いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
映画『アンノウン/Unknown』

映画『アンノウン/Unknown』あらすじネタバレ解説・評価!オヤジの願望を叶える作品感想・考察

『アンノウン』は一筋縄ではいかない、二転三転する展開が魅力のアクションサスペンス映画だ。

そして、世のオヤジたちの願望を叶えられる映画であることにも触れていきたい。あらすじ・斬新な設定・演出などについて考察していきます!(完全ネタバレ)

スポンサーリンク

映画『アンノウン』のキャスト/基本情報

youtu.be

タイトル:『アンノウン』公開年:2011年監督:ジャウム・  コレット=セラ主演:  リーアム・ニーソン出演:  ダイアン・クルーガージャニュアリー・ジョーンズ  音楽:ジョン・  オットマン撮影:フラビオ・ラビアーノ  興行収入:130,786,397ドル

この映画の考察のために、まずはあらすじをネタバレありで振り返ってみよう。

監督:ジャウム・ コレット=セラは『エスター』や『ロスト・バケーション』『トレイン・ミッション』などの完成度が高い作品をコンスタントに撮っているスペイン出身のダンディ男。

最近はエンタメ大作『ジャングルクルーズ』も監督しました。

マーティン役 リーアム・ニーソンの関連記事

主演は 『96時間』などで有名な リーアム・ニーソン。近年はアクション俳優として引っ張りだこである。

映画『バットマンビギンズ』あらすじネタバレ解説・考察・評価/渡辺謙,リーアムニーソンキャスト!敵スケアクロウの感想 – CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

映画『トレインミッション』完全ネタバレ解説・考察!80年代風爽快アクション! – CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

ひどい駄作?『メン・イン・ブラックMIB:インターナショナル』あらすじネタバレ解説・考察!酷評・感想はつまらん!ポーニィが可愛い,ハイヴとは – CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

スポンサーリンク

『アンノウン/Unknown』のあらすじネタバレ解説

あらすじネタバレ

スポンサーリンク

1:予期せぬ事故

マーティン(リーアム・ニーソン),エルザ(ジャニュアリー・ジョーンズ)
ブレスラー教授にドイツの学会へ招かれたマーティン( リーアム・ニーソン)と、その妻エルザ( ジャニュアリー・ジョーンズ)。
映画アンノウン あらすじ1
ホテルについたマーティンはブリーフケースを空港に忘れたことに気がつき、タクシーに乗るが事故で川に転落。タクシーの運転手 ジーナ( ダイアン・クルーガー)は気絶したマーティンを助け、その場を去る。

スポンサーリンク

2:記憶喪失と状況変化

4日間の昏睡状態のあと、病院で目が覚めたマーティン。ホテルへ行くと妻は自分のことを知らず、自分と同姓同名の夫までいた。
混乱する主人公マーティン(リーアム・ニーソン)
マーティンは看護師から紹介されたユルゲンという元秘密警察の探偵に捜査を依頼。
映画アンノウンの秘密警察ユルゲン
それから ジーナを探し出すが何者かに銃撃され、二人で逃げる。
ユルゲンの情報で、生物学会のパー ティーに出席する王子の命を狙った組織がいるとわかる。マーティンは自分が犯罪組織の一員でホテルに爆弾を仕掛けたことを思い出し、パー ティー中のホテルへ向かった。

3:マーティンの決断

エルザたちはブレスラー教授の飢饉を救う新種のトウモロコシの情報を盗み出していた。マーティンは警備部長に爆弾があることを話し、会場がパニックになる。
作戦の変更を余儀無くされたエルザは、自分に疑いが掛からないよう、仕掛けた爆弾の解除に失敗して死亡。マーティンはもう一人の自分を倒し、 ジーナと新しい人生を始めることにした。

『アンノウン』感想・考察/中年オヤジの願望を叶えた

映画アンノウンのリーアム・ニーソン

『アンノウン』は、世の中のオヤジたちの夢・願望を叶えた映画だといえるだろう。

ストーリーをみると、主人公のマーティン( リーアム・ニーソン)はしがらみのある過去を捨て、 ジーナという 若い女性と新しい人生に踏み切ったのだ。

もっと端的に言えば、つまらない仕事は捨て、妻は死に、 若い女性と・・・ということになる。

これは仕事や家庭生活に嫌気が指し、すべてを捨てて新しい人生を送ってみたいというオヤジの願望そのものではないだろうか?オヤジたちは リーアム・ニーソンを通じてそれを疑似体験することができたのだ。

『アンノウン』はだれでも楽しめるクオリティの高いサスペンス映画だが、特に中年オヤジたちは感情移入できたことだろう。

斬新な記憶喪失

映画アンノウンのリーアムニーソン

マーティン( リーアム・ニーソン)は、記憶を失う前と、思い出したあとでまったく別の人間になっている。

記憶喪失によって、暗殺集団の一員としての冷徹な意識が消え、すっかりいい人間になってしまった。この設定は斬新ではないだろうか?

普通の映画なら記憶が戻ったら元の 人間性に戻るのだが、そのまま良い人間になってしまったという展開がとても面白い。ご都合主義かもしれないが、違和感もない。

音が驚きと恐怖を呼び起こす!

映画アンノウン

『アンノウン』はあの有名なサイコスリラー映画『 エスター』と同じジャウム・ コレット=セラ監督の作品。『 エスター』は本当に衝撃的な怖さだったのだが、『アンノウン』でもこの監督の力量が遺憾無く発揮されている。

その仕掛けは単純で、大きな衝撃音が予想できないタイミングで入ってくるというもの。しかし、実際どこで衝撃音を入れるかとなると、センスや経験が必要になってくる。

『アンノウン』はアクション映画なのに、ホラー映画のようなビビり方をしてしまう。そんな自分が情けなくもあるのだが、ジャウム・ コレット=セラ監督率いるスタッフの手腕が素晴らしいことの裏返しだと考えると、なんだかうれしくなる。

映画『アンノウン』のツッコミどころ

アンノウンの主要登場人物

傑作アクションサスペンス『アンノウン』にもやはり小さな欠点はある。気になった部分をいくつか解説していく。

大事なカバンを忘れる暗殺者

マーティン(リーアム・ニーソン)

完璧な暗殺者のはずのマーティン( リーアム・ニーソン)が、大事なカバンをタクシーに積み忘れるという設定に少し無理があるように感じる。こんな ケアレスミスを犯すような人間なら、今まで生きてこれなかっただろう。

記憶が戻ってもいい人

映画unknown

記憶がだいぶ戻っているにも関わらず、良い人間でい続けるというのは少し都合が良すぎる気がする。記憶をほとんど失ってしまったなら、わからなくもないけど。

しかし、記憶をや感情を一部分だけずっと失ってしまう記憶喪失もあるかもしれないし、もしかすると主人公のマーティンは、暗殺稼業から足を洗いたいとずっと思っていたのかもしれない。

dブック新規ご利用ユーザー限定、60%dポイントバックをはじめ、毎月お得なポイントバックキャンペーンがもりだくさん!※詳細は必ずキャンペーン規約をご確認ください。

 

映画『アンノウン』の結論

アンノウンのリーアムニーソンとダイアンクルーガー

『アンノウン』は斬新な設定と、ジャウム・ コレット=セラ監督による衝撃音などの絶妙な演出、そして巧妙なストーリーでオヤジたちの夢を叶えてくれる傑作アクションサスペンス映画だ!

友達から「オススメの映画ない?」と聞かれたら、ぜひ『アンノウン』と答えよう!

こちらもおすすめ関連記事



おすすめアクション系映画のネタバレ評価感想

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com