映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ考察/鬱ラストやスピルバーグが伝えたいこと解釈・評価や残念な点

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』、1961年公開の超名作をスティーヴン・スピルバーグ監督がリメイク。

2022年のアカデミー賞で作品賞・監督賞・助演女優賞など7部門にノミネートされており、アリアナ・デボーズさんが助演女優賞を受賞しました。

スピルバーグ初挑戦となるミュージカル映画!

美声やダンスの肉体的な迫力と、ライティングを効果的に使ったロマンチックな風景が噛み合って最高

ただ一方で、正直そこまでリアル路線にしなくても…という感想も持ちました。

CineMag

ミュージカルなのに暗い気持ちで映画館を出ることに。夢を観させてくれよ…

ネタバレ感想・評価良かった点・残念な点リタ・モレノのヴァレンティナのメッセージ考察スピルバーグが伝えたい社会の分断や反トランプ考察、本作のキャスト作品情報を知りたい人向けに記事をまとめました。を知りたい人向けに記事をまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです)

スピルバーグの『ウエスト・サイド・ストーリー』はディズニープラス独占配信中月額990円でディズニー、マーベル、ピクサー作品などさまざまなコンテンツが見放題。お申し込みは下記から↓

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は楽しかった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2022/02/11・アメリカ・156分
原題:『West Side Story』
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
原作:アーサー・ローレンツによるミュージカル
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
音楽:レナード・バーンスタイン/デヴィッド・ニューマン
製作:TSGエンターテインメント/アンブリン・エンターテインメント
配給:ウォルトディズニージャパン

スピルバーグ監督と脚本のトニー・クシュナーは、『ミュンヘン』『リンカーン』でもタッグを組んでいます。

ちなみにアーサー・ローレンツによる原作ミュージカルは、ウィリアム・シェイクスピアの『ロミオ&ジュリエット』をモチーフにして作られたものです。

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

スピルバーグ版映画『ウエスト・サイド・ストーリー』

©︎ウォルトディズニージャパン

あらすじ:開発のために売られた街が舞台。白人たちのギャング・ジェッツと、プエルトリコ系のギャング・シャークスは犬猿の仲でした。ある日、体育館のダンスパーティーで元ジェッツのメンバーで出所したトニーと、シャークスのリーダーの妹・マリアが出会い、お互いに一目惚れ。マリアがトニーといることに激怒した兄ベルナルドがジェッツに喧嘩をふっかけ、両グループは翌日夜に乱闘の約束をしました…。

CineMag
クオリティという面ではさすが巨匠スピルバーグで、期待を軽々と超えてきます

美しい歌声、迫力のダンス、切ない青春に没頭でき、歓喜・感動の雨あられ状態。最高のエンターテインメントです。

海外レビューサイトの評価も非常に高いですね。

ただ、リアルすぎて1961年版のテイストと全然違うと感じてしまう人も多いのでは?と思いました。

おすすめ度88%
歌唱・ダンス95%
臨場感90%
IMDb(海外レビューサイト)7.8(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家92% 一般94%

※以下、映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ感想・評価

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の評価は89点。ミュージカルパートだけなら傑作でしょう。
CineMag
スティーヴン・スピルバーグ監督とミュージカル映画の相性が抜群だと証明されましたね。

スピルバーグっぽい登場人物の感情モロ出し演出が、ミュージカルだといつもよりプラスに働いていました。

冒頭での作品のトレードマーク・フィンガークラップ(指を鳴らす音)が鳴った瞬間に、昔見た1961年版の感動が掻き立てられて、ヒロインを筆頭に抜群の歌唱力で至福の世界へといざなわれます。

全体的に歌やダンスのクオリティはもちろん、喧嘩などの臨場感が半端なく、ミュージカル映画がこれほどエネルギッシュで肉体的になるものかと驚かされっぱなしでした。

ミュージカル映画でありつつ、ある面『ジュラシックパーク』や『インディジョーンズ』的な体感型アクションでもあるのです。

カメラワークもすごくて、引きのロングショットはもちろん、エクストリームクロースアップを多用していてメリハリがあり、まるでその空間にいるかのような一体感がすごい。

語る犬
音楽やダンスの良さも合間って、鑑賞中は終始 琴線むき出し状態です。

全編に青春のエネルギーがほとばしり、主人公・トニーとヒロイン・マリアが切なく愛を歌い合う場面だけでなく、何気ないシーンでも理由なく涙があふれてきます

また本作では色彩もこだわり抜かれています。特にアニータのイエロー&レッドのドレスでのダンスは美しい。

アニータのダンスシーン

©︎ウォルトディズニージャパン

ライティングも合わさって、ワンシーンワンシーンが芸術です。

プエルトリコ(有色人種)のシャークスメンバーはカラフルな服、ジェッツ(白人系)のメンバーは色味のない衣装で、対立・分断を視覚的に演出していたのも面白いと感じました。

ただ、1961年の映画がメロドラマ的な雰囲気があったのに対し、本作はミュージカルでありながら悲劇をリアルに描き切ったことで、はっきり言って観終わったあと非常に暗い気分になりました。

困惑した犬
ヒロインから見ると、実兄が恋人に殺されて、恋人が仲間に殺される最悪な展開。アレっ、鬱映画ですね…。

美しい悲劇というより、言ってしまえばリアルに胸糞なラスト…。

青春メロドラマを観に行った人たちは困惑したのでないでしょうか?

社会派やシリアスな作品が大好きな筆者でさえ、序盤の歓喜の雰囲気との落差に驚き、打ちのめされたほどです。

CineMag
暗い気分で映画館を出ました…。
スポンサーリンク

ヴァレンティナ|リタ・モレノ:配役のメッセージ

1961年版の『ウエストサイド物語』でアニータ役だった女優リタ・モレノが、本作ではヴァレンティナ役を務めました。

CineMag
本作のオリジナルキャラとして、1961年版の男性店主・ドックの代わりに、女性ヴァレンティナにリタ・モレノをキャスティングしたことに意味がある気がします。

リタ・モレノを共通項とすると、プエルトリコ系のヴァレンティナが、白人男性と結婚して暮らし、ジェッツメンバーの保護者的な役割だった事実が、1961年版のアニータが兄を殺された悲しみと人種の壁を乗り越えたことを暗示しているようにみえるのです。

1961年版のアニータは、白人男性と結婚して幸せに暮らした

スピルバーグは1961年版にリスペクトと希望込めて、本作のキャスティングでさりげなくメッセージを示したのかもしれません。

単なるリメイクではなく、ストーリーに連続性が生まれている気がして感慨深いですね。

スポンサーリンク

考察:スピルバーグが伝えたいこと!

世界は再び分断されている?

スピルバーグ版の『ウエスト・サイド・ストーリー』の第1のテーマは、青春・人間讃歌でしょう。大画面からエネルギーがほとばしっていることからわかります。

では第2のテーマは?

個人的には埋まらない人々の分断だと思いました。

主人公トニーとマリアが歌うシーンなど、2人の間にフェンスなど“壁”がある演出からも分断の提示がうかがえます。

終盤は、その壁が壊せないものとして描かれていたような気さえしました。

最愛の恋人・ベルナルドを殺されたアニータが、その直後にジェッツのメンバーにレイプされそうになります。

殴られて服を剥ぎ取られたところでヴァレンティナ(女店主)の仲裁が入るのですが、正直このシーンによってジェッツのメンバーには嫌悪感しか残りませんでした。

語る犬
恋人に死なれて失意の底にある人物を強姦しようとする人たちに1ミリも感情移入できません。見ていて辛かったです。

(ちなみに現実で、主演トニー役のアンセル・エルゴートが2020年6月に過去の性暴力で女性から訴えられていることにも驚き…)

ジェッツとシャークス、双方のグループが死体蹴りを繰り返している状態ですね。

もはや若さゆえの衝動では済まされず、生き方を完全に誤ったとしか思えません。刑務所での更生というより、彼らにはもっと根本的な治療が必要だと思いました。

戦争での侵略行為に近いものがあります。突きつけられたこの嫌悪感は『シンドラーのリスト』に近いでしょう。

ブロードウェイならこのストーリーでもそれほど角が立たないのかもしれませんし、1961年版も演出がミュージカル調だったのでそれほどキツさはありませんでした。本作ほどの臨場感ではないぶん、美しい悲劇に感じられたのです。

スピルバーグの今作はリアルなぶん、恐怖と嫌悪感も膨大。

ラストシーンはマリアがみんなに銃を突きつけて争う心に怒り、トニーの死体をジェッツとシャークス両方のメンバーで運びます。

ただ正直、それだけで何か変わるの?と思いました。

特にアニータを襲ったジェッツのメンバーは許されるべきではありません。分断は続いていく気がします。

おそらく、スピルバーグ監督は本作で争いの末路について強烈な問題提起をしているのでしょう。

埋まらない社会の分断をリアルに突きつけているのだと感じました。

CineMag
作品のクオリティは申し分なく問題提起も素晴らしいのですが、もう少しソフトなエンディングでも良かったのでは!?感情移入しすぎたせいか、重すぎました。

反トランプ

プエルトリコ系である老婦人・ヴァレンティナが白人と結婚して幸せそうな写真が飾ってあったことから、いっときの“良き時代”を経て、世界はまた分断されているというメッセージが感じとれました。

「ヴァレンティナの時代はまだ良かった…、今はもっと悪い」という意味に見えます。

分断といえば、メキシコの国境の壁などで象徴的なのがドナルド・トランプ前大統領です。

ハリウッドの著名人の多くがそうであるように、スピルバーグも強い反トランプ派ですし、この『ウエスト・サイド・ストーリー』の企画が進んでいた時期はトランプの任期と重なります。

スピルバーグ監督は本作でトランプと分断にNoを突きつけたのかもしれないですね。

CineMag
リメイクをなぜ今?と感じている人もいるようですが、スピルバーグ的にはSNSで社会に分断が生じている今だからこそ作りたかったのでしょう!

ハッキリ言って納得いかない点!

今回の『ウエスト・サイド・ストーリー』はブロードウェイミュージカルの原作に近いプロットになっていることもあり、ミュージカルではメロドラマ的でOKであろう展開も、おやっ??となってしまって素直に受け取れなかった点が多かったです。

CineMag
特に、ヒロイン・マリアが兄・ベルナルドを殺してきたばかりの恋人トニーとベッドを共にしちゃう展開

愛していても、たった今兄を殺した男性と寝ますか?

普通は兄が恋人に殺されたと聞いてパニックになりそうですし、倫理的にも納得できません。

パニックなので逆に衝動的に行動したという解釈が正しいのでしょうけど、全体的にリアリティラインが高いぶん、強い違和感を感じました。

全登場人物・キャスト

主要キャスト

トニー役|アンセル・エルゴート

リフとジェッツを結成したが刑務所送りになり、現在はヴァレンティナの店で働いている。
吹き替え:宮野真守

マリア役|レイチェル・ゼグラー

吹き替え:藤原夏海

アニータ役|アリアナ・デボーズ

吹き替え:田村睦心

ベルナルド役|デヴィッド・アルヴァレス
吹き替え:諏訪部順一

リフ役|マイク・ファイスト

吹き替え:小野賢章

チノ役|ジョシュ・アンドレス
シュランク警部補役|コリー・ストール
ヴァレンティナ役|リタ・モレノ
クラプキ巡査役|ブライアン・ダーシー・ジェームズ
ヴェルマ役|マディー・ジーグラー

シャークスのメンバー

ブラウリオ役|セバスティアン・セラ
アニバル役|デビッド・アビレス・モラレス

チャゴ役|リカルド・A・ザヤス
チューチョ役|カルロス・E・ゴンザレス
フラコ役|リッキー・ウベダ
ジュニア役|ジェイコブ・ガスマン
ジョチ役|アンドレイ・シャガス
ピポ役|カルロス・サンチェス・ファル
ジュリート役|アドリエル・フレーテ

マノロ役|ケルビン・デルガード
ティノ役|ダビド・グスマン

キケ役|ジュリアス・アンソニー・ルビオ
セバス役|ユレル・エシェザレッタ

ジェッツのメンバー

アクション役|ショーン・ハリソン・ジョーンズ
Aラブ役|ジェス・レプロット
ベイビー・ジョン役|パトリック・ヒギンズ

ビッグディール役|ジョン・マイケル・フィウマラ
アイス役|カイル・コフマン
ディーゼル役|ケヴィン・チョラク
バルカン役|カイル・アレン
リトル・モリー役|ダニエル・パトリック・ラッセル
マウスピース役|ベン・クック
タイガー役|ジュリアン・エリア

スキンク役|ギャレット・ホーイ
ナンバース役|ハリソン・コル
スノーボーイ役|マイルズ・エリック

最後のまとめ

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は、歌声・ダンス・悲哀が高次元で融合した感動のミュージカルである一方、オリジナルストーリーを臨場感たっぷりに演出したことで社会の埋まらない溝を提示したような精神的にキツい作品でした。

ミュージカルでラストで精神的に追い込んでくるものってあまりない気がします。

まあ完成度は高かったですし、最近のスピルバーグ作品では傑作に入るでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『ウエスト・サイド・ストーリー』レビュー終わり!

2022年公開ディズニープラス配信映画ネタバレ感想レビュー記事

関連記事

ディズニープラスオリジナル映画『ブロードウェイ・ドリーム』(原題:Better Nate Than Ever)は、ブロードウェイの舞台を夢見る少年が、親友とニューヨークにオーディションを受けに行くCineMagプロットは[…]

ディズニー映画『ブロードウェイ・ドリーム』
関連記事

ウェス・アンダーソン監督最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun)。Cine[…]

映画『フレンチ・ディスパッチ』