いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
Netflix映画『陰陽師:とこしえの夢/清雅集』

映画『陰陽師:とこしえの夢/清雅集』あらすじネタバレ解説,キャスト考察!時空を超えた禍蛇,芳月,鶴守月の愛の感想レビュー

2021年2月5日公開の Netflix『 陰陽師:とこしえの夢』(原題:清雅集)を鑑賞。

1986年に出版された 夢枕獏による原作小説を、中華版で映画化したもので、完成度が高くて大満足!

素晴らしい作品だったので、あらすじネタバレを解説し、感想評価考察を徹底的にしていく。

霊能妖怪バトルながら、ストーリーの美しさが際立った傑作!

スポンサーリンク

陰陽師:とこしえの夢/作品情報・キャスト

監督・脚本:グオ・ジンミン

原作: 夢枕獏

音楽: 川井憲次

出演者:マーク・チャオ(晴明)、ダン・ルン(博雅)、ワン・ツィウェン(芳月)、ワン・ドゥオ(鶴守月)、 ジェシー・リー(阿瀧)

陰陽師:とこしえの夢ネタバレ感想・評価/時を超えた愛と禍

鶴守月と芳月の死亡シーン

個人的な評価は88点くらい。

映像も素晴らしかったが、なによりストーリーの美しさが半端なかった(原作のよさも大きいと思うが)。

時空を超えた愛が禍(わざわい)を呼び、再び愛で解決するストーリーが本当に美しい。とっても感動できた。

『 陰陽師:とこしえの夢』のオチは、鶴守月=師匠・忠行の分身ということ。

鶴守月は忠行の 式神でありながら、若い頃の忠行の姿となり、芳月を愛し続けたいと願い、彼女もそれに応えた。彼女を天都へ縛りつけている禍蛇から解放して遠くへ行きたかったのだろう。

愛の暴走である。そして本物の忠行の死に際を見て、彼の意志を受け継いで禍を止める。

時がたっても忠行の芳月への想いは不変で、永遠の愛が浮き彫りになった印象だ。

時空を超えた美しすぎる愛の物語といえるだろう。

スポンサーリンク

陰陽師:とこしえの夢の徹底考察!

スポンサーリンク

すべてを知っていた師匠・忠行

芳月に語りかける師匠・忠行

忠行は死ぬ間際、晴明に語っていると見せかけて、そのセリフは芳月に向けられたものだった。

鶴守月は忠行の 式神なので、禍蛇を甦らせようとしているのも勘づいていたのだろう。

そして結末まで見据えて芳月に語りかけている。

師匠・忠行は最初から全て知っていたと考えると感慨深い

スポンサーリンク

未来と過去の忠行

鶴守月は、若い頃・過去の忠行だ。二人の忠行が恋人・芳月や弟子・晴明にそれぞれの意思を伝えているのだから、『 陰陽師:とこしえの夢』の カタルシスや感動は、映画『 バック・トゥ・ザ・フューチャー』のようなタイムトラベルものと近い

話の役割的には、忠行=マー ティーのパパ・ジョージなのだ。

古来の中国に想いを馳せられる

陰陽師:とこしえの夢で描かれる美しい中国の街並み

ポン・ジュノ監督の映画『オクジャ』を担当した韓国の制作スタジオ4th Creative Partyが特殊効果を担当している。

映像がとても美しかったし。古来中国の美しさが画面にめいいっぱい表現されいた。

昔の中国に行ってみたいなあ。と惚れ惚れする。

ネトフリ独占配信の霊能バトルアクション韓流ドラマ 『悪霊狩猟団:カウンターズ』と比べても、術などで特殊効果がバンバン使われていたが、違和感もなかった。

謎のラストシーンは 陰陽師2への布石

最後に寒そうな白装束の人間が映るシーンがあるが、映画『 陰陽師2』も制作予定らしいので、そこへ続くストーリーだろう。

ダン・ルンって 新木優子に似てない?

俳優ダン・ルン

博雅を演じた俳優ダン・ルンが、 織田裕二主演のドラマ『スーツ』などに出ている女優・ 新木優子にそっくり!似てるけど兄弟か親戚か? 新木優子は先祖が中国とかなのかなあ?

陰陽師:とこしえの夢/あらすじ完全ネタバレ解説

陰陽師:とこしえの夢あらすじネタバレ

オープニング:師匠忠行の戦い

オープニング

狐を母に持つと噂される 陰陽師・晴明(せいめい/演マーク・チャオ)は、いつになっても守護呪を使いこなせなかった。

ある日、最強最悪の怪物・禍蛇(かだ)の影が現れ、晴明の師匠・忠行(ただゆき)は 式神で立ち向かうが、毒矢にうたれて死亡。

晴明の師匠・忠行

晴明は死ぬ間際の忠行の命の通り、禍蛇の本体を封じる儀式に参加するため東の天都へ。なんと本体は、女帝の体に閉じ込められているらしい。

静雲台の術戦士で笛吹の博雅(ひろまさ/演ダン・ルン)が、盗みを働いただけの妖魔・ 殺生石(さっしょうせき)を殺そうとしていたので、晴明が止める。 殺生石は感謝し、晴明の 式神となった。

祭天大典の波乱の幕開け

4人の陰陽師と芳月

禍蛇を封じる4人の神、青龍・白虎・朱雀・玄武を甦らせる儀式・祭天大典がはじまるが、老術師・ホンルオが殺さて波乱の幕開けを迎える。

博雅や女性術師・阿瀧(アーロウ)は街の妖魔を狩り、その魂を神の像に捧げて力を甦らせた。

晴明は、祭典をまとめる術師・鶴守月(かくしゅげつ/演ワン・ドゥオ)が、師匠・忠行の 式神であると知り、驚く。その後、女性公主(演ワン・ツィウェン)に取り憑いた 寄生虫の妖魔を退治。その力で青龍の像に力を与える。

公主と鶴守月を虫を使って監視し、秘密を知った阿瀧は髪の毛の妖魔に殺されてしまう。晴明は彼女の死に際に、公主が犯人だと聞かされる。

阿瀧の死亡シーン

博雅が鶴守月の術で密室に閉じ込められて死にそうになり、晴明はなんとか移動の術式で助け出した。

禍蛇の復活と公主の過去

巨大な禍蛇に乗った鶴守月と芳月

鶴守月が担当していたはずの朱雀は力を持たず、実は女帝であった公主から禍蛇が生まれて超巨大化。鶴守月と公主は禍蛇に乗り、天都を出ようとする。公主は街を破壊してしまうことに落胆し、鶴守月を抱えて一緒に飛び降りるが、禍蛇に飲み込まれる。

晴明が師匠から受け継いだ 式神、雪天狗(ゆきてんぐ)、狂画師(きょうがし)、そして 殺生石が立ち向かっていくが、鶴守月と禍蛇に倒されて消滅してしまう。

博雅は自らの身をとして朱雀の力を甦らせ、そして朱雀と一体化して晴明の 式神となり、禍蛇の力を得た鶴守月と死闘を繰り広げる。晴明は移動術式で禍蛇の体内に入り、そこにいた公主に師匠・忠行の死に際の映像を見せた。

公主は芳月(ほうげつ)という名前で、昔人魚の肉を食って不老不死となった人物だった。以前、忠行と恋仲だったのだ。映像の中の忠行は芳月に語りかける。

禍蛇のことを知った忠行は、強力な 式神・鶴守月を作って芳月を守るように言い、彼女のもとを去った過去があった。

忠行の想いを受けとった芳月は、晴明と共に禍蛇の体内から出る。

鶴守月と芳月の悲哀

晴明が師匠から受けついだ刀・芳月(師匠が昔公主・芳月からもらったもの)を博雅にわたし、博雅はそれに念力をこめて鶴守月に向かって放つ。

地上にいる芳月は、鶴守月の暴走を止めようと自らの首を刀で切り命を絶った。それを見た鶴守月は混乱して刀・芳月を胴体に受ける。

禍蛇は崩れる瞬間毒の矢と芳月(刀)放ち、晴明は博雅の体を守るため守護呪を発動した。芳月(刀)で鶴守月を倒す。

守護呪を発動した晴明

鶴守月は、倒れている芳月の手を取って死んでいく。

すべてが解決し、舟で故郷に帰る晴明を、博雅が笛を吹いて名残惜しく見送った。

山奥で、白装束の人間が目覚めようとしている。

『 陰陽師:とこしえの夢』END!

こちらもおすすめ関連記事



こちらもおすすめ!2021年公開の Netflixオリジナル映画を解説した記事など

cinemag-eiga.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com