いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
映画『SAS:反逆のブラックスワン』

映画『SAS:反逆のブラックスワン』ネタバレあらすじ感想!サイコパス対決の徹底考察/Netflix良作評価

Netflixで配信中の映画『SAS:反逆のブラックスワン』は、ドーバー海峡を走る英仏海峡トンネルの爆破を目論む傭兵集団と英軍SASの兵士が戦うハイクオリティなアクション

悪のサイコパスと正義のサイコパス同士の争いが魅力的で、驚きもスリルもあり、かなりおすすめです!

記事では感想・評価抽象的テーマ考察サイコパスの特質を活かした秀逸なシーンや、ストーリーネタバレあらすじ解説をしていきます。

2021年Netflixで公開された中ではトップ5に入る面白さ!

スポンサーリンク

映画『SAS:反逆のブラックスワン』キャスト・作品情報

youtu.be

公開・制作国:2021年8月27日/Netflixイギリス

原題:『SAS: Rise of the Black Swan』または『SAS: Red Notice』

監督:マグヌス・マルタンス

脚本:ローレンス・マルキン

原作:アンディ・マクナブ『SAS: Red Notice』

ちなみに原題のレッドノーティス(a Red Notice)とは、国際刑事警察機構により発行されるもので、各国で容疑者を捜査し当該国に引き渡す司令です。

トム・バッキンガム/サム・ヒューアン

主人公トム・バッキンガムを演じる俳優サム・ヒューアン

トムは、英軍SAS(特殊空挺部隊)に所属する軍人。

他人の心があまりわからないサイコパスです。

屋敷や別荘を持つ富豪のバッキンガム家に生まれました。

俳優サム・ヒューアンは、歴史ファンタジードラマ『アウトランダー』で有名な人物。次のジェームズ・ボンド役との呼び名も高い人です。

スポンサーリンク

グレース・ルイス/ルビー・ローズ

ヴィランのグレース・ルイスを演じる女優ルビー・ローズ

グレースは、傭兵部隊ブラックスワンのリーダーのウィリアムの娘で部隊の指揮者。

サイコパスであり、殺人に一才悩んだりしない性格。

男兄弟のオリヴァーがいるが、グレースに比べると能力は低い。

父ウィリアムは、グレースの軍人としての才能を認め、後継にしようとしている。

女優のルビー・ローズは、ジェイソン・ステイサム主演の映画『MEG ザ・モンスター』ミラ・ジョヴォヴィッチの『バイオハザード: ザ・ファイナル』『ジョン・ウィック:チャプター2』などで有名。DCドラマシリーズでバットウーマンとしても活躍。

スポンサーリンク

ソフィー・ハート/ハナ・ジョン=カーメン

ソフィー・ハートを演じる女優ハナ・ジョン=カーメン

ソフィーは医者で、トムの婚約者。

軍の任務で人を殺しても顔色を変えずにそれを離す彼に対して違和感を持っており、関係を続けようか悩んでいます。

女優ハナ・ジョン=カーメンは、『レディプレイヤー1』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、バイオハザードの新シリーズ『Resident Evil: Welcome to Raccoon City』にジル役で出演予定。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ

主人公も敵もサイコパスという、他人の気持ちや痛みが理解できない性質を持っており、それを活かした巧みな展開が魅力です。

良い意味で人格者VS悪者というステレオタイプではありません。

トンネルが爆破されそうになるストーリーもダイナミックです。

同時期のNetflix配信開始作品の中では、ジェイソン・モモアのサスペンスアクション『スイート・ガール』や、ジョン・デヴィッド・ワシントンの『ベケット』よりも断然完成度が高くておすすめ!

※以下、映画『SAS:反逆のブラックスワン』のストーリーネタバレありです!

『SAS:反逆のブラックスワン』ネタバレ感想・評価

『SAS:反逆のブラックスワン』の登場キャラ

映画『SAS:反逆のブラックスワン』の評価は87点。

女優ルビー・ローズ演じるヴィランの女傭兵グレースはサイコパス、そして主人公トム(演サム・ヒューアン)もサイコパスという設定が個人的には好きでした。

主人公が孤独に悪の集団と戦う内容は、ブルース・ウィルスの『ダイ・ハード』シリーズにプロットが似ていますね。

主人公のキャラを、運の悪いダメ親父から→イケメンサイコパスに変更すると本作になるでしょう。

あとはガスのパイプラインを移動するという予想外の展開や、イギリス政府の悪事揉み消しなど、ストーリーの完成度もエンタメアクションとして高かったと思います。

『SAS:反逆のブラックスワン』は、いろんな要素がテンポとバランス良く絡み合っていた作品だといえるでしょう。

また、サイコパス同士の対決や葛藤はソン・ジュンギ主演のマフィアドラマ『ヴィンチェンツォ 』や、パク・チャヌク監督の『イノセント・ガーデン』を思い出しました(この映画も傑作なのでぜひ視聴してみてね)。

抽象的に伝えていること

『SAS:反逆のブラックスワン』のはサイコパス同士の戦いだったわけですが、視点を広げると、SAS対傭兵の戦いになり、大手ガス会社の圧力で他の国の村を潰す命令を傭兵に出していた英国政府が問題の発端になっていることがわかります。

利権のために村を力づくで潰すというのは、まさに本作のテーマであるサイコパスそのものですよね。

つまり本作は英国政府こそ真のサイコパスだ!と伝えているのではないでしょうか。

グレース、トムだけでなく、第3のサイコパスはイギリスなのです。

ある国が他国に武力行使するプロセスは、人間に置き換えると史上最悪レベルのサイコパス思考だといえるのかもしれませんね。

考察!サイコパス同士の対決

グレースとトムのサイコパス対決

それぞれの人質に銃を向け合うシーン

サイコパスのグレースは、主人公トムに人質に取られた自分の弟に銃を向けます。

人質ごと撃たれたら負け確定。

ここまでは良くある展開です。

しかし、同じサイコパスだからこそロジックに気がついたトムは、グレースの人質になっている自分の婚約者ソフィーに銃を向けます。

これで五分五分の状況を作り出すわけです。シビれますね!

(人質ナシでお互い銃を向け合っているリスクに近くなると考えるとわかりやすいです。)

論理はわかりますが、完全に狂ってますね。

実際にこんな場面に遭遇したら確実にパニクるでしょう。

サイコパスの特性を最大限に活かした天才的なシーン!

このシーンは本作で一番秀逸で、かつ映画史から見ても斬新ではないでしょうか。

よくこんなアイデア思いつくなあと感心しかないです。

婚約者を笑って見捨てる主人公

刺された婚約者を笑うトム

婚約者ソフィーが足を刺されて出血多量でピンチの状態で、主人公トムはグレースを追うことを決断し、ニヤリと笑います。

この時ソフィーが「あたなを理解している。だから行って!」というような発言をしていることも重要です。

他者に理解されたうれしさと、本能にしたがって行動したいサイコパス気質の復活という異なる2つの要素が混在した良いシーンだと思います。

さらに考えてみると、恋人が死にそうでショックな気持ちより、恋人からの理解がうれしい気持ちが勝っていてまさにサイコパス!と思える場面です。

ガスのパイプラインの中を移動!

ガスのパイプラインを移動するグレース

海峡トンネルにあるガスのパイプラインの中を移動する脱出方法も予想外で素晴らしかったです。

ガスを吸わないようにマスクをして、小型の自動車?のような物に乗っています。

摩擦で少しでも火花が散ったらアウトだと思いますが、その辺は実際どうなんでしょうか?

『SAS:反逆のブラックスワン』ネタバレあらすじ解説

ブラック・スワン傭兵部隊のグレース

ウィリアム・ルイス率いる民間軍事会社ブラック・スワン(傭兵部隊)は、英国の命令でジョージア共和国のとある村を焼き討ちにして、男たちを皆殺しにします(ガスのパイプラインを通すため)。

ウィリアムの娘のグレースが実行リーダーでした。

しかしスマホで虐殺の動画が密かに撮影されておりニュースで流れ、ブラック・スワンはレッドノーティスで捕縛対象となります。

英国首相は関与の証拠を無くすため、ブラック・スワンと交渉したクレメンツの管轄であるSAS(特殊空挺部隊)に、ロンドンのブラック・スワンのアジトを襲撃させました。

リーダー格のトムがアジトに突入して制圧。クレメンツはウィリアムを射殺しました。

しかしグレースの姿はありません。

翌日、トムは恋人のソフィーと一緒にパリに休暇に行くため、英仏海峡トンネルを通る列車ユーロ・ストリームに乗っていました。

しかし列車は途中で止まり、乗っていたグレースたちにジャックされます。

トムは混乱に乗じて列車内から外へ離脱し、グレース部隊の兵士たちを殺していきました。

SAS部隊も到着しますが、グレースたちは内通者からの情報を受けており、狙撃犯で撃退。

トムはグレースの部下が空けた穴を発見して入ってみると、そこにはブリット・ガス社のパイプラインが通っており、爆弾が仕掛けられています。

グレースはSASの部隊へ通信し、「村の虐殺が首相の指示だと公表するか、500万ユーロとヘリを用意するか選べ。さもなくば人質ごとトンネルを爆破する」と要求しました。

ソフィーは怪我をした女の子の応急措置をトイレでしています。トムがトイレの下にやってきて一緒に逃げようと言いますが、ソフィーは怪我人たちを放って置けないと言います。

トムはソフィーの代わりに女の子を先に逃がし、彼女は無事SASに保護されました。

列車内に残されたソフィーはグレースにトムの彼女だとバレます。

トムはグレースの弟オリヴァーを捕まえて銃を向け、ソフィーに銃を向けるグレースに彼女を離すよう迫りました。

グレースとトムはお互いの目を見て、相手が自分と同じサイコパスだと気づきます。

グレースは自分の弟オリヴァーに銃を向けました。

相手の意図を瞬間的に察知したトムは、ソフィーに銃を向けます。

グレースがオリヴァーの肩を撃ち、銃撃戦に発展しました。

その場を切り抜けたグレースは、入金とヘリが用意できたことを確認。

ソフィーはグレースに連れられ、ガスマスクをつけさせられます。2人はパイプラインを開け、乗り物に乗って中を進み、パイプラインの端に脱出。

オリヴァーを倒したトムも、パイプラインの中を進みました。

一方、グレースの部下・ザダは列車を動かしてパリ側に出てきました。

ブラックスワンの構成員たちは人質に紛れて逃げようとしますが、全員SASに射殺されます。

トムがパイプラインの端に到着して出ると、グレースとソフィーがおり、グレースは起爆装置を作動させます。

トンネルが爆破しパイプラインが大爆発。パリ側のSAS軍たちも壊滅的な被害を受けました。

グレースはソフィーの脚を刺して逃げます。

手当が必要でしたが、ソフィーが「彼女を捕まえて」と言い、トムは少し笑ってグレースを追います。

雪が降る山の中でトムとグレースは格闘。

雪山で戦うトムとグレース

グレースは「ソフィーはお前を理解できない。私ならできる」と勧誘しますが、トムは彼女の首をナイフで刺して殺しました。

医者のソフィーは自分で応急処置をしており、助かります。

数日後パリで、トムはソフィーに告白します。

ソフィは1度は断りますが、トムの涙をみて、彼が変わったことを確信しOKしました。

2人はその後、スペインのマヨルカ島で結婚式を挙げます。

式の終わりに電話がかかってきて、トムはグレースの内通者でSASの同僚だったデクランを追う任務を開始しました。

映画『SAS:反逆のブラックスワン』終わり。

最後のまとめ

『SAS:反逆のブラックスワン』はサイコパス同士の興味深い戦いと予想不可能な展開が見どころの良作でした。

ラストの終わり方的には続編も作られそうですね。楽しみです。

映画『SAS:反逆のブラックスワン』レビュー終わり!

こちらもおすすめ関連記事



Netflixで2021配信の映画・ドラマ

関連記事

映画『007ノータイム・トゥ・ダイ』(007 No Time to Die)はダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を務める最後の作品。ボヘミアン・ラプソディで有名になったラミ・マレックがヴィラン・サフィンです。ボンドが衝[…]

パロマを演じるセクシーな女優アナ・デ・アルマス
関連記事

2021年に公開された Netflixのオリジナル映画や独占作品を独断で順位付けしています。全部で44作品。おすすめ度を%で表示し、ストーリーあらすじ、見どころも紹介しているので、ネトフリで映画を探すときの参考にしてください[…]

Netflix映画フィアーストリート