自己を構成できないかのようです。

恐怖の感情が変に働いて、逆に番組を偏愛するようになったのかもしれません。

ジュープのキャラは恐怖を知りながら、それをコントロールしようとする人間の傲慢さ・愚かさを象徴しているのでしょう。

暴走して殺されたチンパンジーが象徴する、消費されるエンタメ・弱者を食いものにする構造の虜になってしまったともいえます。

とにかく、ジュープは複雑で考察しがいのある興味深いキャラクターでした。

ちなみにジュープが経営するジュピターズ・クレイムがハリウッドのUSJにアトラクションとしてあるようです

ベールの中を見てはいけない!

『ゴーディの家/Gordy’s Home』で顔の皮を剥がれた女優は、ジュープのショーでもベールを被っていました。

しかしUFO襲来の風でそのベールがめくれ、形をとどめていない顔が映ります。

UFOも最終形態はベールのようで、さらに主人公OJが「目を見てはいけない」と言っていました。

目とは野生動物の目でもあり、同時にベールに包まれた中身をも表現しているようです。

「ベールの中をのぞいてはいけない。罰が待っている」

そんな抽象的なメッセージが浮かび上がってきました。

最悪の奇跡とは?

本作のメッセージのひとつが最悪な奇跡でした。

  • 飛行機から落下した5セント硬貨で(実際はUFOから)で父が死亡
  • カマキリが監視カメラを塞いでいた
  • ジュープは垂直に立った靴を見つけ、チンパンジーに暴行されなかった
  • 過去のチンパンジー事件から何も学んでいないジュープが牧場近くにいた

これらが具体的な最悪の奇跡といます。

さらにこの最悪の奇跡には超常現象であるUFOが絡んでいます。

UFOが神的な表現であることを加味すると、最悪の奇跡の数々にも神が関わっており、偶然など何ひとつないと伝えているのかもしれません。

タイトルのNOPE/ノープはノーという意味ですが、神的な超常現象が織りなすこれらの最悪の奇跡の連続に対してノーと言っているのでしょう。

メタ的に考えれば信仰心の否定です。(主人公たちが気軽に「NOPE」を使ったせいで悲劇が巻き起こったのかもしれないですね。)

また、少年ジュープがチンパンジーに襲われずフィストバンプしたのも(その瞬間にチンパンジーは眼前で射殺されますが)、靴が立っている最悪の奇跡を見つけたからなのかも。

靴を見てチンパンジーから視線が少しだけそれたから助かった。ベールがあったから視線が合わなかった。などさまざまに解釈できます。

しかし、ジュープ視点でゴーディと目が合っているようなカットもあり、意思疎通のフィストバンプをしているので、単純に目を合わせなかったから食われなかった、というだけではない気がします。

深読みすると最悪の出来事の中で奇跡を見つけた信仰心が少年ジュープを助けたと考えられなくもないです。

5セント硬貨の皮肉

OJの父・オーティスを殺した5セント硬貨にはどのような意味があるのでしょうか。

5セント硬貨の人物はアメリカ合衆国第3代大統領で独立宣言起草者のトマス・ジェファーソンで、裏面にはジェファーソンの邸宅・モンティチェロがデザインされています。

トマス・ジェファーソンは奴隷制に反対し、奴隷輸入禁止法を成立させるなど政治面で評価されている一方、モンティチェロの邸宅ではたくさんの奴隷を働かせていました。

奴隷制度に廃止しようとしつつ、黒人を劣等視した差別主義的な側面も持った複雑な人物だったのです。

作中での5セント硬貨による死因は、多くの黒人奴隷を抱えていたトマス・ジェファーソンを偽善者と捉え、今なお黒人差別・黒人監視社会が終わっていないことのシニカルな表明だと思いました。

監督・撮影監督の美学

ジョーダン・ピール監督やホイテ・ヴァン・ホイテマ撮影監督の熱いインタビューを見ると、撮影側の美学がUFOを撮影するという本作のプロットに大いに反映されている気がします。

特に撮影監督アントラーズ・ホルストのキャラですね。

彼はネコ科動物がニシキヘビに喰われる映像など捕食動画を家でずっと見ている変人です。捕食フェチ的な側面もあり、命に変えてもUFOに捕食される人類初の動画を撮りたかったのでしょう。

ジョーダン・ピールやホイテ・ヴァン・ホイテマによる「製作者の素晴らしき変態性はこうしてフィルムに収められるんだ!」という表明に思えました。

黒人差別だけでなく共存も描く

人類初の映画、馬に乗る黒人の黒人を誰も知らないという序盤のエメラルドの発言で黒人差別が映画というエンターテイメント上でも行われていたと表明していました。

ただ、黒人がエンタメ業界でも搾取されるシンプルな構図だけを描いていたわけではないように思えます

『ゲット・アウト』や『Us』のような黒人 VS 白人社会の構図というより、「いろんな人種が集まって仲良くやろうぜ」というメッセージもあったように思えます。

OJとエメラルドは黒人ですが、エンジェルはラテン系、撮影監督ホルストは白人です。(テーマパークのジュープもアジア系)

主要な登場人物に対立関係はなく、UFOを撮影することで結託します。

人種の交流についてポジティブな側面も提示していたのが『ゲット・アウト』や『Us』と比較して『NOPE』の大きな特徴だと思いました。

↓『NOPE』のストーリー結末ネタバレを知りたい人は2ページ目へ↓