Netflix映画『聖なる証』ネタバレ感想・考察:信仰のなれ果て!あらすじ解説

Netflix映画『聖なる証』(The Wonder)。1862年のアイルランドを舞台に、看護師が何日も食べずに生き続ける信仰心のあつい少女の秘密にせまります!

主演は『ミッドサマー』などで有名なフローレンス・ピュー。

CineMag
当時のアイルランドを再現したような家屋や風景が絵画のようで美しい。物語はたんたんと進んでいきますが、中だるみはありません!メッセージもすばらしいです。

作品情報・キャスト・あらすじぶっちゃけ感想・評価メッセージやメタ構造の意味を考察ストーリーネタバレ解説、を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

Netflix『聖なる証』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

Netflix映画『聖なる証』作品情報・キャストと演技の印象

公開・制作国・上映時間:2022/11/16・イギリス・109分
原題:『The Wonder』
ジャンル:歴史・ヒューマンドラマ・ミステリー
年齢制限:16+(16歳以上)
監督:セバスティアン・レリオ(『グロリアの青春』『ナチュラル・ウーマン』)
脚本:エマ・ドナヒュー/アリス・バーチ/セバスティアン・レリオ
原作:エマ・ドナヒュー「The Wonder」
配給:Netflix
キャスト
フローレンス・ピュー
トム・バーク
キーラ・ロード
ニアフ・アルガー
トビー・ジョーンズ
キーラン・ハインズ

フローレンス・ピュー

主演俳優フローレンス・ピュー

©︎Netflix

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』や、ホラー映画『ミッドサマー』、マーベルの『ブラック・ウィドウ』『ホークアイ』のエレーナ役で有名なフローレンス・ピューがアイルランドに派遣された看護師エリザベス・ライトを演じます。

芯が強いながら心のどこかに影のある表情がすばらしく画面に釘づけにされました。

数日前に彼女主演の『ドント・ウォーリー・ダーリン』も公開され、2022年11月にはフローレンス・ピュー祭りです。

関連記事

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』女優フローレンス・ピューが謎の共同体で暮らし追い詰められていくスリラーです。CineMag気色が悪い系サスペンスとして演出は最高!社会風刺としてもすごい!しかしラストのオチは正直〇〇で[…]

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』

あらすじ

アイルランド飢饉がおさまってから10年後の1862年。

イギリスの看護師エリザベス・ライト(フローレンス・ピュー)はアイルランドのある村に呼ばれた。

仕事は、断食を続けて生き続けるアナ・オドネルという少女を2週間観察してほしいとのことだった。

彼女の存在が奇跡なのかそうでないのか、シスター・マイケルと8時間ごとに交代してアナと一緒に過ごすエリザベス。

アナは4ヶ月前から水しか飲んでいないということだったが、それが嘘のように肉付きもよく元気だった。

エリザベスはアナの母親・ロザリーンや、家族のキティがこっそり食物を与えているのではないかと疑うが…。

ネタバレなし感想・海外評価

シネマグ
エンタメ性のあるストーリーではありませんが、すべてのシーンが絵画的な美しさを持っています。

キリスト教の狂信だけでなく、人間が生きるうえでどうトラウマと向き合っていくか、第2の人生をどう歩むかにもスポットが当たっており、力強いメッセージが受け取れるのも魅力!

フローレンス・ピューの演技も海外で絶賛されており、映画好きは必見です。

おすすめ度85%
世界観・映像美95%
ストーリー87%
IMDb(海外レビューサイト)7.1(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家 85%

一般の視聴者 70%

メタスコア(Metacritic)70(100点中)

※以下、Netflix映画『聖なる証』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『聖なる証』ネタバレ感想・評価

Netflixオリジナル映画『聖なる証』の評価は88点。

ストーリーの起伏は少ないながら、19世紀アイルランドの建物の美しさ、壮大な荒野に終始目を奪われる良作。

フローレンス・ピューのバックに壁のしっくいが芸術的に浮かびあがり、淡い青色や緑色がうねっています

きしむ廊下やボロボロの建物など、当時のアイルランドを知っているわけではないですが、タイムスリップしたような印象を受けました。

どのシーンもライティングがすばらしく、美術館でフェルメールやレンブラントの絵画を眺めているようです。

狂信がもたらす不穏な空気人間がどう生きるべきかの普遍的なメッセージがあり、映画としてストーリーの完成度も高いです。

フローレンス・ピューの演技も絶品。今回は『ミッドサマー』みたいに喜怒哀楽を正面に出す感じではないのですが、静けさの中に影と信念をもつ女性を熱演しています。

最近だと『グッド・ナース』で看護師を演じたエディ・レッドメインに匹敵すると思いました。

関連記事

Netflix映画『グッド・ナース』(The Good Nurse)はアメリカの医療現場で実際に起こった事件を基に、人間の狂気と闇を描いた物語!ジェシカ・チャステインとエディ・レッドメインというアカデミー賞受賞コンビが主演を務めます[…]

Netflix映画『グッド・ナース』

考察(ネタバレ)

信仰の狂気からの脱出

映画 聖なる証

©︎Netflix

『聖なる証』がもつメッセージのひとつが狂信からの脱出でした。

シネマグ
過度に信仰心を持ってしまったがための悲劇と嘘を真正面から描いているわけです。

科学が浸透していない近代以前は、アイルランドに限らずアナが断食を半強要されたような出来事がたくさんあったと思います。

なにかのきっかけで神に選ばれし子だ!とされ、人生を奪われてしまうわけです。

キリスト教信仰で心が救われる人はたくさんいるでしょう。それは否定できることではありません。

しかしその信仰がまちがったベクトルへ向かってしまうと悲劇が生まれてしまいます。

そんなときにエリザベスのように立ち向かえる人がいるでしょうか。

本作ではエリザベスは罪をとがめられなかったものの、実際は教会権力にたてついたらかげで殺されかねません。

『聖なる証』はいくつもの抽象的なメッセージをはらんでいましたが、個人的には人間は宗教という枠ぐみを超えて誰かを救えると伝えていたのだと感じました。

宗教に真っ向から挑む作品は見応えありますよね。

マーティン・スコセッシの映画『沈黙-サイレンス-』も人間をすごく深く描いていましたし、近年の作品だとAmazonのドラマ『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』でガラドリエルを演じたモーフィッド・クラークが宗教狂いの若い女性を演じる『セイント・モード/狂信』も印象的でした。

メタ構造の意味

冒頭は映画のセットが映され、「これから聖なる証という物語がはじまる」と独白でハッキリと語られます。メタ視点が入るわけです。

そして物語に入ると、ニアフ・アルガー演じるキティ(少女アナの家族)による独白だったことが判明。

キティは母・ロザリーンに比べるとアナとの少し距離があるよに描かれていますが、だからこそ独白にぴったりだったのかもしれません。

そして最後も食事をする場面で撮影セットに戻ります。

感想を語る犬
メタ構造にした意味はなんでしょうか?

1つは、セットだとわかっていてもこの物語をリアルに感じるでしょ!?ということから、人間の信仰心の強さを視聴者に理解させたのだと思います。

2つめの意味は、一連のできごとやテーマは21世紀でもみうけられるということです。

本作の舞台は19世紀のアイルランドでしたが、宗教を超えた倫理観や、最愛の人の喪失からの新しい物語は現代のグローバル社会にも通じるとうったえかけていると感じました。

『聖なる証』ネタバレあらすじ解説

断食を続ける少女の秘密

エリザベス・ライト看護師は、記者のウィル・バーンからアナに会わせてほしいと頼まれる。

ウィルが家族をアイルランド飢饉で亡くしていると聞き、エリザベスは彼に同情して体を許した。

エリザベスも娘が生後3週間で死んでしまい、胸に大きな喪失を抱えていたのだ。

エリザベスは調査のために母親のロザリーンにアナへの接近を禁じた。するとアナはどんどん衰弱していく。

アナは弱り果て、歯が抜け落ちても何か食べたいと言わない。

エリザベスは母・ロザリーンが朝と夜のキスのときにアナに“天からのマナ”と称して口移しで食べ物を与えていたと見抜いた。

それをアナに話すと、アナは9歳のときに兄と性的関係になり、その後兄は病気になって死んだことを告白した。

兄の魂が地獄から天国へ行けるようにアナは断食を続けており、母・ロザリーンもそれを黙認していたのだ。

ラスト結末

エリザベスはアナの母・ロザリーンが朝晩のキスのときに食べ物を与えていると委員会に報告するが、「嘘だ」と言われてしまう。

彼らはこの土地から聖人を出したいのだ。

委員会はアナと母・ロザリーンを呼ぶ。アナは食べ物をもらっていないと嘘をついた

エリザベスはこのままではアナが死んでしまうとわかっていた。

エリザベスはアナの両親がミサで家をあけている日を狙って、アナに「あなたは一旦死んで生まれ変わる」と言って連れ出す

エリザベスはアナの家に火を放ち、調査委員会には「彼女が衰弱して死に、取り乱してランプを倒してしまった」と報告した。

数ヶ月、オーストラリア行きの船に、エリザベス、アナ、ウィルが乗り込む

アナはナンという名前で新しい人生を生きることにしたのだ。

映画『聖なる証』END!

最後のまとめ

『聖なる証』は、19世紀アイルランドの美しい映像に信仰と対立する力強いメッセージが込められていた良作でした。

Netflix映画は脚本からして結構微妙なものが多いですが、本作の完成度については文句はありません。

シネマグ
このレベルの映画が毎週配信されたら最高なんですね!

ここまで読んでいただきありがとうございます。Netflix『聖なる証』レビュー終わり!

2022年Netflix公開作レビュー・関連記事

関連記事

Netflixホラー『ギレルモ・デル・トロの驚異の部屋』は、奇才ギレルモ・デル・トロ監督の脳内ノートを映像化した全8話の狂ったアンソロジー。CineMagギレルモ・デル・トロ版「世にも奇妙な物語」が遂に開幕!グロさと芸術[…]

Netflixホラー『ギレルモ・デル・トロの脅威の部屋』
関連記事

Netflixサスペンス映画『檻の中』(Jaula)。道で発見された正体不明の少女を引き取った夫婦の家で、奇妙な事件が次々に勃発。どこかで見たことあるっぽいと見せかけて、素晴らしいアイデアが詰まっています。CineMag[…]

Netflix映画『檻の中』(Jaula)