映画『インランド・エンパイア』ネタバレ考察,ラストあらすじ解説!感想・評価,意味や伏線,構造をわかりやすく

鬼才デヴィッドリンチ監督のインランド・エンパイアをまず1回観たのですが、内容やテーマがほとんど分からず、プライドがズタボロになり泣きました(笑)。そこで2回目は全てのシーンやセリフをメモに取り、内容やストーリーを解き明かすことに成功!9時間かかりました。。。

その結果、インランド・エンパイアはものすごく感動するテーマが込められた映画だとわかりました!なので観たけど意味がわからなくてつまらなかった!という人に読んで頂きたいです!

(インランドエンパイアのあらすじが知りたい方はこちらの記事へ↓↓)

関連記事

映画『インランドエンパイア』はストーリーがとても複雑だったので、あらすじを場面ごとに時系列で詳しく書いてみました。復習したい人におすすめ!インランド・エンパイアでは、登場人物に名前も説明もない事が多いので、説明を円滑にするために呼び[…]

映画インランドエンパイア
スポンサーリンク

映画インランド・エンパイア/キャストと作品情報

監督主要キャスト公開年
製作国
興行収入(円)受賞歴
賞のトロフィー
デヴィッド・リンチローラ・ダーン
ジェレミー・アイアンズ
ハリー・ディーン・スタントン
ジャスティン・セロー
2006年
アメリカ
ポーランド
フランス
脚本
脚本
美術
美術担当
音楽
音楽
主題歌
なしデヴィッド・リンチ

主演はローラ・ダーン。『ブルー・ベルベット』『ワイルド・アット・ハート』などリンチ監督作品の常連です。その他にはスピルバーグの『ジュラシック・パーク』への出演が有名!

あとはデヴィッド・リンチの独壇場。

前作『マルホランド・ドライブ』はヒットして評価も凄く高かったわけですが、今作は前作に輪をかけたような奇怪かつ難解すぎる内容だったのでどこの映画会社からも出資してもらえず、普通に映画製作ができなかったらしい(フランスの映画会社が多少出資)。

そういうわけで撮影は、俳優にはほぼノーギャラで出てもらい、しかもリンチ監督が何か思いついたら俳優を呼び出しその場で撮るという斬新なものでした。

結果、何回も観て内容が解ればすごく感動できる映画になりましたが、1回見ただけでは全く意味が分からないという難易度MAXムービーに!

インランド・エンパイアの予告動画

youtu.be

かつての大女優ニッキー(ローラ・ダーン)の豪邸へ、目のギョロッとした東欧訛りのおばあさんが近所に越してきた挨拶に訪れる。

コーヒーを飲みながらのおばあさんの会話が次第に奇怪なものになり、ニッキーは困惑。

次の日、ある映画の主演が決まり喜ぶニッキー。打ち合わせを進めるうちに、作品の脚本がいわくつきのものであると知り。。。

スポンサーリンク

インランド・エンパイア 感想・見どころ(ネタバレなし)

スポンサーリンク

意味不明なシーンの連続

ウサギの着ぐるみを被って座っている人がいたり、娼婦たちがいきなり踊り出したり、口に電球を加えているおっさんがいたり、そんなアイデアどっから生まれたんだよ!ってゆうくらい意味不明です(笑)そういった奇怪なシーンが好きな人は楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

難易度MAX!

もはや見どころとはいえないかもしれませんが、インランド・エンパイアは僕が今まで見た映画の中で難易度が一番高いです!

一見現代アート映画のように意味不明なシーンの連続なのですが、よく観るて考えるとしっかりストーリーがわかるような作りになってます。

物語の軸はしっかりあるが、構造が複雑すぎるという意味では難易度MAX。よく難解映画の代名詞として同監督のマルホランド・ドライブが挙がりますが、インランド・エンパイアは数倍複雑です。

インランド・エンパイアは82点評価!その理由

インランド・エンパイアは何点!?観るべき映画?

各要素と、序盤・中盤・ラストの合計を100点満点とし計算しています。

インランド・エンパイアの点数は。。。

合計82点 Aランク!

インランド・エンパイアは難解なストーリーに加え、デジタルで撮った映像画質も荒くて観づらいです。

なので、『マルホランド・ドライブ』や『イレイザーヘッド』『エレファントマン』などの有名作品を観てデヴィッド・リンチ監督のファンになった!という方にしかおすすめできません!

難しいですが、謎が解ければ最高に感動できるという変な映画です。

評価の詳細

映画の各要素(10点満点中)

ストーリーキャスト(ハマり役)テンポ演技・シーン
10878
セリフ映像の見やすさ(構図)音楽・音響印象度(記憶に残る)
85910

序盤・中盤・ラスト(5点満点)

序盤中盤ラスト・結末話の筋が通っているか?
4355

映画『インランド・エンパイア』ストーリー構造とテーマや意味を考察・図解

インランド・エンパイアを簡単に説明すると。かつてポーランドで「47」という映画の撮影時に不倫して殺されてしまった女性(ロストガール)が、ハリウッドでこの映画のリメイク話があることを察知。

まだそのリメイク映画に出演も決まってないニッキーの家へ、緑のおばさんの来訪。二人は会話の中でロストガールの悲願を感じとり、「役が決まった場合の撮影の状況」「映画の内容」「ポーランドでの悲劇」「悲劇を生んだ”悪”の破壊」を想像。(※ロストガール自体がニッキーの想像という見方もできますが、全体的な解釈にあまり差が出ないため触れません)

ニッキーの想像を映像として観て感動したロストガールは、忘れていた大事なものを思い出し救われる。それを逆に感じとったニッキー自身も救われる!という内容。

インランド・エンパイアは構造で分けると5重構造になります。想像の中の想像の中の想像というめちゃくちゃ複雑な作りになっているため、わかりやすく図も作りました!

インランド・エンパイアのわかりやすい解説図

テーマ①女性賛歌

僕が感じたこの映画のテーマは「女性賛歌」

心に傷を負った女性(ロストガール)がニッキーと通じて心が救われる。それによってニッキーも悲劇を回避するという構成になっているからです。

よく、ファントム(悪い男)はニッキーだ!不倫をしてしまった罪の意識を退治したのだ!という解説を見かけますが、違うと思います。この作品では不倫は”悪”ではなく、どうしようもない旦那を持ってしまった結果に起きた”悲劇の象徴”という意味合いが強です。

【女性たちには、身を売ったり男に傷つけられたりといった苦難を乗り越えられる、強い共感(シンパシー)の力がある!】というのがテーマだというのが僕の結論です。

テーマ②女の人生は女優と娼婦

著名な解説者の町山智浩さんがラジオでこの映画は娼婦と女優の起源や根幹は一緒だという解説をしていましたし、女性の人生は役を演じる女優や、娼婦のようなものだ!というテーマもあると考えます。もちろん悪い意味ではなく。部屋で映像を観ながらずっと泣いているロストガール自身もカメラを通して画面に映っているというシーンがあるので、みんな女優だよ!というテーマが見えます。

テーマ③デヴィッド・リンチ監督の頭の中

今作でよく出てくるのは”撮影カメラ”。このカメラはニッキーの想像を物語としてロストガールのTV画面に投影したり、ニッキーからロストガール側を覗くという場面でも使われます。加えてアイデア一発のような意味不明なシーン、出演者が苦悩してトラブルに陥る設定、助監督がみんなから金をせびる描写から、リンチ監督自身の映画製作の過程や、カメラを通して得られた感動も表現されているように感じます。

映画 インランド・エンパイアあらすじネタバレ完全版

インランド・エンパイアあらすじネタバレ詳細はこちら

インランド・エンパイアはなぜ難解か考察

構造が複雑

想像の中の想像の中の想像の話といった構造になっている上に、説明もないため、観る人は”今どこ”にいるのか混乱します。

顔が覚えきれない

インランド・エンパイアは全員の顔を完璧に覚えないとストーリーが全くわからないのですが、シーンの入れ替わりが激しいので、初見だと覚える前に次の他の人物のシーンに写ってしまい、ついていけません(笑)しかも顔が似てる人が多い気がする。

映像が暗くて荒い

デジカメの映像は荒いし、シーンは暗い部分が多いため、余計解読が難しいです。

おまけ:F娼婦たちが踊った曲「ロコモーション」

娼婦たちがいきなり踊りだす意味不明なシーンがあります。なぜこのシーンがあるのか?ヒントもないので確かな事はわからないですが、苦境にいる女性たちの開き直りや楽しさを表現しているのかもしれません。

youtu.be

解説まとめ/ウサギの部屋の意味は?

デヴィッド・リンチ監督によるインランド・エンパイヤの解説!お楽しみ頂けましたでしょうか!?

暗く、禍々しいシーンが多いインランドエンパイヤが、女性賛歌を表現していたという結論に納得して頂けましたでしょうか?僕はこの考えに至ったときとても感動し、難解だがとても魅力的な作品だと思いました!

ちなみにウサギの部屋ですが、僕の解釈ではハリウッド側とポーランド側を繋ぐ空間です。

この映画もリンチ監督らしく、観る人によって得られるテーマや感想が異なるものになっているので、僕と違う解釈をした人や、この映画に関する意見などあればコメントをください!

インランド・エンパイアの関連記事

『インランド・エンパイア』以外にも、デヴィッド・リンチ監督は名作たくさん。

関連記事

グロカルトの金字塔的映画『 イレイザーヘッド』を観賞!いや〜この映画ほどいろんな意味で衝撃的な作品はない!!何気なく観てしまうと、「グロいし、意味がよく分かんね〜!」で終わってしまうのですが、デヴィッド・リン[…]

『イレイザーヘッド』
関連記事

デヴィッド・リンチ監督の映画『エレファントマン』で伝えられた表層的な複数のテーマを考察・解説すると共に、リンチ監督が何を言いたかったかさらに突っ込んでエレファントマンを深掘りしてみる。分かりやすい面も、深い面も持つこの映画のメッセー[…]

映画『エレファントマン』
関連記事

映画『デューン/砂の惑星DUNE』はフランク・ハーバートのSF長編小説『デューン』を映画化したもの。監督のデヴィッド・リンチにファイナルカット(最終編集)の権利がなかったことで、映画としてはボロボロの出来になり、評価は散々だった。([…]

映画『デューン砂の惑星DUNE』
関連記事

デヴィッドリンチが熱い!最高の映画監督の一人だろう。この監督ほど”不和”を融和させられる人はいない!今回は同監督の奇作『ブルーベルベット』の面白さの秘密を語ります!そしてこの映画は、秘密を彩る挿入歌も最高!ブ[…]

ブルーベルベット
関連記事

鬼才デヴィッド・リンチ監督の映画『ロスト・ハイウェイ』について深掘り考察・解説をわかりやすくまとめました。非常に難解と言われる本作だが、マルホランド・ドライブやインランド ・エンパイア、ツインピークス・ザ・リターンなどに比べればさほ[…]

映画『ロスト・ハイウェイ』
関連記事

映画『マルホランド・ドライブ(mulholland drive)』を久しぶりに鑑賞。また新たな発見をすることができました!鬼才デヴィッド・リンチ監督の最高傑作にして難解といわれる作品ですが、考えれば考えるほど深みにハマって面白い![…]

『マルホランド・ドライブ』
関連記事

25年ぶりの新シーズン!ツイン・ピークスthe Return:リミテッドイベントシリーズは、デヴィッドリンチ監督が全編監督を務めており、それだけに集大成といえる最高の作品だった。そして、設定がまあぶっ飛んでいた!(それが良さなんだけ[…]

『ツイン・ピークスThe Returnリミテッドイベント』
関連記事

デヴィッド・リンチ監督によって、2017年にツインピークスの25年ぶりの続編「Twin Peaks The Return」が開始され、僕の感想としては想像を上回る楽しさだったわけだが、前作以上に謎は多く、解釈に困った人も多いだろう。[…]

『ツイン・ピークスThe Return:リミテッドイベント』
関連記事

デヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー映画『アートライフ』にはどんな魅力があるのか紹介します。生い立ちや、映像で紹介されているリンチ監督の絵画などから、見えてくるものは一体なんなのか?解説や考察をどうぞ!デヴィッド・リ[…]

『アートライフ』デヴィッドリンチ