Netflix『目指せメタルロード』ネタバレ感想!青春とメタルの相性抜群!ラストのライブ考察評価,映画あらすじ・楽曲解説

Netflix映画『目指せメタルロード』(Metal Lords)は、メタルの名曲がハイスクールで鳴り響く、メタル好き必見の一本。3人の学生がギター・ドラム、そしてチェロで心を通わせていきます。

まさにメタル民の、メタル民による、メタル民のための映画です!

CineMag
ハードロック・ヘビメタ好きにはたまらない作品でした。バンドを組んだことがある人に響くと思います。

作品情報・キャスト、ぶっちゃけ感想・評価楽曲と場面解説ライブシーン考察を知りたい人向けに記事をわかりやすくまとめました。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目からどうぞ)

Netflix映画『目指せメタルロード』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

Netflix映画『目指せメタルロード』作品情報・キャスト

公開・制作国・上映時間:2022/04/08・
原題:『Metal Lords』
ジャンル:メタル青春ドラマ・ティーン
監督:ピーター・ソレット
脚本:D・B・ワイス
出演:ジェイデン・マーテル、エイドリアン・グリーンスミス、アイシス・ヘインズワース

HBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の脚本家・プロデューサーであるD・B・ワイスが脚本を務めており、ストーリーはシンプルながらハッと息を呑むような展開があります。

主人公・ケビン役を演じたジェイデン・マーテルは『ナイブズ・アウト』『ITイット それが見えたら、終わり』への出演で有名です。

ちなみに有名バンド レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのギタリストであるトム・モレロがミュージックプロデューサーとして参加しています。

映画『目指せメタルロード』ネタバレなし感想・あらすじ・見どころ・海外評価

映画 目指せメタルロードの登場人物 ハンターとケビン

©︎Netflix

あらすじ:親友のハンターにメタルバンドを組もうと誘われたマーチング部のケビン。マーチングの練習中に顧問にブチ切れてクラリネットを投げた不思議な少女エミリーがチェロを弾けると知り、彼女をメンバーに入れようとしますが…。

感想を語る犬
青春の鬱屈をメタルに昇華させた佳作。メタル・ハードロックの名曲で彩られた高校生活が堪能できます

海外サイトの評価も比較的高いです。バンドを組んだ経験が1回でもあるかないかで評価が大分変わる作品だと思いました。個人的にはかなりオススメ!

ティーンエージャーだけでなく大人が見ても十分楽しめます。

ちなみに映画タイトルの『メタルロード』は英語でMetal Lordで、道ではなくメタルの君主・支配者のような意味になります。

おすすめ度85%
メタル度95%
ストーリー80%
IMDb(海外レビューサイト)※随時更新7.0(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)※随時更新批評家62% 一般89%

※以下、Netflix映画『目指せメタルロード』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『目指せメタルロード』ネタバレ感想・評価

Netflix『目指せメタルロード』のエミリー

©︎Netflix

Netflixオリジナル映画『目指せメタルロード』の評価は84点。

バンドで最高の演奏をしたい初期衝動と、かけがえのない青春の掛け算のようなメタル映画でした。

劇中で使用される楽曲はハードロックやメタルの超有名曲で、老若男女ヘドバン間違いなしのツボを抑えた選出になっています。

感想を語る犬
イケてない高校生たちが意見をぶつけ合いながら音楽で自分を表現するというありきたりのストーリーなんですが、細かい展開に破壊衝動・メタルらしさがあって面白かったです。

ひ弱でメタルがそれほど好きでもなかったケビンが、立派なメタルドラマーになる過程は、成長譚として綺麗でした。

その一方で、ギターのハンターは数年前に母親が家出しており、医者の父は現在いろんな女性と遊んでいます。ハンターはその葛藤をメタルにぶつけています。

ヒロインのエミリーはセロトニン不足で切れやすくときに暴力的になり、それを克服しようと葛藤しています。

CineMag

それらの歪んだ青春・若さゆえの強迫観念がラストのバンドバトルで、メタルサウンドに昇華されるのです。

メタルは怒りや社会への反逆の感情を孕んでおり、メタルというジャンル自体が現代では疎まれ、孤立状態です。

そんなメタルに3人の高校生が寄り添い救いを求める。のけ者達が寄り添い合うコンセプトが美しいですね。

高校生たちが孤独な音楽と手を取り合い、居場所はここだと叫んでいます

個人的にはハンターがソロ中に涙を浮かべながら宙に浮いていくシーンに超感動しました。誰にも認められなかった彼が、自分の存在をぶち破って突き抜けた瞬間でしょう。

欲を言えば、全体的に少しあっさりしすぎというか、3人の高校生の美しい成長もボーッと見てしまうとしっかり伝わってこないような面があり、それぞれのシーンがもう少し印象深ければ傑作になっていたと思います。

なんか薄味なんですよね。全体として映像が小綺麗にまとまり過ぎているせいもあるのでしょうか。

ケビンがプールで美人に迫られているときに、アンスラックスのスコット・イアン、メタリカのカーク・ハメット、レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードといったロック・メタル界の超スーパースターが登場する音楽ファン必見のシーンがあります。

ここでも、ケビンに悪さをしろともっと強く促すとか、お互いに激しい喧嘩を始めるとか、よりメタルらしいパンチのあるシーンに出来たと思いました。少しもったいないです。

スポンサーリンク

ネタバレ解説:映画の楽曲と演出

まず、メタルの開祖と言われるバンド、ブラック・サバス(Black Sabbath)の「War Pigs」のチェロバージョンがめっちゃかっこよかったですね。

他にも、ジューダス・プリーストの「ペインキラー」をバックにカーチェイスするなど、楽曲とそれぞれのシーンは相性抜群でした。

ハンターが施設に入れられてから、ケビンはエミリーと楽しく過ごしているのですが、バックでガンズ・アンド・ローゼズの「シンス・アイ・ドント・ハヴ・ユー」が流れています。

エミリーという恋人とのデートという満たされたかのような状況の一方、ハンターがいなければ虚しい青春だと、心の対比構造が曲の歌詞でバッチリ説明されていて、この選曲も完璧だと思いました。

レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのギタリスト、トム・モレロが音楽プロデューサーを務めていたので、選曲センスが抜群だったのかもしれません。

トム・モレロらが作曲した映画の主題歌『Machinery of Torment』も、リフや曲調はブラックサバス×メタリカで、サビのメロディはレイジ・アゲンスト・ザ・マシーンっぽくてなかなか面白いですね↓

メタルと青春の組み合わせが受けそうだから映画を作ったというより、メタルへの愛、リスペクトがビシビシ伝わってきたのが嬉しかったです。

CineMag
本作『目指せメタルロード』は、メタル民の、メタル民による、メタル民のための映画だと結論づけられるでしょう。
スポンサーリンク

ネタバレ考察:ラストのライブでの浮遊

本作で1番感動したのはラストのライブでハンターがソロを弾いているときにゾーンに入り、最高の瞬間を表現するために空中に浮いちゃう演出でした。

孤立はメタルらしい表現ではありますが、観客と一体になっているときにこの空中浮遊させるのは別のメッセージもあると感じました。

それが母親不在という心の傷の昇華です。

最高の音楽を表現できたという喜びと、心の傷から立ち直れた瞬間が重なり、素晴らしいシーンが誕生したのだと思います。

敢えてハンターを孤立させて映すことで、群衆に影響されずに自分を表現できる強さも浮き彫りになったと思います。

CineMag
暴力的な音楽で心の傷を癒す。そんな逆説的な結末が興味深いですね。

言葉だけで説明できない理性を超えた部分もあり、いろいろな意味でマジカルなライブシーンだったと思います。

最後のまとめ

映画『目指せメタルロード』は、メタル愛に包まれた、メッセージ性の強い青春学園モノだったといえるでしょう。

映画×音楽、この図式がしっかり成り立っていました。心の声を音楽と映像で表現できるというのは強いですね。本作の制作陣で他の青春映画も撮ってほしいです!

ここまで読んでいただきありがとうございます。Netflix『目指せメタルロード』レビュー終わり!

2022年ネトフリやAmazon配信映画ネタバレ感想関連記事

関連記事

Netflixホラー映画『チューズ・オア・ダイ 恐怖のサバイバルゲーム』(Choose or Die)。80年代の呪われたレトロゲームをプレイする若い女性が、“呪い”に巻き込まれて残酷な結末を目の当たりにするひどい駄作!Ci[…]

チューズチ・オア・ダイ 恐怖のサバイバルゲーム
関連記事

Netflix韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』はイカゲームでブレイクしたパク・ヘスが中国で超危険なミッションに巻き込まれるスパイアクション!タイトル的に任侠映画と思いきや韓国の特攻野郎Aチームが日本人をボコボコにするアクションの凡作[…]

Netflix韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』
関連記事

映画『オールド・ナイブス』(All the Old Knives)は、クリス・パイン演じるCIAエージェントが内部に裏切り者がいると知らされ、過去のハイジャック乗客死亡事件を調べるために久しぶりにタンディ・ニュートン扮する元恋人に会うサスペ[…]

映画『オールド・ナイブス』