映画『呪術廻戦0』ネタバレ考察!恐怖のリカちゃんメタファー解釈!劇場版評価・あらすじ伏線解説

映画『呪術廻戦0』は、乙骨憂太と里香(リカ)ちゃんの絆を描いたコミック0巻「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」を、劇場版ならではの圧倒的迫力で完全再現

CineMag
映像化したリカちゃんの迫力がすごく、切な過ぎるストーリーに引き込まれる一方、個人的には期待を超えてくる傑作とまではいきませんでした。

ネタバレ感想・評価里香ちゃんのメタファー考察ラストの五条のセリフ解説ストーリーネタバレあらすじを知りたい人向けに記事をまとめています。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです)

映画『呪術廻戦0』の口コミ評価投票結果

映画『呪術廻戦0』キャスト・作品情報

公開:2021/12/24〜
監督:朴 性厚
脚本:瀬古浩司
原作:芥見下々「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」
制作:MAPPA
キャラデザイン:平松禎史

キャラ相関図

映画『呪術廻戦0』キャラクター相関図

引用元

あわせて読みたい

漫画やアニメで人気の『呪術廻戦』の登場キャラクターを徹底解説! 身長・誕生日・年齢・声優 キャラの性格や概要 死亡シーン 術式や技について、わかりやすくまとめています!個性的な呪術廻戦のキャラを網羅し[…]

呪術廻戦の呪術師・羂索(けんじゃく)

映画『呪術廻戦0』キャラ・声優一覧

乙骨憂太|CV:緒方恵美(『エヴァンゲリオン』シンジ役)
祈本里香|CV:花澤香菜
禪院真希|CV:小松未可子
狗巻棘|CV:内山昂輝
パンダ|CV:関智一
五条悟|CV:中村悠一
夏油傑|CV:櫻井孝宏
夜蛾正道|CV:黒田崇矢
伊地知潔高|CV:岩田光央
ミゲル|CV:山寺宏一
枷場菜々子|CV:松田颯水
枷場美々子|CV:松田利冴

劇場版・主題歌はKing Gnuの「一途」

激しいテーマソング「一途」。レッチリの曲を複雑にしたような疾走感のあるナンバーですね!

劇場でエンディングでかかったのもKing Gnuの「逆夢」。メロディが個性的で切ない!コード進行に凝った素晴らしい楽曲でした。

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

あらすじ:小学校の頃の彼女で事故死したリカちゃんに取り憑かれている乙骨憂太。リカちゃんの暴走による社会への被害を危惧した呪術界は乙骨の死刑を決めますが、五条悟は自分が面倒を見ると言いました…。

呪術廻戦のファンの間でも絶賛されている、虎杖悠仁が主人公の本編の前日譚を描いたコミック0巻の内容が完全再現されています。

難しいストーリーではないので、0巻を読んだことがない人や、そもそも呪術廻戦を知らない人が見ても楽しめるでしょう。

劇場特典で0巻ストーリーのネームが入った呪術廻戦0.5巻がもらえたのも嬉しかったです。

ただ、すでに漫画やアニメ版を見ている筆者としては、予想を超えるようなクオリティではなかったというのが正直なところ。

あわせて読みたい

漫画『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』の0巻〜最新17巻までの、各巻ごとのあらすじネタバレまとめです。よく練られた能力バトルモノで、キャラも展開も最高!鬼滅の刃を超えるかも!単行本のストーリーの流れを、各巻ごとに読みやすい文[…]

呪術廻戦0巻
おすすめ度83%
切なさ86%
ストーリー84%
IMDb(海外レビューサイト)8.6(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)※随時更新批評家% 一般78%

※以下、劇場版『呪術廻戦0』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『呪術廻戦0』ネタバレ感想・評価

映画『呪術廻戦0』評価グラフ

 

劇場版『呪術廻戦0』の評価は83点。

コミック呪術廻戦0巻のメッセージ性が強いストーリーを完全に再現していて見応えがありました。

一方で、そもそも呪術廻戦はアニメ版が素晴らしすぎるので期待値が上がりすぎていたせいか、物足りなさもありました。

戦闘での動きなど劇場版がアニメを超えてくるか?と思いきや、正直そうでもなかった印象です。

演出も0巻そのまま再現した箇所が多く、0巻を読んだ時の感動を超えるか?と考えても微妙。

原作と比較すると五条とミゲルの戦闘や、東堂など百鬼夜行での戦いがプラスされていましたが、尺的にもオマケ感が強かったです。

例えば『鬼滅の刃劇場版 無限列車編』の場合、コミックの絵をはるかに超えるような描写や演出でストーリーを膨らませていましたが、それと比較すると「呪術廻戦0巻を劇場版ではこういう風に解釈して再現したんだ」という驚きが少なかったです。

話はわかりやすいですが、子供でもわかる勧善懲悪ではないこともあり、鬼滅の刃の映画ほどヒットすることはないでしょう。

なんか酷評になってしまいましたが、『劇場版 呪術廻戦0』は期待値を上げすぎなければ普通に良作だと思います。

考察:りかちゃんのメタファー/乙骨と五条の孤独

愛する者を一瞬で奪われる悲しみ

映画『劇場版 呪術廻戦0』の里香ちゃん

劇場で見た里香ちゃんは迫力がすごくて、怖いほどでした。ひずんだ声にもビビりましたね。声優・花澤香菜さんはあの声をどうやって出しているのでしょうか?ダミ声+エフェクト加工ですかね。プロはすごいです。

里香ちゃんの正体は乙骨自身の呪いであり、「愛ほど歪んだ呪いはない」という五条のセリフが伏線となっています。

里香ちゃんは愛する者を一瞬で奪われた行き場のない悲しみのメタファーといえるでしょう。

CineMag
里香ちゃんの禍々しい姿は、愛する人を失った人の心模様を具現化しているようで、心が締め付けられました。

呪術廻戦0巻が名作たる所以も、怒り・悲しみ・不条理との葛藤などのドス黒い感情をコントロールできなければ他者を傷つけてしまうとメタ的に表現していたからだと思います。

無垢な少女を醜い怪物に変貌させた呪いという形で、負の感情には取り返しがつかない側面があると視聴者に徹底的に突きつけていました。

また、作者の芥見下々先生が宮城県仙台市出身なこともあり、里香ちゃんは2011の東日本大震災の失望のメタファーになっているのかもしれません。

一見シンプルなストーリーである『呪術廻戦0』がはらんでいる狂気は相当であり、人の心を打つ理由がわかります。

乙骨と五条の対比

乙骨に自分を重ねた五条

五条はなぜ死刑宣告された乙骨を助けたのでしょうか。

罪のない乙骨の殺害が主義に反するのは前提としてありますが、乙骨に自分の姿が重なって見えたというのが1番の理由だと思います。

五条はその強さゆえに孤独です。唯一分かり合えた親友・夏油傑は数年前の天内理子を守る任務で正義を見失って暴走してしまいました。

自分と同じく孤独だった乙骨を助けずにはいられなかったのでしょう。

さらに乙骨≒五条だとすれば、里香ちゃん≒夏油の存在も対比で浮かび上がってきます。

里香ちゃんと正しく別れられた乙骨、夏油を正しく導けなかった五条というコントラストが素晴らしいです。

CineMag
乙骨と里香ちゃんの別れの裏で、五条による夏油の殺害(別れ)が描かれていて感慨深かったですね。

里香が放ったのは(むらさき)?

原作漫画ではわからなかったですが、里香ちゃんが夏油に放った一撃は、五条先生の必殺技嘘式・茈(むらさき)のようでした。

乙骨憂太は相手の能力をコピーできるチート能力を持っています。

五条先生の親戚だということも判明しましたし、乙骨も五条と同じく無下限呪術を使えるのかもしれませんね。

CineMag
乙骨は今後のコミックスのストーリーで茈を使うかも!

五条悟が夏油へ送った口パクセリフの内容

ちなみに五条が夏油傑に最後に言った言葉は、確定ではないですが

「僕の親友だよ たった1人のね」©︎呪術廻戦0巻 芥見下々/集英社

だと言われています。

劇場版でも五条の最後のセリフだけ口パクになっていて、その後に夏油が「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」と言っていたので、原作漫画と同じセリフでしょう。

CineMag
五条と夏油の切な過ぎる友情がうかがえる感動の名シーンですね。

↓映画『呪術廻戦0』のあらすじ・ラスト結末解説は2ページ目へ↓