韓ドラ『キム秘書はいったい、なぜ?』全話ネタバレあらすじ相関図1~最終回32話/登場人物キャスト,結末感想,辞める理由

  • 2023年12月29日

韓国ドラマ「キム秘書はいったい、なぜ? 」(キム秘書がなぜそうか)を全32話(テレビ版だと16話分)を一気に視聴してみた。

純愛あり、笑いあり、ミステリーありで、期待以上にめちゃ面白い!

この記事では、

  • キム秘書、全話32話のストーリーネタバレあらすじ
  • 各話の感想
  • 登場人物/キャスト相関図

を紹介。重要なシーンは赤の太文字になってます。

(キム秘書はいったいなぜの解説・考察記事はこちら↓)

あわせて読みたい

人気韓国ドラマ『キム秘書はいったいなぜ?』(キム秘書がなぜそうか)は、非常に完成度の高いラブコメだった。そこでで、本ドラマのどこが優れているのか?なぜ人気なのか?徹底考察してみる。 さらに日本のドラマとの比較も独自視点でしてみた。 […]

韓国ドラマ『キム秘書はいったいなぜ?』相関図
目次

韓国ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』キャスト・作品情報

公開・制作国:2018年・韓国
原題:『김비서가 왜 그럴까(キム秘書はなぜそうか?)』
監督パク・ジュンファ
脚本ペク・ソンウ/チェ・ボリム
原作:WEB漫画
登場人物|キャスト
イ・ヨンジュン役|パク・ソジュン(『ドリーム 狙え、人生逆転ゴール』『京城クリーチャー』)
キム・ミソ役|パク・ミニョン(『気象庁の人々』)
イ・ソンヨン役|イ・テファン
コ・グィナム役|チャンソン
パク・ユシク役|カン・ギヨン

キム秘書第1話の無料動画 U-NEXTで独占配信

U-NEXT(ユーネクスト)が『キム秘書はいったい、なぜ?』の第1話だけアップしていたので、まだ本作を見てない人は試しにどうぞ。

youtu.be

U-NEXTでは全話配信中!無料トライアルをぜひ利用して全話見てみよう

キム秘書はいったい、なぜ?登場人物/キャスト相関図

キム秘書はいったい、なぜ?登場人物キャスト相関図

©︎https://kandera.jp/sp/kim/

1話『ミソ秘書辞めます!』ネタバレ

キム秘書はいったいなぜ1話 ヨンジュンとミソ

大企業ユミョングループの副会長イ・ヨンジュンは、頭脳明晰でビジネスの才覚は抜群。さらに背が高く容姿端麗。そんな彼の腹心の秘書、キム・ミソは、朝はヨンジュンのネクタイを選び、夜のパーティーまで付き添う激務を9年間こなしていた。

ある日車でキム秘書は、一身上の都合を理由に秘書を辞めると急に言い出す。それを聞いたヨンジュンはクールに受け流すが、内心大ショックで夜も眠れない。

ヨンジュンはミソを理事にして専用の秘書をつけると、破格の待遇で引き止めようとする。しかしそれでも彼女は辞めると言い張った。

ヨンジュンは「俺は引き下がらない!」と宣言。

キム秘書第1話の感想・解説

キム・ミソ役のパク・ミニョクが可愛すぎる。第1話は完全に少女漫画のような内容だけど、パク・ミニョクの存在感で成立すると感じた。

ヨンジュン役のパク・ソジュンについても、ナルシスト具合が度を過ぎていてめちゃくちゃ笑えた!

2話『ヨンジュンのプロポーズ』ネタバレ

ネタバレあらすじ

ミソは姉妹たちと焼肉を食べ、秘書を辞める理由は父親が残した借金を返済し終えたからだと言った。

そして、ヨンジュン副会長がナルシスト過ぎて恋をしたことがない話から、ミソにも恋愛経験がないことが判明。床に苦手な蜘蛛がいて、ミソは慌てた。

一方、思い込みの強いヨンジュンは、ミソが形だけ付き合っている女性オ・ジランに嫉妬していると考えた。そこでミソを呼び出して、ジランと別れると宣言。花束を渡した。しかしミソは花粉症のため、その花束をこっそりトランクに放り込む。

ついにミソの後任秘書の面接が始まる。ヨンジュンとミソは一緒に面接に臨むが、お互い憎まれ口を叩き合い、ヨンジュンは勢いでキム・ジアという秘書を採用してしまう。

ヨンジュンはミソになぜやめるのか聞くと、彼女は「自分の人生を歩みたいから」と答えた。ヨンジュンはショックを受け、また寝付けない。

ミソは友人たちとカフェで話していた。自分のカバンからヨンジュンの身だしなみを整える道具がたくさん出てきて、少し寂しい気持ちになる。その夜、家にヨンジュンがやってきた。

ミソが、恋愛や結婚など将来について考えないといけないと言うと、ヨンジュンは堂々と「結婚してやる」と返した。

キム秘書第2話の感想・解説

ミソの人柄の良さと、ヨンジュンのナルシスト妄想力の対比が面白い。少女漫画の展開を、実写で完全再現している。混じり気のないラブロマンスとも言えるだろう。

3話『パク社長に悩み相談するヨンジュン』ネタバレ

 

「酔ってます?」と言われてプロポーズを断られたと、ヨンジュンは社長で親友のパク・ユシクに相談する。パクはフラれのだと言うがヨンジュンは納得していない。次の日パクはヨンジュンに、「結婚の前に、まずは恋愛からだ」とアドバイス。

ミソの後継ぎとして入ってきた新人秘書のジアは、副会長付属室・課長のポン・セラに睨まれるが、持ち前の天然っぷりで説教を回避していた。

ジアは、過去のファイルに留めてあるヨンジュンとミソの写真を発見。ミソはそれを見て、ヨンジュンに叱られて口喧嘩した過去を思い出していた。

副会長付属室のメンバーは、ミソも連れてみんなで大衆焼肉屋へ。そこへなんとヨンジュンも現れる。

キム秘書第3話の感想・解説

友達だけど、微妙に距離感のあるヨンジュンとパク・ユシク社長の関係性が笑える。ポン・セラやジアなど、ミソ以外のキャラも引き立ってきた。

4話『反省しつつ、策を張り巡らせる』ネタバレ

ネタバレあらすじ

焼く肉では、ヨンジュンがいるせいでみんな盛り上がらず、2次会のカラオケへ。ヨンジュンはカラオケ店の狭さに我慢ができず、他の店を貸切り、みんなはそこへ向かった。

悪酔いしたセラは、副会長の秘書になりたかったと歌い出し、みんなに止められる。

ミソの自宅アパートの前で、ヨンジュンは「恋人になってやる」と言うが、「優しくない人はタイプじゃない」と断られてしまった。

ミソが家に着くとヨンジュンが「俺がタイプじゃないなんて正気じゃない」とメール。ミソは負けじと配慮がないとメールを返した。

家に着いたヨンジュンは、兄・ソンヨンや、過去のトラウマを思い出していた。

次の日、ヨンジュンは後任秘書のジアを呼び出して、あと1ヶ月引き継ぐフリをしろと言う。

ミソが友達と会食していると、店員に恋愛アンケートを書かされた。アンケートを画策したのはヨンジュンだ。

次の日の夜、社長のパクに遊園地(ユミョンランド)に呼び出されるミソ。貸切になっていて、園内は一気にライトアップ。そこに現れたのはヨンジュンだった

キム秘書第4話の感想・解説

フラれてもメールをするヨンジュンからは、プライドが高いだけでなく、どんな状況でも諦めない人間力がうかがえる。彼はただのナルシストではないのだ。

5話『最高の遊園地デート』ネタバレ

ネタバレあらすじ

ヨンジュンはミソが喜ぶと思い、絶叫マシーンに乗せる。しかし彼女は本当は怖くて乗りたくないと言い、メリーゴーランドに7回も乗った。楽しむ彼女を見つめるヨンジュン。

園内はレストランも貸切になっていて、2人はディナーを食べる。ヨンジュンがミソのステーキをカットした。

そのあと船に乗り、ミソは楽しそうに花火を眺める。ヨンジュンは退職祝いで用意したと言った。

帰りに、ヨンジュンはアンケートの答え通り、ミソに大きなぬいぐるみをプレゼント。ミソはアンケートがヨンジュンが仕組んだものだと気づいた。

部屋に入ったミソは、ぬいぐるみのポケットに入っているネックレスを見つけて喜ぶ。

次の日ミソは、友人の紹介でパク・ビョンウンという記者と食事をする。しかし、ヨンジュンとの豪華すぎるデートが忘れられない。

ヨンジュンはパク社長とスカッシュをしながら、豪華なデートが呪いになると笑う。

キム秘書第5話の感想・解説

キム秘書はいったいなぜ5話 近づくミソとヨンジュン

豪華遊園地デートは「キム秘書は一体なぜ?」の前半の大きな盛り上がりシーンだった。普通の女性ならイチコロだろ!

そしてミソが豪華なデートが忘れられないと、女性のワガママな感情を持ち始めたところがまた魅力的だ。キャラの変化も見応え抜群。

6話『モルペウスの謎/ヨンジュンの捻挫』ネタバレ

ミソは記者のビョンウンに、1994年の誘拐事件について調べてくれと頼んだ。

パク社長の携帯に、秘書のソルからミソがデートしている写メが送られてくる。側にいたヨンジュンはそれを見て動揺。ミソの前にやってきて、社内運動会の前日に何をしていると意味不明な説教をする。

次の日の運動会で、ヨンジュンは人気社員・コとミソが2人3脚をするのを見て嫉妬。階段でこけて捻挫する。ミソはヨンジュンを自宅まで運び、足首に氷を乗せようとするが、そのとき足首に傷があるのを発見。彼が結束バンドを怖がる理由かもしれないと考えた。

ヨンジュンが「競技で勝つためなら知らない男とスキンシップをするのか?」と言ったことで、2人は口論に。ヨンジュンが腕を取り、ミソはソファに彼を押し倒す格好となった

キム秘書第6話の感想・解説

ヨンジュンの嫉妬も微笑ましいのだけど、ここで足首の傷というサスペンス要素が出てきた。恋愛だけじゃなく、ストーリーに深みが出てきていいよね!

7話 図書館で手を繋ぐ2人、ソンヨン登場

 

ソファでヨンジュンと接近して動揺したミソは、すぐに氷を取りにキッチンへ。ソファに戻ると、ヨンジュンが寝ながらうなされている。起きたヨンジュンは、「今晩は1人で痛くないから、泊まっていけ」と言った。しかしそのとき、モルペウスというペンネームのベストセラー作家、兄・ソンヨンから電話が掛かってくる。

ミソは帰ることになり、ソンヨンと知らずに道でぶつかって彼と少し話す。

ソンヨンはヨンジュンの家に入り、「昔のことを許す」と言った。

会社では、ライバル企業のアートセンター開館予定が8月に前倒しになったことを受け、ユミョングループは対抗してアートセンターの開館を7月に早めた。ヨンジュンはミソとアートセンターの視察に行くが、図書館が停電になってしまう。ミソは携帯の電気を照らし、自分が好きな恋愛小説をヨンジュンに見せた。復旧する様子がないので、外へ出ることに。そしてどちらからともなく、手を繋いでいた。

その夜ヨンジュンは家で、ミソが好きな恋愛小説を読んでいた

ミソは図書館の開館イベントを任されることになり、人気作家を呼ぶことを思いつく。そんな中、ソンヨンが会社にやってきた。ヨンジュンはふてくされて、帰れと言う。

8話『ミソがヨンジュンを押し倒す!?』ネタバレ

ソンヨンはロビーでミソをみかけ、電話番号を聞く。しかし教えてもらえなかった。そのあとソンヨンは、両親と会う。母親はヨンジュンとの仲直りを強く望んでいた。

ミソは、出版社の女性に以前の恩を押し付け、作家・モルペウスのメールアドレスをゲット。アートセンター図書館開館イベントの出演依頼を送る。

ヨンジュンの母親が会社にやってきてカバンをわざと忘れた。そしてヨンジュンに家に届けさせ、久しぶりの一家団らんを楽しむ。しかし食事後に兄弟で喧嘩が始まり、ソンヨンがヨンジュンを殴った。

ショックを受けたヨンジュンはミソの家の前へ。顔の傷を見たミソは部屋に入れて手当てをする。ミソは、下着を隠してあるベッドのぬいぐるみをどかそうとするヨンジュンに突進。彼を押し倒してしまった。ヨンジュンはミソを抱き寄せ、「愛してみるつもりだ。君のことを」と言う。

9話 ラーメンは交際の意味?

 

気まずくなったヨンジュンは、本にそのセリフが書いてあったとごまかした。ミソはインスタントラーメンをゆで、キムチと一緒に振る舞う。ヨンジュンは文句を言いながらも美味しそうに食べた。

パク社長は、「女性がラーメンを振る舞うのは交際OKの意味だ」とヨンジュンに伝える。

朝、ミソが目を覚ますとヨンジュンから電話が。外へ出ると彼が迎えにきていた。朝食にシェフ特製のサンドイッチも用意してある。その後、ミソは会社でコケて、ヨンジュンの腕の中へ。さらに紙で手を切った手当をしてもらう。

そんな中、ソンヨンがミソに会いに来た。そして自分がモルペウスだとバラす。

一方、パク社長からすぐに告白しない男性は嫌われると聞いたヨンジュンは、平凡な人間が好きなお店を、みんなに聞いて回っていた。

10話『初キスで突き飛ばされるミソ!』ネタバレ

会社の人気社員コ・グィナムを見かけたポン・セラはうっとりするが、新米秘書のジアはいつも彼のスーツの同じ箇所にご飯粒がついているのを発見。1着しかスーツを持っていないと勘ぐる。そこにコが現れ、変な噂を流さないでほしいと言われた。

ヨンジュンからディナーに誘われたミソは、新しい服を着てレストランに向かう。そのときソンヨンから電話がかかってきて、イベントについて近くで少し相談することに。レストランの前で、ソンヨンはイベントの件を承諾し、ミソに発売していない新刊をプレゼント。店の外に出てきていたヨンジュンは、その現場を目撃して怒り出した。

ヨンジュンはレストランの中で、ソンヨンのイベント出演を断れと言うが、ミソは怒って帰ってしまう。告白をするつもりだったヨンジュンは、その場に立ち尽くした。結局、開館イベントにソンヨンを呼ぶことにする。

次の日、ミソはソンヨンがヨンジュンの兄だと知った。

ヨンジュンは人生で1度もごめんと言ったことがなかったが、意を決してミソに謝る。「俺は君を惑わせたい」と、いい雰囲気になりキスをしようとするヨンジュン。しかし唇が触れた瞬間、過去のトラウマがよみがえり、ミソを突き飛ばしてしまった。

 

第10話の感想

初キスの寸前で突き飛ばされるキム秘書の、なにが起こっているのか理解が追いついていない表情がとてもキュートで笑えた。ドラマ全体を通しても、ハイライトと呼べる名シーンだったと思う。

11話『庶民的なバスデート』ネタバレ

ミソは突き飛ばされたショックと怒りで、次の日有給をとると言ってオフィスをあとにした。ヨンジュンはメールで謝るが、許してもらえず。

ソンヨンが会社に来て、母のために仲直りしようとヨンジュンに話す。しかし彼は聞き入れない。

ミソが特にやることもなく近所をぶらついていると、有給を取ったと言ってヨンジュンがやって来た。そして今日はミソに合わせると言い、2人はバスに乗り理由もなく終点まで向かう。夜はミソ行きつけの焼肉屋で食事をした。ミソは、父が元ギタリストで借金を抱えたため家族が苦労したと話す。

会社の近くに新居を探していたジアは、不動産に紹介されたあるアパートの屋上で野菜を育てるコ・グィナムを発見。彼はスーツを縫っていた。やはり1着しか持っていなかったのだ。それどころかケチな彼は、屋上で野菜をたくさん育てている。

12話『1994年の誘拐事件の謎』ネタバレ

焼肉屋の帰り、UFOキャッチャーを楽しむミソ。ヨンジュンも挑戦するが、ぬいぐるみは取れそうもない。

ミソは記者から、ユミョンランドの開発予定地で誘拐事件があったと情報を得た。実はミソもそのとき誘拐された1人で、そのとき励ましてくれたお兄ちゃんこそヨンジュンでないかと考えた。

ヨンジュンは昼に1人でUFOキャッチャーでぬいぐるみを取り、ミソにプレゼント。ミソは感動する。

しかし、誘拐についてジアに話してみると、誘拐されたのはモルペウスである兄・ソンヨンだと言う。

ミソはヨンジュンに確認すると、確かに誘拐されたのは兄だと語った。ミソはそのあとソンヨンと会い、小さい頃にいじめたのはヨンジュンの方で、彼が開発地区に自分を連れて来たから誘拐されたと話した。そのときの記憶は一部しかないと言う。

その後、ミソはヨンジュンの家で本棚を整理し、自分の履歴書を発見。なぜ採用したのか問いかけると、ヨンジュンは「キム・ミソだから」と答えた。

13話『ヨンジュンとソンヨンの確執』ネタバレ

ヨンジュンは学歴がなく、すぐにやめなさそうだからミソを雇ったと後付けっぽく話した。ミソは、誘拐のことであまり自分を責めないようにとアドバイスをして、帰宅した。

次の日、ソンヨンに誘われランチに出かけたミソだったが、ヨンジュンが現れ、急に会議に出ろと言う。ミソはソンヨンの記憶を取り戻すため、誘拐された建物に似た場所へ2人で行くつもりだったが、それもやめろと言われた。

それでもミソはヨンジュンと出かける。そこで、誘拐された子どもが他にもいた気がすると、ぼんやり思い出した。

ヨンジュンはミソを自宅まで送り、「未来の恋人に嫌な思いをさせるな。結婚を前提に付き合ってくれ」と言う。しかし、嫉妬の中での告白はダメだとミソに断られてしまう。

第13話の感想

ミソはヨンジュンを好きなのに、プロポーズを断りすぎなとこが笑える!少女漫画みたい。

14話『ドキドキの研修合宿! 』ネタバレ

週末に、副会長付属室のメンバーは研修合宿に向かった。パク社長の秘書や、コ・グィナム(スーツ姿)も参加している。

部長のチョンは、研修など止めて昼間から酒を飲もうと言いみんな賛成するが、なんとそこにヨンジュンが現れた。

ヨンジュンはこの合宿中に恋愛関係を築いてみせるとミソに宣言。自然の中にあるリボンを探すゲームでミソとペアになると言った。セラは同僚のヤン・チョルの男らしい一面を見て彼に惚れる。

ゲームの途中で雨が降り、ヨンジュンはジャケットでミソを覆った。2人は雨宿りをしていると、ミソがクモを見てひどく怯えた。ヨンジュンは蜘蛛を取り除き、キャラメルを与える。そして「キミの全てを背負う」と言った。

第14話の感想

恋愛コメディ定番の“合宿回”。ヨンジュンに贔屓されるミソを客観的に見てみると完全な勝ち組だw。ここでのポイントはヨンジュンがキャラメルをあげたことだろう。

そして、ヨンジュンとミソ以外の恋愛も描かれ出した。

15話『2人きりのバーベキュー』ネタバレ

 

ヨンジュンとミソが合宿所へ戻ると、すでにバーベキューが始まっていた。しかし手違いで肉がなくなっていて、2人はラーメンを仲良く食べる。

次の日、ヨンジュンはフランスの企業との契約があると言ってチョルと会社に戻ってしまった。ミソに、「今日自宅に来て」とメールが入っている。

ミソがヨンジュン宅に行くと、外で肉を焼いていたが全部焦がしてしまったと言う。ミソはピザを頼み、2人で仲良く食べる。キスをするほど距離が近づいた瞬間にパク社長がやって来て、ミソは慌てて帰る。

次の日、パク社長と話したキムは、ヨンジュンの両足首に傷があることを知り、何かあると考える。

第15話の感想

足首の傷から、明らかにヨンジュンも誘拐されていたことがわかる。あとはなぜ彼がそれを言い出さないかが疑問だ。みんなを助けるため、1人だけ誘拐犯の元に残ったのかもしれない。

16話『ミソとヨンジュン遂にディープキス』ネタバレ

ヨンジュンは会社でミソのキャラメルを奪い、「克服する」と宣言した。

セラは三つ編みにしてチョルにアピールするが、みんなに笑われる。ジアはコに、リボン探しの景品のタブレットPCを渡すが、本来なら2/3は俺のものだと言われて機嫌を悪くする。

ミソはヨンジュンの母親に誘拐当時の状況を聞くと、彼女は子どもの名前を「ヒョン」と言った。さらにヨンジュンは子どもの頃に気絶をして、当時の記憶を失っていると話す。

夜、ヨンジュンはミソにたくさんのキャラメルをプレゼント。ミソは感動して目を潤ませた。

ついにアートセンターの開館式。そして図書館でソンヨンの講演会が始まった。ソンヨンは「暗闇で一緒にいてくれた女性を離さない」とミソに告白する。それを聞いたヨンジュンが会場を出て行った。

ミソは彼を追いかけて、「好きです」と告白。ヨンジュンはミソを抱き寄せた。キスを怖がるヨンジュンに、ミソから唇を近づけた。2人は今までの時間を埋めるようにディープキス。

↓『キム秘書はいったい、なぜ』の17話〜最終回32話のあらすじラスト結末解説は2ページ目へ↓