映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

映画『プレデター:ザ・プレイ』ネタバレ感想・評価/美しい大自然と肉食獣のテーマ考察

映画『プレデター:ザ・プレイ』(Prey)の特徴をまとめたマインドマップ

映画『プレデター:ザ・プレイ』(Prey)はネイティブ・アメリカンの少女がプレデターに決死の戦いを挑むグロサバイバルアクション!

CineMag
北アメリカの大自然の中で、クマにピューマにプレデター景色と肉食獣のハーモニーが美しい最上級のサバイバルトーナメントでした!

作品情報・キャスト解説・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・評価テーマや試練の狩りの意味考察ストーリーネタバレあらすじ結末を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

映画『プレデター:ザ・プレイ』は楽しかった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『プレデター:ザ・プレイ』作品情報・キャスト

公開・制作国・上映時間2022/08/05・アメリカ・1時間40分
原題:『Prey/狩り』
ジャンル:SFホラーアクション・サバイバル
監督:ダン・トラクテンバーグ(『10 クローバーフィールド・レーン』)
脚本:パトリック・アイソン
配信ディズニープラス/Disney+独占

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『プレデター』(1987)、『プレデター2』(1991)、『プレデターズ』(2010)、『ザ・プレデター』(2018)に続くシリーズ第5作目です。

この他にスピンオフ的な位置付けで『エイリアンVSプレデター』(2004)や『AVP2 エイリアンズVSプレデター』(2007)があります。

登場人物・キャスト紹介

登場人物キャスト
ナル

主人公・ナルを演じるアンバー・ミッドサンダー

主人公。コマンチ族の女戦士。

アンバー・ミッドサンダー

アンバーはネイティブ・アメリカンの血を引いています。

(代表作ドラマ『レギオン』映画『アイスロード』)

タアベ

ナルの兄。優れた戦士で狩人。

ダコタ・ビーヴァーズ
スポンサーリンク

あらすじ概要

18世紀の北アメリカ大陸。

ネイティブ・アメリカン・コマンチ族の女戦士・ナルは、空が燃えるような光景を目にする。

ナルは森の中にクマやマウンテン・ライオン(ピューマ)よりも恐ろしい残忍な生物がいる気配を感じ取り、試練のために追跡するが…。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・海外評価

大自然の中でネイティブ・アメリカンの少女がプレデターと戦う設定が最高です!

残酷なアクションのみならず、美しい自然の中で、プレデターはもちろんクマやピューマなどの様々な肉食獣と熾烈なバトルを繰り広げるコンセプトが素晴らしいです。

海外レビューサイトを見ると一般の視聴者のみならず批評家評価も高いです。

「アクションのスキルが高く、素晴らしいエンタメ」「少女とプレデターの奇妙なコントラストが素晴らしい」など絶賛のコメントが寄せられていました。

おすすめ度80%
自然の美しさ90%
ストーリー72%
IMDb(海外レビューサイト)7.1(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家 92%

一般の視聴者 85%

映画『プレデター:ザ・プレイ』はディズニープラス/Disney+で独占配信中月額990円でディズニー、マーベル、ピクサー作品などさまざまなコンテンツが見放題。お申し込みは下記から↓↓

※以下、映画『プレデター:ザ・プレイ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『プレデター:ザ・プレイ』ネタバレ感想・評価

映画『プレデター:ザ・プレイ』

©︎ディズニープラス/Disney+

原点回帰と自然の美しさ

『プレデター:ザ・プレイ』の評価は77点。シュワちゃん主演の第1作を除けば1番好きです。

まずプレデターどうこう以前に、北アメリカの壮大な景色が堪能できたのが高ポイント。

シネマグ
サバイバルドキュメンタリー好きの私としては最高のシュチュエーションでした。
感想を語る犬
自然でのピュアな戦いにフューチャーした原点回帰に映ります。顔にペインティングもして水辺のシーンもありましたし!

巨大なクマが主人公・ナルに襲いかかり、ビーバーの巣に逃げ込むなど、プレデター抜きでもサバイバルアクションとして魅力たっぷり

加えて全体を通して体に刃物が刺さったり、腕がぶっ飛んだりのグロアクションは、気持ち悪いだけでなくスタイリッシュだったのもポイント。

蛍光塗料のようなプレデターの血が周囲に飛び散りつつの夜の戦いは視覚的に美しかったです。

主人公・ナルがラストでプレデターを倒す際は、プレデターがハイテク兵器を使わないなど多少の忖度・ご都合主義もありましたが、全体を通して中弛みもなく十分楽しめました。

最初はピューマに苦戦していたナルは、後半になると自分を捕らえた白人たちを殺しまくるほど成長し、最後には兄・タアベの仇であるプレデターを倒してついに士族長に。

男性の中に生きる女性の物語はノイズにならず、主人公・ナルの成長譚として機能していたと思います。

考察(ネタバレ)

プレデターも試練の狩りの最中?

ナルがプレデターを追跡した理由は、ナルが兄・タアベのような一流の狩人として認められるための“試練の狩”のためです。

試練の狩りでは、少しでも油断したら自分が喰われるような獰猛な獲物を倒す必要があります。

ナルは無謀にもプレデターをその相手に選んでしまいました。

一方、プレデターも1人地球に降りたって、強敵を求めてクマなどと素手でぶつかり合っています。

シネマグ
強敵を求める習性のあるプレデターも、地球で試練の狩りの最中だったのかも。

プレデターに性別があるかどうかはわかりませんが、実は本作は女性戦士・ナル VS 女プレデターだったかもしれませんね。

感想を語る犬
ジャンル的にはフェミニズムアクション?

プレデター VS 人間の物語ではない

本作はプレデター VS 人間という単純な二項対立ではなかったのがよかったです。

ナルたちはピューマを追い、プレデターを追い追われつつ、白人たちともバトル。

一方、プレデターも蛇、クマなどを狩り人間だけをターゲットにしているわけではありません。

「北アメリカの森で一番強えやつは誰だ?」

人種だけでなく人間や動物も越えた枠組みでトーナメントが開催されたようなコンセプトが素晴らしいと思いました。

視点がフェアですね。

『プレデター:ザ・プレイ』ネタバレあらすじ解説

西暦1719年。

ネイティブ・アメリカンのナルは女性ながら、兄・タアベと同じような戦士になることを夢見ていた。

ある日、仲間のプヒがマウンテン・ライオン(ピューマ)に襲われる。

ナルはピューマがプヒを食べずに逃げたことから近くに他の獰猛な肉食獣がいると考えた。皮を剥かれた蛇の死骸もある。

ナルは兄・タアベと一緒にライオンを待ち伏せする。しかし追い詰められて木から落下してしまった。

兄・タアベはピューマを狩り、士族長の座を手にした。ナルは兄を羨む。

ナルは山の向こうにまだ獰猛な肉食獣がいると考え、部族の安全と自らに課した“試練の狩り”のために犬のサリイを連れて奥地へ。

ナルはクマに襲われそうになりビーバーの巣に逃げ込む。

そこへ透明のプレデターが現れ、クマを投げて刺し殺して血を飲んだ

ナルは川を下りなんとかプレデターから逃げる。

部族の仲間たちがナルを探しにくる。ナルは帰ることを拒み、殴り合いの喧嘩になった。

そこへプレデターが現れ、部族の男たちを次々に惨殺していく。

ナルは草むらに逃げるが、白人の罠に引っかかってしまう。狩る必要がないからといったふうに、プレデターはナルから離れて行った。

ナルは白人たちに捕まる。兄・タアベも捕まっていた

翌日、白人たちはナルとタアベを木に縛り付けて餌にし、プレデターを誘き寄せようとする。

プレデターが現れ、白人たちを次々に殺して行った。

ナルとタアベはなんとか逃げる。

ナルは白人の通訳を治療する過程で、オレンジの花を飲み込んで体温を下げればプレデターに気づかれないと気づく。

プレデターが迫るが、タアベが決死の戦いを挑んだ。

タアベはプレデターにダメージを与えるも死亡

夜の闇の中、ナルは白人の一人をおとりにしてプレデターを誘き寄せる。オレンジの花を飲んでいたナルにプレデターは気づいていない。

ナルは小銃でプレデターの頭にダメージを与えた。

ナルは斧でプレデターの腕を切り落とすなどダメージを与えつつ、沼に誘い込んで落とす

プレデターと主人公・ナルのラストの死闘

©︎ディズニープラス/Disney+

プレデターは追跡型の矢を発射。

しかしナルは、プレデターが落とした追跡装置の赤外線の照準をプレデターの頭部に合わせていた。

プレデターは自ら放った高速の矢に頭を貫かれて死亡

ナルは村に戻り、白人たちの脅威を伝える。

ナルは士族長に選ばれた。

『プレデター:ザ・プレイ』END!

最後のまとめ

映画『プレデター:ザ・プレイ』は、男性集団の中での女性の自立というテーマをベースに、大自然でのバトルを美しく描いた佳作。

とんでもない駄作だったらどうしようという不安もありましたが、シリーズに新たな息吹を吹き込んだ作品になりました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。レビュー終わり!

2022年公開洋画・関連記事

関連記事

映画『ムーンフォール』(Moonfall)は巨匠ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡ディザスター超大作!月が地球に降ってくるという破壊力抜群のアイデアを壮大な映像美で描き出しました!CineMagロー[…]

映画『ムーンフォール』