映画『貞子DX』ネタバレ感想・怖いより爆笑!IQ200は嘘,エンドロールとあらすじ解説評価

リングシリーズの最新映画『貞子DX』(さだこデラックス)、24時間で死に至る貞子ウィルスのビデオがSNS上で拡散してしまい、頭脳明晰な主人公が妹を救うために奮闘するストーリー!

CineMag
IQ200は確実にない主人公が解明した新事実は〇〇!!怖さでなく笑いが散りばめられています。

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・評価元ネタなど考察ストーリーのネタバレ結末解説エンドロールの内容を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

映画『貞子DX』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

映画『貞子DX』作品情報・キャストと演技の印象

公開・制作国:2022/10/28・日本
ジャンル:ホラー
監督:木村ひさし
脚本:高橋悠也
原作:もとになった原作小説はナシ(牧野修によるノベライズ版がある)
年齢制限:R15+(15歳以上鑑賞可)
主題歌: 三代目J SOUL BROTHERS「REPLAY」

『リング』シリーズの原作小説の著者・鈴木光司さんが本作の世界観を監修しています。

登場人物・キャスト紹介

ジブリの実写版『魔女の宅急便』でヒロインを演じた小芝風花さんが主演です。IQ200の天才学生という設定ですが、考えるときに両手で首ツボを押すシーンがネタにしか見えませんでした

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー川村壱⾺さんが自称占い師役。川村さんが悪いというより演出のせいでお笑い担当として滑りまくっていて見ていてきつかったです

⿊⽻⿇璃央さんが主人公の協⼒者である感電ロイド役。

あとは『イップマン』の空手家役で有名な池内博之が霊媒師・Kenshin役で登場。イップマンにボコられてましたが、今回は貞子にボコられます。すっかりやられ役というポジションが確立していますね。

貞子DX あらすじ

映画『貞子DX』の小芝風花と川村壱馬

©︎ 2022「貞子DX」製作委員会

ニュースは原因不明の死亡者続出の話題で持ちきりになっていました。ネット上では20年前の貞子の呪いだという噂が広まっています。

IQ200の大学院生・文華はTV番組で霊能力者のKenshinと対談。Kenshinは「貞子の呪いだから動画をSNSで拡散させるのは止めろ」と視聴者に忠告しました。

しかし文華は「呪いなんてない。全て科学で説明がつく」と冷静に反論。

番組終了後、Kenshinはフォロワーから送られてきた貞子の呪いのビデオテープを文華に渡し「IQ200の頭脳で呪いを解明してみろ」と挑戦状を叩きつけました。

文華は家に帰り、母と妹・双葉にその話をします。

妹・双葉は、古いビデオデッキを押し入れから取り出し、呪いのビデオを再生してしまいました。

すると井戸の中の映像が出て、よじ登る女性の手が映りました。井戸の外に見えるのはなんと双葉が住んでいる家です。

双葉は玄関を開けると、外に白いワンピースを着た女性が立っています。貞子でした…。

翌日、双葉は文華に呪いの謎を解いて欲しいと頼みますが…。

ネタバレなし感想

池田エライザ主演の『貞子』(2019)は怖さが1mmもない超駄作でしたが、それよりは全然マシ。

貞子が24時間かけてだんだん近づいてくる設定は面白いですし、テンポもいいです。

2019年公開の『貞子』レビュー記事

『貞子DX』が公開されるということでリングシリーズの前作『貞子』(2019)を観てみましたが、想像以上の駄作っぷりに驚愕しました。シネマグなぜここまで怖くないホラー映画が爆誕してしまったのか!?具体的なシーンを踏[…]

映画『貞子』2019

ただホラーとして怖いかと言われるとかなり微妙な作品

仲間由紀恵と阿部寛の『TRICKトリック』のテイストを出したかったけど若干滑ってるみたいな感じです(シュールなのが好きな人は好きかも)。

同時期公開の『カラダ探し』と同じくホラーコメディという趣が強い作品になりました。

関連記事

実写映画『カラダ探し』。橋本環奈ら女子高生たちが夜の校舎でバラバラ死体探し!全部探すまで明日は来ませんという衝撃のループホラー!CineMagひとことでまとめると文化祭のお化け屋敷…。それなりに怖いシーンもありつつ、高校[…]

ホラー映画『カラダ探し』
感想を語る犬
カップルで見にいくならまだしも、劇場で必ず見るべきかと言われると微妙…。
おすすめ度60%
アイデア・設定80%
ストーリー50%

※以下、『貞子DX』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『貞子DX』ネタバレ感想・酷評

怖いというより笑える

『貞子DX』の評価は65点。

貞子が完全にネタに走ってしまった。SNSでバズることを考えてお笑いの方向へ舵を切ってしまった。そんな印象でした。

シネマグ
恐怖が笑いにかき消されています。

主人公・文華の妹・双葉が呪われて白い幽霊に付き纏われるのですが、幽霊の顔が静岡の親戚の叔父さんなんですよ…(貞子が親戚に変身)。

白塗りのおっさんを見せて笑わせようとしているのでしょうか。怖がらせようとしているなら製作陣の感性を疑わざるを得ません。

ラストでも文華の死んだ父親がカクカクしながら一家団欒のソファに登場します。ジャンルはホラーじゃなかったの?

もはやネタ枠の王司が喫茶店で何度もテーブルに足をぶつける演出も見ていてイタイタしかったです。

感想を語る犬
滑ってるのに何回もやりますか普通?お笑いとしても失格です。

店内でうるさいって注意される場面、鼻をすすってカッコつける場面も何回も見せられると、川村壱馬さんのファン以外にとってはノイズでしかありません。物語に関係ないですから。

さらに王司が白い服の女性を見るたびに勘違いし、何度も大袈裟に驚くのも見ていて辛い。

彼が出てきてからホラーというよりは完全にコメディになります。

王司を演じた川村壱馬さんが悪いというよりは演出の問題が大きいでしょう。

ホラー映画で主要キャストを完全ネタ扱いしているこの演出は看過できるレベルではありません。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEに忖度して仕方なく壱馬さんのお笑いシーンを増やす方向にしたのでしょうか。だとしてももっと上手いやり方があったのでは?

あとタイトルの貞子デラックスって何なんでしょう、マツコデラックス的な?タイトルからしてネタ映画です。

IQ200は盛りすぎ

シネマグ
主人公・文華にしてもIQ200は盛りすぎです(笑)。

論理思考が普通の人並みにできれば、24時間経っても死なない人の共通点が呪いのビデオを2回以上見たからだとすぐにわかるはず。

そのロジックに後半まで気づかないことから察するに文華のIQは確実に100以下でしょう(笑)。方程式って言いたいだけです。

そもそも呪いのビデオの風景がそれを見ている人がいる建物になぜ変化するか科学的に説明がつかないのに、それはスルーします。

前半ではTVに出てプラセボ効果とかサブリミナルとか語っちゃってますが、それらに人を怯え殺すほどの効力はないですし、1人ならともかく大勢の人間が死ぬ説明としては成り立ちません。

妹の双葉は「お姉ちゃんがTVで霊能者のKenshinを論破してる」と喜んでましたが、この議論の内容だと論破されているのはIQ200の文華のほうです。

論破されていて気づかないのは痛い…。

またコロナが流行っているから複数人でビデオを見るとウィルスが分散されて死なない!という仮説を立てますが、ウィルスはカルピスじゃありません。薄まるとかないです…。増殖するので。

ウィルスについての知識がゼロに近い人の推論ですね。

感想を語る犬
まあ首のツボを押すシーンからして主人公自身がネタキャラなので、真面目にツッコミするのもどうかと思いますが。

良かった点

編集とかテンポはすごく良かったと思います。序盤は引き込まれました。

呪いのビデオで貞子が井戸から出るとビデオを見ている人が現在いる建物が映り、外に貞子いることが暗示されるアイデアも素晴らしいと思いました。

しかし、中盤からお笑い要素が強くなりすぎるせいで台無しになってしまった印象です。

貞子DX 徹底考察

元ネタはこれ

『貞子DX』の元ネタというか、設定パクってるな…っていうのは『イット・フォローズ』(2014)です。

怨霊が身近な人の姿に変身してタイムリミット内でどんどん近づいてくるという設定が非常に似てます。

まあ、ホラー映画の設定自体には権利はないですし、アイデアはいろんなコンテンツで共有されて膨らんでいくものなのでパクってるから悪いというわけではないですが、そのまんますぎてもう少し捻りを加えて欲しいとは思いました。

貞子がデジタルタトゥーに!

今作の貞子はネット上に残ってしまって消せないデジタルタトゥーのメタファーでした。

一旦ネット上に動画がアップされると拡散され、消すことはできません。

貞子の呪い=デジタルタトゥーというコンセプトは上手いような気もしますが、ホラーとして恐怖が増幅されるかというとイマイチ。

そこから視点を広げるとネットやSNSの毒に一旦感染したら人間はそこから逃れられないというメッセージが見えてきます。

ただこのメッセージもありがちなので、それほど感銘を受けませんでした。

貞子DXの目的は何なの?

今回の貞子ウィルスの表面上の目的は何でしょうか?

感染した人間に生き残る方法(24時間空けず毎日ビデオを見ればOK)を与えたことから、人類を滅ぼさず貞子ウィルス自身もずっと生き延びたいという目的にシフトしたのでしょう。

つまりwith貞子という共存です。

人の死が根幹にあるホラーというジャンルで共存という結末はある意味斬新。ジュラシックパークじゃないんですけど。

俯瞰してみると貞子からは「たくさんの人に何回も見てほしい。再生数を伸ばしたい」というYoutuber的根性がうかがえます。

ホラーアイコンと化し、金儲けの道具のなってしまった貞子。

シネマグ
一度注目された貞子の承認欲求は止まるところを知りません

また、文華の家族が白塗りの父親含めてテレビ画面を囲んでいるラストシーンからは、テレビ離れを食い止めたいTV局の願望が透けて見える気がします。

こういっちゃなんですが、全体的に矮小なメッセージが多かった印象です。

映画『貞子DX』ネタバレあらすじ解説

貞子が親戚のおじさんに

双葉は高校で、親戚のおじさんが白い服を着て校舎の影にいるのを発見。友達には見えていないようです。

本物のおじさんは静岡で入院中なので、双葉が見ているのは貞子が変身した姿です。

文華のフォロワーの感電ロイドという引きこもり男性が、ある女性(あいちゃん)がビデオを視聴して24時間後に何もないところを見つめながら怯え、回転して死んでいく動画を送ってきました。

文華はKenshinのところへ行きます。Kenshinの邸宅で自称占い師で愛ちゃんを守ろうとした男性・王司が建物から飛び降りようとしていたので、文華が説得して止めました。

Kenshinは文華と王司の前で呪いのビデオを再生し、お祓いをします。

文華はカフェで貞子ウィルスへの対抗策を考えます。

感電ロイドから情報をもらい、前日にビデオを見ていた王司も24時間以内に死亡しなかったことから、「複数人で呪いのビデオを見ればウィルスの力が分散されて死なない」と仮説を立てました。

家では双葉が友達の姿をした貞子に襲われそうになっていました。

文華は母・智恵子に「今すぐ双葉と一緒に呪いのビデオテープを見て」とメールを送ります。ビデオを見た双葉は助かりました。

呪いは終わっていない

文華は「ビデオの呪いを解く方法は、複数人で見ることだ」とSNSに書き込みます。その情報はすぐさま拡散されました。

文華と王司は呪いのビデオをコピーして販売していたのが霊能力者のKenshinだと知り、彼を問い詰めます。

Kenshinは「呪いなんかない。全てが需要と供給だ」と言い放ちました。

しかしKenshinの前に白塗りの父親が現れ、貞子の井戸のビジョンが見えます。呪いは解けておらず、Kenshinは文華たちの目の前で死亡しました。

文華と王司の前にも白いワンピースの女性が現れます(文華には双葉の姿、王司の前には元カノの姿で)。2人はパニックになりました。

ラスト結末

文華と王司は呪いを解く手がかりを見つけるため、Kenshinの実家の神社にやってきました。貞子が死んだ井戸の近くです。

神社の周いの集落では以前死亡者が続出し、20年前から閉まっているようです。

神社には感電ロイドも来ていました。彼は文華の言葉に感化され、引きこもっていた部屋から1歩外へ踏み出したのでした。

神社の中にはビデオデッキがありました。

文華は、貞子ウィルスで死ななかった人間の共通点はビデオを複数回見ていることだと気づきます。

双葉と智恵子は文華に呼ばれて車で神社に向かっていました。智恵子にも呪いがかかっており、死んだ夫の姿が見えます。

双葉たちが到着し、文華たちは神社の前でタイムリミットギリギリでビデオテープを再生

しかし目の前に井戸のヴィジョンが現れ、中から貞子がはいずり出てきます。

貞子は文華を井戸に引きずり込もうとしますが、ギリギリビデオを見終えた文華たちは助かりました。

文華は、「貞子ウィルスから助かるには毎日ビデオテープを見なければならない」と情報を流します。

そして毎日22時の5分前に家族3人で呪いのビデオを見る習慣を生活に取り入れました。リモートで王司や感電ロイドも同時視聴をしています。

王司はスマホの電源が切れ、タイムリミットまでに呪いのビデオを見終えられるか微妙な状況です。後ろには貞子が迫っていました。

エンドロール

呪いのビデオに映画館の観客席が映っています。気づいた観客たちは怯えました。

映画『貞子DX』END!

最後のまとめ

映画『貞子DX』は、設定こそなかなか面白かったものの、途中からお笑いに走り、最後は人類と共存するという意味不明な結末を選択してしまった微妙なホラー映画でした。

お笑い要素をもう少し抑えていたら斬新なホラーとして受け入れられたと思うので勿体無いです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『貞子DX』レビュー終わり!

2022年邦画ホラー関連記事

関連記事

映画『それがいる森』は、実在する場所をもとに制作されたジャパニーズホラー!正直、怖くも面白くもなく、結末も大爆笑のひどい作品でした。傑作ホラー『リング』の中田秀夫監督が令和の時代に新たな超駄作を送り込んできました。8[…]

映画『それがいる森』
関連記事

映画『牛首村』は清水崇監督による『犬鳴村』『樹海村』に続く恐怖の村シリーズ第3弾。木村拓哉と工藤静香の娘・Kōkiが今作で女優デビューを飾りました!宜保愛子が建物内へ入るのを拒否した実在の心霊スポット 富山県の坪野鉱泉が舞台で、この[…]

映画『牛首村』
関連記事

映画『この子は邪悪』。催眠術をほどこす怪しい精神科医の一家が、観客を予想不可能な狂った世界へと導きます。CineMagアイデアは素晴らしく驚きもあります。でも正直ツッコミどころも多い…。そんなチグハグ・ツギハギな狂気の映[…]

映画『この子は邪悪』