CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

Netflix『トリッキー・ワールド』あらすじネタバレ解説・感想!ゲスなギャングと移民問題の映画を評価

Netflixオリジナル映画『トリッキー・ワールド』

Netflixオリジナル映画『トリッキー・ワールド』(原題:Jagame Thandhiram)は、ゲスなギャングがイギリスではちゃめちゃに暴れるうちに本当に大切なものは何かを知るインド発のマフィア物語!

無慈悲なバイオレンスから社会問題が浮かび上がってきます。

ストーリーのあらすじネタバレを解説し、評価感想をまとめています。移民問題についての考察もあり。

 

Netflix『トリッキー・ワールド』作品情報・キャスト

youtu.be

公開・制作国:2021年 Netflix インド・タミル

監督・脚本:カルティック・スバラージ

主演:ダヌーシュ

出演:アイシュワリヤー・レクシュミ

映画トリッキー・ワールドあらすじネタバレ解説

映画トリッキー・ワールド 主人公スルリと仲間達

インドのタミル・ナードゥ州マドゥライで暮らすギャング・スルリは殺しの腕を買われてロンドンのマフィア・ピーターもとへ高給で雇われます。

ピーターは対抗するタミル人組織を壊滅しろと言いました。

スルリはタミル人組織のダラニやディーパンと仲良くなって情報を得て、奇襲をかけて密輸された彼らの武器を押収。さらに幹部のラジャンを爆殺しました。

ボス・シヴァダスはスルリを捕らえますが利用できると考え、ピーターと停戦協定を結ぶフリをしてその場所で彼を殺そうと企てました…。

☞クリックで『トリッキー・ワールド』あらすじネタバレ表示

スルリが段取りを整え、停戦協定の場にピーターが来ます。シヴァダスは隠してあった銃をピーターに向けて撃ちました。しかし弾は入っていません。スルリはシヴァダスを裏切ったのです。ピーターは隠してあったナタでシヴァダスを殺し、ピーターの部下がタミル人たちを銃殺していきます。

スルリは仕事ぶりを高く評価され、ストリートを一角丸々任されました。その街をリトル・マドゥライと名付けて母親や仲間を呼び、楽しく暮らし始めます。スルリはアティラという女性歌手と恋に落ちデートします。彼女は未亡人で、息子ディーラと暮らしているようです。

アティラとデート中、スルリはタミル人組織の残党・ダラニたちに襲撃され何発も撃たれます。病院で治療を受けなんとか回復しますが、アティラが点滴に毒を入れているのを見て、彼女がシヴァダスの仲間だと知り、問い詰めました。

アティラはスリランカに住んでいましたが内戦で空爆を受けて夫が死亡。兄と甥のディーラと一緒にシヴァダスの手引きで8ヶ月もかけてイギリスに入国し、その後もシヴァダスに生活の面倒を見てもらっていたと涙を流します。彼女の兄は入国前に捕まってしまって3年間行方知れずのようです。

スルリは自分が金のためにシヴァダスを殺したことがいかに愚かだったか気づきます。そしてダラニたちに謝罪し、移民たちを密入国させる金を手に入れる手伝いをしました。

しかしピーターにバレ、スルリの店で働いていたムルゲサンが射殺されてしまいました。

スルリの家も襲撃され、バーミンガムで移民排斥のバイコア法案に反対するアンドリュース大臣を殺せと命令されます。ピーターは移民のスルリに大臣を殺させる事件を起こさせ、バイコア法を通過させようとしていたのです。

スルリたちはバーミンガムへ向かう途中にピーターの側近ジョンを殺し、ピーターの邸宅へ向かいます。警備20名を銃で皆殺しにし、スルリはピーターの前に立ちました。

移民排斥のバイコア法は否決され、アティラの兄たち移民が収容所から解放されます。

彼をイランとアフガンの国境へ連れていき、偽のパスポートを渡して放置しました。移民の辛さを教えるためです。

映画『トリッキー・ワールド』END!

トリッキー・ワールド感想・評価76点

映画トリッキーワールドのお祭り騒ぎシーン

Netflix映画『トリッキー・ワールド』の評価は76点。

ストーリー自体はそれほど面白くありませんでしたが、歌って踊るインド映画らしいシーンもありつつ、マフィア抗争や移民問題を強烈に描いていました。

流行りの韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』ガイ・リッチー監督の映画『ジェントルメン』のようにコメディ要素もありつつ、残酷な殺しのシーンもある作品ですね。Netflix『エクストレモ』よりはグロくはないです。

本作で面白いと思ったのは、主人公のギャング・スルリが移民を弾圧する側のマフィアについたことです。そこから同族タミル人組織に寝返るのかと思いきや、ボス・シヴァダスを裏切って殺してしまいます。

シヴァダスは移民の受け入れや、現地で他のギャングに襲われないように世話をしたりしていたようです。

移民を守る義賊・シヴァダスをクズな主人公・スルリが殺す展開は斬新で衝撃的でしたし、差別の問題が同族同士で行われている問題的にもなっていました。

タイトルのトリッキーワールド(複雑で扱いにくい世界の意味)に相応しい予想できない内容ですね。

あと細かい点で言えば、インドのタミル人が葬式の時に大声で歌って踊り出すのが新鮮に映りました。死者を盛大に弔おうということでしょうか。パーカッションの効いたインド音楽が随所で楽しめました!

 

スルリはリアルなギャング?貧困が生んだ悪人

映画『トリッキー・ワールド』の主人公・スルリ

まったく相手側の事情を考えず金だけで人を容赦なく殺す主人公・スルリには、案外リアルな悪人像が反映されているのかもしれません。

スルリは幼い頃に父に死なれ、母が苦労して育ててきたインドの貧困層出身です。おそらく教育も満足に受けていないでしょう。相手のことを思いやるだとか、ロンドンの移民問題などの事情など、本当にこれっぽっちも知らなかった可能性があります。

仕事で人を殺すような悪人は、その人が最初から悪かったわけではなく、貧困や環境のせいで生まれるのかもしれないと深く考させられました。

カースト制度への問題提起

主人公スルリが、「カーストなんて!国外に出ればインド人はみんな白人に見下される」と言っていたのが印象的でした。

人種差別を解決しなくてはならないのに、同族同士で差別し合ってどうする!?というかなり強烈でシニカルなメッセージを伝えていると思います。

一方で、カースト制度を否定するような発言なので「インド映画でインド人も見るだろうに、この発言大丈夫かな?」とちょっと心配してしまいました。

それは置いておいて、インドに住んで外国を知らなければカースト制度に疑いの余地は生まれないでしょう。スリルは初めて国外に出て、階級や差別について自分なりの考えを持てたわけです。

カーストで身分が固定されているインドでは結婚や仕事が制限されているわけで、映画『トリッキー・ワールド』のような作品が増えて、その垣根がなくなればいいなあと感じました。

ただし、一族で仕事を受け持つなどカーストにはかなり優れている面もあるようなので、撤廃すれば大多数の人が幸せになる単純な問題ではないかもしれません。

制度をどうするかはまだまだ先の話になると思いますが、『トリッキー・ワールド』を視聴したインド人同士で議論できるようになればいいですね。

同族同士の争い

映画『トリッキー・ワールド』が1番に伝えたかったのは、移民の問題が意図的に移民VS移民の問題にすり替えられている!というメッセージだと思います。

タルミ人の主人公・スルリが同族のマフィアのボス・シヴァダスを裏切ったのがその象徴といえるでしょう。

移民側の視点で考えれば、市民権を得たいのに既得権益ではなく他の移民に怒りが向いてしまうのはマイナスでしかありません。

本作は全世界の移民に向けて「進むべき方向を間違えるな」と伝えているのかもしれませんね。

最後にまとめ

Netflix『トリッキー・ワールド』はゲスなギャングがイギリスの移民の問題に立ち向かい、残酷なマフィアものでありながら差別の問題提起をした興味深い作品です。

バーフバリ』もそうですが、インド映画ってハリウッドとは全然違う展開が楽しめて面白いですよね。これからもNetflixでインドのローカルな作品が作られることを願います。

映画『トリッキー・ワールド』感想・評価レビュー終わり!

Netflixオリジナル作品の感想・評価記事

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com