いつもお疲れ様です。ごゆっくりどうぞ〜♪
チェンソーマン

チェンソーマン全巻あらすじネタバレ【漫画1〜11巻】第1部公安編の内容まとめ解説!マキマの正体の感想

異色のスプラッター少年漫画『チェンソーマン』。

第一部の公安編1巻〜11巻のネタバレをまとめてみました。

論理では測れない!不思議な魅力のあるチェンソーマンのストーリーの流れ・内容を復習しよう!

スポンサーリンク

チェンソーマン1巻「犬とチェンソー」あらすじネタバレ解説

チェンソーマン1巻「犬とチェンソー」

デンジはヤクザの下働きとして、チェンソーの悪魔で犬の姿をしたポチタと悪魔ハンターをしていた。ある日、ヤクザがゾンビの悪魔と契約してしまい、デンジとポチタは切り刻まれて死亡。

ポチタは“デンジの心臓となる代わりに彼の夢を見る”という悪魔の契約を発動し、デンジの体が復活。胸のスターターロープを引いてチェンソーマンに変身し、ゾンビや悪魔を八つ裂きにした。

公安対魔特異4課の女性マキマが来て、デンジは悪魔として殺されない代わりにデビルハンターとして課で働くことに。先輩の早川アキと共同生活を始めながら、悪魔に乗っ取られた人間・魔人を倒して実践を積んでいく。

そんな中、血の能力を使う女魔人・パワーと組むことになり、彼女の飼い猫ニャーコをさらったコウモリの悪魔を倒しにいく。しかしパワーに裏切られて食料として差し出されてしまう。

デンジは血がまずいということで喰われず、代わりにニャーコとパワーが喰われてしまった。

チェンソーマン2巻「チェンソーVSコウモリ」ネタバレ

チェンソーマン2巻「チェンソーVSコウモリ」

デンジはチェンソーマンになり、コウモリの悪魔を切り刻んで殺す。パワーと猫が腹から出てくる。そこにヒルの悪魔まで現れ、デンジは喰われそうになった。そこへアキが来て、契約している狐の悪魔・コンでヒルを食い殺した。

パワーもアキの家に住むことになる。回復したデンジは、ニャーコを助けたお礼としてパワーの胸を揉むが、こんなものだったのかとがっかり。

デンジは過去に人類の人口を減らしまくった銃の悪魔の存在を知らされる。銃の悪魔の肉片は各地に散らばっており、それを食った悪魔がいる情報を受けて、アキ、パワー、姫野先輩、荒井ヒロカズ、東山コベニがあるホテルへ向かう。

パワーが弱いおっさん悪魔を倒すが、それは死んでおらず、メンバーを8階(悪魔の腹の仮想空間)から出られないようにしてしまう。悪魔はデンジを殺して渡せば解放すると交渉してきた。

スポンサーリンク

チェンソーマン3巻「デンジを殺せ」ネタバレ

チェンソーマン3巻「デンジを殺せ」

おっさん悪魔の肉体が空間を埋め尽くし、姫野がゴーストで攻撃するが本体ではないらしくダメージにならない。

恐怖でパニクったコベニがナイフでデンジを刺そうとし、アキがかばって刺される。パワーが血を使ってアキの傷を治療した。

デンジは悪魔が攻撃すると一応痛がっていることに目をつけ、チェンソーマンになって敵の血を飲んで回復しつつ、三日間攻撃し続けて痛みで戦意を喪失させ、急所を差し出させて切り刻んで勝利。

新人歓迎飲み会が行われ、デンジはおっさん悪魔を倒したことで姫野からキスをされるが、ゲロを吐かれる。

公安のデビルハンターが次々と暗殺され、マキマも新幹線内で撃たれる。

食堂にいたデンジの前に、かつてのヤクザの親分の孫が現れ、銃でデンジを撃った後サムライソードに変身。アキが狐・コンで丸呑みにするが、コンは逆に切り裂かれて消滅。アキは自らの寿命と引き換えになる釘の刀で攻撃し、悪魔カースの力でサムライソードを倒す。しかし、彼の仲間のパーカー女・沢渡(さわたり)がすぐに甦らせた。

絶望の中、姫野はゴーストに自身の体を全て売り渡して消滅。ゴーストは沢渡を攻撃するが、召喚された強力な大蛇に倒された。

スポンサーリンク

チェンソーマン4巻「銃は強し」ネタバレ

チェンソーマン4巻「銃は強し」ネタバレ

デンジはチェンソーマンになってサムライソードに挑むが敗れ、胴体を切り離されて戦闘不能に。

銃撃で生きていたマキマは、寺院に囚人を集めさせ、その命と引き換えに沢渡の協力者たちを遠隔から破裂させ、殺していく。

荒井はコベニを庇って撃たれた。コベニは沢渡とサムライソードを攻撃し、デンジのボディを回収する。

デンジとパワーは、特異課の伝説的なデビルハンター・岸辺に毎回半死状態にされて特訓を続ける。

アキは未来の悪魔と契約し、右目に住まわせる。その悪魔から、アキはとても悲惨な死に方をすると教えられた。

マキマがヤクザを脅して沢渡たちの居場所を聞き出す。巨大な建物に公安のデビルハンターや魔人が突入し、中にいるゾンビを駆逐して行った。

スポンサーリンク

チェンソーマン5巻「未成年」ネタバレ

チェンソーマン5巻「未成年」ネタバレ

沢渡アカネが、姫野が使っていたゴーストを繰り出してきた。アキは未来を見る力を使い応戦する。ゴーストはアキを追い詰めるが、最後は攻撃せず姫野が残したタバコをアキに渡した。アキはゴーストの首を切断。コベニが沢渡を確保したが、沢渡は大蛇で自らの首を切断した。

デンジはサムライソードと戦い、足のチェンソーで勝利する。

マキマは、沢渡が銃の悪魔と契約し、チェンソー悪魔の心臓が目的だったと上部に報告した。

デンジはマキマとデートするが、映画館のはしごだけだった。後日、偶然レゼという女の子に出会って仲良くなり、一緒に逃げようと言われる。

チェンソーマン6巻「バン バン バン」ネタバレ

デンジはレゼとキスをするが、舌を噛みちぎられ左腕を切断される。彼女は変身。正体はチェンソーの心臓を狙う魔人・ボムだった。公安のサメの魔人ビームがデンジを救出して逃げ、なんとか対魔二課の訓練施設へたどり着く。

対魔二課のメンバーは全員ボムに殺された。デンジはアキたちと車で逃げるが追いつかれる。

暴力の魔人やコベニが駆けつけたが、ボムに敵わないと判断して撤退。

デンジは復活し、サメになったビームに乗って、ボムと台風(巨大な脳みそ悪魔)と戦う。台風を殺すが、ボムは手強く、チェーンを巻き付けて海の中に落とし、爆発できないようにしてやっと倒す。

デンジはレゼを公安に渡さないと言う。彼女はソ連の軍事施設で育ったモルモットと呼ばれる子供だった。レゼ山形に新幹線で逃げるが、マキマに殺された。

チェンソーマン7巻「夢の中」ネタバレ

チェンソーマン7巻「夢の中」ネタバレ

デンジは夢の中で扉の奥から「開けちゃダメだ」という声を聞く。

チェンソーマンの映像がTVで出回り、なぜかその心臓を各国の刺客が狙う事態に。

デンジの周辺は公安の人間で固められる。デパートでドイツの刺客サンタクロースの人形たちが暴れ出した。中国からのクァンシたちも公安の人間を次々に瞬殺してデパートに乗り込む。

岸辺はクァンシの仲間を人質にとり、かつてのバディだった彼女にメモで“マキマ殺害に協力するなら全て教える”と書いた。

チェンソーマン8巻「ちょうめちゃくちゃ」ネタバレ

チェンソーマン8巻「ちょうめちゃくちゃ」ネタバレ

クァンシは岸辺と対決し、肉弾戦で彼を階下に突き落とす。ロシアの刺客・トーリカがデンジに呪いの釘を4回目刺すことに成功。カースが現れデンジは釘で貫かれて戦闘不能に。

トーリカ師匠の正体こそマキマが恐れていたサンタクロースで、彼女はトーリカを操り人形にした。爺さん人形(サンタクロースだと思っていたヤツ)が、自分の心臓とさらった子どもを生贄にして、デパート内の人間全員を地獄に突き落とす。

地獄では異形の悪魔が現れ、クァンシ、アキ、パワー、天使らの両腕が一瞬で喪失。クァンシ、暴力の魔人、ビームは更なる攻撃を受けて死亡。

トーリカ(サンタクロースの意思)はチェンソーの心臓と引き換えにマキマを殺せる力をくださいと頼み、地上にいるサンタクロースは悪魔の肉片を食べ、四肢に人の首が連なる異形の化け物に変身。

アキ、天使、パワーらも戦闘不能に。マキマがプリンシの肉体を通って地獄に現れ、悪魔にダメージを与えるが自分の右腕もねじられる。トーリカの体を操って契約を言わせ、元の世界に帰ることができた。

クァンシは仲間の力で魔人として復活。デンジはマキマの血を貰い2人はサンタクロースを攻撃する。デンジは頭からガソリンをかぶって火をつけてサンタクロースを攻撃し、彼女の体をバラバラにした。サンタクロースはさらにクァンシの仲間のハロウィンの力で、精神攻撃されて死亡。

マキマがやってきて、クァンシと仲間たちを皆殺しにした。

チェンソーマン9巻「お風呂」ネタバレ

チェンソーマン9巻「お風呂」ネタバレ

アキは右腕だけ治療でくっついた。パワーは地獄での経験がトラウマになっていたが、旅行中に徐々に回復していく。

銃の悪魔討伐についてマキマから話があり、実は銃の悪魔は過去に動けない状態で見つかり肉体が各国にバラバラで保管されていて、それを奪うための計画だと知らされる。

マキマはアキを強制的に自分と契約させる。天使は、マキマに操られて自分が住んでいた村の住人を皆殺しにしてしまった過去を思い出したがなすすべもなく倒れた。

アメリカ大統領は、国民の寿命1年と引き換えに銃の悪魔を蘇らせ、マキマ(支配の悪魔)を殺すために日本に向かわせる。巨大な銃の悪魔は日本で無差別に大量に人を殺していった。マキマが巨大な悪魔を召喚し、銃の悪魔を倒す。

デンジがアパートのドアを開けると、銃の悪魔と化したアキ(マキマに操られている)が立っていた。デンジはアキと戦い、殺害する。

チェンソーマン10巻「犬の気持ち」ネタバレ

チェンソーマン10巻「犬の気持ち」

デンジはアキを殺したショックで落ち込んでいた。マキマがウチに呼び、銃の悪魔を倒したから約束通り願いを一つ叶えるといった。疲れ果てたデンジはマキマの犬になりたいと言う

チャイムが押され、パワーが立っていた。マキマはパワーを破裂させて殺した。そしてデンジがポチタとした“普通の生活を送る契約”を破棄させるためにアキやパワーと仲良くさせて彼らを殺したと笑う。デンジが幼い頃に父親に殺されそうになり逆に殺した過去も告げて、彼の心を完全に折った。

次の日、公安で岸辺がマキマ攻撃の指揮をとり、隊員たちを自害させて地獄の悪魔を召喚。マキマはデンジに助けてといい、覚醒したチェンソーマンが完成。悪魔を瞬殺するが、地獄に連れ去られるが、また戻ってくる。

岸辺はマキマに銃を向けるが、彼女は総理大臣との契約で肉体に受けたダメージが他の罪のない人々の死に変換されると語る。そして、チェンソーマンが地獄のヒーローで、彼が食べた悪魔の名前と存在が消滅すると話した。

マキマはチェンソーマンを支配して、死・戦争・飢餓などの存在をこの世から無くしたいと語る。

マキマは、支配下においたレゼ、クァンシ、サムライソードたちを呼び出す。彼らはチェンソーマンを食べても存在が消えず残ったものたちで、かつてチェンソーマンを瀕死に追い込んだらしい(その後ポチタになって逃げていた)。

チェンソーマンは強大な戦闘力で全員を切り刻んでいく。

チェンソーマン11巻「がんばれチェンソーマン」内容あらすじネタバレ

チェンソーマン11巻「がんばれチェンソーマン」

チェンソーマンが銃の悪魔を倒したと世間に伝わってしまう。彼を恐れるものがいなくなり、チェンソーマンのパワーが弱まった。マキマは天使の千年使用のヤリを投げ、チェンソーマンは大ダメージを喰らって動かなくなる。

ポチタがチェンソーマン体内で、パワーに話しかける(デンジが彼女の血を飲んでいた)。ポチタの一部を食べたパワーは血の悪魔となって復活し、マキマの攻撃をくらいながらどうにかデンジを連れて逃げる。

パワーは「デンジを復活させる代わりに、生まれ変わった血の悪魔を見つけろ」と言って消滅。

デンジは岸辺に連れられ、コベニと隠れ家へ逃げる。どうにかマキマを倒すべきだと考えを巡らせた。

マキマを集団墓地へ呼び出し戦うが、素手の戦いで心臓(ポチタ)をもぎ取られる。その瞬間デンジ本体がマキマの胸をチェンソーで切った。パワーの血がマキマの中で暴れ出し、彼女の傷は回復しない。

デンジはマキマに攻撃が効かないことを考慮し、彼女を愛する気持ちを持ちながら食う作戦に出る。マキマの肉体で味噌汁や生姜焼きを作り、数日かけて全て食べ尽くした。

岸辺がマキマの生まれ変わりの少女で支配の悪魔・ナユタを連れてくる。マキマの犬たちとナユタと一緒に暮らすことになった。

第1部公安編完!

こちらもおすすめ関連記事



人気コミック関連作のあらすじネタバレ解説記事

cinemag-eiga.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com

cinemag.hatenablog.com