映画・ドラマの糸で人生の旗を彩る☆考察レビューサイト!

Netflix韓国映画『カーター』ネタバレ感想・ラスト結末考察,血だらけ脳筋(笑)キャストあらすじ評価

Netflix韓国映画『カーター』の感想や特徴をマインドマップでまとめ

Netflix韓国映画『カーター』(Carter)は、記憶を無くしたスーパーエージェントが追っ手を殺しまくる超ド級のバイオレンスアクション

CineMag
振り切っちゃった系の脳筋アクションざんまい映画!嫌いじゃねえぜ!

作品情報・キャスト、あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・評価カーターの正体やストーリーのラスト意味考察!

ストーリーネタバレあらすじ結末解説を知りたい人向けに徹底的にレビュー!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

Netflix韓国映画『カーター』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

Netflix韓国映画『カーター』作品情報・キャスト

公開・制作国・上映時間:2022/08/05・韓国・
原題:『 Carter』
ジャンル:アクション・スパイモノ
監督:チョン・ビョンギル(『悪女/AKUJO』)
脚本:ユン・ビョンシク/チョン・ビョンギル

監督のチョン・ビョンギルとユン・ビョンシクは兄弟で、映画『悪女/AKUJO』(2017)も一緒に作っています。

登場人物・キャスト紹介

登場人物キャスト
カーター

主人公カーターを演じる俳優チュウォン

モーテルで目覚めた記憶のないスーパーエージェント。耳に仕込まれた装置から指令が入ります。

チュウォン

(ドラマ『製パン王 キム・タック』)

ハン・ジョンヒ

カーターと関係のある北朝鮮の女性戦士。

チョン・ソリ
アグネス

カーターと関係のあるCIAエージェント。

カミーラ・ベル

(『紀元前1万年』)

ハナ

ビョンホ博士の娘でウイルスの抗体を持っている。

キム・ボミン
キム・ジョンヒョク(北朝鮮軍の中将)イ・ソンジェ
スポンサーリンク

あらすじ

Netflix映画『カーター』

©︎Netflix

感染すると身体能力が向上して暴走し、13日以内に死亡する前代未聞のウイルス変異株が発生。

韓国のチョン・ビョンホ博士はそのウイルスに感染した娘のハナの治療に成功し、ワクチンを作るために北朝鮮へ行く予定でした。

しかしハナは何者かに拉致されます。

そんな中、カーターは場末のモーテルで記憶を無くした状態で目覚めました。

部屋の中は血だらけです。

カーターは突入してきたCIAエージェントにビョンホ博士を拉致した疑惑をかけられます。しかしエージェントたちは爆弾で吹き飛びました。

耳に埋め込まれた装置から声が聞こえ、カーターはハナの救助へ向かいます。

果たしてカーターは何者なのか?敵は韓国か北朝鮮か…

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・海外評価

記憶を無くした男が刺客を殺しまくりながら少女救出の任務に挑む!

『ボーン・アイデンティティ』の韓国版みたいな作品です。

感想を語る犬
サスペンス要素もありつつ、とんでもアクションにどっぷり浸れる2時間。

ぶっちゃけストーリー性を重視する人には向かないと思います。

ただ荒っぽい破茶滅茶アクションの連続は見応えあり!

シネマグ
ライアン・ゴズリングの『グレイマン』とまではいきませんが、ありえないアクションをつまみにお酒を飲みたい人はぜひ!

主人公・カーターが日本のヤクザを刺しまくるなどグロいシーンも多いので、残酷なのが苦手な方は注意してください。

おすすめ度80%
アクション頑張り度95%
ストーリー59%
IMDb(海外レビューサイト)8.1(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)※随時更新批評家 %

一般の視聴者 %

※以下、『』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

Netflix『カーター』ネタバレ感想・評価

ワンカット風アクション

Netflix韓国映画『カーター』の評価は80点。頑張り過ぎのアクション込みです(笑)。

本作の魅力はなんといっても縦横無尽のワンカット風アクション

カメラが戦闘シーンをグルグル周り、主観・俯瞰の視点までせわしなく切り替わることで臨場感抜群でした。

「メタルギア・ソリッド」などのガンアクションゲームを夢中で2時間プレイした感じ。

カメラが後ろから迫って、追い越してから振り返り全体を写すワンカット風のアクション。

たまに繋ぎ方が若干カクカクしていて微妙なところもありましたが、細かいクオリティを追求するタイプの映画ではないのでご愛嬌でしょう。

またカメラが移動しまくることで、主人公・カータープラス味方の戦いという同時多発的なアクションが見られるのもポイント。

主人公・カーターだけでなく、少女・ハナや雑魚敵の視点まで盛り込むサービス精神も素敵でした。

アクションに振り切った男気(笑)

2時間のほとんどがアクションに費やされていました。

感想を語る犬
こんなアクションてんこ盛りの映画は初めて!

ブレインストーミング(集団発想法)で出たアイデアを1つも削らず全部詰め込んだみたいな、無理矢理感と気合いが感じられました。

飲み会で「オイラこんなアイデアありますぜ監督!」「そうか!採用だっ!」みたいな、制作現場の明るい雰囲気を想像してしまいます。

爆発やカーチェイスなど荒っぽいCG処理がされているシーンも多く、その辺りについては賛否両論になるでしょう。

アクションを種別でみていくと近接格闘のはわかりやすかったですが、中盤のカーチェイスやラストのヘリに宙吊りにされての戦いなど、何が起こっているかよくわからない上にリアリティもないシーンも多数

ずっと主観アクションが続くので、見ていて疲れるのもあります。

ただ、これだけたくさんのアクションを詰め込んでくれた心意気に免じて、これらの弱点を許してあげたい気持ちになりました。

ごった煮ストーリー

  1. 記憶を無くしたエージェント
  2. 死に至る前にゾンビっぽくなるウイルス
  3. 韓国と北朝鮮の争いに加えてCIA、北の反体制派

色々な要素の詰まったごった煮ストーリーでした。

基本的に脳筋アクションなのでなんでもアリなのですが、ウイルスに感染した人間がみな一様にハゲ散らかして、一生懸命追いかけてくる姿を見て笑ってしまいました。

各国のエージェントと戦いながらゾンビっぽい雑魚敵も現れるという、少し散らかった印象の物語。

感想を語る犬
映画『カーター』はストーリー面でも振り切ってますね。

後半でゾンビがカーターたちの乗った車を追いかけてくる際、雑魚ゾンビ(感染者)が何気にお互い銃を撃ち合って倒れ、結果カーターたちがピンチを脱するという爆笑ご都合主義展開も見逃せませんでした!

考察

カーターの正体は?

十字架の形に縫われたカーターの後頭部

©︎Netflix

ウイルスに乗じて北朝鮮や韓国を潰そうとしていた北朝鮮の反体制派の黒幕キム・ジョンヒョクとの回想シーンから、カーターは北朝鮮に亡命したと見せかけたCIAのスパイだとわかります。

アメリカで育ったカーターの本名はマイケル・ベーン。

スマホに送られてきたカーターの過去の動画に映っていた女性と、バスに乗り込んできたCIAの女性の顔が同じで、カーターは彼女(名前はアグネス)と恋愛関係にあったとわかります。

ストーリーを額面通りに受け取ると、カーターはCIAのスパイ活動で北朝鮮に亡命したフリをしたものの、妻ハン・ジョンヒと一緒になったことがきっかけで寝返った人物だといえるでしょう。

本当の記憶は謎!?

ただ1つ大きな謎が残っています。

なぜカーターが整形していたことをCIAのアグネスたちが知らなかったか?です。

反体制派ながら北朝鮮軍の中将であるジョンヒョクとの会話からすると、カーターは北に潜入前に整形していたはずです。

ならばCIAが整形させたと考えるのが妥当…。しかしアグネスたちは彼がマイケル・ベーンだと知りませんでした。

推測になりますがカーターはCIAの任務で北朝鮮に亡命すると見せかけて、CIAを裏切っていたのかも。

理由としては過去のトラブルがきっかけでCIAに命を狙われていたとかありそうですね。

もしくはカーターが第三の勢力と絡んでいたとも考えられます。

例えば中国政府です。

シネマグ
もしかすると妻ハン・ジョンヒは中国のスパイなのかもしれませんね。

そう考えると、ハン・ジョンヒが戻した記憶は都合のいい場面だけを切り取った偽りの可能性があります。

ラストで列車の線路が爆破したのも、北朝鮮や韓国を混乱させたい中国政府の仕業か!?

確定はできないですが、いろいろ想像がふくらむ内容でした。

斬新なワンカット風の記憶つなぎ

全体的に“ワンカット風”のシーンが多かったですが、終盤で森でカーチェイスしているときに過去の記憶まで一気にワンカット風で繋いでいたのが斬新でした。

(カーターの髪が長く、娘ユニの髪もあるので過去の記憶だとわかる仕掛けです。)

「ワンカットみたいなつなぎなら時系列は一緒やろ」という視聴者の固定観念を逆手に取った巧みな演出だと思いました。

映画『カーター』ネタバレあらすじ解説

カーターはあるモーテルで目覚め、CIAエージェントたちに取り囲まれます。

CIAはチョン・ビョンホ博士を拉致した動画にカーターが映っていた動画を見せますが、カーターは記憶の全てを失っていました。

耳に埋め込まれた装置から声が聞こえ、ウイルスの抗体を持つビョンホ博士の娘・ハナを救出するよう命令されます。

カーターは隣のビルへ飛び移ると、浴場にいたたくさんの日本ヤクザたちが襲いかかってきたので殺しまくりました。

耳から聞こえる音声の主は北朝鮮のハン・ジョンヒという女性。

カーターはジョンヒの誘導でハナが監禁されているビルにつき、CIAのエージェントなど襲いかかってくる敵を倒してハナの救出に成功。

そんな中、カーターのスマホにCIAの女性アグネスから動画が送られてきました。カーターはハン・ジョンヒが自分に嘘をついていると考えますが、またCIAエージェントたちに襲われたので結局ジョンヒを信用することに。

カーターはハナを連れて韓国と北朝鮮の合同兵が守る飛行機に乗り込みます。

しかし北朝鮮の人間の中に裏切り者がおり、飛行機では感染者が大暴れしてパニック状態。

カーターはパラシュートを奪い、なんとかハナと飛行機から脱出に成功しました。

カーターはウイルスに感染してゾンビのようになった人間たちに襲われつつ、なんとか北朝鮮軍のハン・ジョンヒと合流。

ジョンヒはカーターの妻でした。

北朝鮮の研究施設で、カーターたちは娘のユニと、ハナの父で研究者のビョンホを救出。

カーターはBD-7という薬で記憶を取り戻します。

北朝鮮軍の中将キム・ジョンヒョクとの取引で、娘の命と引き換えに記憶を無くして軍の機密情報を渡さない状態でCIAを誘き寄せ、ハナを連れてくる約束をしたことを思い出します。

カーターたちは車で逃亡し列車に逃げます。しかし、ジョンヒョクたちがヘリで追ってきました。

カーターたちはジョンヒョクらを倒し、列車でほっと一息つきます。

感染していた娘のユニも意識を取り戻しました。

しかし列車の線路が突然爆発!

韓国映画『カーター』END!

最後のまとめ

Netflix映画『カーター』は、とんでもアクションでお腹いっぱいの作品でしたが、素晴らしいアイデアも存分に堪能できました。

世間から受け入れられるかはわかりませんが、私としては振り切った系の本作を応援したいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。韓国アクション『カーター』レビュー終わり!

2022年公開ネトフリ韓国作品・関連記事

関連記事

Netflix韓国ドラマ『再婚ゲーム』。ハイクラスな結婚相談所を利用して夫を自殺に追い込んだ不倫相手に復讐する、上流階級のゴージャスな泥沼ストーリーです。『SKYキャッスル』の高級住宅街が超ハイクラスの婚活パーティーに変化し[…]

Netflix韓国ドラマ『再婚ゲーム』
関連記事

シネマグこんにちは。映画ライターのシネマグです。今回はNetflix韓ドラ『ペーパーハウスコリア 統一通貨を奪え』世界的大ヒットしたNetflixスペインドラマの韓国リメイク版についての徹底レビュー!すい[…]

Netflix『ペーパーハウスコリア 統一通貨を奪え』
関連記事

Netflix韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』はイカゲームでブレイクしたパク・ヘスが中国で超危険なミッションに巻き込まれるスパイアクション!タイトル的に任侠映画と思いきや韓国の特攻野郎Aチームが日本人をボコボコにするアクションの凡作[…]

Netflix韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』