いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
映画『僕のヒーローアカデミアThe Movie/ワールドヒーローズミッション』

ひどい?映画『僕のヒーローアカデミア3ワールドヒーローズミッション』ロディソウルやあらすじネタバレ感想・解説/ヒロアカ劇場版3弾はつまらない?酷評

映画『僕のヒーローアカデミアThe Movie/ワールドヒーローズミッション』は、出久が海外で指名手配されて、最高難易度の任務に挑む物語。

個人的には設定がうまく活かされておらず、つまらないと感じてしまいました。

ヒロアカ劇場版の前2作は上回っていないと思います。

そこでネタバレあらすじ結末解説感想・評価に加え、本作の特徴をじっくり考察していきます!

結構辛口になってしまったのでご容赦ください。

酷評多めなので、この映画が好きだった人は読まないでね!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア/ワールドヒーローズミッション作品情報

スタッフ・キャスト

公開日:2021年8月6日

監督:長崎健司

脚本:黒田洋介

原作・キャラ原案:堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』

緑谷出久/CV山下大輝

爆豪勝己/CV岡本信彦

轟焦凍/CV梶裕貴

麗日お茶子/CV佐倉綾音

エンデヴァー/CV稲田徹

クレア・ボヤンス/CV本名洋子

監督の長崎健司はヒロアカ劇場版第1作『2人の英雄』と第2作『ライジング』から続投。

映画オリジナルキャラは次で詳しく紹介しています。

ワールドヒーローズミッション/オリジナルキャラ紹介

スポンサーリンク

ロディ・ソウル/CV吉沢亮

ロディ・ソウル/CV吉沢亮

(画像引用元:映画『僕のヒーローアカデミア/ワールドヒーローズミッション』公式サイト)

身長174cm。誕生日は2月13日。

ロディ・ソウルは、オセオン国の貧民街で暮らす少年。

年齢はデクと同じくらい。

個性は自身の正直な気持ちを表現するピンクの鳥・ピノです。

危険な荷物の運び屋などで生計を立てており、身のこなしが素早く逃げるのが得意です。

父エディ・ソウルは研究者でしたが、想団体ヒューマライズに無理やり加担させられた後に失踪。

ロディは、弟・ロロや妹・ララと一緒にトレーラーで貧乏暮らしをしています。

ロディの声を務めたのは実写映画『キングダム』『東京リベンジャーズ』などで有名な吉沢亮。

スポンサーリンク

ピノ/CV林原めぐみ

ピノ/CV林原めぐみ

ピノはロディの肩に乗っているピンクの小鳥。

ロディの個性が具現化したもので、ロディの本当の気持ちを身振り手振りや表情で代弁します。

スポンサーリンク

フレクト・ターン/CV中井和哉

ワールドヒーローズミッションのヴィラン フレクト・ターン

身長200cm。誕生日6月22日。

フレクト・ターンは思想団体ヒューマライズの代表。

人類全体の個性を憎んでおり、個性を持つ人間を滅ぼそうとしています。

個性はリフレクトで、エネルギーなどを反射させることが可能です。

ベロス/CV伊瀬茉莉也

敵のベロス 弓矢を使う女傭兵

身長170cm。誕生日7月2日。

ヴィランのべロスはヒューマライズに雇われた傭兵。

個性はロング・ボウで、エネルギーで具現化した弓を使ってさまざまな物を射てきます。

研究者が告発しようとしたデータの入ったアタッシュケースを回収する任務に当たっていましたが、そのケースがロディの持っているものとすり替わってしまいます。

ボスのフレクト・ターンからはっぱをかけられ、デクとロディを追いかけます。

サーペンターズ/CV榎木淳弥

ヒロアカ映画第三弾 爆豪と戦ったサーペンターズ

身長177cm。誕生日7月16日。

サーペンターズは、ヒューマライズの双子の中ボス。

腕などから鞭のように伸びる剣を繰り出すソードキルの能力の持ち主。

レヴィアタン/CV坂田将吾

轟と戦ったヴィラン・レヴィアタン

身長250cm。誕生日12月10日。

レヴィアタンはヒューマライズの中ボス。

体が大きく、人間離れしたビジュアルで、ヘリカルサイズという個性で水流を操ります。

特典:Vol.W(World Heroes)

本作は特典で、単行本「Vol.W」がもらえます。

オリジナルキャラの紹介や、声優インタビュー、キャラの原案、ワールドヒーローズミッションの短い前日譚など見応えある内容です!

※以下ネタバレありなので、未視聴の人は注意してください。

ワールドヒーローズミッションはひどい?感想・評価

映画ヒロアカ主要キャラ 出久、爆豪、轟

映画『僕のヒーローアカデミア/ワールドヒーローズミッション』の評価は75点。

アクションシーンは見応えがあり、それなりに感動する場面もありましたが、全体的には可もなく不可もなしといった凡作にとどまった印象です。

せっかくの映画専用コスチュームも最初だけだったような気がします。

出久が指名手配された意味は?

まず出久が指名手配されたのですが、他のプロヒーローから追われるなどの展開がなかったのがガッカリでした。

みんな「出久がそんなことするはずがない!」であっさり片付けてたね。

個人的には、「出久が何かしでかしたのでは!?」と他のヒーローが疑ってしまう展開の方が見応えがあったと思います

“指名手配”という設定に対しての見どころが薄かったといえるでしょう。

竜とそばかすの姫』よりはいいとしても、本作のストーリーの完成度はそこまで高いといえないでしょう。

ワールド感ナシ!

ワールドヒーローズミッションというタイトルでしたが、ワールド感が全然ありません。

  • 活躍していたのが出久、爆豪、轟の3人だけ
  • 基本的にずっとオセオンやその周辺が舞台だった

この2つが主な理由でしょう。

世界各国で頑張っていたプロヒーローや雄英生徒たちはお天気ニュースくらいのノリでちょこっと中継されただけでした。

一応ヒーローがチームで分かれてフランス、エジプト、アメリカ、日本で奮闘する設定なのですが、みんな少ししか映らず国を分けた設定もあまり意味がない気がします。

せっかく映画版だから、他のキャラの活躍がもっと見たかったなあ…

出久とロディのロードムービー

出久とロディ・ソウルが国境まで逃げるのがロードムービーっぽいノリでした。

しかしこの展開はロディの過去が少し掘り下げられただけで何か中途半端でしたし、ワールド感まで損ねていた気がします。

ストーリーの起伏をもたらしたり、テーマを浮き彫りにする時間として使った方が有意義だったでしょう。

仲良くなった出久とロディだけでなく、2人の完全な意見の食い違いや決別を描くなどした方が良かったと思います。

ピノの設定が素晴らしい

ロディの感情が具現化した小鳥のピノに現れてしまうアイデアは素晴らしかったと思います。

斬新かと言われるとそうではないですが、悪態をつくロディの純粋な心が視覚的にわかって感動がダイレクトに伝わってきました

ピノのデザインもすごく可愛かったですしね。

無個性VS無個性にモヤモヤ

『ワールドヒーローズミッション』のヴィラン/フレクト・ターンは、相手の個性やエネルギーを反射する個性を持ちます。

いわば鏡のようで、フレクト・ターンの能力には「個性がない」ということもできるでしょう。

つまりフレクト・ターンも無個性なのです。

出久ももとは無個性なので、この映画のラストは無個性VS無個性の戦いといえるでしょう。

そんな2人の戦いは、個性とは何か?、つまりヒーローとは何かというヒロアカのメインテーマを掘り下げるのにはもってこいのシーンだったはず

しかしお互いが意見をぶつけ合うような場面はなく、出久が自身のヒーロー論を主張して根性で勝ちました。

言ってしまえばラストの戦い自体が無個性に終わった感じです。

深掘りさせるべき設定を無理やり終わらせた感だけが残ってモヤモヤしました。

ラストバトルはゴリ押しがひどい…

出久が根性とパワーでヴィランを倒す結末はどうかと思いました。

メインヴィランであるフレクト・ターンの個性リフレクトは相手のエネルギーを反射してそのまま返せるチートかつ特殊な能力。

それに対してフルカウル100%でゴリ押しは正直ないな…と感じてしまいました。

相手がパワー系ならこちらもパワー覚醒でもいいかもしれませんが、反射という能力に対してであれば、せめて何らかの方法で無効化や弱体化させて攻略するなど、工夫があった方がよいでしょう。

ヒロアカは『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』最近などジャンプ作品と比べても、論理性がなさすぎる戦いが多いと改めて感じました。

僕のヒーローアカデミア・ワールドヒーローズミッション/ネタバレあらすじ

youtu.be

謎の思想団体ヒューマライズは、いつか全人類の個性が暴走し滅亡するという教義のもと、無個性な人間だけの世界をつくろうとしていました。

個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)を発明し、ある地域で爆破させます。人々の個性が次々に暴走し、死んでいきました。

エンデヴァーの事務所にインターン中だった緑谷出久(デク)、爆豪、轟は、海外のオセオンという国のヒューマライズの支部へ突撃して、イディオトリガーボムがないか探します。

他のヒーローたちも各国のヒューマライズ関係施設を調べますが、イディオトリガーボムは見つかりません。

そんな中、オセオンの街で宝石強盗があり、出久は犯人のヴィランたちを追います。

追跡中にヴィランたちからアタッシュケースを受け取った、肩にピンクの小鳥を乗せた少年・ロディを発見し…。

ネタバレあらすじ

ロディの逃げ足の速さはピカイチでしたが、出久はなんとか追いつきました。

しかし2人は現地警察に囲まれて急に発砲され、慌てて逃げます。

ロディが受け取ったアタッシュケースが、途中でヒューマライズが雇ったヴィラン・べロスたちが奪取しようとしたものとすり替わってしまったからです。

出久は、自分がオセオンで殺人事件の犯人として全国指名手配されていることに驚きました。隣国まで逃げれば追われることはなくなると考えます。

ロディは「弟・ロロ、妹・ララを頼む」と顔馴染みのバーのマスターに電話をかけ、出久と国境までの旅に出ました。

道中で2人は仲良くなり、ロディは自分の個性の秘密を喋ります。

出久たちは国境近くにやってきますが、ヴィラン・べロスやシデロに攻撃されました。

出久から連絡を受けていた爆豪、轟が到着し、べロスたちの撃退になんとか成功。

そんな中、ヒューマライズは世界各国に仕掛けたイディオトリガーボムが2時間以内に爆発するとメディアで宣言します。

ロディが持っていたアタッシュケースには、データカードとイディオトリガーボム解除メモリーが入っていました。

ロディは、起爆解除メモリーは失踪した父・エディが作ったと知ります。

爆豪はデータをパソコンで開き、標的になっていない支部にボスのフレクト・ターンがいると考えます。

出久たちはロディが操縦する飛行機でそこへ向かい、爆弾の解除メモリーの入力を目指しました。

プロヒーローや雄英高校のメンバーたちは、各国のヒューマライズの支部からイディオトリガーボムを発見し、爆発しても安全な状態にしたり、市民の避難を懸命に頑張りますが、間に合いそうにありません。

出久たちはフレクト・ターンがいる施設に到着。

爆豪はソードキルの個性を持った双子・サーペンターズと戦い、轟は水を操るレヴィアタンと死闘を繰り広げます。

出久は、ボスのフレクト・ターンとの戦闘に突入。しかし彼はあらゆるエネルギーを跳ね返せる個性・リフレクトの能力の持ち主でした。

出久の攻撃は通用せず、周囲から放たれたエネルギー波で体を貫かれてしまいます。

フレクト・ターンは「この個性のせいで両親に抱いてももらえず、人に愛されることもなかった」と過去を語りました。

そんなとき、ロディが出久たちの前に現れます。

ロディは「ヒューマライズの戦闘員に捕まり、起爆解除メモリーを渡せば弟たちがいる地域は起爆しないと言われた」と出久に話しました。

ロディの父・エディも、家族の命と引き換えにヒューマライズの研究に参加させられていたそうです。

しかしロディの小鳥のピノの表情を見ると、それが嘘であることがわかります。

ロディはフレクト・ターンの隙を突いて彼の横を走り抜けます。レーザーで体を貫かれてしまいますが何とか起き上がり、制御室へ向かいました。

出久はフレクト・ターンを止めるために攻撃を繰り返します。

施設の外では、爆豪や轟が何とかヴィランにギリギリのところで打ち勝っていました。

出久は個性リフレクトには限界点があると考え、攻撃を繰り出し続けます。

フレクト・ターンからの攻撃でボロボロになりますが、連打を繰り返して敵の能力の限界点を突破し、倒すことに成功。

もう世界中での爆破が間に合わないと出久が制御室に急ぐと、ロディは倒れています。

しかし彼の分身である小鳥のピノが起爆解除メモリーを差し込んでいました。

思想団体ヒューマライズのメンバーは全員逮捕され、事件は幕を閉じます。

数週間後、退院した出久たちを、ロディが空港まで見送りに来ました。

ロディは「もうこの国に来るな」と言いますが、小鳥のピノは大泣きしていました。

出久たちの日本行きの飛行機が出発し、ロディはバーテンダーとして真っ当に生きることを決意します。

映画『僕のヒーローアカデミア/ワールドヒーローズミッション』終わり!

最後のまとめ

『僕のヒーローアカデミアThe Movie/ワールドヒーローズミッション』は人類の個性を消す!というストーリーでしたが、皮肉にも個性があまり感じられない作品になってしまいました。

出久、爆豪、轟以外の活躍があまりなく、ワールドワイドな見応えが薄かったのも残念です。

レビュー終わり。

こちらもおすすめ関連記事



2021年公開アニメ映画のネタバレ考察記事

関連記事

Netflixアニメ映画『ブライト:サムライソウル』は かつての戦争で生きる希望を失った主人公・イゾウが、オーク(怪物)の相棒と共にエルフ少女を助けるSFサムライアクション大作!内容だけ聞くとイロモノ駄作になるのでは?という勝手なイ[…]

Netflix映画『ブライト:サムライソウル』
関連記事

Netflix映画『ウィッチャー狼の悪夢』(原題:The Witcher: Nightmare of the Wolf)は人気ゲームやドラマをアニメ化した作品。魔物を狩る戦士・ウィッチャーや魔法使いのダークで凄惨な戦いを描いていて、[…]

Netflix『ウィッチャー狼の悪夢』