ひどい駄作『真夜中乙女戦争』ネタバレ考察!感想・ラスト感想,酷評!キャスト印象,クソ映画あらすじ解説

映画『真夜中乙女戦争』(まよなかおとめせんそう)は同名人気小説を実写化して爆死した残念な超絶駄作!

CineMag
ファイトクラブの劣化版。ポエムで済ませろレベルのやらかし案件です。1番共感できた人物はババア教授でした。

(全体的に酷評ですいません。他人に厳しい性格なのもので)

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころ、ぶっちゃけ感想・酷評ラストシーンのメタ考察大学生というより小学生の物語を読みたい人向けに映画を徹底レビュー!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目からどうぞ)

作品についての視聴者アンケートも投票お願いします↓

実写化映画『真夜中乙女戦争』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『真夜中乙女戦争』作品情報・キャストと演技の印象

公開・制作国・上映時間:2022/01/21・日本・113分
英題:『The Midnight Maiden War』
ジャンル:青春・不条理サスペンス
監督:二宮健 
脚本:二宮健 
原作:F 著「真夜中乙女戦争」
主題歌ビリー・アイリッシュ 「Happier Than Ever」

映画 真夜中乙女戦争の登場キャラ・キャスト

私|cast 永瀬廉(King & Prince)→大学生というか厨二みたいなキャラで説得力皆無

先輩|cast 池田エライザ→ミステリアスさがイマイチ…

黒服|cast 柄本佑→おっさんのくせに(30代)大学にいるのがただ違和感

スポンサーリンク

『真夜中乙女戦争』あらすじ・見どころ・海外評価

映画『真夜中乙女戦争』

©︎映画『真夜中乙女戦争』製作委員会

あらすじ:地方から東京の大学に入学した(永瀬廉)は、家庭教師の仕事をクビになって家賃が払えなくて絶望。そんな中、かくれんぼサークルの先輩(池田エライザ)と出会う。学校ではところどころでボヤ騒ぎがおき、私は黒服(柄本佑)が灰皿スタンドにガソリンを入れているのを発見。私は黒服に惹かれ、彼のアジトへ。そこでいろいろな映画を見ながら、この狂った文明社会を終わらせようと語り合うが…。

全編通して狂ったポエムをつぶやかれるかなりの駄作。B級マニア以外にはおすすめできません…。

2022年作品では三木聡監督の『大怪獣のあとしまつ』と同じくらいのクソ映画です…。

感想を語る犬
110分間もの時間を無駄にしてもOKな心に余裕がある人向け
おすすめ度15%
世界観40%
ストーリー30%
IMDb(海外レビューサイト)4.6(10点中)

※以下、映画『真夜中乙女戦争』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『真夜中乙女戦争』ネタバレ感想・酷評

映画『真夜中乙女戦争』の評価は28点。ポエムで4〜5行にまとめて欲しいレベルでした。

なんか見たことあると思ったら、ファイトクラブの超絶劣化版ですねコレ。社会人を大学生に変え、結末をちょっと変えたみたいなイメージでした。

冒頭の意味不明なポエムから、何もかもがイタいです。青春独特のイタさではなく普通にイタい…。

この映画はあと110分」というメタ的なモノローグもあいたたた。映画自体が超つまらないせいで、このモノローグが視聴後の感想ネタバレみたいになってます。

CineMag
これが構造的な仕掛けだとしたら、なかなか上手いです!作品のクオリティを犠牲にしてギャグをぶちかましに行ってます。

本作を繰り返し見る拷問が成立するレベルのイタさ。2回視聴できる人は日本広しといえどもそうはいないでしょう。

永瀬廉演じる主人公が先輩の未来を言い当てるくだりがありましたが、主人公は視聴者に対しても「つまらな過ぎて110分後にプンプン怒るよ」と予言していたのでしょう。

冒頭から結末まで、展開のすべてに入り込めませんでした。

Netflix批判もダサいし、怒号が飛び交う花出荷工場での集団バイトも滑ってます。

感想を語る犬
そもそも、朝まで働いて6000円ならコンビニでバイトしたほうが稼げるのでは? 主人公はなぜ大学に合格できたのでしょう。知能的には大学進学を諦める側のはずです。

あと黒服も映画大好きなくせに「人類史を石器時代に戻す!」とオラついています。石器時代に映画ないですけどいいんですか?

CineMag
とりあえず社会のシステムを破壊したいのはわかりますが、くだらない疑問がノイズとして次から次へと湧いてきました

くだらない疑問を解消するには、キャストの演技力で少々強引に説得力を持たせるしかありません。正直、永瀬廉さんと池田エライザさんはキャスティングミスかなあ…と思ってしまいました。

スポンサーリンク

ラストシーン考察(ネタバレ)

デヴィッド・フィンチャーの名作『ファイトクラブ』によく似たプロットだと考えれば、東京が爆発して終わるラストは狂った主人公の妄想だった!という解釈もありでしょう。

黒服が主人公のもう1つの人格だったと考えるのもあり。

ただ土台となる物語がとっても面白くないので、正直多様な解釈で意味づけして記憶に刻みたいというポジティブな気持ちは生まれません

話は変わって、終盤の主人公と先輩がラブホテルでタラタラ話すシーンでは、もし立ち止まって生き方を見直せる世界線のヴィジョンとして、みんなマスクをつけていました。

コロナ禍で価値観を問い直すキッカケがなければ、社会は破滅に突っ走っていただろうというメッセージだと思います。

感想を語る犬
この現実の厄災を映画に結びつける手法もありがちだし説教くさいし。そもそもコロナ禍を経てこの作品が生まれたとすれば、僕らはクソ映画大国日本というディストピアから抜け出せてません…

本作のクオリティが残念だったことで、コロナ禍でも人類は変われなかったという真逆のメッセージに変換されました

コロナと駄作邦画の問題に追い詰められた日本の現実を突きつけられ、いろんな意味で胸が締め付けられました。

考察:大学生というより小学生(ネタバレ)

「シェイクスピアを学んでも意味ねえ。1講義当たりの金銭的な価値は3000円だからそれ以上の講義をしろ」と自慢げに語る主人公。

文学の価値を金銭で図ろうとする思考回路で、“文学のいい授業”が判断できるわけありません。

CineMag
ババア教授が可哀想です。コーヒーをぶっかける彼女の気持ちに共感してしまいました。まずはババア教授の爪の垢を煎じて飲んでください。

人間的に底が浅すぎですし、個人的に近づきたくない功利主義的な考えですが、まだ主人公は大学1年生なのでニヒルに構えるのもギリギリ許せます。

全てに意味がないという強烈なメッセージをぶちかましてやる!というコンセプトだとは思うのですが、主人公は文学はだめでも映画は楽しく見れちゃう派

ここから読み解けるのは、全ての価値観を否定したい衝動より、主人公に本を読む能力がないことです。

社会を転覆させたい大学生の設定には知能がかなり足りていない、ただダサくて魅力のないキャラクターです。

この主人公は“腐った社会システム”に参加している池田エライザ演じる先輩に共感を寄せます。

先輩にニーチェの話をされたり、「頑張っている人は倒すべき悪?」と浅い問いを投げかけられたりして心を揺さぶられます。なぜでしょう?池田エライザだからです。

一方で、ババア教授には「シェイクスピアには意味がない!」と猛抗議。

ニーチェやシェイクスピアうんぬんでなく、実際は女性の顔面と年齢と胸の大きさが判断基準なのでしょう。

感想を語る犬
絶望し葛藤する大学生というより、恥ずかしい中二の黒歴史的な言動です。

そんな彼が謳う社会転覆は、小学生が宇宙飛行士になりたいと口にするようで、シリアス感ゼロ。賞味期限のブロッコリーでも食っとけよ。

全体的に、凄みのない主人公のせいで「腐った社会システムとそれに加担する人間を破壊する」という流れに苦笑いしか出来ませんでした。

最後のまとめ

映画『真夜中乙女戦争』は、小説には向いている抽象的なストーリーを映画化して爆死した超駄作です。

製作側は「コロナのテーマを盛り込めばイケる!」とでも思ったのでしょうか?

CineMag
小説の実写化って難しいですね…。耳を澄ますとコンテンツのレクイエムが聴こえてきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。映画『真夜中乙女戦争』レビュー終わり!

2022年公開邦画の駄作・ネタバレ感想・関連記事