いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
ゲーム・オブ・スローンズシーズン4エピソード1

かわいいアリア・スタークちゃん復讐開始!ゲーム・オブ・スローンズシーズン4エピソード1【二本の剣】感想

ゲーム・オブ・スローンズシーズン4エピソード1【二本の剣】(原題:Two Swords)を見終わった。

今回もまた、各国の情勢中継的な感じ。

アリアちゃんがまた殺しに手を染めたのと、ジェイミーが40歳だとガキんちょジョフリー王(実の息子)にバカにされていたのが印象的な回だった。

(GOT前話のあらすじ解説↓)

cinemag.hatenablog.com

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズシーズン4エピソード1【二本の剣】あらすじネタバレ

あらすじネタバレ1/親父に勘当されたジェイミー

タイウィンは鍛治職人に命じ、ロブが持っていた剣を溶かして2本のヴァリリアの剣を作った。

ジェイミーはそのうちの1本を譲り受ける。そしてタイウィンから、もう王の盾(キングズガード)は辞めてキャスタリーロックの城主になってくれと言われた。ジェイミーは王の盾を続けると固い意志を示すと、タイウィンから勘当されてしまう。

挙式の警備の相談中、ジョフリーは40歳で右手も無くしこれから何ができるのか?とジェイミーを嘲り笑った。さらにジェイミーはサーセイからも、帰るのが遅すぎたと言われてしまう。

ジェイミーとサーセイ ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

ラニスター家と中の悪いドーン人のオベリン・マーテル王子が、ジョフリー王の挙式に参列するため、キングズランディングに到着。彼は実の姉をラニスター一族に殺されたことで恨みを持っていた。

オベリン王子/ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

ティリオンは、娼館でラニスターの人間の腕にナイフを突き立てているオベリンを発見。挨拶をする。

ティリオンとブロン ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

シェイは、ヴァリスにダイヤを渡させて、自分を遠くに引っ越しさせようと仕組んだとティリオンを責める。ティリオンは知らなかったと弁解。一連の言動を影で聞いていた召使が、サーセイにシェイの件を報告。

騎士からピエロに格下げされたドントス・ホラードは、サンサのおかげで王の命名日に処刑を免れたと、彼女に一族に代々伝わる青色の石のペンダントを贈呈した。

ブライエニーは、かつて使えていたマージェリーオレナに挨拶をする。

スポンサーリンク

あらすじネタバレ2/カーセルブラック

イグリットが放った矢は急所を外れており、ジョン・スノウはすぐに歩けるようになっていた。

エイモンたちに呼ばれ、審議会が開かれる。ジョンは、クォーリンを殺して野人たちと行動したのは彼の作戦だったと話すが、信じて貰えず処刑されそうになる。

エイモンだけは真実を見抜き、ジョンは不問となった。

一方トアマンドは、もしジョンが生きていたらお前がわざと外したということだとイグリットに話す。

しばらくすると、マンス・レイダー軍の仲間であるゼン族が現れ、仕留めたナイツウォッチの人間を焼いて喰い始めた。

スポンサーリンク

あらすじネタバレ3/アリアちゃん、ニードルでぐさっと刺す

アリアとハウンド/ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

ハウンドと行動を共にするアリアは、ある宿でナイツウォッチのヨーレンの一団を襲ったポリヴァーを発見。

アリアから盗んだニードル(剣)を腰に下げている。

ハウンドとアリアが宿に入ると、ポリヴァーの一団は宿の女性に乱暴を働こうとしていた。ポリヴァーが軽々しく話しかけてきたので、ハウンドがブチ切れ大乱闘に発展。

ハウンドは多人数を相手に苦戦するが、アリアが隙をみて敵の1人に剣を深々と突き刺し、さらにポリヴァーを後ろから斬りニードルを奪い返す。そして彼を正面から見据えながら喉にニードルをゆっくりと突き刺した。

スポンサーリンク

あらすじネタバレ4/ドラゴンが反抗期

ドラカリス ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

ドラゴンは順調に大きくなってはいるが、ときどきデナーリスに向かって吠えるなど、言うことを聞かないことが増えてきていた。

デナーリスとドラゴン ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

セカンド・サンズの傭兵部隊を引き連れ軍に加わったダーリオは、デナーリス花を贈る

一団がミーリーンという土地を目指して進んでいると、道に里程標識として少女奴隷たちの死体が縛り付けられていた。

アリアの復讐する姿が可愛い

アリア・スターク ゲーム・オブ・スローンズシーズン4第1話【二本の剣】

こういう意見は倫理的にどうなのか?とも思うが、アリアが次々と復讐をしていく姿がなんか健気に見えてしまう。

相手を殺すときに、ちょっと表情が緩むのが面白い。

「ちょっといじめられたから、強く殴り返してやった」くらいの感じにしか見えないのだ。

少女ながら殺しにまったく抵抗を持っていないサイコパスな感じが個性的で素晴らしい。

シーズン4-1話ネタバレ感想/キャトリンが死んだ割にブライエニーは元気

キャトリンが死んであまり日数が経っていないはずなのに、ブライエニーからは悲しんでいる様子が見受けられない。忠誠を誓っているのだから、主君が死んだら喪に服すとかありそうだけど、そんな様子がまったくないのだ。

元主君であるレンリー公が死んだときも、すぐにキャトリンに乗り換えていたし、ブライエニーは意外と切り替えの早いタイプなのかもしれない(笑)。

ジェイミーとは、すっかりマブダチみたいな感じになっている。

そんなところも含め、大柄で強くて純粋なブライエニーは好感が持てるキャラクターだ。

シーズン4第1話のジェイミーが可哀想

ジェイミーはジョフリーにバカにされたり、サーセイに遅すぎた…と嘆かれたり、タイウィンに勘当されたりと、せっかく帰ってきたのに散々な扱いを受けていて可哀想だ。

「俺はお前の親父だぜ!」っジョフリーに暴露したったらいいのに(笑)。

ってゆうかジェイミー40歳なんだ。サーセイも40歳か。

思っていたより年上だ。そうするとティリオンは37〜38歳くらいか?まあでも、人間に深みが出てくるのは、これくらいの年齢なのかもしれない。

ゲームオブスローンズ4-1の次の話

cinemag.hatenablog.com

こちらもおすすめ関連記事