いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
映画『裏切りのサーカス』

つまらない?映画『裏切りのサーカス』ネタバレ解説・考察!どんでん返しなし?感想:キャストの演技が渋い!あらすじ評価

ゲイリー・オールドマン主演の『裏切りのサーカス』を観ました!

トム・ハーディやコリン・ファースなど、俳優陣がめちゃくちゃ豪華で、

彼らの会話劇が熱かったです!かなり渋い映画!ただ、ストーリーは“どんでん返し”といった感じはなく少し退屈でつまらない印象だった。

裏切りのサーカス未鑑賞の人は完全ネタバレなので気をつけてね。

スポンサーリンク

映画『裏切りのサーカス』キャストや製作陣

キャストや制作陣を

監督主要キャスト公開年
製作国
興行収入(円)受賞歴
賞のトロフィー
トーマス・アルフレッドソンゲイリー・オールドマン
コリン・ファース
トム・ハーディ
ジョン・ハート
トビー・ジョーンズ
マーク・ストロング
ベネディクト・カンバーバッチ
2011年
イギリス
フランス
ドイツ
88億円
脚本
脚本
美術
美術担当
音楽
音楽
主題歌
ブリジット・オコナー
ピーター・ストローハン
アルベルト・イグレシアス

『裏切りのサーカス』には『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(1974)というジョン・ル・カレによるの原作小説があります。ジョン・ル・カレは『ナイロビの蜂』などでも有名な大御所作家!

映画の観やすさですが、シーンの場所や、過去の回想など、映像が結構入れ替わるのでちょっと観づらいかも。

出演の俳優陣の渋さが滲み出る作品で、内容複雑なサスペンスと見せかけて実は人情モノです。

裏切りのサーカス/あらすじネタバレなし・予告動画

イギリスの諜報機関、通称”サーカス”のまとめ役コントロール(ジョン・ハート)は、組織の主要人物【サーカスの他の主要メンバーはパーシー(トビー・ジョーンズ)、ビル(コリン・ファース)、ロイ、トビー】の中に、ロシア側に情報漏洩している”もぐら(2重スパイ)”がいることを確信。もぐらについて調査するため、部下のジム(マーク・ストロング)にハンガリーでの任務を命ずるが、この件も相手側に筒抜けになっていたため、ジムは撃たれて任務失敗!国際問題に発展しかけ、コントロールと彼の右腕ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)は辞職を余儀なくされる。

サーカス側のスパイ=リッキー・ター(トム・ハーディ)は、ソ連側の諜報部員イリーナと接触し、もぐらに関する情報を得るが、身の危険が迫り命からがらイギリスに帰国。サーカスに帰るのは危険だと感じたリッキーは、サーカスの上層部に直接コンタクトを取リ、もぐらの存在を知らせる。

コントロールは辞職後まもなく死亡。スマイリーは引退生活を送っていたが、復帰しての”もぐら狩り”を命じられる。果たして誰が裏切り者なのか!?

youtu.be

 

スポンサーリンク

裏切りのサーカスの見どころ解説

スポンサーリンク

豪華俳優陣

まず、俳優陣が全員実力派で、誰が主役でもおかしくない贅沢なキャスティングになってます。

こうやって挙げてみると恐ろしい!
今はもうみんなブレイクしちゃってますからね。ギャラが高騰して、もうキャスティングできないんじゃないか?っていうくらい豪華!

劇中のトム・ハーディ

スポンサーリンク

東西冷戦の最前線

戦後の冷戦(資本主義国と共産主義国)の水面下での争いを描いた作品で、英国の諜報機関で働く登場人物を基に話が進むのですが、一歩間違えたらその人の命どころか、国際問題に発展しかねないという緊迫感がものすごいです。インターネットなどなかった時代、国家は相手国のテクノロジーや軍略を知るために、莫大な資金と多くの命を賭していたのでしょう。

レトロな諜報機関!

自動タイプライターで最新極秘情報が入ってくるレトロな諜報機関も、味があって見応え充分!書類専用のエレベーターや、ただ鞄にシールを貼って管理するだけの職員など、今はもうないだろ!っていうシステム満載で萌えます!

切ないラスト

スパイゲームには切ないラストが似合います!それぞれの登場人物がどんな想いを背負っているか考えると、とても感慨深いラストが楽しめます!

裏切りのサーカス75点評価の理由

各要素と、序盤・中盤・ラストの合計を100点満点とし計算しています。

裏切りのサーカスの点数は。。。

合計75点 B+ランク!

出てる俳優陣が好きだったら観てもいいかな〜ぐらいな感じです!あとはお芝居とか好きな人は、俳優陣がみんな渋い演技をするので、参考になるかも!

裏切りのサーカス評価の詳細を

映画の各要素(10点満点中)

ストーリーキャスト(ハマり役)テンポ演技・シーン
8887
セリフ映像の見やすさ(構図)音楽・音響印象度(記憶に残る)
7777

序盤・中盤・ラスト(5点満点)

序盤中盤ラスト・結末話の筋が通っているか?
4354

裏切りのサーカスあらすじネタバレ解説

あらすじネタバレ

スマイリーはリッキーと接触し、リッキーがイリーナというロシア側の女性と恋仲になり、もぐらの情報を聞き出したが、サーカス本部への伝言のせいでイリーナが連れ去られたことを知る。
調べを進めていくうちに、どうやらパーシー達が行っているウィッチクラフト作戦(イギリスの情報とソ連の情報を隠れ家で交換というもの)が情報漏洩の元になっていると確信。実は生きており教師をやっているジムを探し出し話を聞くと、ジムはロシア側に拷問された後イギリスに戻され、サーカスへは戻るなと言われたということだった。スマイリーは、ジムが拷問時、イリーナが真近で射殺されるのを見たという話をリッキーには伝えなかった。
スマイリーはウィッチクラフト作戦を逆手に取り、リッキーをパリに向かわせ、もぐらに関する情報を持っているということを、パリの支部からイギリス本部へ連絡させる。パーシー、ビル、ロイの3名が本部へ駆け込んできた。スマイリー自身はトビーを脅して発見したウィッチクラフトの隠れ家に潜んでいた。
ロシア側の人間とビルが隠れ家にやってきて、会話からビルがもぐらであることが発覚。
ビルは捕えられるが、幽閉中にジムに射殺される。
リッキーは雨の中、イリーナの解放を待ち望むが、叶うべくもない。

つまらない?映画『裏切りのサーカス』ネタバレ考察・評価

スパイものやサスペンスとして、派手などんでん返しがあったり、筋書きが凄い!というタイプの映画ではないです。

細かい設定もありますが、要は偽情報を流し、それをロシア側に横流しするのは誰か張り込んでいただけなので!

それ以上に、日本でいうと古畑任三郎のような人情派サスペンスたと思います。

情熱を内に秘め、妻を愛するスマイリー、スパイながら敵国の諜報員と接触して恋してしまうリッキー、ビルと深い仲にありながら(恋人らしい)、射殺するジム。

裏切りのサーカスは登場人物の心情にスポットを当てて見るべき映画だと思います。

裏切りのサーカスの魅力的なシーン

この映画はラストが哀愁漂いまくってて秀逸!

ビルが”もぐら”であることが証明され、ライフルを抱え彼の監禁施設に近づくジム。ビルはジムに気が付くが、逃げるそぶりはない。お互い見つめ合う最中、心でどんな会話をしたのだろう。左眼底を銃弾が貫き、血の涙を流して倒れるビル。左頬に涙をつたわせるジム。ハッピーエンドではないけど、美しい結末だと感じました。

スパイのリッキー(トム・ハーディ)が現地で関係を持った女性工作員イリーナを助け出そうと色々動いてますが、イリーナが既に死んでいることを知ってか知らずか、雨に打たれながら街頭に佇んでいます。

サスペンスとして”解せない”点

リッキーはイリーナから”もぐら”の情報を聞き出し、イギリスの本部に連絡。結果イリーナがロシア側に監禁されてしまうわけですが、

なぜ【イギリスにロシアのスパイがいるとわかってるのに、タイプライターで伝言を送ったのでしょうか?】

言い換えると「今僕の近くにいる人物(イリーナ)がお宅の情報暴露してくれたよ!」とロシア側に伝えるようなもんです。自分の手柄を焦っていたと言ってますが、軽率過ぎますよね。

裏切りのサーカスの解説・考察・感想まとめ

裏切りのサーカスは東西冷戦の水面下でのスパイ合戦、レトロな雰囲気、それらを取り巻く人間模様が魅力的な人情映画だとおもいます。繰り返しますが、俳優陣の演技が素晴らしくとっても渋いおじさんたちが堪能できる作品なので、演技や心情を考慮すると何回でも観られる映画になるとおもいます!

こちらもおすすめ関連記事