いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
ゲームオブスローンズGOTシーズン1エピソード5【狼と獅子】

ライサの授乳が狂気!ゲームオブスローンズGOTシーズン1エピソード5【狼と獅子】ネタバレ感想・解説

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1エピソード5【狼と獅子】( 原題:The Wolf and the Lion)を見終わった

この回は、血を見る激しい戦いのシーンも多かったし、キャトリンの妹・ライサというヤバイやつ出てきたし、他にも花の騎士・ロラスとかいう変なイケメン出てきたしで、めちゃ楽しかった。

そして小鬼・ティリオンの戦いっぷりも堪能できた。

(前回の話の解説↓)

cinemag.hatenablog.com

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1登場人物相関図

シーズン1第5話のあらすじネタバレを読む前に、登場人物の関係を相関図でおさらいしましょう!

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1登場人物相関図

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1エピソード5あらすじネタバレ解説

スポンサーリンク

ネタバレ1:狼と獅子が袂を分かつ!

ネッドは歴戦の勇士バリスタン・セルミーに、生前のアリン公の従者だったヒューについて尋ねるが手がかりは出ない。

御前試合がまた始まりヒューを殺したグレガーが、端正な顔立ちの花の騎士、ロラス・タイレルと勝負。ロラスはグレガーを馬上から突き落として試合には勝つが、グレガーが怒り、一時乱闘騒ぎとなった。

宦官のヴァリスはネッドに、ジョン・アリンを殺したのはライスの涙という証拠の残らないだと語る。

アリアは猫を追いかけて、王宮の地下ダンジョンへ。そこで大きなドラゴンの頭蓋骨を発見。怪しい男が2人通りかかり、父・ネッドを殺す企みを耳にした。

ロバート王は会議を開き、戦争を回避するためドスラク人の子を孕んだデナーリスを殺す計画を提案。ネッドは猛反対し、王の手を辞することになった。

ロバート王は王妃サーセイに、ネッドの妹・リアナが忘れ難い存在だったと語る。

スポンサーリンク

ネタバレ2:ネッドVSジェイミー

ロラスは、ロバート王の弟レンリー・バラシオンと恋愛関係にあり、君が王になれとレンリーをそそのかす。

キングダムランディングから去ろうとしていたネッド。しかしジェイミーが、キャトリンが弟のティリオンを捕虜にしているという情報を聞きつけ激怒。

ジェイミーは、ネッドの部下・ジョリーを刺し殺し、ネッドに向かっていく。しばらく2人の一騎討ちが続いたが、ジェイミーの部下がネッドの大腿部を槍で貫く。

ネッドを取り囲むジェイミー

ネッドは出血多量でその場に倒れこんだ。

ネッド・スターク ゲーム・オブ・スローンズ1

スポンサーリンク

ネタバレ3:10歳の息子に授乳をするライサ

キャトリンは追っ手を巻くため、ウィンターフィルに帰るとみせかけて、自身の妹で、殺されたジョン・アリンの妻ライサがいる高巣城(アイリー城)へ向かう。

ティリオンは道中、自分の短刀を雇った殺し屋に持たせるバカがどこにいると正論を口にした。そんなとき、キャトリンの一団は賊徒に襲われてしまう。部下たちが必死に応戦するが、キャトリンに大柄な敵が襲いかかった。

間一髪、縄を解かれていたティリオンが敵を倒し、キャトリンを助ける。

一行はアイリー城へ到着。ライサは玉座に座り、10歳になろうかという息子・ロビンに母乳を与えていた。彼女はティリオンを連れて来たことに激怒。

ティリオンは、城の最下部にある通気口の牢屋に入れられる。前面だけ壁がなく、ティリオンは地上数百メートルという高さから下の森を見下ろした。

ー ゲーム・オブ・スローンズシーズン1第5話【狼と獅子】完 ー

GOTシーズン1第5話はティリオンが大活躍!

ティリオン

ティリオンがやってくれた、自分を捕縛したキャトリンを助けるというファインプレー。しかも、盾で相手の顔を何度も潰すという力技。

自分を捕らえた人物を助けるなんて背が低くても懐は大きい。やっぱりティリオンは興味深い人物だ。

これから彼が、ゲーム・オブ・スローンズでどんな活躍を見せるか楽しみ。

武力がモノをいう乱世に置いて、彼のような人材が一番貴重だろう。

GOTシーズン1第5話ネタバレ感想!ライサという女の授乳シーンがヤバすぎる

シーズン1の第5話は、ゲーム・オブ・スローンズの狂気が垣間見えた回であった。その最たる要因がライサという女性。

キャトリンの妹なんだけど、夫のジョン・アリンが殺されてから精神が不安定なのか、玉座で小学生くらいの子供ロビンに母乳を与えている。しかもティリオンやキャトリンの部下がいる目の前で。

狂っているとしか表現しようがない。

子離れさせない正真正銘のグズ親である。そしてやはり、子どものロビンの性格も捻じ曲がっているようだ。

ただ、この演出は狂っているという意味では素晴らしい!現代の感性とずれまくりで、なんか芸術的な狂気を感じるのだ。

ゲーム・オブ・スローンズの狂気はここから激しさを増していくのだろう。

ゲーム・オブ・スローンズで女性同士の嫉妬合戦をもっと見たい

サーセイ王妃

今のところの感想なんだけど、ゲーム・オブ・スローンズで女性同士の嫉妬合戦をもっと観たいという気がする。

今のところ、女性VS女性という構図はまだない。

男性たちが戦争や決闘などに燃える中で、女性たちは裏で嫉妬や引き摺り下ろし合戦をする!という展開。

女性は家の中にいろ、という差別的な発言ではなく、ビリー・ワイルダー監督の映画『イヴの総て(1950)』で表現されているような、女性の嫉妬が渦巻く世界のサスペンスを描いて欲しいのだ。

まあ、『デスパレードな妻たち』みたいな感じと言ったほうが、今風でわかりやすいだろうか。

とにかく、女性と嫉妬や小競り合いはとても見応えがある。ある意味芸術なのだ。

ゲームオブスローンズシーズン1 次の話

cinemag.hatenablog.com

こちらもおすすめ関連記事