『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』1話ネタバレ感想:相関図,つまんない!?酷評の理由,あらすじ

  • 2023年5月13日

ついに始まった予測不可能なサバイバルドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』。

主人公たちが乗った電車の車両がいきなり未来に飛んでしまう衝撃的な設に引かれて視聴。

第1話を視聴した感想をぶっちゃけます。

シネマグ
まだ1話時点なのでなんともいえませんが、申し訳ないですが酷評が多めです。

これから視聴する方の参考になるよう、作品についての視聴者口コミ・アンケートも投票お願いします↓

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』1話おもしろかった!?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

↓第2話・3話・4話の解説レビューは下記へ↓

関連記事

2023/04/28放送の『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』第2話のあらすじネタバレ解説、今後の展開や謎の考察をしています。 シネマグ エピソード2では話はほとんど進まず…。今後の展開がちょっと心配です。 […]

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』第2話
関連記事

2023/05/05放送の『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』3話のあらすじネタバレ解説!今後どうなりそうか考察・予想をしていきます! シネマグ 3話からちゃんとサバイバルドラマになってきてうれしいです!あっとお[…]

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』第3話,エピソード3
関連記事

2023/05/12放送された『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』4話のあらすじネタバレ解説、ぶっちゃけ感想、今後のストーリー考察の記事です。 シネマグ まさかの“あの人たち”登場でSFサスペンスの部分が盛り上が[…]

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』相関図・キャスト

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』相関図1
『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』相関図2

©︎https://www.tbs.co.jp/p_train823_tbs/chart/

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』第1話のあらすじ

美容スタイリストの萱島直哉(かやしまなおや/山田裕貴)、消防士の白浜優斗(しらはまゆうと/赤楚衛二)、体育教師の畑野紗枝(はたのさえ/上白石萌歌)たちが乗った8時23分発の列車が地震速報直後に線路から消失

直哉たちが車両から出ると、そこは深い森の中。周りには砂漠や崖しかない。水も食料も底をつきそうだ

サラリーマンの田中弥一(杉本哲太)は森の先の砂漠に3年後に完成予定のブルータワーが埋まっているのを発見。

落ちている空き缶などの情報から、車両は2023年よりも未来に飛ばされたようだ。乗客たちはパニックになる…。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』1話ネタバレ感想・評価

第2話でどんなドラマかの方向性が決まると思いますのでまだ判断できませんが、エピソード1時点では正直いってこのドラマを完走できる自信がありません

シネマグ
脚本も演出もリアリティがなく、不自然すぎます。

ちまたでは漂流教室っぽい!と言われている本作ですが、ワケアリな登場人物たちがいきなり知らない場所に飛ばされてサバイバルをする!というのは海外ドラマ『LOST』にも非常に近いです。

関連記事

LOST(ロスト)のネタバレあらすじを、シーズン1の1話〜25話まで記載。LOST(ロスト)は過去の回想が多いので、それぞれの登場人物の過去と現在にわけて書いている。ごちゃごちゃせず、読みやすくなっていると思う。 感想や考察も書いてい[…]

LOSTシーズン1

別に設定が『LOST』に近いのはいいですし、似たような設定の作品はたくさんあるので単なるパクリと非難するのは早計でしょう。

ただ、人生に葛藤を抱える登場人物たちが「ここでやれるだけやってみよう」というコンセプトまで『LOST』そのまんまなのが気になります。

山田裕貴演じる萱島直哉が「犯罪者かも?」と周囲に疑われる展開も『LOST』です…。

このコンセプトだと予算・ロケ地などの関係もあって『LOST』を超えるのはむつかしいでしょうし矮小版にしかならない気がします…。

あとは、第1話で気づいたらいきなり車両ごと森の中にいた登場人物たちが、お互い疑心暗鬼になったり、泣いたりする展開が早すぎると思いました。

食料を誰が盗んだとか、アイツはお互いを疑ったりするっていう心理状態って、列車が事故ったと思ったら森の中にいたという突飛なシチュエーションの割にはかなり冷静ですよね。

本当にそんな状況になったらパニックになる前に唖然として声も出ず、頭が真っ白になってしまうのでは?

夢か現実かもわからない状況(結局未来なんですけど)に放り出された感じがイマイチしませんでした。

あと気になるのは、邦画や日本ドラマでは毎度のことですが、乗客たちはほとんどが森の中を少しは歩いて探索したはずなのに、服が汚れている人、服が乱れている人が少なすぎます

感想を語る犬
臨場感がなくなっちゃうので服くらい汚しましょうよ。

服をレンタルしているから汚せないのでしょうか?その辺はお金をかけてリアリティを出すべきところでは?

百歩譲って服を汚さないように歩いてたとしても、髪型が崩れたり、顔が汗でベトベトになったりとかそういうのはメイクで再現できるはずなのでやって欲しかったです。1日風呂に入らなかったら、みんなもっと油ギトギトになるのでは

エピソード1の流れ的にはこの土地の謎やなぜ未来にきたかの理由を探りながら、これまで歩んできた人生の葛藤を誰かを助けることで解消する『LOST』っぽい感じになるのでしょう。

現在のサバイバルと過去の苦悩が交互に差し込まれる人間ドラマがメインで、SFサバイバル的なオチは大したことないかもしれません。

それでも人間ドラマにこれから見応えが出てきてくれればいいです。

ただ体の汚れをそれっぽくするなどその辺はなんとかしてほしいです。感情移入しずらいので…。

いろいろ文句ばかり書いてしまいましたが、第2話で全然評価が変わる可能性もありますし、あまりダメだと決めつけないようにしたいと思います。

考察:上白石萌歌が抱えていた赤ちゃん

1話のオープニングでは上白石萌歌さんが赤ちゃんを抱えていました。

まだ情報が少ないので推測も含みますが、今後の展開で上白石萌歌だけが現在に戻ることができて、現在で赤ちゃんを産んだ。でも父親の山田裕貴はまだ未来に残っているからその世界に戻ろうとしているのではないでしょうか。

電車の前で振り返ったのは、山田裕貴か赤楚衛二も知らないうちに現在に戻ってきててビックリ!みたいな感じかもしれません。